真実と幻想と創価学会

創価学会について色々書いています。ほぼ毎週日曜更新。

はじめに

2025-04-20 00:58:58 | はじめに

はじめまして。クロの「真実と幻想と創価学会」においでくださり、ありがとうございます!

母親が学会員の元2.5世(祖母と母親が同時入会)学会員によるアンチ創価ブログでございます。

私自身、創価学会に悩まされ、創価学会の事を調べていくうちに、多くの方に創価学会の問題を知ってもらいたいと考え、このブログを立ち上げました。

創価学会に悩まされ、とは言ったものの私は学会活動・信仰共にしたことはありません。

ほぼ外部目線での創価学会の情報発信の場として、あるいは同様の悩みを語る場(愚痴吐き場)として記事を書いています。

基本的にリンクフリーですが、その際にはコメント欄にて一言残して頂ければと思います。

また、コメントは承認制です。ご了承ください。非公開を希望の方は、その旨を添えて頂ければ公開いたしません。

なお、コメント欄のルールとして投稿されたコメントの全削除には対応いたしかねます。詳しくは「コメント欄の扱いについて」をご覧ください。

書き込む際には良識ある言葉遣いでお願いいたします。

毎週日曜日に更新(たぶん)。勤め人なので土日にコメントの返信は集中します。

追記(2009/9/26):少し記事も増えてまいりました。初めて訪れた方は「自己紹介」の記事にて私・クロのことを簡単に紹介していますので、ご覧ください。

コメント (94)
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年2017

2017-01-15 21:32:44 | ブログ

皆さま改めまして、あけましておめでとうございます!!

本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

新年のご挨拶がバタバタしてしまい、大変お騒がせしてしまいました。先週の記事に書いたように何が原因だったのかは不明なのですが、一時ブログにもブログ管理画面にもアクセスできない状態でして、コメントのお返事もままならず申し訳ありませんでした。

たまたまだとは思うのですが、ブログにアクセスできない状態の時に他の会員登録をしているサイトから「外部から不正アクセスがあったのでパスワードの変更を・・・」というメールがあり、まさかまさかハッキングされてブログ抹消されたのか!?と不安が募り他のブログへコメントさせて頂いていました。いやー、杞憂に終わってよかったです。

このブログ消したところでさして利益のある人がいるとも思えず、リスクしかないですからねw

改めましてコメントさせて頂いたしゅうえいさん、アズラさん、大勝利さん、ご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。

さて、では年末年始の話題を少し。

先にご報告していた入院中の父親ですが、一時帰宅で元旦の夕方まで自宅で過ごし、また病院に戻っていたのですがやっと年明け退院となりました。

酒と煙草は極力控えるようにとお医者さんからの指導があったのですが、どこまで守れるのやら・・・。目の前で母親がプカプカ煙草吸ってガバガバ酒呑んでるのに、父親だけ我慢するわけがない。夫婦一緒にやめてくれたら一番いいのですがねー。

私自身は酒も煙草も一切やらないので、健康を害し家計を圧迫してまで続けたいという人間の気持ちがさっぱり分かりません。

昔(私が小学生くらい)は「病気になったらさすがにやめるかなぁ」と親自身が言っていたのですが、現状を見る限り無理っぽいですね。

後は夫婦揃って、どう生活態度を見直してくれるかに、今後の生活がかかっているのではと思います。もう自己責任でお願いするところです。

で、私はと言えば毎年恒例の春日大社への初詣に行ってまいりました。

今年はまだ若干寒さがマシで、雪も降っておらず天候に恵まれてよい初詣となりました。やはり年々外国人観光客の方が増えている気がしますね。

ニュースにもなっていましたが、春日大社の天井裏から見つかってサビを落としてみたら鎌倉時代の名刀だったという刀剣も見学してきましたよ。

たぶん小学校の遠足とかで来てたら全然興味なかったんでしょうが、こういったものの良さが分かる年になったというか、大変興味深く見学できましたw

あと鹿は変わらず愛らしいです。不変です。

 

もう15日ということで、お正月気分はかなり抜けてきた頃かと思います。

今年はどんな一年になるでしょうか。学会は相変わらず「お元気な先生」が活躍するのでしょうか。あとどれくらい続くのでしょうね?大勝利さんがご自身のブログで仰っていましたが、この調子だと亡くなる時は「突然死」しかありえないぞ、とのこと。そうですよねー。突然天寿を全うした、という形にするつもりなのでしょうかね。本当に前日まで健康そのものだったのに、という形で・・・?

