我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

インビクタス 負けざる者たち / INVICTUS

2010-01-29 13:22:25 | 劇場&試写★5

ランキングクリックしてね
←please click



クリント・イーストウッド監督、記念すべき30作目

スポーツものってあまり好きじゃないし、(「少林サッカー」みたいのは別 )。
タイトルにもポスターにもあまり惹かれなかったけど
コンスタントに名作を撮り続けるイーストウッド、その作品にはハズレなし!なので見逃すわけにはいきません。
来週から公開、試写にて鑑賞。

南アフリカの元大統領 ネルソン・マンデラの、知られざる奇跡の実話。

1995年のラグビー・ワールドカップを通じて、対立していた白人と黒人の融和を実現させたというお話。

原作はイギリス人ジャーナリスト、ジョン・カーリンのノンフィクション小説。

昨年の傑作、「グラン・トリノ」をもって俳優からは足を洗うと宣言した通り、今回は出演は一切ナシ。


あれ??これ書いてて気づいたけど
今回はイーストウッドは脚本担当してない!  
脚本は、アンソニー・ペッカム。
この方、3月にいよいよ日本でも公開のRダウニー&ジュード版「シャーロックホームズ」の脚本も手がけている。


ネルソン大統領には、黒人大統領2度目を演じるモーガン・フリーマン。
「許されざるもの」や「ミリオンダラーベイビー」でイーストウッド作品には出演済み。
本作は製作総指揮も務める。
27年間監獄に囚われ、釈放された後 南アフリカ初の黒人大統領になった
ネルソン・マンデラに扮する。

マンデラの娘も、歩き方まで父にそっくりと太鼓判。


マンデラの意志、強い精神を伝えられる南アフリカ代表チームのキャプテンに
マット・デイモン。


ラグビー選手ということで「インフォーマント!」とはうって変わり、肉体美披露。



反アパルトヘイト運動により反逆罪として逮捕され27年を監獄で過ごしたネルソン・マンデラは釈放後の1994年、
遂に南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。
だが彼は、国民の間に人種差別と経済格差がいまだに残されていることを痛感する。
そんな中、スポーツという世界共通言語で国民の意識を変えることができると信じるマンデラは
弱小だった南アフリカ代表ラグビーチームの再建を決意。
翌年に自国で開催するラグビー・ワールドカップに向け、
マンデラとチームキャプテンのフランソワ・ピナールは互いに協力していくことを誓う……。






6/10(56点)


んーー、点数付けるの迷う〜。
観る前から散々劇場の予告篇で観ていたので殆ど内容わかっちゃったし
イーストウッドだからって、観る前から感動感動言われると
期待してたわけではないけどなんか少し冷めちゃう。

まぁいい映画だとは思うけど...そこまでではなかった。

イーストウッド、今回は肩の力を抜いて撮ったという感じなのかな、流れがゆったり。
そのせいもあってか初めの方ちょっと眠気に襲われた。
(わたしの場合、よほどの寝不足じゃない限り、面白ければ眠気は来ないんだけど、、、)
そういえば「父親たちの星条旗」の時も最初眠かったっけナ

今回は最初の印象通りというか、結末は分かってるのと
スポーツものっていうことで、わたしはあまり映画として楽しめたという感じはなかった。
結末が予測付かなくて何かが起こり惹き込まれるという映画の方が、友情を描いた感動作よりも好みだからかなー?
テーマも良いし、人種の壁を越えた友情を描いていたし最後は爽快感が残るし
なんだけど、また観たい映画ではないな〜。



マンデラ・ネルソンという人物が、投獄中に心の支えにしていた詩の題名が「インビクタス」(征服されないの意味)
その中の
「私が、我が運命の支配者、我が魂の指揮官」という一節。

過去のことは洗い流し 赦すということで新しい人生を歩き、諦めない未来で世界を変える。


人間の秘めた可能性。マンデラ大統領にみるその精神には、誰もが見習うべきところがある、というのも伝わる。

実在のマンデラ大統領は現在 91歳。

本人が、もし誰かに演じてもらうならモーガン・フリーマンと答えたという。

「マンデラの名もなき看守」で同じ役を演じたのはデニス・ヘイスバート。
こちらは未見だけど、(DVD 、気になってたので観たい!)

うーん、似てる似てないはおいておいて これあんまり知られていない俳優が演じた方がリアルでぐっとくるんじゃないかと思った。
グラン・トリノ」がイーストウッド以外は殆ど無名の俳優起用だったように。

モーガン・フリーマンは今更言うまでもない名優だけど、どうもみていて
「そこにモーガンがいる」「モーガンフリーマンが演じてる」っていう風に思えちゃった、
大物になりすぎるとそういうのがあるよね、、、。

マット・デイモンはもともと強い存在感放つ俳優ではないので(失礼)
そこが逆にラグビーのキャプテン!っていう感じも良かった。


弱小チームだったところはほとんど描かず、どんどんスムーズに勝ち進めたり、キャプテンのマット・デイモンが歌詞を配っても、
チーム皆が絶対歌うもんか、という勢いだった国歌を意外とあっさり歌ってたりするわりには、後半の試合が長い〜。
普段、スポーツといえば観るのはサッカーにしか興味ないわたし、
ラグビーも興味がないし結末見えてるしで、あまり楽しめず...。


そうそう、唯一笑いが起こった 日本が1995年のワールドカップでニュージーランドのチーム、オールブラックスに、ボロ負け
17-145って出たんだけど ひどいなぁ(笑)って思ったけど
調べたらこれ事実だった。
1試合で145点を入れられ、日本が入れたのはたった17点。
まさに惨敗だったのね、、、ニホン。



イーストウッドの映画っていつも長いけど、その長さが気にならない重厚なドラマがいいんだけど、
今回はちょっと違うから長過ぎると感じたのかな?2時間超えにしなくても、と正直思っちゃった。

イーストウッドのはこういう爽やかな作品よりも、暗くて重い映画の方がわたしは好みみたい。

後半、パトルール中のパトカーと缶拾いをしていた黒人少年と、優勝を聞いた直後抱きついたり、
誰かれ構わず抱きつきたくなるというシーンはベタだなぁと思いつつ微笑ましかった :)

スポーツ映画としての割合もけっこうあるので、
実話の友情ドラマとしての部分とそれを1本で2粒楽しめる映画と楽しめるかによるかも


とはいえ、この映画 確実にヒットするだろうし ラストには涙する観客も沢山いると思う。
 実際、わたしが観た試写でも横のおばさんなど、グスグスいってた。
わたしはそこまでではなかったけど、(しつこい)観てソンはない1本
スポーツファンや政治家たちにも観てもらいたい映画です。

エンドロールには「父親たちの星条旗」に同じく、実際の人物たちの写真が出るのもジーンとさせる




 公式サイト 
INVICTUS   2009年   アメリカ    134min
2月5日(金)より、全国ロードショー



12/3のプレミアにて。


愛妻、ディナ・ルイス。

妻ルシアナ同伴。


「ミスティック・リバー」のほか、
イーストウッド娘の監督作「レールズ&タイズ」にも主演、ケヴィン・ベーコンも妻のキーラ同伴で。


再度、仕事を願う渡辺謙と南果歩夫妻も来場。





それでは皆さま、楽しい週末を〜



ランキングクリックしてね
←please click




『映画』 ジャンルのランキング
Comments (61)   Trackbacks (126)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エクトプラズム 怨霊の棲む家 /T... | TOP | フローズン・リバー /FROZEN RIVER »

61 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (yukarin)
2010-01-29 14:36:52
私も試写会で観てきましたよん。
あらmigさんは意外と低めなんですね。
途中までは普通だったんですが最後の試合あたりからぐわ〜と来てしまいました。

「マンデラの名もなき看守」は観てたのが良かったのかマンデラさんへ感情移入ができて良かったデス。

私の隣の方も睡魔に襲われてたみたいです^^;
でも観て損はない作品ですよね。
そういえば脚本は担当してなかった...。
泣いた〜 (きらら)
2010-01-29 15:46:59
連日登場
ってことで、migちゃん評価思いのほか低い
わたしは、最後いっぱい泣いちゃったよ〜。
特に国家をみんなで歌うところ!ひ〜ん

たしかに!展開もラストも全部読めちゃうんだけどね

イーストウッド様〜まだまだがんばってくださいね☆って感じだね〜♪


最近あったかいね〜♪もう春みたい!
花粉症が始まるかな〜
ああ、そうでしょうねぇ… (KLY)
2010-01-29 20:50:40
スポーツに興味ないとつらいとこかも。特にラグビーは日本でも好きな人は凄く好きだけど、全然興味ない人の方が多いしね。
私は逆にあのラグビーシーンは凄く魅せられました。あのスローを含めた撮り方を観ると、イーストウッド監督も含めてスポーツの撮り方が上手いなぁとつくづく感心します。
ともあれ、イーストウッド監督にしては珍しくあんまり哲学的じゃないというか、ネタ的にはベタな作品かな。

ちなみに隣のおやじがラグビー好きらしくて、ぶつぶつうるさいのよ><; ペナルティのたびに「ノーディフェンス!」と声にだしていうんだもん。挙句にノーサイドのとき口で「ピッピー」っていいやがんの…orz
抜けてました… (KLY)
2010-01-29 20:53:47
イーストウッド監督も含めて“海外の監督さんて”スポーツの撮り方が上手いなぁとつくづく感心します。
でした。意味解らない文章書いてごめんなさい^^;
こんばんは〜☆ (kira)
2010-01-30 01:54:41
migちゃん〜♪
これね、なんか私もまだ観てないんだけど、なんか
観る前から(もう解ったよー)みたいな気になるよね〜。
まだご本人がご健在で、描かれるものは、
特にアレだしねぇ〜。
「マンデラの〜」も昨年DVD鑑賞済みですが、記事書いてなかったわ〜

まだ見逃してる作品で、観たいのもあるし、
来月も結構忙しいので、これは時間が合えば・・という事になりそうです〜
死んでました (ノルウェーまだ〜む)
2010-01-30 07:29:24
migちゃん、お久しぶり〜
なんか、この1週間寝たきりだったよ、私。
多分24時間モニターがあったら、ゼッタイ死んでると思われて警察呼ばれていたね。
最初の48時間ずっと寝てたし。
今日になって、ようやくPCの前に座れるようになったよ。

この映画、結構よさそう!って思っていたけど、それほどでもなかったのね。
スポーツものはやはり興味のあるものでないと、どうしても長く感じちゃうよね。
私はモーガン悪くないって思うけど…
Unknown (hino)
2010-01-30 15:57:41
migちゃん、ひぃ〜〜!!

