晴れた休日は自転車に乗って! (akio)

いよいよ60歳代も後半親爺の「気楽な自転車散歩」やチョット頑張った「サイクリング」の備忘録
(ボケ防止かな?)

「石神井川に架かる橋」ポタ(その3)完結

2017-05-09 16:45:51 | 川・湖に架かる橋巡り ポタリング

石神井川」に架かる「」を撮るだけのポタ(完結編)です。

なお、解説等は一切しません。(資料は別に作る。)

石神井川(しゃくじいがわ)は、東京都を流れる一級河川で、荒川水系の支流である。流路延長25.2km。水源は小平市花小金井南町にある小金井カントリー倶楽部敷地内の湧水を水源とし、北区堀船三丁目で隅田川に注ぐ。

9時を回り昨日の最終地、「東武東上線の橋梁下」である「中板橋駅」付近を目指し出発します。

距離は大したことはないけれど、信号待ちが多過ぎ、到着すると10時10分です。

場所はココをクリック!!

では下流目指します

東武東上線」の高架下 を潜ると、「中板橋  です。

隅田川」まで6.4kmだ。向屋敷橋久保田橋右手には「中板橋商店街があります。

山中橋新西原橋根村橋中根橋双栄橋

何処もだけれど、「橋の上」は「ごみの集積場所」となっているところが多い。

この辺りで急カーブしている。「西堰橋堰の上橋西宿裏橋愛染橋  新板橋(国道17号、中山道)」越えると「板橋(旧中山道)」 この辺りは「中山道」の「板橋宿 です。

まだ新しい「ふれあい橋番場橋名称不明御成橋と続く。

帝京大学関係の施設」  がある。

稲荷橋 加賀さくら橋加賀学園橋、川は蛇行 しています。加賀二の橋と続く。この辺りも「緑道となっている。

緑橋同じく綺麗に整備 されています。「加賀橋 加賀緑橋、あと3.3kmだ。 金沢橋 東橋   赤羽線(埼京線)滝野川橋梁」 谷津橋 観音橋滝野川橋松橋弁財天洞窟跡  がある。ココで小休止  とする。

紅葉橋 松橋  です。

この辺りは昔の渓谷偲ばれる。

音無橋(東京都道455号本郷赤羽線)」   舟串橋 音無川」音無親水公園    がある。

国道122号」~「東北本線王子駅前。これも「舟串橋」か、 王子桜橋 鎗溝橋 堀船橋 溝田橋(東京都道306号王子千住夢の島線、明治通り)」  工事中です。迂回して、「新柳橋 豊石橋新堀歩道橋新堀橋そして「隅田川」に合流します。

横には「清掃施設」向かいの公園で休憩とします。

時間は11時40分となり「石神井川源流~河口)」の「」巡りは完結しました。

では、のんびりと帰路に向かいます。

隅田川沿いを   通って行く。

長淵水門~荒川CRを走って、ココで食べ(またコンビニ)ます。

自宅着13時40分でした。

走行距離は、一日目:65.22km(帰ってからの所用込)、二日目:55.77km、計120.99kmでした。

参考:その1はココをクリック!!

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「石神井川に架かる橋」ポタ(その2)扇橋~間々下橋

2017-05-08 23:26:07 | 川・湖に架かる橋巡り ポタリング

石神井川」に架かる「」を撮るだけのポタです。例によって「」を撮るだけで、解説等は一切しません。(資料は別に作る。)

石神井川(しゃくじいがわ)は、東京都を流れる一級河川で、荒川水系の支流である。流路延長25.2km水源は小平市花小金井南町にある小金井カントリー倶楽部敷地内の湧水を水源とし、北区堀船三丁目で隅田川に注ぐ。


石神井川」に架かる「」を撮るだけのポタ(その2:扇橋~間々下橋)です。

(その1)では「扇橋まで。

続きです。

小ヶ谷戸橋。ココからはずっと川沿いを走れます。「愛宕橋(上石神井通り)」栄橋 上御成橋松之木橋 蛍橋(東京都道444号下石神井大泉線)」茜歩道橋 根ヶ原橋睦橋豊島橋(東京都道・埼玉県道25号飯田橋石神井新座線、旧早稲田通り)」憩い橋 坂下橋名称不明山下橋 ココで13時となり食事 です。

