まちのさんぽみち

日々のできごとを思いつくままに書いています。
★まちの日々
★しゅわしゅわ
★はいくのこみち
★あららRA

10月の俳句

2017年10月13日 | はいくのこみち
今月も一生懸命作ったつもりだけれど、
自分で、これはいい、なんていう俳句は、
なかなかできないもので、
たくさん作ってたくさん捨てろと言われるけれど、
捨てろと言われれば、
ほとんど捨てなくてはならないような気がするし
せっかく作ったんだから、
このまま残しておこうなんて思うと、捨てられなくなる
困ったな・・・

でも、そろそろ投句の時期も近づいてきたので、
いったん今月はここで締めくくって、
来月もがんばろう

○うろこ雲母に合わせる歩幅かな
○ゆさゆさと風を運ぶは大すすき
○秋時雨見上げる窓や暮れ泥む
○いわし雲苅田に赤き稲刈り機
○コオロギの跳ねて玄関を開ける

うろこ雲夕日の色に広がりぬ
稲の香や風に向かひてウォーキング
日に映えて足元に早や垂り穂かな
鰯雲手話は心の目で通ず
草むらにほんの小さきバッタかな

剥く梨をじっと見つめる三歳児
稲刈りや手話サークルを欠席す
稲刈りや台風近し汗落ちぬ
雨予報読みかけの本マスカット
台風やSF小説寝転んで

電気点くコオロギ逃げる勝手口
朝顔の蔓にチョンチョン雀かな
手の苦き幼き頃の彼岸花
くびかざり見せて回った彼岸花
青い空キャンバスに咲く秋桜

彼岸花摘む手の苦し幼き日
彼岸花抱えて見上ぐ幼き目
青空や稲刈りの音遠くから
秋桜や友の頭の見え隠れ
秋雨の窓打つ音や日の暮れし

鈴虫や本を開きしままに聞き
鈴虫や湯船に浸かる窓の外
椋鳥の声のうるさき朝寝かな
大ぶりのゆで栗を五個ずつ分ける
コスモスや教室ぐるり咲き揃ふ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月の俳句

2017年09月11日 | はいくのこみち
今月は早めだけど、そろそろ出すことにしよう。
いい俳句ができたというわけでもないけれど、
なんだか、これ以上出てこなくて・・・
初めがんばって作ったんだけど、息切れ感が(苦笑)
また、来月がんばろう。

○通り過ぐ浴衣の親子下駄の音
○寺庭に旧友ありて盂蘭盆会
○うたた寝や夢の続きの蝉しぐれ
○向日葵の他は真っ青な空ばかり
○帰省子の去りてうるさき蝉の声

ケーキ焼く孫たちを待つ盆休み
未明の報天寿を誇る盂蘭盆会
夏風邪や遠路の友の見舞ひあり
旧友の訪ねてきたり盆休み
曾祖母に手を合わせるや送り盆

伸びすぎた朝顔の蔓通せんぼ
庭埋め尽くす朝顔の花あまた
朝一番窓開け放ち夏惜しむ
義姉の顔浮かべて夫に梨を剥く
アイスを半分残し測る血糖値

音を肴に遠き花火大会
夕暮れのウォーキングや処暑の風
早朝の夫庭仕事玉の汗
朝風呂は草取り後の褒美なり
新涼やグランドゴルフの音高し

喧嘩して梨を三個も剥いちゃった
梨剥いてやるも癪なり喧嘩かな
朝顔のひとつ大輪みつけたり
早朝のJアラートや夏惜しむ
黄色の傘孫の忘れて夏休み

気がつけば稲穂の垂れる散歩道
見下ろせば田んぼアートの色づけり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月の俳句

2017年08月12日 | はいくのこみち
俳句のテレビを見たりして、
少し俳句が楽しくなったと思いつつも、
いざ作るとなると、むずかしいものだ

俳句というものが、少しわかったつもりになっていても、
本当にわかったのかどうかは客観的にはわからないし
それで、自分の作った俳句が少しはマシになったのかどうかも、
よくわからない。