最高のメンバーなラストのお写真!
クリントにモーガンにマットおおお!

ゴージャス!ゴージャスでんな〜!!

私、最近のひとでは、マットディモンがタイプだってこと忘れてたっ!!

スポーツがらみもの!大好きです。チアものとかも観てるよ。
デンゼルワシントンが監督役で出た「タイタンズ
忘れない」なんか、良かったな〜(もち、サントラ買い!)、あとマコちゃんが監督役のも良かったな〜。題名忘れたな〜。

昨日はラブリーボーン始まったな〜って指くわえていました。娘が初戦で合格したら2人で観に行くぜー(水曜)。それはないかなー。

そいじゃば、また!

↓のオドロオドロ、おもしろーい!すごいね。

ここですみませんが、、
まだ〜む、体調くずされてるって大丈夫?
少しずつ回復の兆し、良かったですがいろいろ忙しすぎたのかも。
くれぐれも無理せず、お大事にしてください。



こんにちは。 (たいむ)
2010-01-30 21:53:51
試写会で観てきました〜〜
私も観る前から感動感動言われると・・・なのだけど、スポーツモノの感動は嫌いじゃないので、ポロポロ涙をこぼしてました。

ここ最近の濃厚さは感じられないけれど、息抜きっぽくて私は好きです。

まだ記事を書いていないので、書いたら改めてTBしますね(^^)
☆yukarinちゃん★ (mig)
2010-01-30 22:18:48
こんばんは♪

期待してたワケではないんだけど
そんなに、、、だったなぁ。
寝ちゃう人もいそうだよね。淡々としてて。 笑
でもなく人も多いかな?
「マンデラの名もなき看守」観てたのね!
わたしも観たいんだよね、、、近々観ようっと♪
☆きらりん (mig)
2010-01-30 22:22:40
わたしはこういうのでは泣けないんだよね〜
きらりんは泣かなかった「かいじゅうたち〜」の方が断然泣けたわ

まだまだ寒いヨ!きらりんあったかくなったら花粉症が大変だね〜、、、

そうそう、遅くなっちゃったけど
いただいたシートマスク、エチュードハウスのが一番良かったよ〜♪
日本にはないもんね、今日渋谷のミシャの前通ったら全商品明日までか今日までか20%offだったよ
入ってないけど
KLYさん☆ (mig)
2010-01-30 22:26:41
こんばんは♪

kLYさんも絶賛してる中こんな感想だけど、、、、
フォローありがとです
そうスポーツものってほどでもなかったけどちょっと乗り切れない部分ありました〜
一緒に応援して、、、、って風に観れないの。
その点、逆だときっと楽しめるだろうし感動もしますよね。

えー、そのオヤジ、最低〜
ひどい席になっちゃいましたね、
同じ試写だったんですね〜珍しく。
わたしはそんなのいたら注意しちゃうかも

今日観た映画も淡々としててそこまででは、、、って感想になっちゃった。
KLYさん絶賛だからまたいきにくいな〜
kiraさん★ (mig)
2010-01-30 22:29:36
こんばんは♪

ありゃ、これみてスルーに決めたんだったらなんか申し訳ないような、、、
いい作品だしイーストウッドだから観る価値はありだけど
でもまあわたしは押しません(笑)
DVDでもいいかも、、、、。
とはいえ、泣く人続出で大ヒットするかも。
イーストウッドにはやっぱりハズれはなしです☆

「ザ・ビーチ」観直してレオくんやっぱりうまいなーって改めて思いましたヨ

☆まだ〜む (mig)
2010-01-30 22:32:11
わわ、、、大丈夫??
死んでたとは!

更新もないから忙しいのかなぁ?って思ってたの。
もう治ったかな??旅の疲れ&引っ越しの疲れが出ちゃったのでは??
ムリしないでちゃんと治してね!
そしてまた楽しい記事待ってるよー☆

モーガン、、、いいんだけど
なんかモーガンって感じで(笑)
けっこうひどいこと言ってる?わたし。
☆hino=ゆきえちゃん (mig)
2010-01-30 22:36:32
わーい、しばらくコメないかと思ってた!
受験の結果まで遊べないってことないでしょー?
だって試験うけちゃったらもうどうにもならないし結果末だけでしょ?

ラブリーボーンは娘さんと観て欲しいけど
かいじゅうたちもお忘れなくーーー!
そっちは一人での方がいいかも、、。

で、この映画。あ、わたしもチア系は「チアーズ」とか好き。
でもスポーツものだとダメなんだぁ、、、。
普段からスポーツニュースかかるとチャンネル変えちゃうくらい(笑)

マットがタイプ?やっぱりゆきえちゃんとは全く好みが違うね
じゃ、またわたしもあそびにいくね〜。
(ブログで息抜きくらいしてね☆)
☆たいむさん (mig)
2010-01-30 22:38:55
こんばんは♪
公開前の作品にコメ珍しい、、、?って思ったら試写で観られたんですね♪

泣いちゃう人もけっこういそうかな?
わたしはなんかこそまではこなかったんですよね。
でも良い映画だとは思いますヨ。
はーい、では感想かかれたらお待ちしています!
同じ〜☆ (latifa)
2010-01-31 09:01:44
migさん、こんにちはー(^○^)
なんか、ほんとmigさんと感想が同じだわー!!嬉しいっ!!!
 だってさ・・・かなり絶賛されている方ばかりだったみたいで、まあ普通に・・って感じの感想書くのに躊躇しちゃったんですよ。
でも、migさんがバーンとこういう感想をアップされたので、ほっとしたー。

>スポーツものってあまり好きじゃないし、(「少林サッカー」みたいのは別 )。
 そうそう。私もそうなの。
そこからして、いまひとつハマれなかったのかもしれない。サッカーとかだったらルールも知ってたし良かったんだけど、ラグビーについてはルールも知らない状態だしなあ・・・。
マットディモンは苦手だし・・・(^^ゞ
★latifaさん (mig)
2010-02-02 00:10:24
こんばんは♪

私もlatifaさんのレビュー読んでびっくり。
絶賛してる人も多いけどそこまでかなぁって思ってたから★
そうなんですよね〜、わたしもそれほどではなかったなぁ。
期待していたわけじゃないんだけど
latifaさんがどなたかのとこで書いてたように、
わたしも大統領の話に絞ってたらもっと好みだった気がするのー、
あの前、フォレストウィテカーがアミン大統領やったように。
あれは面白かった!
これは面白い!とか感動!とはいかず、なのでした〜。
イーストウッドにハズレなしとは未だ思ってますけどネ(笑)
感動しました (かめ)
2010-02-02 03:39:33
こんにちは、
Migさんにはいまいちだったようですね。
僕はジワジワと感動させられました。
ラグビーが好きだというのも、手伝ったのかもしれません。
マット・デイモンは、フランソワ・ピナールに会った時、「自分はスクリーンでは、もう少し大きく映るんだよ」といって初対面の緊張をほぐしたそうです。
そのくらい、本人は大きかったんです。
撮影がはじまってからも、体のギャップを気にしていたようで、イーストウッドから「それは俺の仕事だから、気にするな」といわれたそうです。
イーストウッドはカメラアングルで、彼を大きく見えるようにしたそうです。
すみません、余談でした。
★かめさん (mig)
2010-02-02 12:08:16
こんにちは★
あ、誤解しないで下さいね〜!いまいちではないですよ!
星6以上でオススメ位置なんで(笑)
それほどでもなかったけど、くらいでしょうか。
イーストウッドらしくもあるけど
今回は話の展開が好みではなかったということですかね、、、
もともとスポーツ絡むとあんまり得意じゃないので

なるほど、裏話、かめさんいつもお詳しいですね♪
コメありがとうございます〜
こんばんは。 (BROOK)
2010-02-05 20:26:36
コメント、ありがとうございました。
二重のTB、すみません。
お手数をおかけしますが、削除をお願い致します。

たしかにエンドロールの実際の写真を流すのは良かったと思いました。
感動一入でした。
イーストウッド作品 (にゃむばなな)
2010-02-05 21:44:26
昨年『チェンジリング』『グラン・トリノ』と立て続けに傑作がありましたからね。
それで無意識にハードルを上げている方もいらっしゃるのではないかと思いました。

