たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



姫木平と八島湿原【霧ヶ峰】 2010年6月26日(土)

2010-06-29 | その他の山域

この日は、ホソバヒナウスユキソウが咲き始めたという谷川岳に行く予定でした。
が、当日の朝、行く気満々で車に乗りこもうとすると雨がポツポツ…
予報では午後からだったはず…
ま、梅雨だから仕方ないとして、こんな日に三大急登(?)に数えられている西黒尾根を登る気力はなく、急きょ行き先を変更です。<三大急登については諸説あり…>


ふと、浮かんだのが“霧ヶ峰”こちらもお天気は期待できないのですが、高低差が少ない分、気が楽です。
それに、今はレンゲツツジが最盛期を迎えているはずだし、シロスミレもまだ咲いているかもしれません。
というわけで、行き先決定!!

霧ヶ峰に行く前に、以前から気になっていた“姫木平”に立ち寄ってみることにしました。

ところが、この日持参した地図は上越の地図のみ、急な変更で霧ヶ峰の地図を持ってくるのを忘れてしまったのです。
ま、ナントカなるでしょう

姫木平が、どの周辺を指すのわからないまま別荘やペンションが立ち並ぶメイン道路を抜け、
最奥まで来てみたけれど、人影もなく案内もなく何とも寂しい限り…
やはり、当初の予定どおり霧ヶ峰を散策しようと車を移動し始めた時、一台の車とすれ違いました。
乗っていたのは山スタイルの男女、あの方たちならきっとこの界隈について知っているに違いない…
すかさずUターンして車を追っかけます。
予想は的中!!横浜から来られたご夫婦は、姫木平がお気に入りで何度も訪れているとのこと。
地図を持たない私たちは、途中まで同行させていただくことにしました。
これで、ア・ン・シ・ン




【山行日】2010年6月26日(土)

【姫木平コースほか】
姫木平登山口(07:50/08:15) → 西林道分岐(08:50) → 大笹峰(09:20) → 八島湿原分岐(09:35) → 北の耳(09:40)  → 南の耳(09:55) → 殿城分岐(10:30) → 殿城山(10:50/11:05) → 殿城登山口(11:35) → 姫木平登山口(11:45/50)======車山高原リフト乗り場(12:10/30)=======車山肩(12:40/13:10)======八島湿原(13:30/15:05)



 
姫木平にあるエコーバレースキー場が出発点となります。
歩き始めるとすぐにマタタビの葉が目に飛び込んできました。よく見ると花もちょうど満開、
運よく目の高さに咲いていたので一枚だけパチリ!

マタタビ><ミヤママタタビ>
 
☆この花は ↑ ミヤママタタビ ではとご指摘いただきました。
やまそだちさん、ありがとうございました。


登山道脇には赤いクリンソウが一輪、その先には鮮やかな紫色のアヤメがあちこちに花開いています。
が、とりあえず、今回は先行者にご迷惑をかけてはならないので写真は控えめに…

それでも、登山道沿いに初見の花を発見すると我慢できずカメラを向けます!!
この花 ↓ 図鑑では見たことがあるけれどどうしても名前を思い出せません。
道中、あれこれ考えているうちに“カイジンドウ”ではと、閃きましたが確信が持てません。

帰宅後イの一番に調べてみて大当たり~~!!


<カイジンドウ>

 


不思議な名前のこの花「甲斐の国の竜胆(リンドウ)」が訛って「カイジンドウ」と名付けられたとか…でも、どう見てもリンドウには見えませんね~。

で、もうひとつ、これも ↓ 初見です。
最初はちょっと毛深いけれど同じ花(カイジンドウ)かと思っていたのですが、別物でした。
その名も、

<ケブカツルカコソウ/毛深蔓夏枯草>


毛深いカコソウ(ウツボグサ)という意味なのだそうです。

そして、↓ この樹は何だろう…と白い花の下で考え込みました。
帰宅後、色々調べてみたのですが、わからないのである掲示板に投稿し答えを導いていただきました。

<サワフタギ>


秋に美しい瑠璃色の実が付くサワフタギが、こんな可愛く爽やかな花を咲かせるとは驚きでした。



そして、いよいよ満開のレンゲツツジエリアに突入です。








傷んだ花がほとんどなく、まさに絶好の咲きっぷりです!!



