私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

もし台湾当局が蓮舫氏の国籍離脱を認めないとなれば

2016年09月15日 22時34分27秒 | 民進党(民主党)

 民進党の新代表に蓮舫代表代行が過半数の503ポイントを獲得して選出されたようだが、国政や地方選挙のように一般国民に投票権はなく、同党の議員や支持者だけで選んだ結果なので「そうかね」と言うしかない。日本の政党でありながら、蓮舫氏が代表となれば、国民の支持が得られないのは確かであり、今や民進党の支持率は 10%を切っているし、それが上昇する要素もないことから、おそらく、蓮舫氏は民進党最後の代表となるのではあるまいか。

 かっての民主党政権時代を思い出すと、まさに売国政党であった言えるし、今でも悪夢の民主党政権の影響が残り、日本を蝕んでいる訳である。民主党が日本を崩壊寸前まで追い込んだのは、所属議員の中に元韓国籍の帰化議員が多かったことが最大の要因であり、日本のことより、祖国の国益を優先させた結果であって、何せ「韓国のために日本の国会議員になった」と公言する者までいるのだから、いくら党名を民主から民進に変えたとしても、売国政党であるとの認識には変化はない。

 蓮舫氏には日本と台湾の二重国籍問題があるにも関わらず、新代表に選出した民進党だが、二重国籍となれば、スパイも同然で、日本の国会議員でありながら、台湾の国益につながることをする恐れもあるし、また、蓮舫氏の場合は父親は台湾人でも母親は日本人とされているが、元支那人で帰化しているとの情報もあるようだ。そうなると蓮舫氏には純日本人の血は一滴も入っていないことになり、いくら「私は日本人」と言ったとしても日本のために働くかどうか疑わしい。

 台湾籍を離脱手続き中の蓮舫氏だが、まだ完了していなとなれば「二重国籍」を持ったまま国会議員として議場に入ることになるが、国会見学ではないのだから、まさに議会を汚すも同然ではなかろうか。離脱手続きが完了するまで、蓮舫氏が議場に入ることを差し止めた方が良いし、いくら民進党の代表だとしても国籍法を守る義務があるからである。

 もし台湾当局が蓮舫氏の国籍離脱を認めないとなれば、日本国籍が喪失することになり、議員失職となるが、東日本大震災の際に、宝塚のスター気取りで、防災服の襟を立てたまま、対策会議に出席した勘違い女との印象が強い蓮舫氏の顔を見なくなるだけでも気分が良いからで、舛添前都知事の顔を見なくなってホッとしていたのに、今度は蓮舫氏かとうんざりしている。

 台湾当局にしてみれば、国籍離脱をしていない台湾人である蓮舫氏がなぜ日本の国会議員になれたのか大いに疑問であろうから、その経過を知りたいものであり、法務省は蓮舫氏の台湾籍を離脱しているとの嘘を見抜けず、日本国籍を取得させたと台湾に説明すべきである。それにしても蓮舫氏は法より、自分で問題ないと思えば二重国籍問題は終わりだと言っている訳で、まさに支那人の思考であり、これでは「日本人は口を出すな」と言っているも同然ではなかろうか。
(2016/09/15)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の朝鮮統治は略奪だけだ... | トップ | 翁長氏は責任を取って辞職す... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今は正に二重国籍 (山の管理人)
2016-09-16 17:28:01
民進党ははっきり言ってありえない政党ですな。
国籍離脱手続きをしたとはいえ、台湾政府が正式に国籍離脱を認めるまでは二重国籍であるということ。
民進党は、違法な二重国籍の人物を代表に選出したことになります。
ここで解散総選挙をして、万が一にもありえないが民進党が選挙に勝った場合に二重国籍とわかっている人物を首相に指名する事になる。
代表選挙自体、二重国籍の人物が立候補していることもありえないし、二重国籍とバレてなおかつ立候補を取り下げないこともありえない。
国会議員として辞職しないこともありえない、これまでの発言や選挙プロフについては、経歴詐称にあたる以上失職して当然の人物が代表に選ばれるような政党は丸ごとありえない。
民進党議員には、今正に同じことをしている議員が他にもいるのではないだろうか?
こんな政党や議員は存在してはいけない。
民進党の無神経無責任体質 (HAKASE(jnkt32))
2016-09-16 19:35:10
今晩は。蓮舫代表選出の報を聞き、民進党も、いよいよ
人材払底か、との感を新たにしました。
先の、山の管理人様のご見解にもありましたが、民進は
「あり得ない決定」を平気でやる政党だな、との印象が付き纏います。
蓮舫代表もそうですが、同党の国会、地方の両議員共、
所謂「帰化人」が多いとの話も伺いました。
この事から、民進視点からは、蓮舫代表が選ばれても、
別に不自然ではないと思えるのでしょう。
しかし、健全な日本人視点からは、明らかに異常事態。
その「異常を異常と認識できない」事実が、民進党の病理ではと心得ます。
勿論、こんな事では連法代表の二重国籍問題を、
異常な事とは認識せず、為に支持率の向上など、どだい無理な話でしょう。
>山の管理人さん (forest(管理人))
2016-09-17 07:15:48
コメントありがとうございます。蓮舫は台湾籍を離脱する手続き中とのことですが、簡単には出来ないようで、旅券に関して言えば、返納義務があり、また、もし失効しているなれば、有効な旅券にする必要があるようです。二重国籍の蓮舫の場合は日本国籍を離脱していないと、台湾は有効な旅券を発行しない訳で、そうなると蓮舫は議員辞職になるでしょう。

民進党議員が蓮舫の二重国籍問題をあまり騒がないのは、同じ問題がある議員がいると言うことで、半分外国人で、にせ日本人でもある民進党議員が、まともな政治をする訳はないし、かっての民主党政権時代を思い出せば分かるでしょう。支那が蓮舫の代表就任を歓迎しているのは、工作員だからで、いわゆる売国奴と言われている政治家は支那を批判しませんから歓迎される訳です。
>HAKASE(jnkt32)さん (forest(管理人))
2016-09-17 07:16:24
コメントありがとうございます。二重国籍は政治家として致命的な問題であるとの認識が民進党にも、蓮舫を擁護する連中にもないようです。かっての民主党政権時代に閣僚を経験した蓮舫となれば、国家機密に触れる機会もあった筈で、そうなると支那の工作員との噂ある蓮舫は、その機密を支那に流した恐れもある訳です。なにせ事業仕分けで日本を衰退させる仕分けをしたし、にせ日本人であれば予想の範囲ですね。

民進党は蓮舫が代表では、国民に支持されないでしょうし、二重国籍で良いではないかと日本国民であれば思う訳はなく、それを知って支持をやめる方もいるでしょう。前から感じていましたが、蓮舫はまさに勘違い女で、知名度があり、人気があることを背景にして、議員としての資質が問われても問題ないと逃げることしか考えていません。民進党は蓮舫と心中するつもりで代表に選出したとしか思えません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

民進党(民主党)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL