おやじのこだわり田舎暮らし

自然にやさしく 美味しく安心して食べられる作物作りと スローライフな田舎の生活を楽しむ。

京都に行く。

2018-01-15 20:54:28 | 旅行

 今回の京都旅行は、全国女子駅伝大会に孫が走るかもしれないとで計画した。

 前日13日午後に出場決定、夕方に新しく開店した京都タワースタンドで、プログラムを見ながら本人無しの景気づけ。

  大会当日朝、選手紹介を見るため西京極運動公園に。

 出発までの時間まで、通過予定地の近くの相国寺御所を見学。

 都大路を懸命に走る選手たち。

 http://www.womens-ekiden.jp/pdf/result36.pdf

 

 やはり現地でみる駅伝は違う、選手たちの懸命さが伝わり、沿道の人達との一体感が見られ、注目選手だけでなく全ての選手えの声援は涙さえでるほどである。

TVでは味わうことの出来ない感動があり、沿道では注目選手だけでなく、最後まで必死で頑張る選手が走り終わるまで、立ち去ることなく応援していたことである...。

 14日は三十三間堂での大的全国大会(通し矢)に参加するのか、各地の新成人らしき若者が京都駅やホテル等で見られ、弓を持つ若い女性の、背筋が伸びた凛々しい姿、又早朝にホテルから会場に向かう若い女性の立ち振る舞いに感心、駅伝選手の頑張りを重ねて、将来の母親の姿を想い、頼もしさと安心を若者に感じた京都であった。

 

「通し矢 三十三間堂」の画像検索結果
 大的全国大会 (you tubeより)

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

トンド祭りは楽しい宴。

2018-01-08 09:51:37 | 行事

 

  集落最大の新春行事,トンド祭りが摧された。

 数日前から,川岸の竹やぶで竹を伐採し準備が始まる。

 前日に集落総出で竹ひきをし、トンドの組立をした。

  当日午後2時点火、勢い良く燃え上がるトンド

 酒とつまみの準備も数日前から。 

 焼肉は猪の足鹿のレバー

 婦人部による豚汁。

 トンドで焼いた笹酒

 男性陣はトンドが終わっても酒が有るうちは帰らない

 

  トンド祭りは新春の小正月の行事である、7日に行われたが大変人気があり、友人や子や孫達も遠くからやってくるほどである。

 最近はトンドの火で身体を炙り、鏡餅を焼いて食べ一年の健康を願う目的意外にも、皆で集まり飲んで食べて楽しむ宴の要素が増してきているようである。

 準備も大変ではあるが、集落の連帯、コミニュッケーションを増すためには大切な行事であり、続けていきたいものである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正月飾りを皆で作る。

2017-12-29 09:07:52 | 行事

 

 クリスマスが終わると、正月飾り作りである。

 

 各自が出来上がった作品をてに写真撮影

 

 作品を玄関に飾り、正月を迎える準備が出来た。

 

 毎年この時期になると、松や裏白は山に,梅.竹.ユズリハは近所に、最近少なくなっているヤブコウジは川岸に出かけ採ってくる。

 主役の稲藁は、早刈りした古代米ミドリモチ藁を天日乾し、芥を取り除き木槌で打ち柔らかくした物を使う。

 新人三人には経験者が指導しながら賑やかに、各自の自己満足の作品をてに記念撮影した、今ではスパーやホームセンターで簡単に入手出来るが,皆が元気で集まれ正月飾り作りを伝えて行くことは大切であろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晩秋の里山。

2017-12-03 09:44:26 | 田舎の風景

  町のシンボル白木山も色着いてきた。

  最初に銀杏が黄色く染まる、落ち葉にも大きさに差がある。

  クヌギはほとんど落ちてしまって、山道は落ち葉の絨毯。

  集落の井出は小さなナイアガラ。

 町内のいたる所がこんな感じに...

  朝、我が家の窓を開けたら...。

 

 紅葉の名所に出かけなくても、この時期の里山は美しく染まっている。

 山に針葉樹の植林がされなくなり、広葉樹の雑木が多くなり赤や黄色に色着き、ここ様になることがはたして良いことであろうか。

 山が整備されず荒廃して、獣害も著しい、適度に手入れされた里山の姿が理想なのであるのだが.....。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年はサツマイモが豊作。

2017-11-14 09:02:23 | 農業

 

 稲刈りが終わり、籾の天日乾しも済んで、ようやくサツマイモ堀を行った。

  今年は天候に恵まれたのか、サツマイモは豊作である。

  芋畑に珍しくカヤネズミの巣を見つけた。

 収穫したサツマイモは稲用の育苗機に入れキュアリング

 

 

 稲の作業が終わりサツマイモの収穫をしたが、安納芋.紅ハルカ.パープルスイートロード.クイックスイート.ヒメアヤカ.カラユタカ.シルクスイーツと八種類二〇〇本を植えたが、ことしは芋の出来が良くいずれも豊作であった。

 掘り終わった芋はコンテナに詰、稲の育苗機に入れ32℃.湿度90%以上で4日間処理する、このキュアリング15℃の保管で一年を通して美味しく味わえる。

 芋掘りの最中、畑で珍しく萱鼠の巣と五匹の小鼠見つけた、以前から我が家の水田では見かけていたが、日本最小の鼠とのこと、米は食べることはなく昆虫や雑草の種を食べているらしく、また絶滅種となりつつあるらしいので、保護して積み稲わらの中に入れてやったがどうなるか.....。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

