たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



北岳【南アルプス】 2010年7月4日(日)~5日(月)<その1>

2010-07-08 | 南アルプスとその周辺の山

 

昨年は断念した北岳、今年は何としてもキタダケソウに会いたくて早くから計画していました。
ところが、事前の情報によると、今年の北岳は雪解けが一カ月も遅れているとのこと。
肝心のキタダケソウはいつ咲くのか…
あれこれ検討を重ね、7月の4~5日で登ることに決めました。

曜日に関係なく動くことができる自由の身、こんな時は有難いです^^

芦安発07:40のバスに乗るため自宅を5時過ぎに出発、07:00には駐車場に到着、芦安って意外に近いです。
到着するなり、乗合タクシーが待っていて、予定より30分も早く広河原に到着できました。
乗合タクシーは乗客が5人に達すると、時刻に関係なく出発してくれます。
ひとり1200円、バスより融通がきくので便利ですね!


【山行日】
2010年7月4日のち~5日のち

【コース】
<7/4>芦安第2駐車場07:00/05→(乗合タクシー)→  広河原07:50/08:10→ 大樺沢分岐08:35 → 白根御池小屋10:10/40 右俣、草滑り合流12:25/30 → 肩の小屋
13:50

<7/5>肩の小屋05:15 → 北岳山頂05:50/06:0 → 吊尾根分岐06:10 ~ トラバース道分岐 ~ 吊尾根分岐07:40 → 北岳山頂07:55→ 肩の小屋08:20/40 → 右俣、草滑り分岐09:15/20→ 大樺沢二俣10:20/40→ 御池小屋、大樺沢分岐11:55 → 広河原12:15/13:00 → (乗合タクシー) → 芦安第二駐車場13:40 
 

広河原インフォメーションセンター
 

オープンしたての広河原インフォメーションセンターで情報収集、すると、4日現在、大樺沢ルートは橋が流されルートも不明瞭なので通行禁止、
白根御池小屋経由で草すべりルートを強く勧められました。
八本歯の雪渓歩きは8本爪以上とピッケル必携、6本爪しか持ってこなかった私たちはこの時点で諦めるしかありませんでした。



歩き始めてすぐにクリンソウを発見!!でも見つけたのは数株だけ…
10年前はこの一帯がクリンソウで覆われていたように思っていたのですが。





大樺沢、白根御池分岐


左は大樺沢ルート、私たちは樹林帯の白根御池コースを登ります。
5年前の8月初旬に白根三山を縦走した際、この道を上がったのですが、急登に次ぐ急登、
展望もなく蒸し暑い印象が残っていたのであまり使いたくなかったのですが、
大樺沢が通行止めなら仕方ありません。


昨日登った方々がどんどん下ってきます。
一体、何人の人とすれ違ったことでしょう?



広河原からちょうど二時間で白根御池小屋に着きました。
このころになると、眩しいほどに日差しが降り注ぎ梅雨とは思えないお天気に大喜びでした。


<10:10/40> 白根御池小屋



<??蝶>

汗のニオイがお気に入りなのか夫の腕から離れません。




以前はここから二俣に抜けたので、初めての草すべりです。

登り始めると登山道の両脇にサンリンソウがびっしりと群生し、ミヤマハナシノブが次の出番を待って準備中です。

この草すべり、あと2週間もすればものすごいお花畑に変身するのだろうな…と想像しながらきつい登りをこらえます。


ミヤマキンポウゲ /  ミヤマハナシノブ
 

今年は、やはり開花が遅れていると見えて楽しみにしていたミヤマハナシノブはまだこんな状態でした。




イワハタザオ? /  コイワカガミ
 

ミヤマクロユリ



サンカヨウ / ショウジョウバカマ
 


<12:25> 右俣合流


右俣に合流する頃には、あれほど晴れていた空が急に怪しくなり小雨がぱらつき始めたので、カッパを着ます。
前の記憶では、ここから先は比較的平坦だったように勘違い…実際は小太郎山分岐まできつい登りで、もうかなりバテバテ状態でした。


クモイザクラ

ミネザクラの変種で、南アルプスに分布する高山型をクモイザクラというそうです。
初めて見ましたが、マメザクラのような小型で可愛い桜でした。




咲き始めのシナノキンバイ


この一帯はシナノキンバイの蕾がいっぱいでした。





小太郎山分岐を過ぎると道はなだらかになり、高山植物もグンと増えるのでテンションも上がりっぱなし、でも、ここは3000mの高山です。
息を殺してファインダーを覗いていると、たちまち酸欠状態で、はぁ~~はぁ~~はぁ~~


