真実と幻想と創価学会

創価学会について色々書いています。ほぼ毎週日曜更新。

はじめに

2025-04-20 00:58:58 | はじめに

はじめまして。クロの「真実と幻想と創価学会」においでくださり、ありがとうございます!

母親が学会員の元2.5世(祖母と母親が同時入会)学会員によるアンチ創価ブログでございます。

私自身、創価学会に悩まされ、創価学会の事を調べていくうちに、多くの方に創価学会の問題を知ってもらいたいと考え、このブログを立ち上げました。

創価学会に悩まされ、とは言ったものの私は学会活動・信仰共にしたことはありません。

ほぼ外部目線での創価学会の情報発信の場として、あるいは同様の悩みを語る場(愚痴吐き場)として記事を書いています。

基本的にリンクフリーですが、その際にはコメント欄にて一言残して頂ければと思います。

また、コメントは承認制です。ご了承ください。非公開を希望の方は、その旨を添えて頂ければ公開いたしません。

なお、コメント欄のルールとして投稿されたコメントの全削除には対応いたしかねます。詳しくは「コメント欄の扱いについて」をご覧ください。

書き込む際には良識ある言葉遣いでお願いいたします。

毎週日曜日に更新(たぶん)。勤め人なので土日にコメントの返信は集中します。

追記(2009/9/26):少し記事も増えてまいりました。初めて訪れた方は「自己紹介」の記事にて私・クロのことを簡単に紹介していますので、ご覧ください。

コメント (92)
この記事をはてなブックマークに追加

乱脈経理 より「ルノワール事件」 その16

2016-05-29 20:18:12 | はじめに
乱脈経理 創価学会VS.国税庁の暗闘ドキュメント 乱脈経理 創価学会VS.国税庁の暗闘ドキュメント
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2011-10-21

第四章 ルノワール事件と宗門戦争より

「ルノワール事件」 その16

 四月一五日、朝日新聞が社説でルノワール事件を取り上げた。社説は「絵の取引にかこつけて巨額の裏金づくりが行われたとも推測できる」「幹部が取引の場に同席していたとされる創価学会の対応も釈然としない」などとし、「金額の大きさからみて、日常的な裏金づくりというより、相当特殊な背景の存在がうかがわれる。その意味でもあいまいな決着では済まされまい」と事件の徹底解明を求めていた。
 四月一六日、角谷長官から電話が会った。角谷氏は「国会で質問があり、曖昧なことは許されない。ルノワール事件では二人が行方不明になっている」と、厳しい口調だった。
 二人とは先の「立花」の女性役員と、アート・フランスの社長のことだ。二人は疑惑の中心人物とみなされ、事件発覚の三月末以降、消息を絶っていた。
 国税庁の山口直税部長からも電話があった。「矢野さんも大変ですね」と言うので「はい」と私が嘆息すると、山口氏は学会の体質に呆れつつ、「乱脈すぎる」と突き放すように言い、私に同情していた。

・・・その17に続く。

まず、日常的な裏金作りがあるのが前提で話されているのが面白いですね。

文中にあります角谷長官とは国税庁長官のことです。

それよりもこれは本当に「巨額」で「特殊な背景」なんでしょうかね。

学会の問題に長く注目していますと、数億〜数十億くらいの金額は(学会にとって)巨額とは言えないような気がするんですけれど。

1990年前後の話ですが、当時の貨幣価値から見ても、その感覚は的外れではないように思えますが・・・。

だって正本堂の寄付では「あの発表(正本堂建立への寄付)の他に百億はやった。また稼ぐよ」と池田氏は言っているんですよ。本当にちゃんとまた稼いでいるのが「らしい」ですけれど。

こういった流れを見ていますと、別段「相当特殊な背景」とも思えないのは私の心が曇っているからですかねw

この時点で行方不明の二人は行方不明のままですが、特に「立花」は学会側の存在であったと言われています。

「特殊な背景」が本当は何であるかは私には分かりませんが、後に矢野さんは「別にこのくらいの金額の絵画は当時の学会は普通に買えたはずなのに、なんで三菱を入れた?」と状況をわざわざ複雑にしたことに対して疑問を抱いています。

一部では絵画購入に当たって金額が大きすぎるため代金が揃うまで三菱に買い支えてもらった、という説(聖教新聞の説明?)があるようですが、矢野氏の見解とは異なりますね。

でも矢野さんの疑問からも分かるように、やっぱり学会にとってこの金額は巨額ではないんですよね〜。さすが!ww

けれど普通に支出できないある程度まとまったお金を、誰かが必要とした、っていうことなのでしょう。

まあ皆さん、ネットで色々な情報を見ているでしょうからこの事件の結末(本当に結末かどうか?)や、裏金の行方も大体ご存知かと思いますが、あくまで矢野さんが国税庁と対峙する中での学会とのやり取りなどを記録として紹介しているものですから、まだ続きますがしばらくお付き合い下さいませ。

