まちのさんぽみち

日々のできごとを思いつくままに書いています。
★まちの日々
★しゅわしゅわ
★はいくのこみち
★あららRA

初生り

2013年06月30日 | まちの日々
ゴーヤが初めて収穫できた
生っている時にはそれほどでもないと思っていたけれど、
採ってみると、思ったより大きくて驚いた。

早速夫が腕を奮って、
ゴーヤチャンプルーを作ってくれた。
我が家では、ゴーヤチャンプルーは夫の専売特許で、
私はほとんど作ったことがない。
私は、ゴーヤを使うなら、サラダとか、お浸しとかだ。

そういえば、都内に住んでいる従姉が、
ゴーヤが大好きで、毎日ゴーヤのジュースを作って、
飲んでいると言っていた。
ゴーヤがたくさんとれるようになったら、
あげたいと思うけれど…

宅配便で送っても、送料の方が高くついて、
ばかばかしいかなぁ。

会って、たまには、おしゃべりするのもいいかも知れない。
でも、2、3本ならともかく、
たくさん持って、出かけるのは、これも大変。
非力な私だもんね。

なんて、こういうの捕らぬ狸の皮算用って言うんだよね。


そして、6月と、今年の上半期を締めくくるのは、
息子の誕生日。

といっても、息子は帰って来るわけじゃなし、
特に何もせず、メールだけで終わり。

 はっぴーばあすでー   

 (*^ー^)/▼☆▼ヽ(^ー^*)   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝顔が咲いた

2013年06月29日 | まちの日々
早起きの夫が、朝から草取りをしていて、
朝顔が咲いているというので、
庭に出てみると、きれいな朝顔が咲いていた。

今年初めてかな?
青くてきれいな色だ。けっこう花も大きいし。
これから、夏の間ず~っと、
きれいな花を毎日のように見せてくれるのかな~。

花より団子の私でも、花も嫌いではない。

花って、どうして、あんなに色とりどりに、
いろんな色が出せるのだろう?

人間には真似ができないような澄んだきれいな色。
いや、真似ができる人もいるかも知れないな。

この週末は何も予定がない。
紫陽花でも、見に行きたいあ~なんて、
チラッと思ったけれど、
土日は混むものネ、やめよ。
家でのんびりして、
週明けからのエネルギーを養った方がいいものね。

(週が明けたら、どんな大仕事をするって言うんだ!)(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6ヶ月健診

2013年06月28日 | まちの日々
保育園で夜の会議があるというので、
ポンコのお子守りに行った。
先日来、うすうす気がついてはいたんだけれど、
ポンコはそろそろ人見知りが始まったようだ。

私を拒否するほどではないけれど、
ママとは明らかに違う人だとわかって来たようで、
反応が全然違うのだ。
ママがそばにいれば、私の顔を見てにこにこしてるのに、
ママがいないと、ちょっとした加減で大泣きする。

それでも、しばらく抱っこしてたら、
なんとか寝てくれたけれど。

ちょっと前までは、にこにこしてると思ったら、
いつのまにか眠ってしまったりしてたのに、
このごろは要求もはっきりしてきて、
抱っこしてと泣く。泣き声も大きいこと!

哺乳瓶をみつけたときの反応やら
哺乳瓶を持つような手つきやら、
確実に成長しているね。(と、ばばばか)

寝返りもできるようになったし、
すくすくと育っているね。

そういえば、今日は6ヶ月健診だったようだ。
(まだ6ヶ月にはなってないけれど)
順調に育っているとのこと。よかったね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファミレスで・・・

2013年06月27日 | まちの日々
木曜日は、昼のサークル。
終わった後、みんなでお茶に行く時も、
行かない時もあるのだけれど、
今日は、結局2人でおしゃべりしてきた。

サークルの中でも、とても気の合う人なので、
楽しくいろいろ話した。
彼女はとても、意欲的なので、いつも刺激を受ける。
切磋琢磨して、少しでも、上達したいと思っている。

いっぱいおしゃべりしおて、帰ろうと思ったら、
声を掛けられてびっくり

数年前まで、お隣に住んでいた人と、ばったり会った。
娘さんも一緒で、お孫さんも。
当時赤ちゃんだったのに、いつのまにか小学生になっていた。
そりゃそうなんだけれど、
自分たちが進歩のないのに、驚いてしまう。

そうだね、まごすけよりも、いくつか大きいはずだもの。
ファミレスの中で、つい立ち話をしてしまった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紫陽花

2013年06月26日 | まちの日々
紫陽花がきれい
今の時期、あちこちで、みずみずしい紫陽花が見られる。

テレビで、ちょうど、権現堂の中継をやっていた。
そういえば、去年は、紫陽花を見に行ったんだっけ。
改めて、1年って早いな~と思う。

そういえば、最近ふたりで出かけてないなあ。
私は、サークルだったり、友だちとだったり、
ひとりで出かけてばかり。

夫はドライブが好きだから、
私がどこかへ行こうと言えば、
すぐにその気になってくれるんだけど(^^;