イワウメ



チシマアマナ
 


クモマナズナ




キバナシャクナゲ



オヤマノエンドウ、ミヤマキンバイ、ハクサンイチゲ、




オヤマノエンドウ




ミヤマキンバイ、オヤマノエンドウ、ハクサンイチゲ、チシマアマナ




レンゲイワヤナギ / イワベンケイの芽出し
 

コースタイムでは、小太郎尾根から肩の小屋までは50分と書かれていたのに、なんと80分もかかってしまいました。
写真撮影に時間を取られたこともありますが、高山に体がついて行かなかったのです。

ガスの向こうに「北岳ノ肩」の標識を見つけた時は、かなり参っていました。




時刻は13:50 頑張って北岳山荘まで行けなくもない時刻なので小屋の外で暫く考えていました。
すると、小屋番さんが「雨だから小屋の中で休んでいいよ!」と、優しく声をかけてくれました。






食糧はたくさん持っていたのですが、ストーブが焚かれた暖かい小屋でラーメンを注文。

その後、雨は強くなるばかりなので、肩の小屋に宿泊することにしました。
この日の宿泊者は15~6人ぐらいで、ゆったりとストーブを囲みながらおしゃべりに花が咲きます。






午後5時ごろになると、早い雲の流れをついて、一瞬ですが北岳が姿を現しました。


事件は、この↑写真を撮って小屋に戻ろうとした時に起きました。
なんと、カメラのストラップがスルリと外れ、ガシャっと鈍い音とともにカメラが地面に落ちてしまったのです。
もう頭の中は真っ白…
キタダケソウとの対面が間近に迫っているというのに、カ、カメラが昇天~~~~??
ここまで来て…キタダケソウを目前にして…写真が撮れなかったら…考えるだけで泣きたくなります。

恐る恐る拾い上げてみると、レンズフードが割れているものの、本体もレンズも無事のようです。
ドキドキしながら試し撮りをしてみると、とりあえずのところは問題なさそうでした。
ラッキー!!

カメラが無事だったことはこの上なく嬉しいことなのですが、この少し前から、頭痛と吐き気を感じていました。
高山病に近い症状…

横になると症状が悪化すると聞いていたので、頑張って起きていたのですが、限界のようです。

夕食時ついにダウン。


せっかくの夕ご飯を一口も食べることができなかったのです。
ま、これも毎度のことだから想定内のこと、高山ではいつもこのような症状に襲われます。


夕食は食べられなかったけど、お薬を飲んだら気分は少し回復してきました。

ゆっくり休んで明日への鋭気を養いましょう!!


その2に続きます。


翌日のキタダケソウはこちらにまとめました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 姫木平と八島湿原【霧ヶ峰】... | トップ | 北岳【南アルプス】2010年7月... »

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
キタダケソウ (はなねこ)
2010-07-08 22:12:58
みずみずしいキタダケソウに会えましたね♪
fu-coさんの願いが通じたような青空
お天気に恵まれてよかったこと (^-^)

キタダケソウも鹿くんたちの被害にあっているのですか。
それもまた自然なのでしょうが、キタダケソウがなくなってしまうのはいやですね。

ハラハラしましたが、カメラが無事でよかった。
おかげで、美しいお花を堪能できました♪

そうそう、私も2600mくらいで高山病の症状がでます。
何とかならないものでしょうか。
またお先にですね(^_^) ()
2010-07-08 22:13:57
わ~、キタダケソウに逢いに行かれたのですね。
お花も清楚で綺麗ですが、fu-coさんの撮影の腕もさすがです。
先月末、北岳に連れて行って頂ける予定だったのですが、
天気が悪く、天気のもちそうな新潟方面のお山に変更したのです。
雪解けも遅い上に、大樺沢は通行禁止なのですか(@_@;)

ミヤマハナシノブの開花はもう少し時間がかかるようですね。
写真で一目惚れし、昨年北岳で初めてお会いして感激したお花!
今でも携帯の待ち受けになっているのですよ(^_^)
Unknown (食う寝るさんだ~す)
2010-07-08 22:44:08
花旅いいっすね。
どれもキレイです。
北岳は本当にオイラ縁が薄く、もう数年来の懸案の山。
なんとも羨ましいです。

カメラは無事で良かった~、おかげで素敵な写真が見れました。

そそ、高山病は無理は禁物です、ご存知だと思いますが、症状が出たら待機と対応を!(オイラもその気があるので)
素敵ですね~❤ (矢車草)
2010-07-08 23:11:54
fu-coさん、こんばんは!