当時の報道のされ方などから見る創価学会への社会の印象も、それはそれで興味深いですしね。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

乱脈経理 より「ルノワール事件」 その15

2016-05-22 23:07:38 | 乱脈経理
乱脈経理 創価学会VS.国税庁の暗闘ドキュメント 乱脈経理 創価学会VS.国税庁の暗闘ドキュメント
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2011-10-21

第四章 ルノワール事件と宗門戦争より

「ルノワール事件」 その15

修正申告のタイミング

 四月一一日、国税庁から学会本部に修正申告の日付を四月三〇日ではなく、五月七日にしたらどうかとの打診があった。おそらく通常国会の終了時期をにらんでのことだろう。

〜中略〜

 四月一二日、秋谷氏から「矢野さんの言うとおり、国会のからみもあり修正申告は五月七日でいいのではないか」との連絡があった。
 この日の朝刊夕刊は、ルノワール事件で行方不明となった約一五億円のうち、少なくとも三億円分の小切手が架空のフランス人「ハーマー・ワーウィック」名で換金されたとみられると報じていた。結局、この「ハーマー・ワーウィック」名で裏書された三枚、つまり三億円の行方が最後まで判明せず、学会あるいは関係者の裏金に消えたと囁かれることになる。

・・・その16に続く。

架空の人物だと指摘されたにもかかわらず、その名で換金されたんですか。新聞沙汰になる前に換金されていたんですかね。

しかしつくづく、公明党と一体ですよね。学会は。支持母体とかどうとかではなく、全く同じ。

いや、分かっているんですけれどね。改めて感じるわけです。

学会員さんたちが必死になって法戦やってる姿を、最近になってテレビでもたまに映されたりします。実際に私の母親の周りでも必死こいてやっているな〜という雰囲気が伝わってきます。

そういうトコロから感じるものとはまた別の「一体感」がここにあります。

やっぱり末端が応援して公明党候補が当選して・・・というのは応援する側とされる側がいて、内輪のお祭り騒ぎとも言えなくはないんですが,演出としても別々の存在としてあるわけです。

けれど矢野さんが学会の国税問題に議員として対応し、学会側と綿密な打ち合わせがなされているこの状況は、どちらがどうというのではなく一体モノでしかないように思えます。敢えて言えば学会が常に上の地位ですが。

「ん?それがなに?」と思う人は学会員さんに多いことでしょう。

このことに危機感や疑問を抱く一般人の常識を理解しない、できないから、学会員さんのF取りはいつまで経っても迷惑行為でしかないのでしょう。迷惑以前に違法行為になる人もいますから、そこはちゃんと遵法精神でやってもらわないといけませんがね。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

乱脈経理 より「ルノワール事件」 その14

2016-05-15 21:59:59 | 乱脈経理
乱脈経理 創価学会VS.国税庁の暗闘ドキュメント 乱脈経理 創価学会VS.国税庁の暗闘ドキュメント
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:2011-10-21

第四章 ルノワール事件と宗門戦争より

「ルノワール事件」 その14

 四月一〇日、読売新聞に刺激的な記事が出た。私のメモには《帝国ホテル、立花の女性役員、話すと殺される・・・・・・記事出た》とある。
 記事によると、ルノワール絵画の取引現場に立ち会った「立花」の女性役員が国税庁の事情聴取を受けた後、家族や知人に「自分は仲介役をしただけで金はもらっていない。しゃべれば殺される」と話し、その後姿をくらましているとのことだった。
 私は八尋氏から「どう思うか」と電話で聞かれたが、返事のしようもなく「学会から話題が離れる方向の話だから悪くないと思う」と適当な感想を述べた。

・・・その15に続く。

えっと、女性役員は自ら姿を消したのかそうでないのかが気になるところです。普通「殺される」と言った人が忽然といなくなったら、殺された線を疑うものかと思うのですが・・・。

そんでこの女性役員、「誰に」殺されると思っていたのでしょう?

ちょっと間が開いているので忘れている方もいらっしゃるかもしれませんが、この女性役員がコンサルタント会社経営者(学会員)に「極秘に持ち込んだいい絵がある。内々に創価学会と取引したいので紹介してほしい」と取引を持ちかけたのがきっかけとされています。

しかしその後の調査で、この取引の真の買い手の存在を世間から隠蔽するために用意されただけの人である、とされています。また、この女性役員が最終的に行方の分からなくなった10枚の小切手(10億円)をアート・フランス社長と共に受け取ったと、コンサルタント会社経営者の人はインタビューで答えています。

さて、誰が本当のことを言っているのでしょうね?