和田前歩道橋南田中橋 平成みあい橋長光寺橋(東京都道443号南田中町旭町線、笹目通り)」長光寺歩道橋 薬師堂橋西武池袋線 下薬師堂橋高富士橋富士見橋 高野橋すずしろ橋谷原二之橋 桜見橋谷原三之橋こぶし橋大野橋  上新田橋(四商通り)」境橋竹橋練馬大橋(東京都道8号千代田練馬田無線、目白通り)」、目白通りを横切って、「高松橋(東京都道311号環状八号線・外回り)」貫井橋は(東京都道311号環状八号線・内回り)」、「小橋新小橋道楽橋 神路橋西田中橋田中橋石川橋行き止まります

そして川は「豊島園」の中へ流れます。

向山庭園  で小休止する。

豊島園前に出ます。

すると「中之橋(豊島園通り)」南宮橋、「早宮橋東山下橋東中央橋糀谷橋大橋新大橋(東京都道442号北町豊玉線)」早宮橋高稲荷橋。ココから隅田川まで10.3km らしい。

鎌田橋四の宮宿橋丸山橋正久保橋宮宿橋仲羽橋羽根沢橋羽根木橋開進橋湿化味橋

この辺りの左が「城北中央公園です。「羽城歩道橋 栗原橋 茂呂橋桜橋台橋 宮前橋上の根橋(東京都道318号環状七号線)」小山橋耕整橋学校橋山崎橋上板橋(国道254号)」 ココで14時40分です。

川越街道(R254号)を渡って、宿橋下頭橋間々下橋そして「東武東上線です。

6キロは無いと思うけれど・・・・・・今日はここまで、時間もかかるし、暑いし飽きたので帰ります。

それにしても「」多過ぎです。

川越街道(R254号)から大泉へ、そしてコンビニで休憩し自宅着16時10分でした。

続きはココをクリック!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「石神井川に架かる橋」ポタ(その1)源流~扇橋

2017-05-08 23:21:32 | 川・湖に架かる橋巡り ポタリング

今日は出掛けるのが遅くなってしまったので、「石神井川」に架かる「」を撮るだけのポタです。

例によって「」を撮るだけで、解説等は一切しません。(資料は別に作る予定。)

石神井川(しゃくじいがわ)は、東京都を流れる一級河川で、荒川水系の支流である。

流路延長25.2km水源は小平市花小金井南町にある小金井カントリー倶楽部敷地内の湧水を水源とし、北区堀船三丁目で隅田川に注ぐ。


10時を回り「小金井公園」を目指し出発します。

着いて10時40分、今はココが源流と思われる、「小金井カントリー倶楽部」と隣接する「嘉悦大学」の裏門の所に行きます。

到着です。

   

場所はココクリック!!

ゴルフ場内は暗渠となっていて、大学の付近から開渠となっている。

こんな感じで走って行きます。

ゴルフ場、大学前から蓋がけされ、小金井公園内は柵渠となっている。

最初のは、「公園北橋(小金井公園通り)」 、ココが「石神井川」の「上流端です。

この池も源流の一つ? 

流れは 全くありません。

公園を抜けると「長久保橋(東京都道132号小川山田無線・鈴木街道)」  が現れます。

「東京都道253号保谷狭山自然公園自転車道線(多摩湖CR)」を越えて行く。

 ともえ橋名称不明」が続き、   庚申橋(府中道)」 、「くぬぎ橋(市役所通り)」さつき橋」、 橅橋と続きますが川沿いは走れません

けやき橋 向台橋(向台東通り)」柏橋すすき橋名称不明富士見橋(東京都道12号調布田無線・武蔵境通り)」睦橋 文化大橋  「文化橋菫橋調節池  がある。

蓮華橋境橋(深大寺街道)」川桐橋上柳沢橋 「名所不明」「東京都道・埼玉県道4号東京所沢線、青梅街道 柳沢橋 坂下橋(伏見稲荷通り)」、「東伏見稲荷神社の前に出ます。

