我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog12周年迎えました✨

ザ・ファイター/ THE FIGHTER

2011-03-27 18:17:30 | 劇場&試写★6以上

 

 

ランキングクリッ クしてね
please click

 

アカデミー賞作品賞ノミネートで話題の作品

実在のボクサー、ミッキー・ウォードと兄のディッキー・エクランドをモデルに映画化。

 

「俺なしで何ができる?」が口癖の兄と、マネージャー役の過保護な母親アリス、気弱な父、小姑根性の小うるさい姉妹たち。 

濃すぎる家族関係につぶされそうなミッキーが勝利を収めるには、街を離れ一人になることが必要なのか? 栄光と挫折、家族の絆を描いた実話。 

 

監督はデビッド・O・ラッセル

デビュー作、ベン・スティラー主演の96年のコメディ「アメリカの災難」、「スリー・キングス」「アダプテーション」

そしてジュード出演のコメディ「ハッカビーズ」と、どれもつまらなかったので正直期待はしてなかったんだけど、、、、

 

アカデミー賞助演男優賞受賞!クリスチャン・ベール!

麻薬常習犯で、だらしない性格、元は名ボクサーだった兄。

ガリガリに痩せて不眠症男を演じた「マシニスト」を思わせる

激痩せ&後ハゲ状態で、ディッキーを演じきる。

その素晴らしい変貌ぶりでオスカー受賞も納得☆

 

再起をかける弟、ミッキーには、本作のプロデューサーも勤めたマーク・ウォールバーグ。

ファイティングシーンもお見事。

 

そのミッキーの恋人になるイキのいいバーテン、シャーリーンにはエイミー・アダムス。

 

そして、マネージャー担当で小うるさいママには、

本作でアカデミー賞助演女優賞受賞のメリッサ・レオ。「フローズン・リバー」にも出てました

この方、名前と顔が一致していなかったから、誰!?このすごいハマり演技。

名前調べようと思って観ていたらこの人だったのね。こちらのオスカー受賞も納得。

 

あと、ディッキーとミッキーのやかましい異父姉妹たち

ただのオバさん連中に見えるけど、兄弟を応援するあまりにミッキーの恋人の家に母親と乗り込んで

取っ組み合いとか小姑みたいなキャラ、ウケる

 

 

1980年代のマサチューセッツ州ローウェル。米ボクシング界のスター、シュガー・レイ・レナードと拳を交わしたことのあるディッキーは街の英 雄だったが、

戦いに敗れたことから麻薬に手を染め、投獄される。

そんな兄の陰でミッキーは早くからアマチュアボクサーとして実績を積み、訓練するも

過保護な母アリスや兄に言われるがままに試合を重ねるが、一度も勝利を収められず………。

 

 

 

7/10(78点)

 

 

この監督史上いちばん面白かった♪

再起をかけて王者となる為に戦いに挑む男の姿はちょっとミッキー・ロークの「レスラー」とも

かぶる部分あるけど、こちらは周りの家族と恋人との板挟み状態なところが面白い。

そして、夢を叶えられなかった兄が弟に託す思い。

泣けるほどに感動というのではなかったけど、どんな時も兄貴を信じる弟の姿、

兄弟の絆にありきたりだけどやっぱりジンときちゃう。

兄は自分にとっての憧れのヒーローであり、シュガー・レイを倒したのだと、誰より信じている弟。

見事にハマり役の俳優たちが素晴らしい、特にはやっぱり

クリスチャン・ベールと、ママ役のメリッサ・レオ。

 

加えて、ガンガンかかるRock、エアロスミスや、レッチリ、レッド・ツェッペリンなどの選曲もなかなか。

70年代風に荒いホームビデオ風映像もいい感じでした~。

「ハッカビーズ」も「アメリカの災難」も

もしかしたら今見直せば面白いのかも?とちょっと思えて来た(笑)

それにしても初日なのに劇場、渋谷での夜の回ガラガラでした。大丈夫なのかなー。

気になる方はこの迫力是非劇場で♪

 

