てんとう虫の歳時記 2

主に狭山丘陵の野鳥、昆虫、植物などを写真を中心に綴ります。

キマダラカメムシの成虫と幼虫

2017年06月22日 22時08分22秒 | 日記

 

 

 

 

ここでは、キマダラカメムシが多くみられる。

近くのアケビの葉では、孵ったばかりの幼虫も見つけた。

 

食草サクラカキノキ[3]フジニセアカシアクワエノキウメが確認されている。

本種は台湾~東南アジアを原産地とする外来生物である。日本国内には長崎県出島から侵入し[6]、その後各地に分布を拡げたとみられている。

等とある。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アカメガシワの花外蜜腺

2017年06月22日 21時55分45秒 | 日記

 

 

 

アカメガシワの花外蜜腺は虫たちに人気がある。

この日に来ていたのは、アリを筆頭にムネアカチビナカボソタマムシキイロトラカミキリ、テントウムシ等だった。


花以外の部分に蜜腺(花外蜜腺)を持つ植物もある。例えばサクラ属アカメガシワなどのの基部にあるものがよく知られる。

これらではアリが集まっているのがよく観察され、一説にはアリを誘引して植物に有害な他の昆虫を排除する役割があるのではないかといわれる。

等とある。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムクロジの果実と蕾

2017年06月22日 21時52分37秒 | 日記

 

ムクロジの種子は数珠羽根突きの羽根の材料にされる。

その果実が、今地面に落ちているのだが、別の木には花の蕾がたくさん付いている。

木によって、冬に実を落とすものと、初夏まで残っているものがあるらしい。


ムクロジは漢字で無患子と書くことから、子が患わ無いという願いが込められ、羽子板は厄をはね返す、はねのけるという事から縁起物として扱われていたようです。

等とある。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キベリコバネジョウカイ

2017年06月22日 21時17分05秒 | 日記

 

6月5日に撮ったのだが、種名が判らずにいた。

ジョウカイボンの仲間とは気が付かなかった。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラミーカミキリ

2017年06月22日 19時47分44秒 | 日記

 

 

 

探していたラミーカミキリがたくさんいた。


成虫は5月-8月頃に発生し、イラクサ科カラムシヤブマオアオイ科ムクゲなどを食草とする。

昼間に活動し、食草の茎や葉をかじって食べたり、周囲を飛び回ったりする。

等とある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オオトラフコガネ ♂

2017年06月22日 19時35分48秒 | 日記

 

 

 

 

ルリボシカミキリのいた、カラムシの葉の上ではオオトラフコガネ♂も見つけた。


     オオトラフコガネの雌は全く違う色をしている。2015年07月26日に遠笠山で撮影。

      

      

      

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルリボシカミキリ

2017年06月22日 19時24分56秒 | 日記

 

 

 

 

サンコウチョウの現場に向かう途中、カラムシの葉の上でルリボシカミキリを見つけた。

幸先の良いスタートだった。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンコウチョウの子育て

2017年06月22日 19時09分38秒 | 日記

 

 

 

 

 

 

お仲間から情報を頂いて、サンコウチョウの子育ての様子を撮りに行ってきた。

頻繁に雛の世話にやってくるのだが、すっきり獲れる場所がないので苦戦した。

こんなシーンは十何年ぶりに撮った。お世話になった方に深く感謝したい。



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アオメアブ

2017年06月22日 17時11分16秒 | 日記

今季始めて見たアオメアブ。

甲虫やハエ、アブなど、他の昆虫を捕まえては体液を吸う原っぱのギャング。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メスを追い回すブチヒゲカメムシ

2017年06月22日 16時54分50秒 | 日記

 

 

 

 

朝から夕方まで、一日中メスを追いかけまわす。



 

170622

 


昨日 閲覧数1,720 訪問者数198

コメント
この記事をはてなブックマークに追加