まあ、もう少し時間が経てば、
少なくとも、わかっているのかわからないのかは、
わかるかも知れない。

○桜林耳をつんざく蝉の声
○朝顔は南にばかり花が咲き
○刃の触れて西瓜ぱりんと真っ二つ
○幼な児の後ずさりして庭花火     (郭公)
○女三人抹茶小豆のかき氷

動いても歩いていてもただ暑い
ブロッコリーとトマトを飾る五年生
帰宅して冷たい麦茶を一気飲み
昼休み麦茶の氷キラキラと
クーラーの中に1日こもりきる

クーラーで夫婦げんかも風物詩
絵手紙は茄子と胡瓜の見舞状
戻り梅雨無事を知らせる子の電話
朝顔のグリーンカーテン風に揺れ
そうめんの海苔紫蘇茗荷の香かな

冷え冷えの西瓜を八等分に切る
手をつないでも抱かれても泣いた海
山盛りの抹茶小豆のかき氷
絵手紙の茄子の笑顔は友に似て
幼な児は手を握りしめ庭花火

日に焼けて焼け過ぎた背や寺泊
はりきって日に焼け過ぎた寺泊
若き母白黒写真の水着かな
海水浴の絵を描く孫の夏休み
集まりて真夏の原爆記念館

川壊し稲埋め尽くし嵐去る
雨上がり朝顔青白ピンク咲く
炎天下駅のホームの屋根の下
間に合いし冷房車両に友の顔
待ち合わせ日傘の頬に風ぬける

本読みて汗拭くふりで涙拭く


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

俳句とは・・・

2017年08月05日 | はいくのこみち
俳句のテレビを見た。(録画だけど)
なるほどと思うところがいくつもある
俳句って、そういう風に作るのか、と思う。

今まで、本当にわかっていなかったな~と思う。
ただ、季語を入れて、五七五とことばを並べているだけだった

・俳句は説明ではなく映像を
・季語は主役
・季語を大切に
・細かい場面を丁寧に

そして、前に母に教えてもらったこと。

・季語と形式 これは言うまでもなく
・主題と詩情が大切だということ

これらを念頭において作ったら、
もっといい俳句が作れそうな気がする
気がするだけだけど
なんだか俳句がぐっと楽しくなってきた。

この番組を教えてくれた兄に感謝
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3句載った\(*´▽`*)/♪

2017年07月29日 | はいくのこみち
今月は俳句誌「郭公」が遅れているなと思ってた。
いつも25日過ぎには届くのに。
と思っていたら、夕方届いた。

いつも、封を切る時にはちょっとドキドキする
投句さえすれば、必ず1句は載るのだけれど、
1句だけだと、よかったのか悪かったのかわからない。
いや、よいはずはないけど。

2句載れば、まあ俳句になっていたのだろうと、
ちょっとホッとする。

いつも、1句から見ていって、ないとちょっとうれしい
それから、安心して2句を見る。
2句にもなかった。

あれ・・・どうしたのかな?
なんて思いながら、一応3句を見てみた。
そしたら、あった
久しぶりの3句だ。やった~。
うれしぃ~

ちなみに書いてみる(〃∇〃) てれっ☆

* 鉄塔に沈む夕日や麦の秋
* 空梅雨や土くれ落とす耕運機
* 所狭しと朝顔の双葉かな 

たくさん(?)作っても、
投句するのは5句だし、5句選ぶのもむずかしい。
どれがいいのか悪いのか、ちゃんと選べているのか、
まだまだわかっていないから。

自己流だけど、細々と続けて行こうと思う。
老後の楽しみにね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月の俳句

2017年07月12日 | はいくのこみち
先日、俳句をやっている兄から電話があって、
テレビの俳句の話をしていて、勧めてくれたのを見た。
なるほどと思う助言などがあって、
やはり、他の人の意見を聞くのはいいことだと思った

私は自己流で作っているから、全然伸びないのだな~
でも、今はそれも仕方がない。
他にやりたいことがあるんだもの。
まあ、細々と続けていこう

○カフェラテに猫の顔あり夏祭り     (郭公)
○遠雷や田植えの苗の残りけり
○車椅子フルーツポンチ夏祭り
○台風接近草刈り機唸ってる
○梅雨晴れ間読書の窓に二羽の鳩     (郭公)

雷の光ばかりの帰り道
雨の庭白き朝顔きっぱりと
朝顔の蔓は短き咲いた花
幼な子の寝息微かに夏の夜
水田の徐々に広がる散歩道

車椅子乗っていてさえ汗だくに
実演のフーセンアート夏祭り
畦道を歩き見上げる空梅雨
朝顔の葉の萎れたる真昼間
ラベンダー写真つきなるラインかな

紫陽花に隠れて友を待ってゐる
空梅雨や田に水を引く音響く
夕涼み熱のある子を抱っこして
梅雨晴れやつなぐ孫の手やわらかし
幾筋の焼田の煙青い空

紫陽花の赤紫や鮮やかに
ぴょんぴょんとめぐみの雨は早苗田に
雷鳴や早足になるウォーキング
麦わらを焼く田の煙一面に
麦わらの焼田の煙そこここに
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月の俳句

2017年06月13日 | はいくのこみち
いつも、前の月の俳句を出すと、
今月こそはもっといい句を作ろうと思うけれど、
1ヶ月はあっという間に過ぎ、
気がつけば締め切りが迫っている

さ、今月も出さなくちゃ。  
次、がんばろっ!

