我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog12周年迎えました✨

ビー・デビル /BEDEVILLED

2011-03-26 23:31:17 | 劇場&試写★6以上

 

 

今年のベスト10入り確定!いや5入りかな

韓国映画からまた凄い作品が

キム・ギドク監督のもとで助監督として修行したチャン・チョルス監督長編デビュー作であり、

カンヌ国際映画祭批評家週間に出品され注目を集めた衝撃の問題作

人口たった9人の美しい弧島へ癒しの旅にやってきた女性が恐ろしい事態に巻き込まれていく

1992年と2004年に韓国で実際に起きた事件からインスパイアされたという衝撃的ストーリー。

 

 

銀行務めの独身女性へウォンに「ハーモニー 心をつなぐ歌」のチ・ソンウォン。

巻き込まれたくないという思いから、関わったものへ無関心でいることの罪。

 

この目を通しながら、

村人たった9人という、幼少時を過ごした思い出の孤島へ幼なじみを訪ねてやってくる。

 

生まれてから島を離れたことがなく、娘と暴力夫を持つボンナムに

チェイサー」で可哀想な被害者だったソ・ヨンヒ。

この人が凄い!数名の女優が断ったこのハードな役を見事こなす

 

本当は可愛いのに、浅黒くて貧乏でお洒落とは無縁の生活に染まった女を演じ切って

数々の主演女優賞受賞。

 

 

この村、どこかおかしい。流れている異様な空気。


子役シーンや、たった9人の村の人々もそれぞれもの凄くイイ。

村のヤツらが本当に観てて鎌で殺してやりたい衝動に駆られるほどの憎らしさ。

 

 

ただの傍観者でいることの恐ろしさと悪。

 

 

 8/10(88点)


感想ややネタバレあり

いや~、期待はしてたけど本当面白かったこれ。

こういう、単なるグロいバイオレンス映画というだけで終わらない映画って好きだわ

予告篇をシアターNで観た時、誰か女の子が離島で惨殺されるっていう恐ろしいストーリーなのかと思ってたら、

主演かと思わせた女性の性格をきっちりと描き出した後で、その幼なじみの対照的な環境と

その二人の関係、それでも友達なの!?とつっこみたくなる酷い態度とリアクション。

友人は必ずしも窮地から救ってくれる存在として描かれるものではなく、

幼なじみの前にあっても変わらない性格、どんな時も傍観者のままでいたヘウォン。

この人なら事件を食い止めることが出来たはずなのに。

 

大事にしてきた娘をはずみとはいえ夫に殺され、ついにぶち切れたボンナムは

鎌を持って次々に村人に斬りつける。

この辺り。一瞬その目をみたとき「悪魔を見た」と思えるんだけど、

いやいや本当の悪魔は復讐心に燃える母親じゃない。

その後の後半の展開はもう本当気持ちがいい。

自分、異常か?と疑いたくなるけどこれは誰もが肩入れしてみるでしょう。

何もしていないおじいちゃんにだけは、ハサミを持って向かった!怖い!と思ったら

髪の毛切ってあげてたシーン、ちょっと笑えた。

いい子ぶるつもりはないけど、私は裏切りとか正義に反する事が大嫌いなので

本当、観ててこのヘウォンの態度には腹が立った。

もちろん、自分の妻を犬のように扱う最悪のDV男にも。その母親にも。

ボンナムはヘウォンに憧れと愛を持って子供の頃から接してきたのに

ヘウォンはそうじゃなかった。

 

これで終わるなら普通だったんだけど、素晴らしいのがここから。

これでもかというくらい、悪魔に変貌し復讐を果たした後、

逃した友人を追いかけ、逃げたソウルへ、、、、、

ここからの二人の対決とその結末が素晴らしいのでした。

 

気になる方は是非劇場へ!!