後は例の元職員3名さんたちは、このままの感じで活動をされるのでしょうか。どうも理解が広がる様子もなく、学会にもそこまで相手にされている様子もないような・・・?彼らは支援者の人たちに養ってもらいながら活動(?)に専念しているようですが、こういうとこが元オウムの上○さんと一緒ですね。

宗教以外で食べていく気がないんですね。学会の不正を糾弾するというもう一つの宗教みたいな形に落ち着くのでしょうか。

信者が3人いれば家が建つ、と言われますからこのまま広がりを見せずともやっていけるのはやっていけるのかな~?

また今しばらくは、彼らのブログをチラ見しつつたまにブログに取り上げたいと思います。彼らの紹介する池田氏の名言がたまらなくツボってる時がありますのでw

この一年が、皆さまにとっても明るく幸多き一年となりますように!!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年2017(仮)

2017-01-10 00:47:56 | ブログ

遅くなりましたが皆さま、あけましておめでとうございます。

実は先程まで何故か我がブログにアクセスできない状態でして、本来ならば本日は頂いていたコメントのお返事とブログ記事の更新をしたかったのですが夜遅くになってしまい、また時間のある時にさせていただきたいと思います。明日は仕事なので・・・。

特にコメントを下さっていた桃太郎さん、ねずさんはお待たせして申し訳ありません。

そしてしゅうえいさん、アズラさん、大勝利さん。お三方のブログにこの「真実と幻想と創価学会」のブログにアクセスできない旨をコメントさせて頂いておりましたが、どういう障害だったのかも不明なのですがご覧の通り復旧いたしました。お手数をお掛けしていましたら、本当に申し訳ないことです。

数時間待てば良かった・・・!

こんなワタクシですが、本年もどうぞ見捨てずによろしくお付き合いくださいませ。

では皆さま、新年のご挨拶はまた改めていたします。お休みなさいませ。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

メリークリスマス!2016

2016-12-25 22:27:48 | はじめに

今晩は。皆様クリスマスの夜、いかがお過ごしでしょうか?

私の祖母(学会1世)は私が子供の頃、飲食店をしていたため、クリスマスは書入れ時でした。当然のようにクリスマスツリーを飾り、クリスマスメニュー、クリスマスケーキ、クラッカーなどの盛り上げアイテムもたくさんありました。

そうした環境で育ったこともあり、その後(祖母の店を畳んだ後)、私の家でもクリスマスはツリーを飾りケーキやチキンを食べていましたし、サンタの正体は親子ともども承知のうえでしたが一応プレゼントも枕元に置いてありました。

なので学会のことを調べて初めて、今はともかく昔(少なくとも祖母の店があった頃)はクリスマスなど他宗のイベントが学会ではNGであったことを知り、とても意外に思ったものです。

祖母も母親もクリスマスがNGっぽいことを匂わせるようなこともなく、やはり商売は別という感覚があったのでしょう。そこでクリスマスの楽しさを知って育った子供たちに今更NGとも言えるわけもなく、続いていたのだと思います。

ちなみに私と弟二人、ちゃんとお宮参りもしているんですよ。祖母も神社で私らを抱いて笑顔で写っている写真が残っています。

父方が学会とは縁のない家でしたので、その辺りはやっていたようです。それに真っ向から反対することなく快く参加していた祖母は、学会1世とはいえやはり自身の信仰とそういった文化や習慣は別として考えていたのだろうと思います。正宗時代の入信でしたが、商売人だったから割り切れていたのかもしれませんね。

さて、話は変わり例の元職員3名のブログ、ちらちらチェックしています。

何でも不当解雇で訴えていた裁判は負けたんですね。学会側に証拠の捏造があったと主張していますが、それ、矢野元委員長の裁判でもやってたやつ!知ってんだろ、アンタらも。自分らがやられたらギャアギャア騒ぐなんて・・・。

当然証拠の捏造はいけません。しかしダブスタでは騒いだところで誰の信用を得られるというのでしょう。

そして今回、「謹慎処分」と「配置転換」の違法・無効を争う裁判では元職員3名側が勝訴したようです。そうですか~。これを機に、学会の裁判手段がいかなるものか、現役学会員さんたちが知るといいですね。

矢野さんが「証拠捏造だ」と言っても学会員さんは聞く耳も信じる心もないでしょうが、このお三方なら多少は聞く耳を持ち合わせる人もいるでしょうから。

では彼らのブログから目を疑う一文をご紹介。

「どこの世界でも、金銭や人事に厳格なところが最後は勝っている。あいまいなところは敗北している」(by池田先生)

今年の「おまいう大賞」はこれに決まりでしょう!