東伏見橋 流れが現れる。ココからは川沿いを走れます

弥生橋 下野谷橋溜渕橋、そして「武蔵関公園に突き当たる。

公園内に入って、「とちの木橋 よしきり橋     「緑橋つたや橋 武蔵関公園橋弁天橋 武蔵関公園」を出ます。(公園内の池の水も流れ込んでいるようです。)

長者橋そして「西武新宿線を越えます。

睦橋歩道橋  若宮橋関新橋庚申橋(関町庚申通り)」稲荷橋日之出橋 曙橋西豊城橋豊栄橋この辺りは整備されるらしいです。

集い橋 豊城橋扇橋(東京都道245号杉並田無線、新青梅街道)」青梅街道を横切る。

(その2)に続く、ココをクリック!! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「九十川に架かる橋」ポタ

2017-02-01 19:05:33 | 川・湖に架かる橋巡り ポタリング

また、目標失ったうだ

こんな時は例の「橋ポタ」をしよう!

以前に実施しようとした「九十川(新河岸川の支流)」です。

九十川(くじゅうがわ)は、埼玉県川越市を流れる荒川水系の一級河川。

埼玉県川越市伊佐沼の伊佐沼を発し南西から南方向へ流れ、川越市南田島で新河岸川合流する。

延長は4.2kmらしいけれど?


朝、気乗りしなかったので、11時少し前の出発となります。

何時もの川沿いを走って、新河岸川に出る。

川沿いをひたすら走って行く、この辺りは桜の時期は良い感じです 

暫くすると、左手には福岡河岸記念館が見える。

そして、新河岸川合流地点に11時45分に到着する。

九十川樋門前で写真を撮ります。

   

九十川排水機場がある。

上流を望む。

では遡って行きます

 なお、橋を撮るだけで、一切解説はしません

コースはこんな感じです。

すると先ずはダートそして最初に現れた橋は、名無し橋(人道橋)でした。

ココからの眺めは、 このような流れです。

少し走って、共栄橋(埼玉県道336号今福木野目線) 

共栄橋(牛子堰  

赤い道を通って行くと、新九十橋(国道254号富士見バイパス) の所です。

橋の上から眺め、走って行く。学校橋がある。

この先は、九十川橋梁JR川越線)、行き止まりなので近くの踏切を渡り、側道を通って反対側に出る。

田島橋に来ると、こんな看板があった。焼米橋、新しい橋かな?

この辺りの風景 はこんな感じです。農業用水の取水堰がある。

この先でアオサギと遭遇する。

そして九十橋(県道113号川越新座線)を越える。

名無し橋が出現、土鳩がいた。

次の橋が見える、行くと名無し橋でした。

先に行くと新具橋があり、その先にも名無し橋がある。

こんなのがあり、二枚橋(国道16号) がある。

R16号を渡ると、何とまた二枚橋(旧国道16号)、この橋は大正13年8月竣工(功)なんだ。

全体を撮って おこう。

先に行くと妙瀬橋が現れる。その先には伊佐沼橋 です。

もう直ぐそこゴールだけれどダートです。

カモ を見て、鴨田排水路(左)との合流地点を見る。

九十川起点に到着です。起点の碑 がある。

ココがゴール地点です。

   

新伊佐沼橋  を撮って、伊佐沼 を眺めます。

伊佐沼公園を通って、鴨田排水路との合流地点に行って、冒険の森連絡橋蓮見橋

北伊佐沼橋を見る。

この先の水路を見て、今日の予定は終了 です。

ルートラボをみると九十川沿いの距離は概ね8kmですね。

時間は13時丁度となり、ここに行く と混んでいるのでスルーします。

田舎に行くと休店日 でした。(今日は火曜日と思っていた(笑))

仕方ないのでココで 、更にこんなのいただく。

川を繋いで   帰ります。

自宅着14時26分でした。

本日は51.72km

少しダートがあるけれど、九十川沿いは自転車走れます!!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「小畔川」沿いポタ