まぁ私は史実のスポーツものが大好きなので、結構楽しみましたよ。
イーストウッドにしては・・・ (佐藤秀)
2010-02-05 22:05:07
ちょっとストレート過ぎて退屈な感じは否めませんでした。さすがのイーストウッドもマンデラの前では威厳に圧倒されて形なしって感じ。
こんばんは〜♪ (由香)
2010-02-06 00:00:31
お邪魔します〜♪
あ〜migさんもわりと評価とテンションが低めだ
>いい映画だとは思うけど...そこまでではなかった
私も同じですぅ〜
最後は結構感動して涙したんだけど(照)、途中にもっと盛り上がりが欲しかったですぅ〜
キッチリとラストの感動へと持って行き過ぎのような気がしました。
TBありがとうございます。 (KGR)
2010-02-06 00:21:20
演技はうまいし、熱意も伝わってくるし、
徐々に人種を超えて盛り上がる様子なんか、
素晴らしいんですが、なぜか私には響きませんでした。
こんにちは☆ (ジジョ)
2010-02-06 06:04:52
今回は超☆さわやか〜♪って感じでしたね!
「グラン・トリノ」がすごくよかったんで、
観る前からハードル上がってた感じだけど、、、^^;
エンディングの“ジュピター”が染みました〜w
☆BROOKさん (mig)
2010-02-06 11:00:36
こんにちは、すみませんー
またコメもらっちゃって。
よくあることですから気にしないで下さいネ☆

父親たちの星条旗でもそうですよね、
写真はやっぱり真実を伝えますよね。

でもあの作品同様、いい映画ではあるけど正直眠気もきました(笑)
☆にゃむばななさん (mig)
2010-02-06 11:03:01
こんにちは☆
そこまででもって思ったのは個人的に
スポーツがかなり絡んでてシーンも長かったからかな、
イーストウッドのは初期のウェスタンのもの以外はだいたい観てて、良い映画が多いし前作2作のせいで期待値ってのはなかったですけどね。
でも大抵の人は期待しちゃうでしょうねー
佐藤秀さん (mig)
2010-02-06 11:04:13
そうですね、わたしも同感です。
いい映画ではあるけど直球で爽やかで。
イーストウッドは重いドラマがやっぱり好きだなぁ。
☆由香さん (mig)
2010-02-06 11:06:49
こんにちは♪

評価、低いってことはないんだけど
7、とか8までではなかったですー
スポーツ観戦が好きな人は盛り上がれるだろう最後の方もわたしはそこまで。。。
描いてる実話の内容はいいけど実話だからこそドラマ性ある盛り上りにかけたのかな。
爽やかすぎちゃったのかなー
あ、でも由香さんちゃんと泣けたんですね(笑)
☆KGRさん (mig)
2010-02-06 11:09:33
こちらにもありがとうございました☆
けっこう絶賛までいかないという方も今回は多いですね、わたしもでした〜。
あとはスポーツが絡んでるので個人的にはあまり盛り上がれず、、、
そう私も素晴らしいけど響かなかった、、、
☆ジジョさん (mig)
2010-02-06 11:12:04
こんにちは♪

そうですね〜、わたしもこの映画
ラグビーっていうのとポスターで期待はなかったんだけどなぁ。。。
でも悪くもないし、、、、
次回に期待です☆(早過ぎ)
あっ… (オリーブリー)
2010-02-06 20:09:27
こっちは私とちょっと違う(笑)
イーストウッドにしたら、少し色が違う感じだったものね。
好みは分かれそう。

私はマンデラさんのセリフにイチイチ反応しちった〜胸がジーン(笑)
選手の名前を全部覚えたり、相手をやる気にさせる術を心得てるリーダーシップのある人ですね。
あはは! (miyu)
2010-02-06 20:57:35
あたしも日本戦の点数には笑っちゃったのだけど、
事実だったのねぇ〜(;・∀・)
まぁでもあんだけの体格の皆さんと戦うんだもんねぇ。
あたしは結構感動してしまったのですが、
ちょっと後半の展開は実話だからそうなんだろうけど、
もうちょっと強くなった段階を見せてくれたらなぁ〜
ってのはありましたね。
実話って凄い・・・ (マリー)
2010-02-07 19:32:14
migさんはイマイチっぽいカンジ?
私はかなり感動しました。
でもそれはこの映画が実話ってことが大きいかな?
やっぱりマンデラさんがあの狭い独房で27年間(他の刑務所も入れてですが)過ごされたという重み〜〜〜。
だって一番血気盛んな年代に〜あんな場所で・・・涙。
一言で27年間と言っても自分に置き換えてみたら、信じられない思いで〜
それなのに出てきたら“赦す”なの〜?赦しちゃうの〜?なんて人なんだ!
そう思ったら、劇中出てくるエピソードの一つ一つに泣けちゃって・・・
映画としてはベタだったけど・・・

マットって、いろんな色になれる役者さんだな〜とあらためて思った。“普通な人”演れる貴重な俳優さん♪
Unknown (りお)
2010-02-07 22:44:45
ホントまったく同感だわー
思ったほどではなかったのは、予想外のことが起こらないというのもあるかもね。
ボクスが勝つのはわかっているし、そこまでの経緯をもうちょっと細やかに描いてくれてたらなー…
☆オリーブリーさん (mig)
2010-02-08 11:19:33
こんにちは♪


そうですねーこれはちょっと評価わかれてるかな。
良い映画だとは思うケド、イーストウッドじゃなかったらここまで言われないかなぁ?ってくらいの作品?
モーガンだとあまりにモーガンに見えちゃって
実話だから余計にこういうのはドキュメンタリーでみたいなぁって
☆miyuさん★ (mig)
2010-02-08 11:21:28
そう、実話だからもうちょっと上辺なかんじではなくきっちり過程をみたかったなーっていうのもありますねー

でもまあ、良い映画だとは思う(笑)
マットデイモンはアカデミー賞ノミニーされちゃうほどなの?とは思うケド
☆マリーさん (mig)
2010-02-08 11:25:27
いやいやマリーさん!)ピンクの金平糖ちゃん
いまいちだったら4にしますよ〜(笑)
感動とかすごくしたってワケじゃないけど
フツウに良かったくらいかな
なんかね、モーガンがやると実話でも演技だって思えちゃってどうも入り込めないの、だからそこまでグっとこなかったのよね、、、
無名の人がやってて、ドキュメンタリー風のドラマだったらきっともっと感動したと思う☆
イーストウッドはやっぱりフィクションがいいなぁ(勝手な意見)

マットは出演少ないのにアカデミー賞ノミニー凄いですよね、
レオくんはいっつも無視されるのに、、、
☆りおさん (mig)
2010-02-08 11:26:58
待ってたよー!
1週間以上たってるよね?(笑)
なかなか更新されなかったの忙しいのかな?

りおさん同様だったわぁ。
イーストウッドはフィクションの方がいいなって個人的には思っちゃった。
フツウに良かったくらいだね、、、
私もちょっと眠く... (vic)
2010-02-08 22:30:33
中盤の所、ちょっと眠くなってしまいました。
どうも、ご本人が出ていないイーストウッド監督の作品は、そんなに好きじゃないみたいです。

結末ももう分かっているのに
素直な?私はハラハラして見ていました。
モーガンさんは、本当にマンデラというより、モーガンさんでしたね!
★vicさん (mig)
2010-02-10 10:03:30
こんにちは♪
そうなんですよねー、わたしも。
中弛みって感じですね、全体的には2時間超えは正直必要ないって思いましたね、、、
でもいい映画でしたけど
どうもメジャーすぎるひとだと
本人のイメージ強過ぎちゃってそう思えちゃいますよね
こんにちは。 (マイマイ)
2010-02-10 13:26:00
公開初日に見てきました!

私はこの映画、見終わったあと心温まる感じでよかったな〜って思えました。
でもあまり南アフリカの背景を知らずに見ていたので・・・帰ってからいろいろネットで見て、ひどい人種差別や戦いがあったんだと知り、それを思うと、また違った見方ができたかもなって思いました。

モーガンフリーマンはなんか風格があるというか、すごい役者さんだなって思いました。
Unknown (kazupon)
2010-02-10 16:03:02
migさん

あっいまひとつだったんですね。^^
自分は最近のイーストウッド作品の中では
違うタイプの映画作ってまたすごいなーと
端的に思いました;;
これほとんど事実らしくて、(あの少年と
タク運ちゃんのエピソードもあった事とか)
それなのに実は極端に感動演出にしてないのが
ユニークだと思いましたが、たんにヘタクソ
なのかも(笑)深読みしすぎるくらい最近の
イーストウッドはすごいなーと思ってます。
「再度仕事を願う」ってケンさんのキャプションに笑わせていただきました^^
こんにちは! (アイマック)
2010-02-12 12:33:17
実話というのがびっくりしました。
migさんはイマイチだったんだー。
実は私も前半、ウトウトしてましたが、試合シーンは目がギンギン!笑
サラッとしてますが、観た後に重みを感じる映画でした。
日本、弱すぎ。。。
W杯 (NAO)
2010-02-12 20:05:58
こんばんは〜migさん♪
ちょいと点数低めだったんですね〜。
私もラグビーはさっぱりですが、このW杯はなぜか記憶があります。
そう、日本がボロクソに負けたから・・。^^;
まさか、映画のセリフで出てくるとは思いもしませんでした。(−−;)
後半かなりスポ魂映画っぽくなってましたが
結果を知ってるのでそれなりに楽しめました。
なんだかんだで最後はやっぱり感動しちゃいましたね♪
ドラマ性は薄いけど、今年サッカーのW杯があるので
お国を知るにはもってこいの作品かもしれませんね、^^
☆マイマイちゃん (mig)
2010-02-13 01:45:45
こんばんは♪