週末は大荒れの天気。

2017-10-23 09:56:53 | 行事

 

 ひろしま県史協の三原大会に参加したが、天気が大荒れ。

 

 

 大会会場は懐かしい円一町の三原リージョンプラザで。 

  講演は県立広島大学の秋山伸隆先生

  雨の中目的のを宗光寺の供養塔へ。

 

  日曜日も雨、尾長天満宮での合気道奉納演武

 

 

 大型台風21号の影響で、土日は雨で散々であった、県史協大会は久しぶりの三原訪問で期待していたのだが、駅前など気鋭にはなっているが昔の面影はなく活気も少ないように感じたのは?。

 秋山先生の講演 小早川隆景と瀬戸内水軍、未公開の新資料からの解説で、通説とはことなる新たな内容で面白かった、毛利氏関係の家臣団の研究では権威であり、これからも市民講座などに参加するつもりである。

 

 日曜日は広島地方は秋祭りがあちこちで摧されていたが、一日中冷たい雨で尾長天満宮も人出も少なかった、恒例の合気道奉納演武も仮設テントで震えながら見学した。

 当地は台風の被害が無かっただけでも有難いのだが、田舎ではこの長雨で稲刈りも終わっておらず気になっている.....。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中郡古道に手作り道標を設置。

2017-10-04 15:12:17 | 行事

 

 

 戦国末期、毛利輝元が整備したといわれる、吉田郡山城から広島までの道が中郡道である。

 三田地区には古の道が往時のまま残っている箇所が数箇所あり、その代表的な中山峠を中心に道標を設置した。三田郷土史会の有志によるボランテェアによる手作りである。

 耐久性を考慮してステンレスのボルトをサイズを合わせカット。

 

 設置も会員の手で。

 中山峠で記念撮影。

 

 「てくてく中郡古道プロジェクト」活動の一つとして昨年に話が出て、一年近くかかったが九月末ようやく実現した。

 木こり屋 BunBunBaum さんの協力で、地元のの間伐残材を入手、チェンソーでの製材、削りやカットをも、防虫防腐剤から文字用ペイント、止めボルトと袋ナット、購入から加工、設置迄を全て会員のボランティアで行った。

 文字書きも参加者全員でやったので、やや不揃いではあるが、それだけに味があり、想い出として忘れないかもしれない.....。

 耐久性などの比較の意味で、一部市販の米ヒバや防腐処理済みの外材も使用したので、今後の経過を見守るとともに、補修も考えているが、何年もつものか,,,?。

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

広島は赤く熱い。

2017-09-21 08:28:24 | 郷土

 

 広島カープセ・リーグで連続優勝

 最終戦は野村先発、最後は昨年と同じ中崎で勝ち取った。

 胴上げを喜ぶスタンドも赤一色...。

 インタビューでのベテラン達。

翌日の新聞(朝日)。

 けがの誠也も喜びを一緒に...。

 地元量販店やスーパーでも優勝セール。

 庭先でも彼岸花も赤が祝福か...。

 

 広島カープのセ・リーグ連続優勝で地元広島は、熱く燃え上がっている。

 資金力の豊富でない球団は、若手選手を自ら育成し、ベテラン選手も大切にし、監督もさることながらコーチ、フアンの熱い応援等がこの結果であろう。

 球団もマツダスタジアムやカープグッツ等運営面で、フアンの動員増を図り成果を上げているようで、試合日の広島駅付近やカープロードは赤で溢れている。

 又地元百貨店、スパーも優勝セールで賑わい、飲食店でも多くのフアンサービスが有るのも嬉しいことである。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年のお米は豊作か?

2017-09-05 12:10:36 | 農業

 

 田んぼの稲も順調に育ち、今年は豊作かもしれない。

 集落の主品種はヒノヒカリ、奥の餅コメはそろそろ稲刈りである。

 我が家の主力品種にこまる

 手前は恋の予感、穂が黒いのはみどりもち

 種採りの用に、マキタコシヒカリ紫黑米も少し植えてある。

 

  田舎では早生のコシヒカリは、先週に稲刈りは終わってしまった、主力のヒノヒカリも10月に入れば刈り入れとなる。

  我が家のように少量多品種では、刈り入れもバラバラで手間がかかるが、籾で保存し必要に応じ籾摺するので、刈ればゆっくり天日干しするだけである。

 そろそろ、畦端で彼岸花が赤い顔をだし、コスモスが咲き乱れ、忙しいが待ちどうしい秋の収穫を迎えるのである....。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の花もそろそろ引退か。

2017-08-24 08:11:55 | 田舎の風景

 

 まだまだ残暑は厳しいが、夏の花達は終わりが近づいてきている。

 高砂百合は毎年花数が増えていくのだろうか?。

 ノウゼンカズラも長く咲いているが....。

 鳳仙花も最近は人気薄なのか、植える人が少ない。

 田んぼでも目立たないが、稲の花が見られる。

 

 お盆も終わり、子供達の夏休みもあとわずか。

 最後の残暑は厳しいが、花たちや田んぼでは秋が間近となっているようである、畑では早蒔きの大根の芽が出始めている。

 九月に入るとコシヒカリ等の早生米の稲刈りも始まるし、ブドウの収穫、冬野菜の植え付けと忙しくなりそうである。

 彼岸花が咲き、赤とんぼの飛び交う、田舎の秋の風景がたのしみである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加