ちなみにアート・フランスの社長も姿をくらまします。

行方不明の金を受け取ったとされる人物2人が姿を消し、その行方不明金は「創価学会の裏金」と囁かれていたわけです。

「ルノワール事件 その13」で書いたように、アート・フランス社長の所には学会側(最高幹部の秘書と最高責任者)から直接電話があり、取引金額までを決めています。つまり当初絵画を購入したとされる三菱商事こそ、学会の存在を隠すためのフェイクと考えられます。

会見で嘘までついて創価学会を庇う三菱商事は、一体どれほどの弱みを握られているのか。あるいはそこまでする恩義が学会にある、ということなのでしょうかね。それならそれで、三菱商事に嘘をつかせる創価学会の立ち位置というのも知れようというものです。

学会がメディアに宣伝やスポンサーでバンバン金をつぎ込んでその口を封じてきた手口は、少し学会のことに詳しい人間ならば誰でも知っています。上お得意様になることで批判が表に出ることを封じてきたのです。

三菱商事は創価学会のビジネスパートナーといったところでしょう。ただし、到底「普通の」パートナーとは言えないようですがね。

話は変わりまして、ついついチラ見してしまう「元創価学会職員3名のブログ」

東北での座談会の様子が記事にされているようです。だんだん人数が減っている・・・。人口比の関係もあるのかもしれませんが。

丁度ひと月前に熊本・大分を中心に九州地方で大きな地震がありました。その地震に際しても「変毒為薬」との解釈が聖教新聞などで出てたようなのですが、あの3.11、東日本大震災の被災者の方(?おそらく東北在住の方)が「東北から変毒為薬の戦いを起こしていく」という決意を云々・・・とありました。

その「変毒為薬の戦い」というのが復興に向けて頑張る、というならまだ分からなくもないんですが、公明党議員や本部職員の不正と戦うために立ち上がらなければならない、という意味だそうです( ̄△ ̄;)エッ・・?

なかなか・・・思考回路がよく分からないです。学会員さんなら分かるのかもしれません。池田氏は原発推進派だったんですがね。それも事情が変わった、ってことなんでしょうかね。きっと上手いこと頭の中で理屈が通るようになっているのでしょう。

それと池田氏が元気でないということは、これほどの池田信者であってもさすがに信じていないようですw

つい先ごろの聖教新聞では学会芸能人の「お元気な先生と奥様〜」なんて台詞が載っていましたが、はて、信じているのはどの変の人らなんでしょうね?

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

久々のにゃんだふるライフ

2016-05-08 20:43:33 | にゃんだふるライフ

今月のお誕生日様であるヨコヅナ君。今年で7歳になります!!

(*≧∇≦)ノ<※*・:*:`ハッピーバースデー♪:*:。*

この冬に買ってあげた新しい猫ベッドがお気に入り。モコモコのベッドを毎日ふみふみしてご満悦〜♪

この子は保護した当時、生後2ヶ月ぐらいでしたがガリガリで生きているのが不思議なほど衰弱していました。病院で診てもらったところ横隔膜が破れていて手術しないと助からないが、手術に耐えられるだけの体力がない・・・と言われ、絶望的な気持ちに突き落とされました。

月曜に保護し、手術に踏み切る金曜日まで毎日ご飯を食べさせ薬を飲ませ点滴を受けさせ、と我が家の総力を挙げて看病し、無事に手術を乗り切ることができました。

名無しのまま死なせられないと思って手術前日に名前をつけました(「ヨコヅナ」はこのブログ内の仮名)。

保護してから手術の日までたくさん写真を撮ったのですが「これが遺影になるかも知れない」と思うと泣けて手元がブレてしまいほとんどがピンボケというw

写真がピンボケなのも今ではいい思い出です。こうしてヨコヅナと呼ばれるまで大きく立派に育ってくれてこれほど嬉しいことはありません。

猫も7歳というと中年、人間で言うと40代半ばくらいです。これからあと10年、もっとそれ以上、元気に健やかに楽しく過ごしてもらいたいと思います。

というわけで、ゴールデンウィーク最終日、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は10連休だったのですよ・・・。ほんとに10日もあったか?というほどアッという間・・・。いや、始まる前からこうなるであろうことは分かっていましたがね。

明日ちゃんと起きられるのかどうか・・・((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

ところで前回の記事で紹介させてもらいました「創価ルネサンス〜創価学会改善活動」のブログコメント欄でカガテツさんが投稿してらっしゃる『月刊・現代─“池田学会”が最も脅える男 藤原範昭(手記)「二度震えた池田大作」』の藤原範昭氏というのは、小多仁 伯著の「池田代作の品格」に登場する「直訴の青年・N君」でしょうか。

私はこのN君について知らなかったが故に深く考えたことがなかったのですが、こうして背景を知ることになるとまた改めて池田氏の業の深さを思い知る気持ちです。

N君は突然思い立って直訴に行ったわけじゃないんですよね。「N君」とか現在年上の人に君付けもなんですが。

と、いつものアンチブログっぽさを出したところで本日は終了です。

また来週〜ヾ(*'-'*) バイバイ!!

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加