EKKEN♂

このブログは http://ekken.blog1.fc2.com/ に移転しました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アクセスアップを否定する!

2005-03-14 | WEBにまつわる話
 それなりに説得力のあるアクセスアップ論を書くと、アクセス数が増えること、知ってました?
 全然アクセス数が無い人が「これがアクセスアップの秘訣!」みたいなことを書いても、たとえそれがどんなに正しいことだとしても、アクセスアップへの期待はできない物ですが、そこそこアクセス数がある人が、同じことを書くと、ブログを始めたけどなかなかアクセス数が伸び悩んでいる人は、どういうわけか飛びついてくる物のようです。
 かく言う僕も、一年前くらいは、「アクセスアップ論」を書きたくて、それを実践し、今となっては全く役に立たない「アクセスアップの方法」をいくつも書き続けていました。それを書いたことにより、アクセス数が何%か増えたようなので、「アクセスアップ論を書けば、アクセス数は増える」は、恐らく間違いではないのでしょうが、今回、それらを全て否定し、「個人ブログにおいてアクセスアップを目指すことは無意味である」をここに宣言します。
 
 アクセスアップすること自体は、そんなに難しいことじゃないんですよ。
 手段にこだわらないのにかかわらず、「アクセスアップしたいのにそれが出来ない」人は、余程センスが無いのだと思います。
 (ゴーマンかましてよかですか!?

 後でどうなってもよければ、無差別にトラックバックを送りまくれば、送った送信先の数以上にアクセスは増えるでしょうし、旬の芸能ネタを取り上げ続ければ、記事の内容がクソでも、「その単語」が入っているだけでブログを訪問する人は増えます。
 無差別トラックバックは、自分のブログの寿命を縮めるだけだから、普通の人はやらないものですが、検索されやすい言葉を入れることで、訪問者から叩かれることは、あまり考えられないことなので、PVの数値をのばすためには有効な手段といえるでしょう。
 実際にアクセスランキングの上位50位くらいまでのブログを見ても、ちっとも面白くないのに、ランキング入りしていて、特定の記事にだけ、たくさんのコメントがついていることがあったりします。それは「みんなが話題にしやすい芸能時事ネタ」記事ですね。そういう記事は、ブログの記事としての価値は、恐ろしく低い物ばかりですが、同じ話題を書いてますよ、という質の低いトラックバックがたくさんつく傾向にあります。リンクしないトラックバックを送っても、怒られる事も少なく、「TBありがとう」という儀礼的なコメントもつきやすいのです。
 ただ、そんな「内容の無い」コメントやトラックバックを貰うことに、一体何の意味があるのか?
 アフィリエイトでのお小遣い稼ぎを目的でブログをやっている人は別として、趣味でやっているブログをアクセスアップさせることに、意味はないだろうという結論に、最近達しました。
 特に「検索されやすい単語」を埋め込むことは、いわゆるSEO対策には有効なのでしょうが、内容がちゃんとしている記事が読めるのであればともかく、「アクセスアップのためだけに埋め込まれた、記事としての質が低いブログ」が検索エンジンの結果表示の上位に来ることに、何か意味がありますかね?
 言うまでもなく、「全く意味が無い」のです。
 そればかりか、ある種の情報を得たくて検索をかけた人の、貴方のブログに対する評価を下げてしまうのです。
 このブログを例にとりますが、南京玉簾 作り方で検索すると、何故か割と上位に表示されています。
 でも南京玉簾の作り方を知りたくて真剣に検索をしている人が、辿り付いた僕のブログのその記事を読んで、喜ぶ物とは思えません。「南京玉簾 作り方」はかなり特殊な例で、先日の検索キーワードにたまたま入っていた例ですが、普段からこのブログは「ケンタッキー」「三好 デコ」「ミムラ」「夫婦生活」といった検索語で辿り付く人が非常に多いのです。恐らくその単語でたどり着いた大部分の人は、自分が思うような情報を知ることが出来ずに、ガッカリしてブラウザの窓を閉じていることでしょう。
 ブログは検索にかかりやすくてウザイ、という人がたくさんいます。
 だからといって、それをブログ主のせいにするのはおかしな話で、検索エンジンの精度の問題とすべきなのでしょうが、ブログ主の中には明らかに、「どうでもよい情報だけどアクセスアップの為にその単語をとりいれる」という人も存在するようで、なんともおろかな行為だな、と思うのであります。
 関連した話題だからトラックバックを送るのも自由、ということで、相手の記事に全く触れずに検索をかけて合致したブログに、トラックバックを大量に送る人もいますが、実際にそれが有用な情報でなければ、受信者側の多くは「アクセス稼ぎかよッ!」と不快な思いをするもので、自分自身のアクセスアップのために行った行為によって、自分のブログの評価を下げてしまうのって、本末転倒ですよね。
 