サントラ収録曲

1. On the Couch
2. First Kiss
3. Not Going to Help
4. Hand Beating
5. Jail
6. Detox
7. He Slipped
8. It's My Life
9. Ladies Day Out
10. Ward vs. Sanchez
11. Dickie Released
12. Mickey Fires Dickie
13. Cakewalk
14. Ward vs. Neary
15. Close Credit Alt. (Bonus Verison)

 

 

 公式サイト 

THE FIGHTER       2010年   アメリカ    116min

3月26日より、公開中~

 

アカデミー賞授賞式にて。クリスチャン・ベール演じた、本物のディッキー・エクランドと。


劇中にも、兄弟揃ってエンドロールで登場☆

 

プレミアにて。

ガリガリから元に戻って髭もじゃになったクリスチャン。マークはいつみても同じ顔

 

妻と。

しかしこれ もじゃすぎ

 

 

クリックして下さってる方々ありがとう

←please click

 

 


 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビー・デビル /BEDEVILLED | TOP | ランナウェイズ / The Runaways »

40 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ランキング (まっつぁんこ)
2011-03-27 19:32:41
クリッ クしといたよ~(笑)
これはみんな観に行った方が良い作品だと思います。
こんばんは。 (BROOK)
2011-03-27 20:11:19
クリスチャン・ベールとメリッサ・レオの演技は非常に素晴らしかったですね。
もちろんマーク・ウォルバーグも良かったのですが、2人を前に少し霞んでしまいました。

ボクシング映画というよりは、ヒューマンドラマで、
家族愛と兄弟愛を上手く描いていたと思います。
こんばんw (JUN)
2011-03-27 21:35:17
この映画の内容的には...よくあるパターンの映画なんですが。

作者の伝えたい「兄弟の絆」
シンプルなんですがとても大事な事。

表現方法はそれぞれあると思いますが、これはこれでとてもいい映画なのではないでしょうか。

レビュー「とても楽しく読ませて頂きました。」

次回の更新も楽しみにしてますね!
こんばんわ (にゃむばなな)
2011-03-27 21:38:40
オスカーを受賞した2人の憎たらしさは凄かったですね。
特にクリスチャン・ベイルは痩せ方といい、ハゲ方といい、気合入ってましたね。
EDロールのホンモノさんそっくりな仕草もお見事でしたよ。
■サントラ (えい)
2011-03-27 22:54:44
サントラに、
オスカー受賞ふたりが歌う「ジョーク」が入っていないんだ。
少し残念!
Unknown (KLY)
2011-03-28 02:18:17
新宿で夕方の回だったけど半分いってないかな。面白い作品だと思うんだけどねー、ハリウッドのボクシングモノなんで流石に食傷気味な人も多いかと思います。もっともだからこそ安定して面白いと思うんだけどねぇ。(笑)
それにしてもディッキーがミッキーより目立とうとする様子と、実際のマークとクリスチャンの立場が同じ位置関係になってるのが面白かったです。結果としてクリスチャンが喰い気味だったし。
クリスチャンの演技は私が今までこの人を見た中で1番だったと思います。
まっつあんさん☆ (mig)
2011-03-28 09:03:49
おはようです♪
クリック感謝♡
やっぱり地震のせいかな、どこもガラガラみたい、もったいないよね、、、
BROOKさん☆ (mig)
2011-03-28 09:05:22
うんうん、まさにその通りですね。
ボクシング映画としてというよりもドラマ、とりわけ兄弟愛を描いた作品。
過保護なママや姉妹達の存在も面白かったですね☆
☆JUNさん (mig)
2011-03-28 09:07:07
いつもありがとうございます♡ツイートまで☆
コメントしようと思ったら書き込み出来ないんですね、
そうありきたりな話でシンプルなんだけど、キャストがやっぱりいいんですよね。

☆にゃむばななさん (mig)
2011-03-28 09:08:25
ほんとクリスチャンベールの変わりようにはビックリ。骸骨みたいな顔になってるしー。
マシニストもまた観たくなっちゃったな!
ご本人、おじいちゃんだけどなんとなくにてましたしね☆

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★6以上

Similar Entries