より一層の知識と光を求めて・・・・

時に末日聖徒/モルモン教への私見含むメモ帳にて御座候 ほな毎度どんもにて 御きげんよろしゅうで御座候

男性中心社会 多妻婚の遺風  その2

2017-12-16 13:53:59 | 教会の歴史 

第4代管長ウィルフォード・ウッドラフ(1807-1898 89.4管長 9人妻 子34人)を引き継いだ第5代のロレンゾ・スノー管長(1814-1901 49使徒 管長98.9 妻9人 子42人)ですが、結婚時の年齢とお相手のそれは、

30歳の時、18歳のシャーロット・スクワイアーズと

31歳、 33歳のメアリー・アダリン・ゴダード

31歳、 18歳のサラ・アン・プリチャード

32歳、 26歳のハリエット・アメリア・スクワイアーズ

34歳、 17歳のエレノア・ハウツ

39歳、 24歳のキャロライン・ホートン

43歳、 17歳のメアリー・エリザベス・ハウツ

44歳、 16歳のフェーベ・アメリア・ウッドラフ

57歳、 16歳のサラ・ミニー・エフラミア(14歳からおつき合い)

といったリストが。

たしか、80代、70代?で娘が誕生だったかな。

 https://en.wikipedia.org/wiki/Lorenzo_Snow

 

6代のジョセフ・F・スミス管長は、妻6人、48人の子と・・・

 

今日に至るも教会幹部の大多数は、多妻婚者らの子孫・・・

まぁ、おそらくは、こういった多妻婚を通じての婚姻ネットワークなかりせば・・・世の中権力者群は、閨閥ネットワークでできてるわけで、そんななかで伍していくにも、不可欠であったと見るむきも・・・

閨閥  https://search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&p=%E9%96%A8%E9%96%A5

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦争は両建て事業

2017-12-14 12:11:26 | 世の権力、秘密結社、教会、富

「・・・アイザック・ニュートンの親友でもあり、フランス・メイソンの組織拡大に貢献した人物アンドリュー・ラムゼイは、1736年と37年のパリ講演でフリーメイソンについて次のように語っている。

“・・・十字軍時代の聖地エルサレム(マルタ)に生まれた聖堂騎士団こそが、その真の起源である。・・・以来、われわれのロッジは、聖ヨハネ・ロッジと呼ばれるようになった”

・・・結社にはなんでもある。思想、宗教、学術そして政治もある。だが経済はない。なぜなら、世界経済の仕組みそのものが結社の発明品だからだ。結社は発明の秘密部品を除く応用編のみを世界中に解放している、それが市場原理などと呼ばれるマネーのカラクリだ。

聡明な結社はその経済原理つまり、両建て作成による戦争事業(ゲーム)の発明者であることを世界の人々に知らせてはいない。結社の社是でいう『知識はむやみに語るべからず』だからだ。

」 (『スパイ“ベラスコ”が見た広島原爆の正体』 高橋五郎 2006 学習研究社 p36)

Chevalier Andrew Michael Ramsay

アンドリュー・マイケル・ラムゼー(1681-1743)

http://freemasonry.bcy.ca/biography/ramsay_a/ramsay_a.html

 

「幕末から明治維新の激動の背後にあったロスチャイルド派ユダヤの動きを見ないと事態の真相に近づけない。日本が長い鎖国から解かれて開港したと聞くや、諸外国からメーソンがどっと流れ込んでいた。そして明治維新の大きな原動力となった。幕末、日本を支配しようとしていたのはロスチャイルド派フリーメーソン即ちイルミナティーだった。倒幕派を操作したのが英国系フリーメーソン・イルミナティーであり、幕府側に食い込んでいったのがフランス系フリーメーソン・イルミナティーというようにユダヤ特有の両建て戦略に基づき日本攻略作戦を発動していた。彼らは、それぞれ幕府と薩長をけしかけ、日本を泥沼の内戦に持ち込み、内戦で弱体化したのち植民地にしようとしていた。」

http://www.marino.ne.jp/~rendaico/seito_palesutina_yudayaginmondai_freemeisonco_nihon.htm

 英仏各々メイソンが対立する勢力それぞれを後押しする構図(ディバイド・アンド・コンカー 分割して統治せよ)は、七年戦争(フレンチ・アンド・インディアン戦争)、インドの植民地化(土候側に仏が武器、訓練供給)でも見られましたか。

 divide-and-conquer-2

 

「戦争というものがユダヤ民族の解放事業に最も有効な手段であるということにつきる。19世紀のマルクスの持ち出した内部抗争による国家の転覆という手段よりも、ずっと手っ取り早い手段が戦争なのである。戦争で国家が疲弊したどさくさが一番の変革、解放事業のチャンスであるということである。日本の戦後改革もこのパターンである。・・・