足元には、タカトウダイ、スズラン、オオヤマフスマ、ヒメハギ、そしてお目当てのシロスミレなどが咲くご機嫌なハイキングコース!!

<シロスミレ>








<スズラン>



可憐なスズランが可愛い姿を見せてくれます。


<大笹峰山頂> 
 
自動販売機付きの休憩所がある山頂付近はシーズンになるとニッコウキスゲが咲き乱れるそうな…
今日はあいにくの天候で見通しがききませんが広々とした高原は気持ちよさそうです!



少し進むと分岐にさしかかりました。




横浜のご夫妻はここから右に折れて八島湿原~御射山~車山肩へと大きく周回されるとのこと。
初めての私たちは、距離の短い姫木平ハイキングコースを周ることにしてここでお別れしました。




地図を持っていない私たちに対し、ご親切に案内していただき本当に助かりました。
ご夫婦にお会いしなければ、姫木平は諦めていたはず、
本当にありがとうございました。


さて、お二人と別れた頃から風雨が強まり、右から吹きつける風に写真撮影もままなりません。
この辺りは、常にこのような西風が吹いているとみえて木が大きく傾いていました。



よく整備されたハイキングコースなので迷う心配はないのですが、
地図を持っていないので現在地を把握できず、霧ヶ峰との位置関係が全くわかりません。

後で調べたところ姫木平ハイキングコースは霧ヶ峰のすぐ東側に位置し、霧ヶ峰の蝶々深山はすぐ近くだったのでした。

お天気は良ければそれも確認できたでしょうに…何もわからないまま道標に従うだけでした。

それでも、このレンゲツツジの群生に何度感嘆の声をあげたことでしょう!

柔らかい乳色のベールに包まれた一面のレンゲツツジ









少し明るくなってきました。どこまでも続くレンゲツツジのオレンジ色が一層鮮やかになります。





正直言ってこれまでは、レンゲツツジにはそれほど興味を覚えませんでした。
それは、たぶん、レンゲツツジの咲く場所は俗化されているといった先入観があったせいかもしれません。
でも、ここには私たちのほかは誰もいなし、何より自分の足で歩かなければこの自然を目にすることは出来ないはずです。
こんな美しい光景を独占できるなんて贅沢すぎて申し訳ない気分になります。

殿城山分岐までくるとレンゲツツジでオレンジ色に染まった山肌を遠望できます。

ちょいと一登りの殿城山山頂に行ってみましたが雨が降り止まないので樹林帯の中で雨を避けて一休み!
その後は、クサソテツが生い茂るカラマツ林を抜けて駐車場へと戻ってきました。

3時間20分の姫木平周回、十分に満喫できた素晴らしいハイキングコースでした。



その後、車で移動し、リフトで車山まで登り車山湿原を散策しようと考えたのですが、あまりの濃霧にあっさりと諦め
車山肩へと移動、ここでは雨の中を沢渡方面に下りました。

車山肩でヒメイズイを発見!!