2016-10-27 21:18:41 | 川・湖に架かる橋巡り ポタリング

畔川(こあぜがわ)は、埼玉県を流れる一級河川で、荒川水系越辺川の支流である。延長は約20kmです。

埼玉県飯能市の宮沢湖に源を発し、途中、中田橋下流で南小畔川を合わせ、川越市と坂戸市境界付近の落合橋下流で越辺川に合流する。

越辺川に合流して間もなく入間川に合流するため、入間川の直接の支流と誤解されやすい。

源流の宮沢湖には、飯能市小瀬戸地区で入間川の取水口から入間第二用水を使い通水し、溜められた水は小畔川流域の水田等への用水に利用されている。このため小畔川中流部には固定された堰が多く魚類の遡上が制限されている。入間川で瀬切れが発生する状況でも流域付近は伏流水が豊富で流れが途絶えることは無い。(ウィキペディア)

<今日の行動>

今日は川越方面の娘の家に行く日。

車に自転車をバラして積み込む、9時過ぎに出発します。

妻を娘宅へ、孫と1時間ほど遊んでから、11時となり自転車散歩します。

私は何時もの通り、帰りはそのまま自転車です。

今日は以前から実施したいと思っていた「小畔川」沿いを走る事にする。

マニアックな「橋ポタ」です、でも下調べはしていないしどうなる事やら・・

先ずは入間川CRにINします、北東方面からの風が強いです。

 

小畔川越辺川の支流、落合橋下合流しているので向かいます。

到着して11時40分過ぎです。

落合橋の下に行きます。合流地点 を確認します。

では、遡って行きます。(何時もの通り橋を眺めながら進みます。)

落合橋(川越街道254号)   鎌取橋冠水橋がありました。

 莿(とげ)橋(埼玉県道256号片柳川越線)精進場橋 

八幡橋(埼玉県道39号川越坂戸毛呂山線) 金堀橋(埼玉県道114号川越越生線)  小畔川橋梁(東武東上線)(これより上流は埼玉県、下流は国土交通省が管理)。ここからダートです。(国と地方では整備が随分違う)

吉田橋 高橋   御伊勢橋  関越自動車道  庚申橋(これは南小畔川橋)

南小畔川は関越の所で小畔川合流しています。芳地戸橋  

宮下橋 田谷橋寺橋道目木橋 

下田橋田島橋 中田橋 圏央道 北不動橋  小畔川橋(国道407号日高バイパス) 小畔川橋新相原橋相原橋(工事中) あさひ橋この付近も工事中で新しい橋が出来るようです。

   ここも工事中で進めません。

コンビニで何時もの食事です。 川沿いは無理なので迂回します。

迂回したので橋を見失ったかもです。境橋昭和橋 小畔川橋梁を越えて、小畦橋(埼玉県道262号日高狭山線)小畦川橋(埼玉県道30号飯能寄居線)  川沿いのため横道に入って行きます。

     

さらに進むと   宮沢湖堰堤が見えます。

源流である、宮沢湖に着きました。

宮沢湖は今は入場禁止の様です。(この段階では未確認です。)

しかし林道 と言うか、ハイキングのコース?を行くと堰堤に出ました。

  堰堤から下をみると川筋(農業用水)が幾つも見えます。

誰一人と居ない、一周しました。

再び堰堤に戻って下に降りて、正規の入口に行くと閉鎖されていました。(知らなかったのが幸い? 入ってしまった。)

15時15分です、では帰ります。

そして入間川を越え、狭山市を経由し、自宅着16時53分でした。

本日、69.62km

何か、自分の生活スタイルをみると、マウンテンバイクが良いかも・・・と考えたりしてます。

以前、買って大して乗らないで外に置いておいたら、誰か(あの人)に粗大ごみとして捨てられた(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「黒目川に架かる橋」ポタ(その2)

2016-09-07 18:18:21 | 川・湖に架かる橋巡り ポタリング

黒目川・・・東京都東久留米市と東村山市、小平市の境界に位置する小平霊園内の「さいかち窪」に源を発し、東久留米市、埼玉県新座市、朝霞市を流れ朝霞市大字根岸で新河岸川へ合流する。延長は17.3kmです。

「黒目川に架かる橋」ポタ(その1)はここをクリック!! 