お返事遅くなってゴメンねー、
実話はやっぱりちゃんと事実を知ってから観るとまた違うよね。
映画で知るっていうきっかけになるというのもあるけど。

やっぱりイーストウッドに外れなし
だけど、今回はわたし的にはそれほどでもなかったなぁ。。。
☆kazuponさん☆ (mig)
2010-02-13 01:48:44
いやいや皆さん☆6っていうといまひとつ?って書かれちゃうけど
7、8ってほどではなかったかなと。
実話だし感動でもあるしいい映画だとは思うケド
どうしても綺麗に描きすぎなような、、、
これだけ長い時間の映画だからもうちょっと途中も詳しく
そしてもう少し試合シーンは短くしても良かったんじゃって勝手に思っちゃって。

あ、ケンさんほんとにそういってたんですよ〜(笑)
☆アイマックさん (mig)
2010-02-13 09:24:59
おはよ〜♪

あはは、後半は目がギンギン!?(笑)
私の☆6って一応オススメレベルで楽しめた範囲なんですよ!
予告篇から期待してなかったけど7とか8はいかないなぁって。
イーストウッドは実話よりも重たいドラマの方が個人的には好きなのでした〜
☆NAOさん (mig)
2010-02-13 09:28:03
おはようございます♪

おお〜、すごい、覚えてたんですね!
わたしも先日オーストラリア人の友達と話してて
すごく印象的な試合だったって聞いたんですよ〜。
あの時の背景やラグビー知ってる人なら余計感慨深いかな、、、
それでも普通にマンデラさんには感動させられるんですよね。
前半とかちょっと眠気もきたけど

サッカーだと俄然楽しんでしまうわたし
今年のワールドカップも楽しみだな♪
おはようございます〜^^ (みすず)
2010-02-13 10:18:44
migさん、イマイチだった?(点が低いだけかな?)
わたしは泣いちゃいました^^

日本の成績の時は、映画館中が笑ってたよ^^
だけど、体格のこと思うとそんな結果もわかるような^^;

ラグビーってドラマ「スクールウォーズ」しか観たことなかったけど、試合中は力が入った鑑賞になりました^^

マンデラさんって、ほんと凄いわ^^
Unknown (風情♪)
2010-02-14 12:57:44
こんにちは♪

>スポーツものってあまり好きじゃない

喝ぁーーーーーーッ!!
いかんよ、いかんよ、スポ根もの好きになってぇ〜。
でないとプチおっさん泣いちゃうよ。

>55点ってところかな。

えぇぇ…
ホント、今年なってまだ1回も意見合いませんねぇ…。

いや、南アは決して弱小ではなく実際はオーストラリ
アやニュージーランドよりも強く当時「影のチャンプ」
と称されていたんですぜ。
まぁ、それはそれとして話が政治的にもスポ根にも成
り過ぎずで絶妙なバランスで綴られた骨太で熱く爽や
かな、そしてナショナリズムを掻き立てられる秀作で
した。
もうホント、イーストウッド監督のバイタリティと
抜群の安定感は何なんでしょう?
イーストウッドの監督そちての手腕に感服です♪
(゚▽゚)v
★風情♪さん (mig)
2010-02-14 23:40:46
こんばんは♪

ごめんなさーい!叱られたー!(笑)


あはは。喝ありがとです♪
スポーツニュースやってたらチャンネルかえちゃうし
オリンピックとかすら興味なくてやばいですわたし
ただサッカーだけは好きで、Jリーグも数回観戦いってるし今も試合はTVでみてます☆

でもなー、話はいいはなしだけど
そこまで感動とかってものはなかったんですよね。
イーストウッドは重いドラマの方が
たぶん好きなんです
★みすずさん★ (mig)
2010-02-15 09:47:15
こんにちは♪

お返し飛ばしてしまってごめんなさい!

泣けちゃう程の感動とかはなかったですー
あ、イマイチではないんです。
あれ?55点って書いたらそう思っちゃいますよね、

リンクして頂いて嬉しいです、ありがとう
今後も宜しくお願いします
遅ればせながら・・・ (kenko)
2010-02-22 13:32:58
脚本の人は「シャーロック・ホームズ」も手掛けているんですね。
ホームズ、すごーく楽しみです♪

実は私もスポーツものってあんまり・・・
しかしラグビーはダンナが昔ちょっとやってたので
うっすらと知識があって、オールブラックスの試合前の有名なパフォーマンスも楽しめました。
途中は淡々としてて、「グラントリノ」のような深い感動ではなかったけど、
今回はさわやかな感動をもらいました!
☆kenkoさん (mig)
2010-02-22 21:52:53
こんばんは♪

そうなんですよね、あ、「シャーロックホームズ」のレビューのほうにはそれ書き忘れちゃった!

旦那様やってたんですね☆

わたしは昔彼がラグビー部で弟もそうだったのに
未だにサッカーしか興味ないの(笑)
少々さわやかすぎかなってわたしはあんまり好みでは、、、、
でもいい映画でしたけど。
これまでのように重い作品のが好みです
こんばんは (ノラネコ)
2010-03-01 23:27:41
今回の作品は、言いたい事がストレートなんで、珍しく理詰めで構成してる感じがありました。
そのあたりがmigさんが不満に思ったポイントに繋がってるのかな?
誰が観ても「良い映画」そんな作品だったと思います。
★ノラネコさん (mig)
2010-03-02 01:41:16
こんばんは♪

そうかぁ、なるほど。そうかもしれませんね。
同じくスポーツが絡んだ名作今日観たんですが
そちらの方がユーモア交えてて好みでした〜。
そうそう、これ誰が見てもいい映画ではあるんですけどね(笑)
普通に良い映画、になってしまいました
いよっ! 大統領! (SGA屋の用心棒)
2010-03-02 21:26:43
ラグビー・アメフトってイマイチルールがわかりにくいですよね。そもそもラグビーとアメフトの違いもよくわかってないし
防具を付けるか付けないかの違い?

・・・とか言いながら、わけわからんながらも興奮して見てました(笑)

最近フットボール系の映画ちょこちょこ続いてますね。少し前にもジョージ・クルーニー主演の映画があったし。だいぶ前の映画ですけどアダム・サンドラー主演の『ウォーターボーイ』ってのもありましたね。見てないけどこれは面白いのかな?

イーストウッドの今の奥さんは日系の方と聞いたけど、写真を見るとあんましそんな風には見えませんね
★伍一さん☆ (mig)
2010-03-03 10:36:20
こんにちは♪

そうそう、いまいちごっちゃになっちゃう。
今upしてるサンドラのもアメフトなんだけど
観ながらこれはアメフトだよなぁ?って確認しながらみちゃった
確かゴールに投げて入れるか身体でボール持っていれるかの違いだったと思う☆

インビクタスよりも、その「しあわせの隠れ場所」のほうが、わたしは好きだな〜

ジョージのなんだったかな、イマイチだった気がする、、、
アダムのウォーターボーイは面白いよ〜♪オススメ♪
キャシーベイツの小躍りがみられます(笑)
あー、またみたくなってきた★
コメディなら大丈夫なの
でも同じくアダムの昔の同名タイトルのリメイク「ロンゲストヤード」はダメだったの〜

イーストウッド妻は名前も外人だしね、、、、?日系なんだ?!
白人と黒人の調和 (zebra)
2015-07-19 20:32:41
こんちは!migさん コレ見ましたよ。
あのモガ彦(←モーガン・フリーマン)がデラ夫(ネルソン・マンデラ)を演じたよ

いきなり 前フリで モガ彦が27年ぶりに釈放で大統領になって
、同じ黒人に 「ただちに武器を捨てなさ〜い」と刀狩宣言(あんた、豊臣秀吉かい)

 んで、モガ彦の理念が”白人と黒人の調和”ということで 黒人の警護係りの希望を聞いて 増員しようとしたら 白人の警護係りを呼んでんじゃん!

なんで白人呼んじゃってんのよぉ〜 マッディー(←マディバ ※デラ夫の氏族の名前で)と、納得いかない様子の黒人警護係りたち(白人たちに虐げられてきたからね)

 さらに デモ太郎(←マット・デイモン)率いるラグビーチームがボロ負けをいいことに ユニフォームとチーム名を変える黒人集会で モガ彦が ジャジャジャジャ〜ンと 特撮アクション・ヒーローのごとく すばやく登場し

「名前は変えちゃあダメ、 白人たちの宝は取り上げちゃならん、国づくりの手持ちのレンガは黒だけでなく白に染まってても積み上げよう」とか なんとか!

それだけじゃあのうて 白人にもデモ太郎を通じて
「黒人の子供たちにラグビーを教えてやってくれないか」とか
「黒人の歌である”アフリカに祝福を”を試合会場で歌ってほしい」とか モガ彦は依頼(無茶させすぎじゃ!)

 チームの選手たちは ただでさえ監督に勝て、勝てとプレッシャーかけられとんのに教えるゆとりなんかねえよ・・・

 歌だって 読み方わかんねえしぃ〜・・・
 
デモ太郎は「大統領の理念は賛同するに値する。口パクではなく 国歌としてキチっと歌おう」

 貧民層の子供たちも 案外 サバけとる。「審判の見てないトコなら相手選手をブン殴れる」・・・(←ムカつくヤツならそのとおり!)