ということは私のせい?
夫の方から、計画を立てるなんてことほとんどないものネ。

夫もひとりで出かけてくれると、気が楽なんだけど、
私ばっかり楽しんでるみたいで、ちょっと気が引けちゃう。

でも、最近夫は、腰痛持ちに…
冗談っぽく「じいさんや」「ばあさんや」
なんて言ってるけど、冗談じゃないかも・・・

じいさんとばあさんのふたり暮らしだから、
お互い労わり合わなくちゃネ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緑のカーテン

2013年06月25日 | まちの日々
気がつけば、ゴーヤが大きくなって、
もう窓いっぱいを覆って、緑のカーテンになっている。
まだ少し隙間もあるけれど・・・

黄色のかわいい花をつけ、実も生り始めた。
もう少しで、食べられそうだ。

我が家の南側には、用水を挟んで会社があって、
最近経営者が変わったらしく、活発に人の動きが見える。
掃き出しの窓を開け放しておくと、
見ようと思えば丸見えだった。

でも、ゴーヤのお陰で、目隠しにもなって、
それだけではなく、本来の目的である日よけになって、
涼をもたらしてくれる。

そして、夕食に一品増やしてくれる。
ゴーヤさまさまですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女系家族(笑)

2013年06月24日 | まちの日々
先日、風邪をひいたといっていたまごたが、
風邪が治ったというので、遊びに来た。

夕方、他の用事で、まごすけから電話が来たので、
まごたが来ているよと言ったら、すっ飛んできた。

かくして、賑やかな夕飯となった。
特別なご馳走はしなかったけれど、
みんなでワイワイ食べたりおしゃべりしたりするのは楽しいね。

まごたがだんだん大きくなってきたので、
まごすけとも、なんとなくやり取りが成り立ってきたし。

ポンコもちょっと大人になって、
ママを目で追うようになってきたし、
じいじがそばで見てたら、
「どうしてだっこしてくれないの?」
と言いたげに泣くし…。

夫は、「女系家族だ~6:1じゃかなわん!」
と、頭を抱えていた。
ホント!孫たちは全部女の子。
そして、娘ふたりと私と…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湖みたいな田んぼ

2013年06月23日 | まちの日々
家のすぐ近くの麦畑が、
ずっとずーっと続く広~い麦畑だったのが、
すっかり田んぼに変わった。

関東平野の中でも、この辺りは、
本当に平らな地面が続いている。
遠くに山の稜線が僅かにみえるけれど…
南西の方向には、天気がよければ、
世界遺産になったばかりの富士山も見える(笑)

その果てしなく(?)続く田んぼが水田になると、
天気のいい日には高い空が映って、
まるで広い湖みたいに見える。

でも、こんな風に見えるのは、
田植えが終わったばかりの時だけで、
稲が成長してくると、もう青々とした田んぼになってしまう。
それはそれで、また壮観なんだけど。

そして秋には、黄金色の平原が広がる。
台風などで、稲が倒されなければ…
今年もおいしいお米が無事実りますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつもの部屋

2013年06月22日 | まちの日々
夫のちょっとしたお客さんが来た。
玄関先で話をして帰るからということだったけれど、
何やら書類を見て、印鑑も押すようなので、
玄関で、というわけにもいかずに、
居間まで入ってもらった。

だから、それなりに、部屋をきれいにした。
最近は、散らかすような子どももいないから、
とりあえず、片付いているようには見えるのだけれど、
テーブルの上に置いてあるものや、
ぶら下がっているものや、
その辺にいつも置いてあるものや・・・
カッコ悪いものはみんな隠して、(笑)
ちょっとカッコつけておいた。
片付け始めると、ここもあそこもと気になってくるもので、
あちこちちょっとずつきれいになった。

でも、30分ほどで、お客さんが帰った後は、
いつものように、テーブルの上に置いておくものは戻し、
ぶら下がっていたものはぶら下げて、
いつも置いてあるものも、いつも通りに置いた。
その方が便利なんだもの。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワークライフバランス

2013年06月21日 | まちの日々
「ワークライフバランス」と言うことばがあるんだ。
仕事と生活の調和と訳すそうだけれど、
日本人は働き過ぎだと言われる。

仕事が好き、とか、仕事が生き甲斐とか…
それ自体はいいことなんだけど、
仕事オンリーと言うのはどうか…
とは言え、そうするしかなかったという状況もあると思う。

夫のことを考えると、どうなんだろう?
家族のために、定年まで働いて、
定年を過ぎてもなお、働き続けて…
趣味もなく、仕事だけが生き甲斐みたいな人生。

それでも、いつか夫は言っていた。
「俺は満足しているんだ。」と。
何もないところから出発し、子どもを育て、
小さな家も持てたし、親孝行もそれなりにできた。
ということらしい。

仕事も、自分に合っているみたいだし、
それはそれで、例え妻でも、
誰かにとやかく言われることではないものネ。

でも、その後はどうするの?
ずうーっと仕事が続けられるわけじゃない。
趣味なんて、だれかに言われてやるものでもないし…

テレビと映画が好きだから、それもいいけれど、
もっと若い時から、いや、今からでも、
一生続けられるような趣味を、
みつけられたらいいと思うんだけど。

私は、大丈夫だよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加