わぁ、また綺麗なお花をいっぱい見せていただきました!
4日に我が家はニュウに登ったのですが、
八つは雨でした。
でも、私達が下山して須玉あたりから見た南アはなんと日が指していて・・・
どんなに羨ましく思ったことか!

その日に北岳に登られてたとは、また近くにいたんですね。
まあ、家も近いみたいだからそんなものですかね(笑)

それにしても、素敵なお花が❤
キタダケソウも見てみたいなぁ。
今年は北岳に登りたいと考えてるのですが、
もうお花に季節は無理そうだからなぁ。
fu-coさんのところで楽しませてもらいますね。
続きも楽しみにしていますね。
Unknown (さな・花の庵)
2010-07-09 06:22:51
おはようございます。

フットワークの軽さ、そして高山への登山は健康なればこそですね。

うらやましくも思いながら、行った気になり見た気になりの得な性格でして(爆笑)

それにしても次々に素晴らしい花たちですね。
当然ながら見たことのないものばかりで、楽しく拝見しましたよ。
Unknown (やまそだち)
2010-07-09 08:08:22
すばらしいキタダケソウですね。
指をくわえ、よだれをたらして見ています。
あこがれの花で行きたいのに、まだ実現していません。
軟弱者ですので、一人では自信がありませんし、人の倍の時間かかりますので・・・(小屋2泊ならいいかな~)
でも行きたい!
カメラ、無事で良かったですね。レンズ保護フィルターを付けていると助かる確率が高いのでおすすめです。(もうつけているかな)
はなねこさん (fu-co)
2010-07-09 17:55:30
はなねこさん、こんにちは!

念願叶って間ノ岳を背景に撮ることができて嬉しかったです。
こんな場所に防護柵やネットが張られるのは悲しいですよね!!

>キタダケソウも鹿くんたちの被害にあっているのですか
いいえ、聞くところによると、鹿の目撃情報はあるものの今のところキタダケソウの被害はないそうです。
被害が出る前の予防策として考えられているらしいのです。

>そうそう、私も2600mくらいで高山病の症状がでます。
はなねこさんもですか~?
昔より少しは良くなったようですが、お薬のお世話にならないと


彩さん (fu-co)
2010-07-09 18:08:38
彩さん、こんにちは!

今年の北岳は残雪が多かったようですが、急速に解けているようです。
大樺沢は、翌日には橋が架けられていたので下山時は右俣から二俣に出て大樺沢をくだりました。
今では通行禁止は解除されていることと思います。
でも、確かに道は不明瞭でけっこう大変でした。

ミヤマハナシノブは名前もいいだけどお花も素敵ですよね~
私も大好きです。

新潟のお山でもたくさんのお花に会えたことでしょうね^^
食う寝るさんだ~すさん (fu-co)
2010-07-09 18:21:00
くねるさん、こんばんは!

北岳はまだでしたかぁ~~
縁が薄いお山ってりますよね!
北岳のお花シーズンはこれからが本番ですから今年是非挑戦してみてね(^^)/

>高山病は無理は禁物です
ですよね~
でも、私の症状は高山病とは少し違っているかも…
高山病って、下山しなきゃ治らないっていうけど、私の場合は同じ場所に留まっていても翌日にはケロッと治るのです。
頭痛と吐き気、これからも仲良く付き合っていきます。ハイ(泣)


矢車草さん (fu-co)
2010-07-09 18:33:03
矢車草さん、こんばんは!

この日はニュウでしたか?
またまた近かったですね^^

10年前に初めてキタダケソウに会ったのは6月24日でした。
今年はそれより10日も遅かったので少し心配でした。
でも、思った以上に綺麗なキタダケソウに会えて大満足でした。
矢車草さんも可憐なキタダケソウに会いに登ってみてくださいね!

>今年は北岳に登りたいと考えてるのですが、
もうお花に季節は無理そうだからなぁ。
肩の小屋では、開花時期を調整したキタダケソウを見ることができるようですよ!
先日は、まだ深い雪の下に埋まっていました。
タカネマンテマが咲く8月初旬ごろに登れば両方見ることができるかも…^^
さな(花の庵)さん (fu-co)
2010-07-09 18:47:55
さなえさん、ご無沙汰しています。

>高山への登山は健康なればこそですね。
いえいえ、私も年には勝てず、体のあちこちが悲鳴を上げています^^;
2ケ月前から右手指の関節がこわばり力が入りません。
血液検査ではリュウマチではなさそうですが、原因がわからないのは不安なものです。
指だけではなく他にもいろいろ…
でも山に登っていると痛みを感じないから不思議です。