金銭は言うに及ばず、公明党の代表は党内選挙ではありませんね。誰がどう決めているのかさっぱりです。たくさんいる副会長とかもどうなっているのかな?

勝ち負けで表現しているところがまた「いかにも」ではありますが、言っていることは別に間違ってはいませんよね。しかしいくら良い台詞だったとしても、この言葉を紹介することに躊躇はなかったのでしょうか、元職員3名さん。

恥ずかしくないのか?自分の手でブーメラン突き刺しているようなものでしょうに・・・。その自覚がないなら、やはり彼らは創価学会の申し子としか言いようがないですね。彼らほど純粋で純真な創価学会員はいないと言っても過言ではないのではないでしょうか。

いつ見ても読む気を失せさせてくれる文章なのに、この弱点を抉るようについた池田氏の名言紹介。

彼らの自傷行為はいつまで続くのでしょうか。着地点が見えないのが怖くもあり、楽しみでもある、そんな聖なる夜です。

これが今年最後のブログ更新かと思います。

皆様、残り1週間を切りましたが、やり残したことはありませんか?

私は年賀状を買うところからやらなければいけませんw

それでは今年一年も大変お世話になりました。良いお年を!

コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

アイドルしなきゃ!

2016-12-18 23:28:30 | カルト宗教

えー、先週も時間が取れず更新お休みしてしまいました。お待ちくださっていた方には申し訳ありません。

今週もサラッと行きたいところです。

まずは父親の入院なんですが、半月といっていましたがどうやら年内の退院はないようです。

悪化したとかじゃないんですがね。まあ若くもないので仕方ない。

実は父親が緊急入院する3日前に、母親が退院したばかりでした。母親は入退院の日が事前に決まっていてのものだったので特に慌てることはなかったのですがね。

母親は内視鏡の手術だったのですが、その手術で新たなガンが見つかって来年また入院ですって。

父親にしても全く別件で病院行って早期発見だったので、両親共にまあ「見つかってよかったよね」といったトコロでしょうか。

さて、今週はこの話題には触れずにはいられない!

幸福の科学からまさかのアイドルユニット登場です!

「幸福の科学」信者アイドルユニット ツイッターでデビュー 宗教学者は信者獲得につながるか注目 (産経デジタル)

18歳から19歳の若い女の子で構成されるアイドルユニット「アンジュエル」。

宗教からアイドルと言えばかつてのオウム真理教での・・・なんでしたっけ?「喜び組」みたいな人たちいましたよね。

しかしレベルが違う!いや、違うのは時代でしょうか。このアイドルたち、本気で可愛いwまだ動画などは見ていないのですが、きっと歌やダンスのパフォーマンスも上手なんだと思いますよ。熱意がまず違うでしょうしねぇ。

ツイッターからのデビューらしいですが、彼女らは教祖・大川隆法総裁の著書を宣伝しまくりです。でもこの可愛さならアイドルファンが買うこともあるかもしれません。ええ、そのうち握手券付きの本とか出たりするかもw

さて一方の創価学会、信者である芸能人は多数あれど、信者であることを看板にして表立った芸能活動をする方は今のところいませんよね。

「学会員アイドルの○○です!」みたいに自己紹介する人はまずいません。これから出てくるのか?アイドルだとパクリだと言われるから別ジャンルか?男性グループとか?面白いので是非やってみてもらいたいものです。

幸福の科学は信者であることを隠さず全面肯定しているだけ、まだ評価できますね。学会ではこれができない。これからに期待です。

ちょっとこのブログっぽいことを言いますと、こういったキレイで若い女性といった魅力的な人物を布教のエサにするのはカルト宗教の常套手段であり、権威による服従という心理を利用したマインド・コントロールであると言えます。

こう言うと大袈裟なことに思えますが、たとえばテレビCM。有名芸能人やスポーツ選手が宣伝するから、商品が魅力的に見えて購買意欲をそそりますよね。あれと同じです。

創価学会の中にもドルオタはいると思うのですが、幸福の科学のアイドルにはやはり目もくれないのでしょうか?

カワイイ・・・けど邪教!みたいな?葛藤が大変だw

コメント
この記事をはてなブックマークに追加