ユダヤ人は、資本主義と共産主義を両建て主義といっているのである。これ以外はこの両建て主義の引き立て役にすぎない。封建制社会、古代奴隷制社会、原始共産制社会等いずれもユダヤ人にとってはどうでもいいのである。

共産主義──マルクス──共産党宣言
資本主義──レーニン──帝国主義論

この2つを両建てとして至上目的の達成に向かうということである。

共産主義は革命という内部からの国家崩壊、権力奪取を目ざすものであり、19世紀にはこれを主武器と考えていたのであった。しかるに、20世紀に入ると「資本主義」が順当に発達し思わぬチャンスを内包するとユダヤ人達は考えるようになったのである。それは“戦争”である。レーニンのいう如く「戦争は革命への最短距離にあるまたとないチャンスである」。かくてレーニンはホブソンの「帝国主義」を丸写しにして外観を装い、自作としては「帝国主義戦争不可避論」ただ一点のかの有名な「帝国主義論」を書き上げたのである。

これは煽戦のための虚構仮設である。レーニンの用いた方法はマルクスと同じ弁証法的唯物論という虚構であって経済的要因がすべてを決すると強弁することにより、戦争必然論の方向へもっていこうとするわけである。レーニンにとっては、戦争を起こさない資本主義なぞ三文の値打ちもないということである。つまり「資本主義」「帝国主義」というものは革命の捷径たる戦争を起こすための手段、方法にすぎないのである。

」 http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe805.html

 

 「何故、北朝鮮がいまだにあの独裁体制を維持し、軍拡までできているのか不思議である。それで北朝鮮の背後関係について少し調べてみた。それで見えてきたことは、北朝鮮は孤立していると思われているが、実際には欧州勢力が肩入れしているということである。

欧州系の企業が北朝鮮に投資したり、北朝鮮系の企業が世界金融の中心であるシティの証券取引所に上場したりしているのである。・・・

2007年に北朝鮮系の鉱山企業であるコーメット社が英国ロンドンの証券取引所に上場した。
(調べたところコーメットは英国と北朝鮮の合弁企業らしく、本社はロンドン、
社長は英国人とのことである。なんと、英国が北朝鮮と合弁事業を行っているのである!)・・・

このように米国は対北朝鮮政策における日本と欧州に対する態度が全く異なるのである。

これははっきり言って日本と北朝鮮を両天秤にかける「両建」そのものではないだろうか。

一方では、北朝鮮の資金稼ぎを支援し、一方では日本との「安保協力強化」などと言う。

これを「両建」と言わずして何と言うのか。・・・

東亜には一方では、米国の従属下にある日本と韓国があり、片方では欧州が背後にいる共産中国や北朝鮮がある。米国は日韓を従属下に置いてコントロールしつつ、欧州が日米韓の「仮想敵」である中国や北朝鮮を支援しても、別段抗議する事も無く黙認する。

国際秘密力は米国派と欧州派で構成されていると思うが、米国派は日韓を、欧州派は中朝をそれぞれ支援する、という役割分担があるのではないだろうか.

この結果、「日本・韓国VS中国・北朝鮮」という両建構造が形成されていく。

紛争の火種はこのようにしてセットされる。・・・英国はAIIBに欧州でいち早く参加表明し、習近平を国賓として招待もした。北朝鮮と金融協力をしてきた実態も分かってきた。「米国派VS欧州派」両建構造で言うと中朝を支援し「敵」を育成するのが欧州系の役割で、それを黙認した上で日本を従属させ対抗する「フリ」をするのが米国系の役割と見た。安倍信者は「北朝鮮に対抗するには安倍政権でないとダメだ」と言うし、左派は「本当に危険なのは北朝鮮より安倍政権の方だ」と言う。だが、安倍一味と北朝鮮は相互に依存する「同僚」と考えるべきである。両方あって初めて「企画」が成立する。安倍も金正恩も単なる役者。問題は演出家は誰か?である。・・・

北朝鮮の背後関係から見える東亜の両建構造  2016-01-19  国際秘密力研究

」  http://kokuhiken.exblog.jp/25195359/

 

世の支配層、ユダヤ・フリーメイソンは、何世紀にもわたって両建てに基づく戦争を媒介にしては繰り返し、秘密結社世界支配を拡大・継続・維持してきたんだね。何たることでしょう。人殺し、大量殺戮の戦争こそが、この悪魔的なるものが、世界経済生活維持の根本なる原理であったとは・・・・

で、ユダヤ・メイソンのトップの組織は、英国にあるんでしょうかね。

 

ISISはCIAの産物とも。第3次大戦を目論んでいるんでしょう。

極東と中東の緊張が高まる中、アルバート・パイクの第三次世界大戦の計画書の信憑性について検討    

(天野統康のブログ) 2017・12・08

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も 後3週間くらいに

2017-12-10 23:10:21 | その他

今冬はラニーニャ現象で、寒さが強まり、大雪の予想とのこと。

「気象庁によりますと、「ラニーニャ現象」が発生すると、日本では上空で偏西風が蛇行して寒気が流れ込みやすくなって冬型の気圧配置が強まり、冬の気温が平年より低くなる傾向があるということです。・・・