大橋(保谷志木線)で休憩し、再出発です。

走って行くと直ぐに、関越自動車道を潜って、樋の橋堀の内橋(産業道路)ばくろう橋(ばくろ橋通り)貝沼橋(石神緑地通り)石神橋(歩行者専用)前通り橋(歩行者専用)栗原橋神宝大橋(東京都道・埼玉県道24号練馬所沢線)ここは落合川との合流地点です。

黒目橋(神宝町、歩行者専用)この辺りも先日の台風で流された枯れ草が有る。昭和橋(昭和新道)神山大橋(浄牧院通り)平和橋(歩行者専用)門前大橋歩道橋大橋 稲荷橋(歩行者専用)弁天掘橋西武池袋線下田橋(歩行者専用)

 新大橋(大円寺通り)曲橋川の流れが弧のようになっているから?

幸橋(歩行者専用)中橋坂本橋(歩行者専用)落馬橋上落馬橋(小金井街道) よしきり橋降馬橋コサギが居た。

本邑橋平成橋(新小金井街道)都大橋(下里本邑通り)都橋(所沢街道)

少しの区間が暗渠(流れが変化?)となる。氷川橋を撮ったが真っ白でした。(笑) (氷川橋の所⇒)後日追加かも?

〈9/14 暇なので氷川橋を見てきました。    

宮裏橋 名無し橋ふれあい橋 この辺りは「しんやま親水広場 さくら橋 柳橋さいかちの道となる。

十小みらい橋~三方橋    天神橋由来 があった。

すると「柳窪天神社  長福橋越処(こいちょ)橋  小橋   新青梅街道を横切ると、小平霊園の「さいかち窪  に12時過ぎに到着です。

今日も水が無い、先日の台風の時はこの一帯は「」となっていただろうけれど・・・

源流地点地図はココをクリック。

少し休憩します。 もうすっかり晴れ渡って来た。

また天気予報に騙されたかな

コンビニで昼食を買って、自宅着13時10分でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「黒目川に架かる橋」ポタ(その1)

2016-09-07 16:30:14 | 川・湖に架かる橋巡り ポタリング

今日は朝起きると小雨が降っていた。

しかし9時前に止んだようだけれど、天気予報では夕方からまた降り出すようだ。

では、まだ道路はウエットだけれど、その隙間を有効に使おう。

そうなると近場だね、雨が降ってきても直ぐに戻れるから・・・

こんな時は例の「橋ポタ」が良いかも。

過去のブログを覘いたら、2013.8.3に黒目川を源流から新河岸川の合流地点まで探検していた。

では今日は「黒目川沿いに架かる「」を撮るポタにする。

何時もの通りただただ川に架かる「」を撮るだけです。

黒目川・・・東京都東久留米市と東村山市、小平市の境界に位置する小平霊園内の「さいかち窪」に源を発し、東久留米市、埼玉県新座市、朝霞市を流れ朝霞市大字根岸で新河岸川へ合流する。延長は17.3kmです。

では9時半過ぎに出発します、この前は源流から出発したので、今日は黒目川と新河岸川との合流地店(地図)に向かいます。

朝霞水門付近を目印にする。

志木付近では、今にも降り出しそうな雲行きです。

合流地点に近づくにつれ、こんな感じだ。

合流地点に10時20分に到着です。此処は、「わくわく田島緑地  となっている。

キバナコスモス、 百日草、スイレン も咲いている。

この前の台風の時は増水し、この一帯は水没したらしいです。

正面には「朝霞水門」、 こちらが新河岸川そして黒目川、合流 しています。

カモが泳いでる。では源流を目指して遡って行きます

東橋水管橋  笹橋(朝霞秋が瀬通り) 花の木橋(城山通り)  岡橋(中央通り) 水道橋側道橋水道橋浜崎黒目橋(歩行者専用) 東武東上線東林橋    新高橋(二本松通り) 溝沼池田橋(人道橋)通称さくら橋と言うらしい。溝沼黒目橋(人道橋)水管橋泉橋側道橋泉橋黒目橋(膝折町)黒目川橋(埼玉県道109号新座・和光線・川越街道旧道)  黒目川橋の左岸には、水車 がある。

