てんとう虫の歳時記 2

主に狭山丘陵の野鳥、昆虫、植物などを写真を中心に綴ります。

ヒメクロホウジャク

2016年09月25日 23時27分57秒 | 日記

 

 

 

アザミの花で吸蜜するヒメクロホウジャク。

長いストローを上手に使う。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シマヘビの赤ん坊

2016年09月25日 21時01分23秒 | 日記

 

 

まだ40cmぐらいの赤ん坊。

文字通り赤い。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナシカメムシのカップル

2016年09月25日 20時49分05秒 | 日記

 

このカメムシも迷彩色を着ていて、よほど注意しないと見つからない。

「ウメ」「ヤマザクラ」「ナシ」などの樹液を吸うという。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トラフヒラタヤドリバエ

2016年09月25日 20時28分57秒 | 日記

 

 

 

 

70日ぶりに伊東の家に来たがさすがに草はかなり伸びている。

少しの時間虫探し。

イタドリの花にツリアブのようなアブを見つけた。

前にも地元の狭山丘陵で見たことのあるトラフヒラタヤドリバエだった。

このアブには和名がないという。

学名はあるらしい「Pentatomophaga latifascia」

トラフヒラタヤドリバエはとりあえずの仮の名だという。

こんなにカッコいいのに。トラフヒラタヤドリバエは覚えやすくて、ぴったりの名前だと思うが。

 

160925伊東市の天気


昨日 閲覧数1,316 訪問者数196

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムカゴイラクサ

2016年09月24日 19時37分28秒 | 日記

 

トゲがあるので要注意。

ゆでると痛い刺毛は気にならない。若い茎や葉を生のまま天ぷらなどの揚げ物にしたり、茎をゆでて冷水でさまし、おひたしなどにして食す

等とある。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タヌキマメ

2016年09月24日 19時26分27秒 | 日記

薬用植物園にて。

茎は直立し、草丈は30-100cm。葉は線形から狭楕円形で、長さ3-8cm[1]

花は青紫色で、大きさは7-10mm[1]。花期は5-11月、毛におおわれた果実の中に10-15個の種子をつける。

民間療法で薬草として用いられる。

等とある。

         2015年10月05日に同所で撮ったタヌキマメ。

         


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チャバネアオカメムシ

2016年09月24日 19時20分20秒 | 日記

 

ムサシアブミの果実にいたのはチャバネアオカメムシの幼虫でいいだろうか。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブドウトリバ

2016年09月24日 19時10分51秒 | 日記

カリガネソウの蕾に止まっていた。

開帳15mm。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キマダラカメムシ

2016年09月24日 19時06分48秒 | 日記

キマダラカメムシは保護色をうまく利用しているように見える。

ここでも目立たなかった。


 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トウゴマの果実

2016年09月24日 18時52分54秒 | 日記

 

 

 

トウゴマの果実はひまし油の原料だという。

猛毒であるリシンが含まれているため、使用の際は十分な注意が必要である。特に妊娠中や生理中の女性は使用してはならない。

等とある。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加