 選手たちも黒人の子たちと 打ち解けてるじゃん(そこが 肝心)

 なんだかんだで 歩みよれば 白人と黒人も調和できるってコトを証明されたワイ!

 ボクちゃん 心の中で ポール・マッカートニー&スティービー・ワンダーの「エボニー&アイボリー」が流れたよ(→白人と黒人の調和のシンボル曲じゃな!)
https://www.youtube.com/watch?v=TZtiJN6yiik
zebraさん★ (mig)
2015-07-20 00:13:48
こんばんはー
わーこれ、もう既にほとんど記憶にない、、、〜
イーストウッドのなかでは全然でした、、、
スポーツものって苦手なんですよね。

マットは立て続けにイーストウッド作品出たんでしたね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

126 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
インビクタス/負けざる者たち [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:INVICTUS公開:2010/02/05製作国:アメリカ上映時間:134分監督:クリント・イーストウッド出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターンひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。Story: 1994...
インビクタス 負けざる者たち (LOVE Cinemas 調布)
『チェンジリング』、『グラン・トリノ』と素晴らしい名作を世に送り出し続けているクリント・イーストウッド監督の最新作。アパルトヘイト撤廃後のラグビー南アフリカワールドカップを巡りマンデラ大統領を中心とした実話を映画化したヒューマンドラマだ。主演はマンデ...
インビクタス 負けざる者たち (シネマ大好き)
試写会で、クリント・イーストウッド監督の「インビクタス 負けざる者たち」を観た。 27年間の語彙中生活から解放され、南アフリカ共和国の大統領になったネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)。アパルトヘイトの傷跡が深く、格差や経済問題など、問題が山積す...
『インビクタス 負けざる者たち』 (ラムの大通り)
(原題:Invictus) あけましておめでとうございます。 ----いやあ、元旦からブログなんて えいも暇だニャあ。 「まあ、たまにはそういう年があってもいいんじゃない」 ----だけど、まだお屠蘇が残っているじゃニャい。 なのに、クリント・イーストウッド監督作品だっ...
試写会「インビクタス/負けざる者たち」 (流れ流れて八丈島)
“我が運命を決めるのは我なり、我が魂を征するのは我なり”素晴らしい映画でしたさすが、クリント・イーストウッド監督です今日の午後は3月1日からの新しい職場(西国分寺)へ出張してたんだけど、無理やり定刻で終わらせて、中央線で中野へダッシュして中野サンプラザ...
『インビクタス/負けざる者たち』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
1995年に南アフリカ共和国で開かれたラグビーのワールドカップでのこと。国の恥とまで呼ばれた南ア代表チームが、初出場ながら初優勝を成し遂げるという奇跡の物語で、監督クリント・イーストウッドとしての30本目の作品。試写会に当選したので、昨日ヤクルトホールで観て...
インビクタス 負けざる者たち(試写会) INVICTUS (まてぃの徒然映画+雑記)
南アフリカ共和国でアパルトヘイトが廃止された後の初代大統領にして素晴らしきリーダー、ネルソン・マンデラと、南アが誇るラグビーのナショナルチーム『スプリングボクス』の物語。実は私、ラグビーをやってまして、南アで開催された第3回ラグビーワールドカップもリア...
映画:インビクタス Invictus 開始5分で既に号泣(笑) これまた強烈な1発にノックアウト! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
昨年は「チェンジリング」で、まずファースト・ダウン。 続いて、ヤバイかもと身構えたにもかかわらず、ぶっ飛ばされた超魔球「グラントリノ」 そして今日、 三たびふっ飛ばされノックアウト! ナゼここまで書くかというと..... 過去触れているように、私はずっと「イ...
インビクタス/負けざる者たち (まぁず、なにやってんだか)
1月27日、科学技術館の「インビクタス/負けざる者たち」の試写会に行ってきました。 以前WOWOWで「マンデラの名もなき看守」を観て、ネルソン・マンデラを尊敬し、興味を持っていたので、ぜひ観たいと思っていた映画です。 ネルソン・マンデラを演じるのがモー...
■映画『インビクタス/負けざる者たち』 (Viva La Vida!)
2010年度、最初に紹介する映画はクリント・イーストウッド監督がネルソン・マンデラ大統領を描いた映画『インビクタス/負けざる者たち』。 2010年1本目の紹介でありながら、Cheese的には既に2010年度ベスト10映画の中には必ず入れると決めた感動の一作。 それどころ...
「インビクタス/負けざる者たち」ちょっと辛口感想・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
27年間もの間自分を投獄させた南アの白人を許す心を持つマンデラ大統領は凄い!!と思ったのだけれど・・・映画自体は、特に驚くところや...
インビクタス/負けざる者たち (とりあえず、コメントです)
クリント・イーストウッド監督&モーガン・フリーマン主演の話題作です。 南アフリカ共和国初の黒人大統領となったマンデラ大統領の困難に立ち向かう姿と ラグビーのワールドカップを通して一つになっていく国民の熱気を 迫力ある試合のシーンと共に描いていました。
インビクタス/負けざる者たち One World〜( '∇^*)^☆Love〜♪ (労組書記長社労士のブログ)
☆ パラオの記事、島さんたちに貰った写真加えたり、内容を加筆修正したりしていますので、お暇なら再び見てみてくだせ〜 ☆ 【 {/m_0167/}=4 -3-】 不思議なもんだ、パラオでは一切見なかった仕事の夢、帰ってきた日の夜は「組合役員との議論の夢」、昨夜は「労使交渉...
インビクタス/負けざる者たち (うだるありぞな)
今回は、クリント・イーストウッド監督、南アフリカのマンデラ大統領を描いた「Invictus インビクタス/負けざる者たち」 ランキングに参加してます。 クリックお願いします。    クリント・イーストウッド作品にハズレなしを、また証明した作品。 主演は「ミ...
INVICTUS(インビクタス負けざる者たち)(2009)(USA) (アメリカ 犬連れ 国際結婚)
INVICTUS(日本のタイトル:インビクタス 負けざる者たち)(2009)(USA) 監督:クリント・イーストウッド メイン・キャスト:モーガン...
「インビクタス/負けざる者たち」みた。 (たいむのひとりごと)
最近の濃厚・濃密なイーストウッド作品とはまた違った、どちらかといえば政治色よりスポーツ色の要素が強い映画だけれど、長年の恨み辛みを水に流して今こそ国全体で変わっていこうとする静かなる闘いと、ラグビーの
インビクタス 負けざる者たち (セガール気分で逢いましょう)
「300文字レビュー」とは、映画への想いをたった300文字に凝縮させる、お手軽な文系スポーツ。今回のお題は『インビクタス 負けざる者たち』です。アウトサイダーが本流となり、そして歴史は大きく動いていく
『インビクタス/負けざる者たち』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:INVICTUS監督・製作:クリント・イーストウッド原作:ジョン・カーリン出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターン試写会場 : 科学技術館サイエンスホール公式サイトはこちら。<Story>19...
インビクタス/負けざる者たち☆独り言 (黒猫のうたた寝)
クリント・イーストウッドの作品は音楽が結構好きです。ということもあり、今回もはまり♪舞台は南アフリカ共和国。1994年マンデラが大統領になりアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をひとつにまとめるために、彼が注目したものは・・・1995年に開催されたフ...
劇場鑑賞「インビクタス負けざる者たち」 (日々“是”精進!)
「インビクタス/負けざる者たち」オリジナル・サウンドトラック「インビクタス負けざる者たち」を鑑賞してきました「チェンジリング」「グラン・トリノ」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、アパルトヘイト(人種隔離政策)後の南アフリカで開催されたラグビーワール....
映画「インビクタス/負けざる者たち」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『インビクタス/負けざる者たち』を初日1回目で観て来た。観客は10名程で予想通りの入りだった。 採点は★★★☆☆(5点満点中3点)。2.5点かな? ざっくりとストーリー 30年近く白人政権に投獄されていた黒人政治家ネルソン・マンデラ氏が南アフリカ共和国の...
インビクタス/負けざる者たち (Akira's VOICE)
期待の目にみごと応える爽やかな秀作。  
劇場鑑賞「インビクタス負けざる者たち」 (日々“是”精進!)
「インビクタス/負けざる者たち」オリジナル・サウンドトラック「インビクタス負けざる者たち」を鑑賞してきました「チェンジリング」「グラン・トリノ」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、アパルトヘイト(人種隔離政策)後の南アフリカで開催されたラグビーワール....
*インビクタス/負けざる者たち* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任したネルソン・マンデラだが、新生国家の船出には多くの問題があった。ある日、ラグビー南ア代表の試合を観戦したマンデラの頭の中で何かが閃いた。南アではラグビーは白人が愛好するスポ...
インビクタス/負けざる者たち (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。クリント・イーストウッド監督、 モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・イーストウッド、ラングレー・カークウッド、ボニー・ヘナ。原題はWilliam Ernest Henleyの詩の一篇Invictusから採られたラテン語で“unconquered”、征服されざるもの。...
『インビクタス 負けざる者たち』 (めでぃあみっくす)
一つのチーム、一つの祖国。それがネルソン・マンデラ元大統領がただ一つ願う南アフリカの未来。 1995年のラグビーワールドカップでの感動的な史実を描いたこの作品は、「動」の物語を「静」の映画として見せるクリント・イーストウッド監督らしい、心と魂に響く映画でし...
インビクタス/負けざる者たち (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
偉人マンデラの理想と希望を、ラグビーとのつながりを通して描く実話だ。1994年、27年間の投獄生活から解放されたネルソン・マンデラは、南アフリカ共和国初の黒人大統領になる。アパルトヘイトにより黒人と白人の間にできた大きな溝、激しい経済格差、国際社会でのアピー...
インビクタス/負けざる者たち (★YUKAの気ままな有閑日記★)
予告を観ただけで感動して涙腺が緩んだ映画で〜すウルウル【story】1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)が南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図...
