本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『落語絵本 じゅげむ』川端誠

2006年05月05日 | 絵本
 
5月5日は、こどもの日。学校はお休みですが、当教室は授業でした。授業前、ある生徒との会話です。

私『○○クン、今日は何の日か知ってる?』
生徒『もちろん、こどもの日!』
私『おっ、知ってんなぁ』
生徒『あったりまえ。先生バカにしてるでしょ!』
私『いやいや、じゃあねぇ、端午の節句はいつだ?』(ちょっとイジワル)
生徒『あっわかった、かんたん!3月3日!』
私『えっ?』
生徒『あ、ちがうちがう、豆まきの日だ!』
(このての話は【今日のスットコくん】にたっぷり出ております(笑)。)

という具合で、小学生の中には『端午の節句』を知らない人もいます。菖蒲(しょうぶ)湯にいたっては『何それ?』状態です(笑)。

少しでも、日本文化を伝えようということで、子どもたちも好きな『じゅげむ』の絵本です。ところが、これまた残念ながら、元のお話しが落語だということを知らない子どもが多いそうです。落語の名人芸で、じゅげむを見たら忘れられないと思います。単に『じゅげむじゅげむ~』と、続きを覚えるだけでなく、そのストーリーを知ったら、子どもの好奇心は大きく刺激されます。

じゅげむは『声に出して読みたい日本語』の中にも入っています。著者の齋藤孝によれば、日本語の宝石です。楽しみながら日本語の宝石を体に埋め込ませる、理想的な一冊です。(ちょっと大げさ?)

落語絵本 じゅげむ

クレヨンハウス

詳  細


古典落語名作選 大全集

NHKエンタープライズ

詳  細

http://tokkun.net/jump.htm

『落語絵本 じゅげむ』川端誠
クレヨンハウス :24p:1260円

ジャンル:
ウェブログ
コメント (13)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴールデンウィーク・花 | トップ | 『「ドラゴン桜」わが子の「... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
持ってますよ~ (3歳児ママ)
2006-05-05 14:04:19
はじめまして!!私も大大好きな絵本です!

もうじき、念願のブログ始めます!ぜひ来てくださいねー、連絡しますから!!!
TBありがとうございます。 (なつ)
2006-05-05 21:22:30
じゅげむのえほん、学童で働いていた時に見たことがあります。



学童にはじゅげむがいえる子がたくさんいてびっくりしたのを思い出しました。
Unknown (Elle)
2006-05-06 08:33:05
VIVAさん、おはよ~です♪



TBありがとございました。

塾は連休中も授業なんですね~。

お疲れ様です。



残念ですが、『じゅげむ』のお話あたしもあんまり知らなくて。。。

昔TVで見て、長いお話だということくらいかな?

どんなお話なのかしら?

落語からのお話だったんですね!

落語にも絵本が出てるなんてかわいい。

びっくりしちゃいました♪
TBありがとうございます (天野ことは)
2006-05-06 14:13:34
私もTBさせてくださいね<(_ _)>



これから時々うかがいます~w
TBありがとうございます (haruママ)
2006-05-06 15:16:19
初めまして。TBありがとうございます!(二度目でしたが、返事は初めてです) じゅげむは、テレビ(子供向けの)でやってたかで結構子供達は知ってるんですね~。もちろんウチの娘も。実は私自身、中、高校生時代に演劇部にいたので、早口言葉の練習も兼ねてこの「じゅげむじゅげむ~」は何百回と言わされた事か・・・話しの内容は昔よく落語で(テレビの)聞いたことがあり、ホント面白いです。この絵本は、今年の娘のお年玉で買った唯一の絵本です。(お年玉は絵本を買うと決めてる我が家)いつもではありませんが、気付いた時に自分で好きな本(絵本)を読みあさってる娘です。大人が言わなくても、読むのスキみたいです。
TBありがとうございます (はつきち)
2006-05-06 22:01:25
はじめまして。TBありがとうございます!