<ヒメイズイ>

ヒメイズイは利尻島以来二度目の出会いです。
やや盛りを過ぎていますが、こんなところで再会できるとは、何ともうれしい限りです^^。

しかし、ここでも霧は相変わらず濃く、これ以上進んでも意味がないと判断し引き返すことにしました。



そして、八島湿原を一周、レンゲツツジ、アヤメがちょうど見ごろでした。





 <アヤメ>
 




<アマドコロ>

ミドリ色のフリルが可愛いアマドコロ


<タカトウダイ>



<コバイケイソウ>





そのほか、グンナイフウロ、ギンラン、シロスミレ、オオヤマフスマ、などが咲いていましたが、
自然観察員の方のお話によると、
「今はちょうど端境期ですね!」とのことでした。

あいにくのお天気でしたが、ここはやはり観光地、次から次へとやってくる軽装の観光客に交じって、
雨具に身を包み登山靴にザックスタイルは明らかに浮いていましたね


ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平標山~仙の倉山【新潟県】... | トップ | 北岳【南アルプス】 2010年7... »

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
姫木平 (はなねこ)
2010-06-29 16:26:42
見事なレンゲツツジですね~。
確かに レンゲツツジの群生する場所は俗化されている印象があります。
でも、足元には可愛いお花たちが咲いているんですね。
こんど、シロスミレを見に行かなくちゃ(^-^)

お天気次第で、行き先変更できちゃうfu-coさん
親切な方に出会えてよかったですね。
Unknown (やまそだち)
2010-06-29 19:14:44
私もここ3年ほど姫木平に行っていますが、人が少ないので気に入っています。
今年は7月に行く予定です。
ここのレンゲツツジは何時も見事ですね。霧に包まれたのがまた良いですね。
昨年は6月21日でしたから、ほぼ同じ花が見られました。
一枚目は葉がピンクに色ずくミヤママタタビの花のようですね。登り口に咲いていたのでは??
Unknown (みかん)
2010-06-29 22:29:24
レンゲツツジの咲く頃は、どうしても雨や霧にあうことが多いですね。
霧に包まれたレンゲツツジも良いものです。
大粒の水滴をつけたシロスミレが可愛い。
はなねこさん (fu-co)
2010-06-29 23:59:19
前日の晴天から一転、残念ながら土曜日は朝から雨模様でした。
予定を繰り上げたはなねこさんの判断は大正解でしたね!!

私もお陰さまで、レンゲツツジの大群落を独占できるなど、思いがけずイイ思いができました

>こんど、シロスミレを見に行かなくちゃ(^-^)
シロスミレは清楚ですよね~
是非、お出かけください!
欲を言えば、キリガミネスミレとかコワシミズにもに会えたら最高だったのですが…
はなねこさん、見つけてくださいね!!
やまそだちさん (fu-co)
2010-06-30 00:56:26
姫木平は、深谷さんとやまそだちさんのサイトで知りました。
昨年から気になっていたのですが、実現できて嬉しいです。

>一枚目は葉がピンクに色ずくミヤママタタビの花のようですね。登り口に咲いていたのでは??
ええ、入口付近です。
葉の色は白だっただったように記憶していますが、これからピンク色に変化するのでしょうか?
ピンク色の葉が美しいミヤマママタビは昨年7月北海道でたくさん見かけましたが、信州にもあるのですね~
7月に姫木平に行かれるとのこと、どのように変化するのか楽しみです。

、ついに延長戦ですね~頑張れニッポン!!
みかんさん (fu-co)
2010-06-30 00:57:38
みかんさん、こんばんは!
今回はレンゲツツジの美しさを再発見した山歩きでした。
雨粒や霧も良いアクセントになると考えれば、雨天もまた楽しいものですね!
花の多いこの季節、行きたい所が多すぎて迷ってばかりです(^^;
Unknown (やまそだち)
2010-06-30 11:57:07
>葉の色は白だっただったように記憶していますが、これからピンク色に変化するのでしょうか?

穝所のうちは白ですが、花が進むにつれピンク色に色付くようです。
マタタビとは花の感じが違います。こちらでもマタタビが咲き出しました。
姫木平❤ (矢車草)
2010-06-30 14:46:37
fu-coさん、こんにちは!