○鉄塔に沈む夕日や麦の秋     (郭公)
○汗ばみて麦穂果てなしウォーキング
○空梅雨や土くれ落とす耕運機     (郭公)
○所狭しと朝顔の双葉かな     (郭公)
○夏の服くるりと回る六歳児

走り梅雨母子の遊ぶ児童館
昨日より色の進みて麦の秋
新緑の箱根路を行く従姉妹会
通勤の電車込み合ふ走り梅雨
気にかかる受話器を置くや走り梅雨

親も娘もジューンブライド交わす杯
バンダナに願いを込めて五月晴れ
姉の吹くシャボンの玉を追ひかける
苗代に衣替えする大地かな
幼児のつかもうとするしゃぼんだま

長編を読んで飽くなし走り梅雨
土くれをこぼし耕運機は走る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月の俳句

2017年05月15日 | はいくのこみち
今朝、目が覚めて、今日は15日だと思った。
その途端、俳句の締め切り日だったことを思い出した
本来15日必着だけれど、15日に投函しても、
とりあえず大丈夫だったこともある
いつもは、15日の前に投函したいと思っていたのに
忘れてた~~

とりあえず、いくつかは作ってあったので、
すぐに準備してポストに入れた。

○青空に急ぎ降りゆく花吹雪
○ベニカナメ老人ホームここにあり    (郭公)
○人見知り嬰の泣き声風薫る
○半そでや腕に5月の風うれし
○故郷を思ひ出させし大辛夷       (郭公)

花筏ついて離れてゆーらりと
目を引くは長き真っ赤なベニカナメ
水をひくモーターの音田に響く
耕運機軽トラ忙し田の準備
夕焼けや麦の穂の影鮮明に

紅白の木蓮空に手を広げ
青空に咲く紅白の花水木
代掻きや声をかけあう隣組
早朝のバイクの音や五月晴れ
幼子の走る公園青嵐

草取りの後に朝顔の双葉かな
薫風を受けて軽やかウォーキング


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月の俳句

2017年04月12日 | はいくのこみち
俳句って難しい。
ずっと以前に「俳句は入りやすく達しがたい」
ときいたことがある。
確かにそうだなあと思う。

入りやすいと言っても、
私は、入り口辺りでうろうろしている気がする。
なかなか俳句というものがつかめないで、
今月もまた締め切り日が迫ってきた。

もう少し真剣に取り組まないと、
いつまで経っても、一歩中へ踏み込めない

○菜の花や眺めし土手の長きかな
○深呼吸晴れ渡る空伸びる麦
○満開の古木の桜堂々と     (郭公)
○新じゃがのバター流れる皿の上
○見上げれば桜ひらりと舞ひ落ちる

雨の中開花宣言花の傘
熱のある孫抱っこして暮の春
桜前線知らせるや孫の声
列島に桜前線花の宴
青々とまたぐんと伸び麦畑

遠くまで買い物に行く春うらら
自転車を引っ張り出すや春うらら
花冷えや名残の鍋をつつく夜
春浅し手話通訳の試験あり
合格の年重ねても春うれし

一分咲き胸膨らませ待ってゐる
新年度年に甘えず前向きに
謙虚とは続く道なり春の空
意を決し心新たに新年度
春野菜ランチ賑やかイタリアン

開店やランチ華やか春野菜
多磨墓地の青空に映へ花優雅
ベニカナメ色づいてきし小さき葉
空覆ふ枝重なりし大桜
人集り水城公園花の宴

レンギョウのひときわ目立つ花壇あり

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月の俳句

2017年03月13日 | はいくのこみち
今月もいつの間にか締め切り日が近づいてきた。
だんだん作るのが少なくなってきている。
忙しかったなんて言うのは、言い訳だな。
忙中閑あり。
ちょっとの時間で、作れるはずだもの。

○緑道に土筆みつけし昼休み
○バイパスの車ゆらゆら春うらら
○庭草を踏んで歩みて春近し   (郭公)
○菜の花やなほ鮮やかに雨の中
○菜の花の土手を包みて彼方まで (郭公)

 海荒れて車揺さぶる春嵐
 約束の梅のつぼみはふくらんだ
 春一番上着を脱ぎてウォーキング
 立ち止まる鶯の声遊歩道
 木は倒れ空明るしが春の嵐

 波高く灰色の海春嵐
 春嵐九十九里浜荒れた海
 ああ春だくしゃみはなみず目のかゆみ
 春の雨傘も差さずに走りゆく
 「抱っこして」手を出す孫や春うらら

 やはらかく春の日のごと懐く孫
 春の雨孫と並んで昼寝かな
 気がつけば静かな午後の春の雨
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加