大橋(川越街道旧道)新座大橋(国道254号・川越街道バイパス)   

千代田橋(陣屋畑中公民館通り)山川橋 名無し橋市場坂橋(市場坂通り) 反対側は妙音沢、湧水が黒目川に落ちています。大橋(保谷志木線) 此処で小休止する。     

続きはこちら、「黒目川に架かる橋」ポタ(その2)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多摩湖一周CRに架かる橋

2016-06-17 17:00:44 | 川・湖に架かる橋巡り ポタリング


多摩湖 を一周していると「」と言えるのは「多摩湖橋鹿島橋くらいかなぁ~と思う。でも注意して走っていると何気に「」が多くある。今日はその「」を探してみる。

多摩湖一周CRにある橋とコースはココをクリック!! 

今日は予想以上に良い天気、お山に行こうと思ったけれど雨上がりだし、また早朝に起きられなかったので中止する。「ところざわゆり園」でも見学しようと、10時過ぎに自宅を出発する。今日は富士山の頭が見える。到着すると10時50分、西武球場前駅の駐輪場に停め、「ゆり園」に行く。入場料は1100円、高い!!(笑) セコイけれど、毎年観ているからパスとする。入口前から  少し写真を撮った。「西武ドームを撮って、「多摩湖」に向かう。そうだ!「多摩湖」を一周して「」でも観るか・・・知っているのは精々数基、いくつあるかなぁ~

多摩湖の上堰堤 道路を渡って、「多摩湖上南側距離起点上池取水塔を撮って、堰堤の道路上からも 多摩湖を観る。「多摩湖橋 、橋上から左が下池、右が上池です。ここから反時計周りに一周してみます。さくら橋  もみじ橋  あかまつ橋 を過ぎると「玉湖神社 すると「こなら橋  ねむの木橋 ほおの木橋  えごの木橋  くぬ木橋 と現れる。CR上ではないが「かぶと橋   がある。行政境の看板  を過ぎると「ホテル街」 ラブホですね。暫く走って下石川橋つつじ橋 そして「鹿島休憩所    がある。「鹿島橋  を渡ると右手には「鳥やまや「狭山緑地そして「下池堰堤入口(南)に到着です。堰堤で写真タイム    です。 これは? そして、昭和2年当時の「親柱堰堤を走ります。 大正12年堰堤を盛り立てる際の川の水を抜くための排水トンネル排水管  堰堤を抜けCRを走って行く。 あかしあ橋 が現れる。「ドーム前には「にれの木橋 少し走るとこぶし橋  、これが最後の橋です。そして「多磨湖橋    戻ってきました。これでおしまい、「橋は16基」で殆どが木の名前、一周は概ね12kmでした。

ではこの界隈を少し見て帰る。かつて多摩湖にあった「慶性院」、山門がある。  「山口観音」 「霊馬の像」 アジサイも咲いている。   途中の道路沿いにも綺麗だ。13時半自宅着。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「残堀川に架かる橋」

2016-06-12 12:23:43 | 川・湖に架かる橋巡り ポタリング

前の所に追加しようとしたけれど、文字オーバーとなったので、ここに記す

残堀川(ざんぼりがわ)は、東京都を流れる多摩川水系の一級河川である。

狭山丘陵西端付近にある狭山池(東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎)にを発し、立川断層に沿って南東に流れ、武蔵村山市の旧日産村山工場の敷地に突きあたってから南に流れを変える。ここから下流は河道付替工事による人工の流路である。立川市一番町付近で玉川上水を乗り越え、国営昭和記念公園の西辺に添いながら昭島市に入る。東向きに曲がって同公園の敷地に入り立川市域に再び入る。公園内で再び南に向きを変え、立川市富士見町3丁目でほぼ直角に曲がり、立川市柴崎町で多摩川合流する。

では、「残堀川を源流まで、「」を撮りながら遡ってみよう。

走行ルート

多摩川に架かる「立日橋(東京都道149号立川日野線・多摩都市モノレール線・多摩川の橋でもある)」橋げたに行き「合流地点」を確認する。

    