試写会「インビクタス 負けざる者たち」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2009/1/22、中野サンプラザ。 開場10分ほど前に着く。 思いのほか入場待ちの人は少ない。 もちろん一部はすでにこの時点で会場内に入り、階段に並んでいて、 外で待っている人ですべてではないことは百も承知だが、 それにしても列の折り返しは少ない。 1階...
インビクタス/負けざる者たち (2009) (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによ...
インビクタス/負けざる者たち/Invictus(映画/試写会) (映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評)
[クリント・イーストウッド] ブログ村キーワードインビクタス/負けざる者たち(原題:Invictus)キャッチコピー:ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。製作国:アメリカ製作年:...
インビクタス/負けざる者たち (ジジョの五感)
ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語 アパルトヘイト撤廃直後の南アフリカ共和国大統領に就任したネルソン・マンデラ。 同国で開催されたラグビーのワールドカップの物語を中心に、 マンデラの国づくりにかける思いを描いていきます。もちろん実話☆ 監督は...
インビクタス 負けざる者たち (あーうぃ だにぇっと)
ぴあの三連夜試写会@ヤクルトホールで鑑賞。 全米公開前ということで厳重な持ち物検査あり。 鞄の中を見せ、金属探知機でボディーチェック受けて入場。 ヤクルトホールのエントランスを全て使用した厳戒態勢。 私は先に入場して席を確保し、後からくる妻をむかえに出...
インビクタス 負けざる者たち (あーうぃ だにぇっと)
ぴあの三連夜試写会@ヤクルトホールで鑑賞。 全米公開前ということで厳重な持ち物検査あり。 鞄の中を見せ、金属探知機でボディーチェック受けて入場。 ヤクルトホールのエントランスを全て使用した厳戒態勢。 私は先に入場して席を確保し、後からくる妻をむかえに出...
映画 「インビクタス/負けざる者たち」 (ようこそMr.G)
映画 「インビクタス/負けざる者たち」
インビクタス 負けざる者たち (そーれりぽーと)
もう言い切っても良い、“必ず”大きく心を揺すぶってくれる映画を届けてくれるクリント・イーストウッド監。 今度はマンデラ+スポ根もの、『インビクタス 負けざる者たち』を観てきました。 ★★★★★ 凄いと思うのは、2時間を超える大作を結構なハイペースで作り上げ...
奇跡のゴール〜『インビクタス/負けざる者たち』 (真紅のthinkingdays)
 INVICTUS  1990年、27年間に渡って投獄されていた南アフリカの指導者、ネルソン・マン デラが解放された。初めての全国民投票によって...
インビクタス/負けざる者たち(2009) (銅版画制作の日々)
 原題:INVICTUS ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 あのクリント・イーストウッド監督の最新作ということで、楽しみにしていた作品です。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。ネルソン・マンデラと言えば、2007年公開の「マンデラの名もなき看守」を思い出し...
インビクタス/負けざる者たち (悠雅的生活)
私がわが運命の支配者、わが魂の指揮官。
インビクタス/負けざる者たち (悠雅的生活)
私がわが運命の支配者、わが魂の指揮官。
インビクタス/負けざる者たち (心のままに映画の風景)
1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)は南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。 いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経...
インビクタス 負けざる者たち (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。』  コチラの「インビクタス 負けざる者たち」は、本作で監督第30作を迎えたと言うクリント・イーストウッド監督が、ネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領の”負けざる魂”によって引き起こされた奇跡の実話を、映...
インヴィクタス〜負けざる者たち  Invictus (映画!That' s Entertainment)
●「インヴィクタス〜負けざる者たち  Invictus」 2009 アメリカ Warner Bros.Pictures,Spyglass Entertainment,Malpaso,134min. 監督:クリント・イーストウッド 原作:ジョン・カーリン 出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パト...
インビクタス/負けざる者たち (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
最後の方に近づくにつれて、感動の涙が出て止まらなかった。ラグビーの応援を普段しているわては、大男たちがスクラムやタックルでぶつかる音が迫力満点だった。マンデラ大統領の不屈の精神と、ピナール主将のリーダーシップが相乗効果となって決勝戦に昇華している。
「インビクタス負けざる者たち」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
クリント・イーストウッド監督は今回も手堅い。上質な大人のための映画である。オリンピックを観戦する時は誰でも愛国者になる。普段スポーツに興味がなくてもだ。職業、立場、年齢その他あらゆる垣根が崩壊し、自国を応援する時ほど、”国民”としての一体感を感じる時は...
『インビクタス/負けざる者たち』が必要なときは? (映画のブログ)
 ネルソン・マンデラと長年の友人である俳優モーガン・フリーマンは、長いあいだマンデラの人生を映画化することに取り組んできたという。 ...
インビクタス 負けざる者たち (★ Shaberiba )
さすが・クリントイーストウッド作品。
インビクタス/負けざる者たち (だらだら無気力ブログ)
『チェンジリング』『グラン・トリノ』のクリント・イーストウッド監督が アパルトヘイト撤廃後の南アフリカで開催されたラグビーW杯をめぐって 南アフリカ共和国初の黒人大統領となったネルソン・マンデラとその周囲の 人々の感動の実話を描く。 原作は、ジョン・カー...
インビクタス 負けざる者たち (充実した毎日を送るための独り言)
・インビクタス 負けざる者たち (2月5日公開 クリント・イーストウッド監督 モーガン・フリーマン,マット・デイモン主演)「あなたは自分を傷つけた人たちを許すことができますか?」 南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領と自国で開催された主将のフランソ...
インビクタス/負けざる者たち / INVICTUS (勝手に映画評)
実話を下にした映画。1994年、南アフリカの歴史上初めての全人種が参加した大統領選挙に置いて大統領に当選したネルソン・マンデラ。政治的実権も握った圧倒的多数の黒人に対し、実権を失った少数派の白人側は戦々恐々としていた。そんな状況を見ていたマンデラは、翌1995...
インビクタス/負けざる者たち/INVICTUS (いい加減社長の映画日記)
ちょっと地味な感じもして、どうしようかと思ってたんだけど。 クリント・イーストウッド監督でモーガン・フリーマン、マット・デイモンなら、はずれはないだろう、ということで、「インビクタス/負けざる者たち」を鑑賞。「UCとしまえん」は、平日のレイトショーとし...
インビスタス-負けざる者たち- (犬・ときどき映画)
インビスタス-負けざる者たち- [Invictus] クリント・イーストウッド監督の最新作 TrueStory <Story> 投獄生活を送っていたネルソン・マンデラが釈放され、黒人でありながら大統領に当選する。 そして1年後に控えたラグビーのワールドカップ開催。しかしナショナルチ...
『インビクタス/負けざる者たち』 (purebreath★マリーの映画館)
               ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語『インビクタス/負けざる者たち』監督・製作・・・クリント・イーストウッド出演・・・モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・イーストウッド、ラングレー・カークウッド、ボニー...
インビクタス 負けざる者たち (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞インビクタス 負けざる者たち/INVICTUS 2009年/アメリカ/134分 監督: クリント・イーストウッド 出演: モーガン・フリー...
「インビクタス/負けざる者たち」 INVICTUS (俺の明日はどっちだ)
・ ブラボー! イーストウッド翁! いやはや、本作で30作目を迎えるというそのとどまるところを知らない創作パワーも驚異的だけど、近年に至っては作り出される作品それぞれのクオリティの高さにもまた、ただただひれ伏すばかり。 アパルトヘイト撤廃後も人種間対立が...
インビクタス/負けざる者たち (ころちゃんねる)
お勧め度 ★★★★★+★★★【ストーリー】人種隔離政策アパルトヘイトが終結し、南アフリカの大統領に就任したネルソン・マンデラは、依存として人種差別や経済格差が残っていると痛感。国民の心をスポーツを通じて団結させようと、キャプテンのピエナールとともに弱小...
「インビクタス 負けざる者たち」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  クリント・イーストウッド監督作品。「チェンジリング」「グラントリノ」に引き続き、またもや感動の嵐…。今年で御歳80ですから、そのバイタリティに脱帽です。ここのところ一貫して“正義”や“勇気”というメッセージが伝わってくる作...
インビクタス / 負けざる者たち (Diarydiary! )
《インビクタス / 負けざる者たち》 2009年 アメリカ映画 − 原題 −IN
インビクタス/負けざる者たち (試写会) (風に吹かれて)
国を一つにするために公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/invictus2月5日公開実話に基づいたヒューマンドラマ監督: クリント・イーストウッド原作(原題:Play
インビクタス/負けざる者たち (こんな映画見ました〜)
『インビクタス/負けざる者たち』 ---INVICTUS--- 2009年(アメリカ) 監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン ネルソン・マンデラ マット・デイモン フランソワ・ピナール 「チェンジリング」「グラン・トリノ」の巨匠クリント・イースト...
映画 ■■インビクタス/負けざる者たち■■ (Playing the Piano is ME.)
隣の男の人がものすごく泣いておられました。 終盤に入ると 何度もメガネ外して、涙を拭いている様子。 すすり泣きも聞こえてきました。
インビクタス/負けざる者たち (映画通信みるみる)
インビクタス(INVICTUS)・・・。 なんか、この言葉、言いにくい。パンフ買う時に言えなかったわ。 これは、ネルソン・マンデラが、27年間の投...
「インビクタス/負けざる者たち」の感想を追記しました。 (MOVIE レビュー)