言葉遊びって、とても高度な楽しい遊びなんですよね。



また、時々遊びにこさせてもらいま~す!
コメントありがとうございます (VIVA)
2006-05-07 10:31:13
3歳児ママさん:はじめまして。はい、ぜひぜひお知らせ下さい。お待ちしております。



なつさん:お体大切にしてください。また寄らせていただきます。



Elleさん:ぜひ落語でお聞きになって下さい。この本も楽しいんですが、落語だと爆笑じゃないかな、と思いますよ。



天野ことはさん:はい!どうぞどうぞ、お待ちしております。



haruママさん:ご自分で何百回…、それとお年玉…。切っても切り離されないご本だったのですね。



はつきちさん:ぜひお越し下さい。私もおじゃまさせていただきます。
寿限無 (tani)
2006-05-08 09:15:26
早口言葉の教材になるとは知りませんでした。

このセリフ「全文」が広辞苑に載っているのが頷けます。
はじめまして。 (カヲル)
2006-05-08 14:57:39
TBありがとうございます。



NHK教育の「日本語であそぼう」という番組の中で、この「じゅげむじゅげむ~」というのが紹介され、子供たちはこぞって覚えているという話を会社の先輩(3人の子供がいます)が言っていたのを思い出しました。



どんな形であれ、日本の文化を楽しむ子供たちが増えるのはいいことですよね
本当だ! (VIVA)
2006-05-08 17:42:42
tani先輩:広辞苑確認したら、全文載っていますね。どういうわけか感動しました。辞書編纂者の気持ちがうかがわれます。うれしい情報ありがとうございました。



カヲルさん:コメントありがとうございます。落語もあまりテレビではやりませんから、このような本がきっかけになるとうれしいです。
 (tani)
2006-05-08 18:12:10
先輩!なんてぇ云われると、今夜のお酒が進みそうです。拙ブログバックナンバーにありましたので、TBします。

歯、歯、歯、歯、歯、歯ァ。

テレ笑い!?そんでわ亦。←イバラギ語

ご遠慮なく (VIVA)
2006-05-08 22:03:09
先輩ヅラという言い方自体が失礼ですが、どうぞどうぞ、大きな顔して、思いつくままにコメントして下さいませ(笑)。そうでないといろいろ教えていただけませんから。TB拝見しました。またそちらにまいります。
Unknown (おだ)
2006-05-11 15:24:41
遅くなりましたが、TBありがとうございました。



落語絵本ですか。

いろんな絵本があるものですね。



じゅげむはNHKの「にほんごであそぼ」でも小さな子供たちがたどたどしい日本語で一生懸命暗唱してましたね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
あおくんときいろちゃん (ママと子供の3分スキンシップ)
レオ・レオニと初めて出会った作品です。 絵本の原点かもしれないな? と思わせる一品。 ストーリーとただの○が書いてあるだけの絵本です。 だのに、見ているだけの子供にも、 ほんわり素敵な暖かさが伝わります。 そしてママにも。 単純なだけに奥が深い? ...
やさいのおなか (昆布 若旦那 西ヶ谷の日々徒然)
じゅげむ、、楽しいですよねえ(^^) 日本語であそぼ!が相当効果あると思うんですけどね。 日本の落語の古典をもっと絵本にして欲しいものです。
【海外の絵本】(87)ウルスリのすず (ふたりdeぶろぐ)
ウルスリのすず岩波書店このアイテムの詳細を見る {/kaeru_fuku/} 【タイトル】「ウルスリのすず」  【出版社】岩波書店 【文】ゼリーナ・ヘンツ【絵】アロワ・カリジェ【訳】大塚勇三 【定価】2,415円 発売中 【ストーリー】アルプスのふもとにウルスリという小 ...
寿限無 (狸便乱亭ノート)
{/face_tehe/} 小学生のヤツから、 『「寿限無」って分かる?』というオレに質問の電話がきた。 「なんだ、それ落語だろ。」オレは辛うじて返答をした。 「アノー、それを教えて貰えたいんだけど」ヤツは、オレ様がわからないと思って、バカにしてかかった電話を ...
目が怖い (おはなしきいて。)
今まで借りた紙芝居は読んでいると勝手に次をめくったり途中でどっかに行ったりしていたのだが、これだけは娘のくいつきがすごく良い。 借りて来たその日は表紙のコックさんの顔が怖かったのか、「これは今度。」っと読ませてもらえなかったのだが、次の日に「 ...