ニュース斜め読み

 巷間の話題をだらだら論評。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新聞チラシ:景気悪化で7.4%の大幅減、バブル崩壊以来の減少幅に…

2008-11-23 09:12:06 | Weblog
景気の悪化で企業が広告費の削減を強めている傾向を反映し、新聞の折り込みチラシが
去年と比べて大幅に落ち込み、バブル崩壊以来の減少幅になっています。

 新聞の折り込み広告代理店大手の「オリコミサービス」によりますと、ことし1月から
9月まで首都圏で配られた新聞の折り込みチラシの累計は、一世帯当たり平均で5273.6枚
でした。

 折り込みチラシの累計は、去年の同じ期間より422.2枚、率にして7.4%減少し、
バブル崩壊後の平成4年の6.5%より悪い減少幅となっています。減少が著しい業種では、
▽不動産がマイナス9.6%、▽スーパーやデパートを除く小売りがマイナス7.6%、
▽サービス・娯楽がマイナス5.3%となっています。

 広告代理店では「新聞の折り込みチラシは、テレビのコマーシャルなどほかの広告と
比べて景気の影響を受けにくいと見られていたが、金融危機による世界的な景気の減速で
ことし10月以降も広告費を削減する企業が目立っている。このままでは昭和49年に統計を
取り始めて以来、過去最悪の減少幅になりそうだ」と話しています。


▽News Source NHK ONLINE 2008年11月23日07時14分
http://www3.nhk.or.jp/news/k10015553681000.html
▽オリコミサービス
http://www.orikomi.co.jp/

新聞広告ではなく新聞チラシも減少ですか・・・。新聞購読者ではないとリーチできないこの新聞チラシ。意外と波及効果は限定的??とはいえ、新聞チラシをネットで公開しても効果は??だろうけど。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シティが合併検討、相手はゴ... | トップ | 世界の金融業:「35万人失業... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事