2月に観る映画をピックアップしています。まずは2月5日(金)公開の「インビクタス/負けざる者たち」です。監督がクリント・イーストウッド、主演がモーガン・フリーマンとマット・デイモンと言われれば、もう期待するしかないのですが・・・、内容のキーワードが「南...
「インビクタス/負けざる者たち」 俺たちのチーム (はらやんの映画徒然草)
タイトルにある「invictus」とは聞き慣れない英語だと思ったら、「不屈」を意
「インビクタス/負けざる者たち」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「インビクタス/負けざる者たち」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、他 *監督:クリント・イーストウッド *原作:ジョン・カーリン 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラ...
インビクタス/負けざる者たち/INVICTUS (いい加減社長の日記)
ちょっと地味な感じもして、どうしようかと思ってたんだけど。 クリント・イーストウッド監督でモーガン・フリーマン、マット・デイモンなら、はずれはないだろう、ということで、「インビクタス/負けざる者たち 」を鑑賞。
『インビクタス/負けざる者たち』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「インビクタス/負けざる者たち」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 アンソニー・ペッカム□原作 ジョン・カーリン □キャスト モーガン・フリーマン、マット・デイモン、ザック・フュナティ、グラント・L・ロバーツ、  ...
インビクタス/負けざる者たち (Memoirs_of_dai)
史実は史実 【Story】 1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトに...
「インビクタス/負けざる者たち」 第4位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 319オープニング金土日動員: 12万8730人オープニング
映画『インビクタス/負けざる者たち』 (健康への長い道)
クリント・イーストウッド監督、モーガン・フリーマン&マット・デイモン主演、本日より公開の『インビクタス/負けざる者たち』をTOHOシネマズ梅田で。 99席の小さなシアター4は、ほぼ満員です。 Story 1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任したネルソン・...
映画「インビクタス/負けざる者たち」 (FREE TIME)
映画「インビクタス/負けざる者たち」を鑑賞。
インビクタス/負けざる者たち (だめ男のだめ日記)
「インビクタス/負けざる者たち」監督クリント・イーストウッド出演*モーガン・フリーマン(ネルソン・マンデラ)*マット・デイモン(フランソワ・ピナール)*トニー・キゴロギ(−)*パトリック・モフォケン(−)*マット・スターン(−)*ジュリアン・ルイス・ジョーン....
インビクタス/負けざる者たち (It's a Wonderful Life)
イーストウッド監督の最近の作品の感想にはいつも書いて しまってますけど、ほんとイーストウッド爺すごすぎ。 あの歳になって精力的に新作を出し続けて1本もハズレないですもん。 本作は最近の作品の特徴だった、身近にある暴力や心の闇や孤独って いうどろどろダーク...
インビクタス/負けざる者たち (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[南アフリカ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年10本目です。 【あらすじ】 1990年。 人種隔離政策のアパルトヘイトに反対し、27年間も投獄されていたネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)が釈放。 その4...
「イビクタス 負けざる者たち」:浜離宮前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}恩賜庭園?恩賜って何だ? {/hiyo_en2/}天皇から賜ったって言う意味よ。 {/kaeru_en4/}サッカーの天皇杯みたいなもんか。 {/hiyo_en2/}ちょっと違うと思うけどね。 {/kaeru_en4/}サッカーとラグビーなら同じようなもんか。 {/hiyo_en2/}まあ、どちらもワー...
『インビクタス/負けざる者たち』 ('10初鑑賞16・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 2月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 16:05の回を鑑賞。
「インビクタス/負けざる者たち」 淡々と描いているが (ももたろうサブライ)
監督 クリント・イーストウッド少しあらすじ1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。南アフリカではラグビー...
★★★★★ 『インビクタス/ 負けざる者たち』 (映画の感想文日記)
2009年。アメリカ。"INVICTUS".   クリント・イーストウッド監督。モーガン・フリーマン主演・製作総指揮。  ネルソン・マンデラを主人公にした映画をイーストウッド監督が作ると知ったときには...
『インビクタス/負けざる者たち』 ★★★★ (時流を聴く)
土曜日の午前中に『インビクタス/負けざる者たち』を鑑賞。   監督:クリント・イーストウッド、出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン   イーストウッド作品ということで静かな感動が訪れるのかと思
胸が熱くなる・・・。『インビクタス/負けざる者たち』 (水曜日のシネマ日記)
南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラとラグビー代表チームの姿を通して国民の変化を描いた作品です。
インビクタス/負けざる者たち (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
ジョン・カーリング原作のノンフィクションを映画化した作品。原作は未読です。 アパルトヘイト廃止後の南アフリカで、黒人にも選挙権が認められる中で投票が行われ、ネルソン・マンデラが選出され、初めての黒人大統領となります。黒人たちの間には白人への反発や復讐...
2010-06『インビクタス/負けざる者たち』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2010-06『インビクタス/負けざる者たち』(更新:2010/02/06) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) モーガン・フリーマンとマット・デーモン出演で、クリント・イーストウッド監督作品です。 ...
インビクタス 負けざる者たち (yanajunのイラスト・まんが道)
『インビクタス/負けざる者たち』(原題:Invictus)は、ジョン・カーリン原作の小説をクリント・イーストウッド監督が映画化した作品です。主演であるモーガン・フリーマンさんは製作総指揮も務めました。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
インビクタス/負けざる者たち (ぷち てんてん)
これ、珍しく試写会で見たので2週間前になっちゃいます。☆インビクタス/負けざる者たち☆(2009)クリント・イーストウッド監督・・「硫黄島からの手紙」「チェンジリング」「グラン・トリノ」等々モーガン・フリーマンマット・デイモンストーリー 1990年、アパルトヘイ...
★「インビクタス/負けざる者たち」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
最近、話題作ばかり作ってるクリント・イーストウッド監督作。 ラグビーというアメリカでは???系のスポーツを題材に、 でも実は人種差別問題を抱えた南アフリカ大統領ネルソン・マンデラもの。
♯13 「インビクタス/負けざる者たち」 (cocowacoco)
映画 「インビクタス/負けざる者たち」 INVICTUS         クリント・イーストウッド監督 2009年 アメリカ 憎しみからは何も生まれない。 赦す。 イーストウッド監督の独特の苦味をも消して、ストレートな讃歌。 ネルソン・マンデラ氏の掲げる理想の「虹の...
インビクタス/負けざる者たち (小部屋日記)
Invictus(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン/マット・デイモン/スコット・イーストウッド/ラングレー・カークウッド/ボニー・ヘナ ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 クリント・イーストウッ...
インビクタス/負けざる者たち (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
1990年、南アフリカ共和国。豪奢なラグビー練習場でプレイする白人たちと、道を隔てた原っぱでサッカーに興じる黒人少年たち。アパルトヘイトを象徴するかの光景が広がる。だが、歴史は変わりつつあった。 隔てる道を、30年近く政治犯として捕らえられていたネ...
「インビクタス/負けざる者たち」 (NAOのピアノレッスン日記)
〜ひとつの願いが、本当に世界を変えた物語〜 2009年  アメリカ映画  (ワーナー・ブラザーズ)  10.2.5公開監督:クリント・イーストウッド製作総指揮:モーガン・フリーマン、ティム・ムーア、ゲイリー・バーバー        ロジャー・バーンバウム原...
「インビクタス 負けざる者たち」やっぱり、イイな〜。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[インビクタス/負けざる者たち] ブログ村キーワード  “クリント・イーストウッド監督第30作”「インビクタス 負けざる者たち」(ワーナー・ブラザース)。南アフリカでの感動の実話を映画化。相変わらずエエ仕事しますな〜!イーストウッド監督。  南アフリカ...
映画:インビクタス Invictus についてPart 2  現代に、この話を映画化する意義。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
開始5分で既に号泣(笑) なんてあとで読み返すと、恥ずかしいアップをしてしまったのだが、実際そうだったので。。。。。 このインビクタス Invictusの感想への反応もトラバでけっこういただいていることもあり、このへんをも少し。 ちゃんと説明したいと思う。 8...
インビクタス 負けざる者たち (みすずりんりん放送局)
 『インビクタス 負けざる者たち』を観た。  その人の名は、ネルソン・マンデラ。  南アフリカの大統領だったといえば、遠い存在だ...
映画鑑賞記「インビクタス/負けざる者たち(INVICTUS)」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:10.02.12 鑑賞場所:シネプレックス幕張 ひとつの願いが、本当に世界を変えた物語 <ストーリー> (sinemacafe.netより引用)  アパルトヘイト撤廃を導き、南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)。それでも...
「インビクタス/負けざる者たち」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