都内でも上映はシアターNの一館、大阪はシネマート心斎橋。

多数の映画際出品&受賞、韓国で30館スタートが口コミで広がって100館に拡大したというから

日本でもウワサが広まって、多くの人にこういう作品も観て欲しいな~。

 

ソウルの銀行に勤める独身女性ヘウォンは都会での生活に疲れ、幼い頃に過ごした思い出の島へとやって来る。そこは、住民たった9人だけが暮らす絶海の孤島。

笑顔で出迎えてくれたのは幼なじみのキム・ボンナム。

しかし、島から一度も出たことのない彼女は、その笑顔の裏で地獄のような苦しみに耐えていた。

やがて、そんなボンナムから助けを求められるヘウォンだったが…。

 

 


 公式サイト

第6回オースティン・ファンタスティック・フェス2冠達成!
第47回韓国アカデミー賞 新人監督賞受賞!
第11回東京フィルメックス コンペティション部門 出品

김복남 살인사건의 전말 / Bedevilled    2010年    韓国   115min

3月26日より公開中~

 

 

 

クリックして下さってる方々ありがとう

←please click

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハリウッドゴシップ☆News<が... | TOP | ザ・ファイター/ THE FIGHTER »

26 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
これ観たい! (562_1992)
2011-03-27 00:29:06
migちゃん。こんばんは♪
これTwitterでもフォロワーさんが絶賛してた!
すごい観たいわ~
大阪の情報もありがとう。
シネマート心斎橋なら帰りに行けそうだから、
観たらまたこちらにお邪魔するね~♪
今晩は☆★ (mezzotint)
2011-03-27 00:36:48
わあ~!migさんの評価凄く高いですね。
これは楽しみだわ。しかももう今年のベスト10
だとは凄いです。益々公開が待ち遠しです。
京都では4月23日から公開されることに
なりました。また観ましたら、お邪魔しますね。
562_1992Tamaちゃん☆ (mig)
2011-03-27 11:16:05
こんにちは♪
あ、ほんと?大阪の公開日はtamaちゃん意識して書いたのよ
ぜひ観て欲しいわ~。
見事にエンタメしながらも、人間心理を巧く描いてるわ☆
mezzotintさん★ (mig)
2011-03-27 11:17:14
こんにちは♪
あ、京都でも決まりましたか、
これ期待はしてたけど裏切られずでした☆眠気なんて起きないくらい惹き込まれちゃった。
ぜひ☆来月感想待ってますね~
Unknown (えい)
2011-03-28 22:40:02
ヒロインかと思っていたヘウォンが
まったく事件に絡まなかったり、
現場にいなかったり、
それを見ていなかったり…。
「これ変」と思ったら、
実はそういうからくりとテーマがあったとは。
あの、ラストショットに浮かぶ
あるビジュアルもよく作られていて、
ほんとう見ごたえありました。
いやはや (KLY)
2011-03-29 00:33:39
これは凄い。個人的には今まで見た韓国映画でもTOP5には入るかも。
単に人間の心の奥底の狂気をリアルに描き出すのかと思いきや、そっちじゃなくて復讐劇。でもそれもただの復讐劇じゃない。
余りにも哀しくて切ない復讐劇だったです。心のより所を全て失ったら人間生きていけないよね。どんなに辛くて苦しくても一筋の光明があればこそ明日の自分を思い描けるのだし。
これは正に韓国の恨の思想をそのまま体現した作品じゃないかと思いました。

ひとつだけずーっと気になったのは夫が新庄に似てるなぁって(笑)
えいさん☆ (mig)
2011-03-29 09:30:15
おはようございます、
そうそう。全く同じく。
途中で、マーターズみたいに主演女優が交代になるんですよね。
とにかくあの友人の言動がみてて腹がたって、、、
そしてあのラスト。
本当、よく出来ていると思いますね!ほんとは10位以内どころじゃないんだけどすこし余裕持たせてしまいました
KLYさん★ (mig)
2011-03-29 09:33:04
私、チラシも持ってるのになるべく注意してみないようにしてるから
まさか殺すのが村の女性だとは思ってなかったの、
逆かと、、、。
アハハ、確かに今思えば新庄に似てる(笑)
私はLOSTに出てた韓国人に似てるってずっと思ってたんだけどそもそもあそこに出てた3人も全部似てた
この復讐劇は凄かったな~
うん、いややっぱり今年の5位には入るなー
ベスト10入り!! (ノルウェーまだ~む)
2011-03-31 20:41:18
migちゃん、これは!
この前の「チェイサー」ですっかり乗り遅れちゃった私だから、コレは絶対今年中に見ないとだわ☆
やっぱり韓国映画恐るべし!だね。
こんばんは (ノラネコ)
2011-04-01 00:30:08
いや~正に情念のドラマですね。
「チェイサー」とは立場が逆転しましたけど、抱えていた悲しみは少し通じる物があったかも。
いかにも低予算な設定&作りですが、それを逆手にとって圧倒的な説得力を生み出しているのはお見事。
あっという間の115分でした。

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★6以上

Similar Entries