残堀遊歩道    水管橋、「立川橋(東京都道29号・新奥多摩街道)」 JR中央線 馬場坂下橋山中坂下橋 滝下橋 ここで流れは粗、直角に 曲がっている。 そして奥多摩街道から一気に落流となっている。

幅24m、高低差10mを有する都内の中小河川の落差工として、他に類を見ない大規模なものとなっている」とのこと。

その落差を確認したいけれど、「立ち入り禁止」区間となっている。

     周辺を回っても、見ることは出来なかった。

自転車を担いで、奥多摩街道まで石段を上ると、「富士見高架に出る。

そして、「滝口橋(東京都道29号立川青梅線・奥多摩街道)」 当然ここも立ち入り禁止なので、落差を確認出来ません。こんな感じです。 滝上橋富士見橋 富士塚橋 青梅短絡線そして辰巳橋「JR青梅線 さつき橋昭栄橋「昭和記念公園」内を 望む。園内から「昭栄橋をチラ見する。

次からは園内を流れる「残堀川」をみて回る。しかし自転車では無理がある。(サイクリングロードから外れるから)粗、歩きとなる

園内から源流までの続きはここをクリック!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「不老川」沿いを走ってみた。(殆ど川沿いは無理だった) その2

2016-06-03 23:41:25 | 川・湖に架かる橋巡り ポタリング

〈「不老川(としとらずがわ、ふろうがわ)」は、東京都及び埼玉県の主に武蔵野台地上を流れる一級河川。荒川水系新河岸川の支流である。霞川、残堀川、野川に並ぶ古多摩川の名残川の一つ。

東京都西多摩郡瑞穂町の狭山池の伏流水が水源とされる。そこから北東へ向かって流れ、埼玉県入間市宮寺と藤沢、所沢市林、狭山市入曽(不老川が北入曽と南入曽の境界になっている)と堀兼、川越市今福などを流れ、林川、今福川、久保川などを合わせ、川越市岸町と川越市砂の境界で新河岸川合流する。流域には河岸段丘が形成されている。〉

不老川の流れはココをクリック!!

前回からの続きです。その1はココをクリック!!

中原橋(狭山市道B-344)」ここで小休止 とします。「不老川」に因んだ碑がある。   名称不明の橋がある、新しいのもあるね。

西武新宿線 を越えます。

名称不明  がある。そして、「入曽橋(埼玉県道50号所沢狭山線)」   七曲井」前です。ここでサンドイッチタイムとし、暫し休憩です。 

         

 

新入曽橋(狭山市道B-267)」   こんなところを走って行く。

名称不明山王橋(埼玉県道8号川越入間線)」山王様 がある。 東山王橋(狭山市道B-594)」 が現れる。

名称不明    が続いて、「新権現橋(埼玉県道126号所沢堀兼狭山線)」  そして、「権現橋(狭山市道幹線第19号線)」がある。

暫くは舗装路が続くので楽です。名称不明  草刈橋(狭山市道幹線第57号線)」石橋(狭山市道C-659)」 農道を通ると「農耕車両の橋」が   10基以上あった。「不老橋が現れる。そして、「山田橋(埼玉県道6号川越所沢線)」  だ。

今福歩道橋霞橋関越自動車道 新霞橋です。

砂久保橋(埼玉県道8号川越入間線)」名称不明         「浅山橋御代橋不老橋(国道254号)」 東武東上線 新一本橋 ここが最後の橋です。

川沿いを進むと  新河岸川」と合流です。

新河岸川」の「新扇橋上から合流地点 を望む。(左が不老川・右は新河岸川

これで、今日の目的は達成となります。

不老川」沿いも殆ど整備はされていませんね。

自転車では、先ず無理でした。

折角、綺麗な川に生まれ変わったのだから、整備してほしいと思います。

16時を過ぎました、そして疲れた。でも・・まだ家まで走らねば・・です。

では、帰ります。ここからなら20km弱かな?

南風が強過ぎ、当然ながら向風となります。

新河岸川沿いを走って、 更に川越街道へ出る。

コンビニで暫く休憩し、  自宅着は17時半でした。

今日、走った川沿いは概ね30km程度だけれど、源流までと合流からの往復路と、迂回等もあり、走行距離は87.32kmでした。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加