キタダケソウは、気高く美しい花ですね~
でも、ほかの花たちもうっとりするほど綺麗でした。
ロープウェイやリフトで行ける中央や北アルプスの山にも咲いているのものもありますので、さなえさんも是非お出かけくださいね!
やまそだちさん (fu-co)
2010-07-09 18:54:24
やまそだちさんがキタダケソウを撮ったらどんなふうに料理するでしょう??
きっと素敵な写真になることでしょうね~

2泊でも3泊でもしながら是非最高のキタダケソウを撮影してください。

北岳は花が多いので、ひとつひとつの花にじっくり向き合っていたら何日あっても足りないくらい。
やまそだちさんの写真、是非拝見したいです。
Unknown (こまじろう)
2010-07-09 20:56:35
こんばんは!

無事にキタダケソウを見ることができましたね。こちらも
一日違いで、北岳山荘前に幕営して見てきました。キタダケソウ
群生地では晴れてくれなかったのは残念でしたが、あんなに
沢山のキタダケソウを見ることができただけで今回は満足です。
といいつつ、間ノ岳をバックにしたキタダケソウの写真はいいな~
また次回以降のシーズンで狙います!

すれ違う可能性もありましたが、時間を見ると、私のパーティが
右俣コースから二俣経由で白根御池小屋に向かっているときに
草すべりを登っていたようですね。残念!

サンリンソウの大群生に、初めて見たイチヨウランも。
キタダケソウ以外にも個人的に収穫の多い山行になりました。
ただ、二つ見つけたイチヨウランのうちの一つが下山時に
なくなっていたのは盗掘だったのではないかと思います。
ちょっと悲しくなりました。

さて、予想外に好天になりそうなので、これから八ヶ岳に
行ってきます!

Unknown (みかん)
2010-07-09 23:55:49
宮本さんのところで拝見してから
なかなかアップにならないなぁ、と思いながら
こちら(キタダケソウ)を先に拝見しました。
そしたらなんと、コメントを書き込む欄がない。
で、こうなったわけですね。
念願のキタダケソウに出会えてよかったですね。
お天気も味方してくれたようで、何よりでした。まだキタダケソウという名前の植物が認知されていなかった昔の頃を、懐かしく思い出しました。
みかんさん (fu-co)
2010-07-10 20:59:36
みかんさん、こんばんは!

ブログを書く前に、興奮覚めやらぬうちにとHPでキタダケソウをアップしたのですが、みかんさんにご覧いただいていたとは恐縮です^^;;

キタダケソウとう植物が認知されていない時代があったのですね~
私が生まれる前かなあはは・・

10年前に初めてキタダケソウと出会って以来、恋焦がれ、自分自身のアドレスなど様々な場所に“キタダケソウ”という名前を拝借しています。
今回ようやく再会し、改めて美しさを再認識できました。

北岳はこれから本格的な花の季節を迎えますね!
又、登りたいです
念願のアングルですね。 (t-yam1)
2010-07-10 23:45:49
fu-coさん、こんばんは。
ちょっと東北方面に出かけていて、出遅れました。

間ノ岳とキタダケソウ、ゲットできて良かったですね。みごとな画像です。
梅雨のこの時期に間ノ岳の姿をみられるのはラッキーです。前日の雨で、はらはらしていたのではないでしょうか。
それとも高山病で、それどころではなかったでしょうか。
これで、雨女とはおさらばですね。私もfu-coさんのイメージから削除します。これでニアミスしても大丈夫です~ね。
t-yam1さん (fu-co)
2010-07-11 21:35:15
t-yam1さん、こんばんは!

夢にまで見た間ノ岳を背景にした写真が撮れました~~
これもt-yam1さんのお陰と感謝しています。
トラバース道の谷側に、撮ってくれと言わんばかり咲くキタダケソウを見た時は嬉しかったですね~~

>前日の雨で、はらはらしていたのではないでしょうか
キタダケソウに会えるだけでも十分と考えていたので、翌日の晴天は逆に焦りました。
なにしろ、登っている間にコロコロ空模様が変わるので、トラバース道に着いた時はガスの中、なんてこと、雨オンナだった(←ココ重要)これまでの私なら十分あり得ることですから

ニアミスと言わず、どこかでバッタリを楽しみにしています(^^)/
こまじろうさん (fu-co)
2010-07-12 11:14:15
八ヶ岳はいかがでしたか?
稜線は百花繚乱だったことでしょうね!

こまじろうさんは北岳山荘に幕営だったのですね!
土曜日の小屋は込み合っていたようなのでテントは正解でしたね^^
キタダケソウ、本当にきれいでしたね!!