「ラニーニャ現象」が発生したと見られることしも、偏西風が平年に比べて日本付近で南に蛇行していて、北から寒気が流れ込みやすい状態となっています。

このため気象庁は、冬の気温が平年より低くなる傾向があるとして、吹雪や大雪による交通への影響や、雪下ろしの際の転落や落雪に注意するとともに、最新の気象情報に注意して早めに対策を取るよう呼びかけています。」
 
 
黒潮大蛇行中(南下)・・・・「海と大気は相互作用をしており、その関係は解明されたわけではありませんが、黒潮大蛇行がおきているとき、黒潮だけでなく、地球の海洋全体、地球の大気全体も通常とは違っていると考えられます。黒潮大蛇行がいつまで続くかはわかりませんが、過去の記録的な「豪雪」は、ほとんどが黒潮大蛇行の期間と重なるか、その直前か直後です。

 そして、現在、平成29年8月に発生した黒潮大蛇行が継続中です。

」 https://news.yahoo.co.jp/byline/nyomurayo/20171211-00079149/
 
 
クリスマスの頃、都心でも降雪・大雪とかって予想サイトもあったかな。
 

*********************************************************

 

今年も、なんとかブログ続けられ嬉しいです。たまWEBを自分ほめです。

ここ訪問される皆々様も、是非ともさらに一層続けてご自愛されまた他者を慈しんでは邁進していかれますようにと祈念・応援するにて御座候です。

星占い的には、今は水星逆行ということで、過去を振り返ったり調整したりはいい時機なのかも。

どぉぉでしょうか、ステージが変わった感じありますかね?? うぅんん、たまWEBには、それがそうなんだろうかぁ?みたいな・・・

https://ameblo.jp/maya-star/theme-10079142775.html

ほな、・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミルク酢

2017-12-08 21:14:06 | 知恵の言葉、健康生活の向上

ミルク酢飲んでます。

きな粉やすりゴマ、ココアとかってまぜて。

栄養が豊富みたい・・・・

http://tama3coro2.com/post-2127-2127

ミルク酢 効能   https://search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&p=%E2%80%9D%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF%E9%85%A2%E2%80%9D%20%E5%8A%B9%E8%83%BD

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男性中心社会 多妻婚の遺風

2017-12-04 22:25:23 | 教会の歴史 

アメリカでモルモンはやっぱり男性中心社会で多妻婚の遺風もあって、女性はけっこう弱者とみられてるんでしょうね。

日本(アジア人)では、古来、女性上位だった社会の遺伝子とは正反対、対立となるでしょうかね。

 

こちらさん、英語情報訳されて、参考させてもらってます。

まぁ、しかし、やっぱり、ある程度はネット情報で真相に迫れても、本当のところはなかなかでなんでしょう。宗教ともなれば、各個人の信仰のあり方が優先であって・・・

 

こちら:   https://ameblo.jp/exmormon/entry-12329459272.html

グラント・パーマー(Grant Palmer)氏をヒーローと呼び、高く評価されてるということですが、Grant Hart Palmer (August 17, 1940 – September 25, 2017) 

NJさんも、ツイッターで亡くなったのは残念,寂しいみたいに発信。

https://twitter.com/NJWindow/status/912844726063132672

 

まぁぁ、これまた、もち、真偽のほどはあれですが、うぅぅんん、たまWEBの例の勘としてはさもありなんかも、そういう面もあるんだろうなぁみたいな・・・・

多妻婚グループの影響も?・・・・まぁ、40年生まれ、複数の先祖のラインは多妻婚者たちにつなっがってるんでしょうし、世代的にも、まだまだそういった遺風の環境下にあったんでしょう。しかも教会教育部でインサイダー的に様々知己もおったり、多妻婚にそんなに抵抗はなかった??

 

被害者の娘と名乗るその女性は、母親はグラントから25年前2番目の妻にと誘われ(本妻と共謀)、結局、財産目当てだったと。母の所有の家が乗っ取られ、母は追い出され(70歳代 住宅ローンを払い続けている)、本妻との子供らに住まわせたみたいに言ってますかぁぁ・・・・

やっぱ、女性が使われてしまってるケースにかなぁぁと・・・・

また、彼に情報提供した教会幹部はこの8月に破門となった七十人第一定員会のハムラー長老であったらしいという話も。

 
NJさん ブログ  2017-08-09

 

    https://atrueott.wordpress.com/2017/09/26/goodbye-grant-h-palmer-rest-in-peace/ 

 パーマー   http://blog.goo.ne.jp/yoriissouno/s/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC

コメント
この記事をはてなブックマークに追加