姫木平に行かれたんですね~(^^♪
私も近いうちに行こうと思ってました。

実は2年前の海の日連休に行ったんです。
姫木平から八島湿原まで歩いたんですよ。
あの日はカンカン照りのお天気で、日陰が何処にもない湿原を歩くのは辛かった…。
で、一番綺麗だったのは姫木平の上の大笹峰の山頂辺りでした。
ウスユキソウなどがいっぱい咲いてて感激しました。
それで、また行きたいと思ってたんです。
姫木平にはスキーの時毎回お世話になってるペンションもあるので来て~と言われてるし。

レンゲツツジもこれだけ咲いてると圧巻ですね。
私達が行ったときはもうレンゲツツジは終わってました。
八島湿原は凄く混んでたのに、ここでは誰にも会わなかったんです…秘密の花園ですよね。
あらら~もうこんな時期ですものね、なんとかして行かねばですね。

シロスミレの水滴が可愛いです❤
同じ日私は雨の入笠山を歩いてましたよ。
やまそだちさん (fu-co)
2010-07-01 23:27:45
ミヤママタタビの葉は白からピンク色に変化するのですね~
葉っぱだけでも十分に観賞価値があり、ミヤママタタビって面白いですね!!

「だっただった」と意味のない繰り返し、大変失礼しました。



矢車草さん (fu-co)
2010-07-01 23:42:44
矢車草さんは姫木平の常連さんでしたかぁ~
ここ、なかなか良いところですね!!
軽い気持ちで立ち寄ったのですが、花も多く誰もいないし確かに“秘密の花園”って感じでした^^
大笹峰の山頂辺りにはウスユキソウも咲くのですね!

次回は八島湿原~霧ヶ峰と周回コースを歩いてみたいですね|

26日、矢車草さんは入笠山でしたか!
実は私、入笠山は行ったことがないんですぅ
相性が悪いっていうか、縁がないっていうか…
スズランがちょうど見頃だったのでは?
Unknown (こまじろう)
2010-07-02 00:44:06
こんばんは。

天気は良くなかったようですが、レンゲツツジの
色がとても鮮やかですね。ヒメイズイは、初めて
見ました。アマドコロとかとは随分と違った雰囲気
ですね。車山の肩ですか…

シロスミレは、私も2W前に奥多摩に見に行って
きました。なんとか見つけましたが、画像を
よくよく見てみると側弁の毛がないのですが、
シロスミレと言ってもいいものかどうか(違ったら
違ったで嬉しいですけど)。水滴をまとった
シロスミレも、なんだかいい感じですね。

週末は、過去に何度も見ようとして登れなかった
キタダケソウにチャレンジです。
こまじろうさん (fu-co)
2010-07-02 18:57:35
こまじろうさん、こんにちは!
「ヒメイズイ」って可愛いですよね
高さは15cmぐらい、アマドコロを違って直立しています!
昨年、利尻島で見つけた時は思わず「ヤッタ~!!」と叫んだくらいです。
でも意外に近くでも見ることができる植物だったようですね!

週末はキタダケソウですか?
実は私もです…
こちらは、日月の予定なので途中ですれ違う可能性がありますね!
ヒーコラ登っている老夫婦がいたら声をかけてくださいね
でも、体調がイマイチなので行けない可能性もアリです!!
Unknown (木曽駒)
2010-07-06 20:46:38
今年のレンゲツツジは、お花がいっぱいついていますね。
高原が赤く燃えているようですね。
>柔らかい乳色のベールに包まれた一面のレンゲツツジ
神秘的な風景。。。。。。
しっとり霧のベールに包まれたレンゲツツジもいいなぁ~~~。
私もレンゲツツジ、見直しました。
木曽駒さん (fu-co)
2010-07-07 21:56:09
駒子さん、こんばんは!

梅空を吹き飛ばすかのようなレンゲツツジの群落、あまりの群生に驚きと興奮の連続でしたよん^^

秋田駒のヒナザクラもスゴイことになってましたね~
今年が豊作なのか、毎年なのか知りたいですね~
ヒナザクラ、チングルマ、ワタスゲの白、しろ、シロ…
自然に感謝ですね~~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事