イチヨウランが一輪だけ咲いていたことは、肩の小屋で一緒になった方から聞き、デジカメの画像も見せていただきました。
でも、前日にはもう一株あったのですね~
残念です。
それと、もう一方の花は計4株確認できましたが開花はまだ先のようでした。
こちらも心配ですね。無事だとよいのですが…

サンリンソウは可憐でしたね!!
私もあれほどの群生を見たのは初めてでした。
目が違いますね (こまじろう)
2010-07-12 11:15:31
私とは見る目が違うようで羨ましいです。

ミヤマクロユリもそうなんですが、実は他の目的が
黄色い花は、怪しいところでは眼を皿のようにして
探していました。白根御池小屋の方にも聞いてみたのですが、
「咲いていれば盗られてしまい、今はもうありませんよ」と
ほとんど断言されたのですが、それでもあるかもしれないと。
4株も見つかりましたか!
私もいつかそういう眼を持てる日が来るといいのですが…。
こまじろうさん (fu-co)
2010-07-12 11:20:54
こまじろうさん、こんにちは!

★自分自身のコメントもこまじろうさんのコメントも少しだけ修正いたしました。ごめんなさい!!

黄色い花は、以前実物を見たことがあるので葉だけでもすぐに分かりました。
と、思い込んでいるだけで…私はズブのシロートですから、見間違えの可能性も大有りです^^;

盗掘は困りものですね~

苦労して登った先にその花が咲いている、そのような状況が戻ってきてほしいですね!!

Unknown (すけろく)
2010-07-15 21:46:45
初めておじゃまします、すけろくと申します。

北岳の記事をぐぐっていたら発見してしまいました。一枚目の写真に自分のテントが写りこんでます。
あぁ~あの御夫婦だったんですね~。2日目のトラバース道辺りまで一緒だったと思います。多分ご主人に頂上で登頂写真を撮っていただいたと・・・。
一心不乱に写真を撮るfu-coさんを優しく見守る御主人が印象的でした。

とにかく、、この時期にしては天気にも何とか恵まれ、キタダケソウも好かったですね~。
また何所かでお見かけしたときはお声をかけます。
すけろくさん (fu-co)
2010-07-15 23:46:18
すけろくさん、コメントありがとうございます。
あの時の感じの良い青年がすけろくさんだったのですね~
その節はお騒がせいたしました^^;
お天気にも恵まれ、間ノ岳と満開のキタダケソウを前に、千載一遇のチャンスとばかり興奮していました。
あまりの美しさに、撮っても撮っても撮り足りない…結局、キタダケソウだけで200枚以上もシャッターを切っていましたが、まだまだ修行が足りないようです。

すけろくさんのブログも派拝見しました。
嶺朋ルートを下ったとのこと、嶺朋??私は名前すら耳にしたことがありませんでしたが、知る人ぞ知るマニアックなルート、すけろくさんはバリエーションがお好みのようですね~

あ、そうそう、山頂で写真を撮ったのは夫ではありません。
あの方は秩父在住の有名人のようですよ^^

すけろくさんのお顔はしっかり記憶しておりますので、どこかのお山で会えたらこちらからもお声をかけますねではでは。
凄い! (てばまる)
2010-09-15 23:49:49
こんばんは~
すっかりご無沙汰しているうちに北岳にも行かれていたのですね~! しかも1日で一気に肩まで上がられるとは!! 
そして念願のキタダケソウに逢えて羨ましいです。実は僕も今年はと計画していたのですが、雪解けの問題や通行止めなどで土日しか動けないので計画はボツになってしまいました。話しによると3連休でも咲いていたそうです。

鹿除けネットはかなり頑丈な造りなのですが全てが囲われたわけじゃないので、はみだした株は網に邪魔されずに撮れるようです。

来年は是非とも会いに行ってみたいです。
てばまるさん (fu-co)
2010-09-16 21:21:04
てばまるさん、お久しぶりです。

といっても、私の方はてばまるさんのサイトは常にチェックさせていただいてますよ!
いつも読み逃げばかりでスミマセンです。

>話しによると3連休でも咲いていたそうです。
そうなんですか??
長持ちしたのですね~
私の時はトラバース道が崩壊しており、山荘に近い群生地までは進むことができず、見ることができたのは一部だけでした。
それでも、十分満足できる咲きっぷりで感激でした!!

鹿よけネットはやはり設置されたのですね!
キタダケソウ保護のためにはやむを得ない手段なのかもしれませんが、少し残念です。
ネットや柵で植物を守るだけでは限界があると思うので、根本的な手段に打つべき時が来ていると思います。

来年は是非、見頃のキタダケソウをゲットしてくださいね!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事