(2009年:ワーナー/監督:クリント・イーストウッド) まもなく80歳!になるクリント・イーストウッド監督による、南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領と同国代表ラグビーチームの白人キャプテンが
インビクタス/負けざる者たち/モーガン・フリーマン、マット・デイモン (カノンな日々)
『ミリオンダラー・ベイビー』辺りからでしょうか、とても優れた作品を次々と世に送り出しているクリント・イーストウッド監督の最新作です。このところのクリント・イーストウッド監督の作品はまずハズレ無しと思ってもいいくらいの安定感を誇ってるのでこの映画にもかな...
インビクタス/負けざる者たち (to Heart)
ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 原題 INVICTUS 製作年度 2009年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 134分 原作 ジョン・カーリン 脚本 アンソニー・ペッカム 監督 クリント・イーストウッド 音楽 カイル・イーストウッド/マイケル・スティーヴンス 出...
インビクタス 負けざる者たち (りらの感想日記♪)
【インビクタス 負けざる者たち】 ★★★★ 映画(8)ストーリー 1990年、アパルトヘイトに反対し27年間も投獄されていたネルソン・マンデ
[映画『インビクタス/負けざる者たち』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆うーん、面白かったですねえ。  『グラン・トリノ』に続いて、テーマは、民族の「融和」であった。  前作の町内レベルから、国家レベルへと、テーマがスケールアップしている。  アパルトヘイト下、27年間を「テロリスト」として獄中で過ごしたマンデラ氏が、南...
『インビクタス』 (Days of Books, Films )
小生、40歳まで草ラグビーをやっていたから、一応はラグビー・ファンのつもり。ファ
「インビクタス/負けざる者たち」 (つれづれなるままに)
HTB映画試写会 『インビクタス/負けざる者たち』に 行ってきました。 クリント
インビクタス/負けざる者たち (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  30年近く牢獄に閉じ込めた白人たちを赦し、白人と黒人が共存出来る国を創った南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領。この作品は、彼が南アが唯一世界に誇れるラグビーを通して、人々の魂を揺るがすような人間愛を貫いた感動作品である。 監督は絶...
実話、出来すぎ、でも感動作。〜「インビクタス負けざる者たち」〜 (ペパーミントの魔術師)
野原でサッカーをやってる子供たちと 道路ひとつ隔てた向こうでは ラグビーの練習が行われているグラウンド。 なんかもうここからして 壁というか隔たりというかそういうものを視覚に訴えてくるOP. 黒人VS白人というだけじゃなくて スポーツだってラグビーよりサッ...
インビクタス/負けざる者たち (C note)
『チェンジリング』『グラントリノ』のような胸に深く突き刺さる痛みはなく、爽やかな
インビクタス/負けざる者たち (キノ2)
 近来稀に見るすがすがしい映画でした。  衒いもなく、ひねりもなく、まっすぐ、まっすぐ、ひたすらまっすぐ。  70歳をはるかに越えて、こんなピュアな映画が撮れるなんて、イーストウッド監督の懐の深さには恐れ入ります。  驚くほどにシンプルでストレートな映...
[映画][2010年]インビクタス 負けざる者たち (タニプロダクション)
「グラン・トリノ」で、ざっくりといえば「ケリ」をつけたクリント・イーストウッド監督の新作。 クリント・イーストウッド監督なので所謂「スポ根」映画ではないだろうということは観る前から予想がついてました。まあそれでも男くさいけど。 今年ワールドカップ(注1...
インビクタス/負けざる者たち (Yuhiの読書日記+α)
ジョン・カーリン原作のノンフィクション小説を、クリント・イーストウッド監督が映画化した感動ドラマ。反アパルトヘイト運動に尽力し、南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラと、同国のラグビー代表チームのキャプテンとの人種を越えた友情を描く。キャスト...
「インビクタス/負けざる者たち」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 今やハリウッド有数のヒットメイカーとなった名監督・クリント・イーストウッドの最新作は、南アフリカ初の黒人大統領となった”英雄”ネルソン・マンデラ氏と、「国の恥」とまで評された弱小ラグビーチーム・スプリングボクスによってもたらされた、1995年ラグビー...
【映画】インビクタス/負けざる者たち (新!やさぐれ日記)
▼動機 テレビ版CMの出来の悪さに反って興味を持った ▼感想 鑑賞後に色々と興味を持てる材料が残るところがよい ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領とな...
インビクタス 負けざる者たち / 85点 / INVICTUS (ゆるーく映画好きなんす!)
前作で個の在り方を問うたイーストウッドが今度は国と世界の在り方を問う 『 インビクタス 負けざる者たち / 85点 / INVICTUS 』 2009年 アメリカ 134分 監督 : クリント・イーストウッド 脚本 : アンソニー・ベッカム 出演 : モーガン・フリーマ
『インビクタス/負けざる者たち』この映画を見て! (オン・ザ・ブリッジ)
第292回『インビクタス/負けざる者たち』  今回紹介する作品はマンデラ大統領就任後の南アフリカで開催されたラグビーワールドカップを巡る実話をクリント・イーストウッド監督が映画化した『インビクタス/負けざる者たち』です。主演のモーガン・フリーマンとマット・...
インビクタス‐負けざる者たち‐・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
21世紀に入ってから、脅威のペースで傑作・名作を生み続けるスーパー映画爺さん、クリント・イーストウッドがゼロ年代の最後に放ったのは、199...
『インビクタス 負けざる者たち』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1994年、マンデラはついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。1995年に自国で開催するラグビー・ワールド・カップに向け、マンデラとチームキャプテンのピナ
ウィー・アー・ザ・ワールドチャンピオン クリント・イーストウッド 『インビクタス 負けざる者たち』 (SGA屋物語紹介所)
番長グループの抗争により、校内暴力が激化の一途をたどる南阿弗利加高校。その学校へ
「インビクタス/負けざるものたち」に負けました (再出発日記)
見終わった直後は、「いい映画だった。合格点である。しかし、いくつかは不満なところもある」という程度の作品であった。それだけでもマアすごいのであるが、クリント・イーストウッド監督だから自然とハードルは高くなるのではある。だから見たあと一日たって感想メモに...
インビクタス/負けざる者たち★★★☆+劇場28本目:ラグビー試... (kaoritalyたる所以)
ワインを通じて知り合ったMKさんと、映画に誘ってご一緒しました。その前に、食べ飲みしましょう♪ってことで、TOHO梅田の映画館があるビルで、どこにしようか・・と、お互いスパイシーな料理が好きってことが解り、「スパイス王国」へ。まずは生ビールを注文して乾...
インビクタス (映画的・絵画的・音楽的)
 『インビクタス/負けざる者たち』を渋谷のシネパレスで見ました。  クリント・イーストウッド監督の作品については、これまでも随分とおつきあいをし、昨年だけでも『チェンジリング』と『グラン・トリノ』の2本を見ているので、この作品もぜひと思って映画館に出向...
インビクタス/負けざる者たち [監督:クリント・イーストウッド] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
ちょっと物足りない。実際に起こった奇跡のような出来事に、マンデラその人の偉大さを重ね合わせるのは良い。アパルトヘイトという過去の記憶を鮮やかに覆す感動はあるが、それは映画で描かれていない部分の記憶から得られる感動であって、映画的高揚感とは言えない。
10-56「インビクタス/負けざる者たち」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
我が魂の指揮官  1990年、アパルトヘイトに反対し27年間も投獄されていたネルソン・マンデラがついに釈放される。そして1994年、初めて全国民が参加した総選挙が実施され、ネルソン・マンデラは南アフリカ初の黒人大統領に就任する。  しかしアパルトヘイト撤廃後も、...
インビクタス 負けざる者たち (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:アメリカ 監 督:クリント・イー
半年間分の雑な映画感想(^^;) (描きたいアレコレ・やや甘口)
バンクーバー五輪でのキス&クライのジョニー・ウィアーを描いて、もう1コスケート記事をupしようと思ったんだけど。 まぁ〜ちょっと(だ...
『インビクタス/負けざる者たち』 (シネマのある生活〜とウダウダな日々)
 ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。  その人の名はネルソン・マンデラ。南アフリカの大統領だったと言えば、遠い存在だと思うだろうか。けれども、彼の起こした“奇跡”に触れれば、あなたの中で、きっと何かが変わる――。
南アフリカ共和国におけるワールドカップ開催について。 (Pocketworks : Idea Portal)
さて、南アでのワールドカップ開催について、やれ治安がどうだとか、各種タブロイド誌が書き連ねているのを目にするが、まあハッキリ言って、残念である。 世界が一つになるイベントを前にし、水を差すようなことを言いすぎてはイカン(インフォメーションの域を超えたネ...
【映画】インビクタス/負けざる者たち…の記事&お盆はこうしてた! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
私のお盆休みの過ごし方。 13日(金曜日){/kaeru_fine/}{/kaeru_rain/}…夜勤明けなので(しかも帰宅後ビール{/beers/}を少し飲んだので)昼過ぎまでダウン{/face_hekomu/}。 午後(14時頃)から、(嫁さんの)実家に行っていた嫁さんと娘に合流。 夜には帰省している学...
映画『インビクタス 負けざる者たち』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-7.インビクタス 負けざる者たち■原題:Invictus■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:134分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月6日、シネパレス(渋谷)■予告編□監督...
『インビクタス/負けざる者たち』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 インビクタス/負けざる者たち 』 (2009)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・イーストウッド、 ザック・フュナティ、グラント・L...
インビクタス/負けざる者たち (A Day In The Life)
劇場にて鑑賞 解説 ジョン・カーリン原作のノンフィクション小説を、 『グラン・トリノ』のクリント・イーストウッド 監督が映画化した感動のドラマ。 反アパルトヘイト運動に尽力し、南アフリカ共和 国大統領となったネルソン・マンデラと、同国の ラグビー...