 宣伝なんて行わなくても、本当に面白いことを書き続けていれば、誰かが注目してくれます。
 自分が興味のある話題に触れたブログに、有用なトラックバックを送ったり、コメントを残していくことで、相手もこちらのブログに興味を示してくれる物です。
 もし、ブログ主が「自分が興味がある話題を積極的に探さない」ものであるとするならば、RSSによりそうした有用性が高いブログツールという物を、ただの「更新が楽なサイトスペース」として利用しているだけであり、それはそれで構わないと思う物の、ブログ以前のサイト形態と同様の使い方をしているのであれば、アクセスが増えないのはむしろ当然のことではないでしょうか。
 
 つまらないことしか書いていないブログには、わざわざ何度も足を運ばないのですよ。
 検索されやすい単語を入れることで、一時的にアクセスを増やせても、そのことによって「ちゃんと読んでくれる読者」は増えないってことです。
 うわべだけのアクセス数が増えたって、嬉しくも何ともないですよね。
 きちんと評価されてこそ、アクセス数が増える喜びがあるってものです。




 えぇと、余談なのですが、毎日「リノアの18禁画像」を見たくて検索で訪れてくれる方、ごめんなさい、僕はセルフィ派です。まみむめも!

Comments (13)   Trackbacks (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誕生日に贈りたいCD | TOP | 第1回グッドブログセレクショ... »
最近の画像もっと見る

13 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
概ね賛同できます。 (南無)
2005-03-14 13:11:11
もっとも私の場合はヌシ殿のアクセス数の桁一つ下なのですが、検索人をがっかりさせています(苦笑

いまだに、逃げる警官、ガンコロ、やくざ、が主体のサーチになっております。

その三つぐらいでアクセス数の半分を稼いでいるのではないかと思っています(汗

またここでこんな事を書くと、ヌシ殿の記事のサーチに引っかかるんでそれ以外の言葉は控えます。

トラックバックについてはアナタが充分論証していますので今さらの感があります。

あえて、トラックバックは打つときがあるが、受けるトラックバックはほとんど”無返事”を原則としています。はてなのテキストリンクじゃないので、そのほとんどが放置されます。で、無反応を示すと二度と来なくなります(笑

無論、相手にはコメントを求めるという意思はありませんが・・・。

ま、しかし、私の場合は200人~300人のIPを拾っているようなのでそれで充分です。閲覧数の方が大きければそれなりに読んでくれている人がいると言うことで嬉しいですからね。
近頃その感あり (ぐーたん)
2005-03-14 13:32:40
単語を拾っただけのTBがつくと「そうまでしてアクセスアップしたいのかな」と思います。

だから、私も無返事。

また、ランキング上位のブログを見ても大して面白くなく、また読もうと思うものがない。

地味でも面白かったり、考えているブログが面白いなあって。



そうは言っても、折角「読んで!読んで!」と記事を書いているのだから、読んでもらいたい。

ので、勇気を出してえっけんにコメント書くけど、アクセスは増えません。(へへ。うそです。アクセスアップの為じゃありません。えっけんに読んでもらいたいからだよぉ~~ん。)
●南無さん (えっけん)
2005-03-14 18:04:19
>受けるトラックバックはほとんど”無返事”を原則としています。



受けたトラックバックの質によりますね。

関連していないものは「む?」、それで消すかどうかは、「面白いかどうか」

宣伝トラバでも、面白ければ残すし、つまらなければ削除。

いずれにしても無返事ですが。
●ぐーたん (えっけん)
2005-03-14 18:07:02
>単語を拾っただけのTBがつくと「そうまでしてアクセスアップしたいのかな」と思います。

>だから、私も無返事。



単語を拾っただけで、つまらない記事なら無返事ではなく「削除」ですね。

価値の低いトラックバックの為に、良質のトラックバックが一つ、最新のトラックバック一覧から消されてしまうのですから。



>えっけんに読んでもらいたいからだよぉ~~ん



うわっ、一瞬ぐーたんが物凄く可愛いやつに思ってしまったぞ、どうしてくれる!!



や、読んでますって。RSSリーダーに登録してあるんだから。
ちぇっ! (南無)
2005-03-14 19:21:45
いつも南無に対するコメント反応と女性の反応にはひどい落差がある。

こらっ!越後屋っ、目尻が下がってるよ。

人妻殺しかヨッ。

オレだって現在空き屋同然なんだよっ!

オレだって結構可愛いんだヨッ(汗
●南無さん (えっけん)
2005-03-14 19:25:23
まーいじけるでない。

gooブログを始めていらい、最も長い付き合いじゃないか。

あの当時からやっている人って、20cmしかいなくなったよ。



それはともかく、ジジィと馴れ合うつもりなねぇ!!

毒吐きあってこそ楽しい交流・・・
いーんだよねっ! (keko)
2005-03-14 19:53:13
>宣伝なんて行わなくても、本当に面白いことを書き続けていれば、誰かが注目してくれます。

ウッ、嬉しい事言ってくれるじゃ~ねぇか、えっけん氏!

おぉー心の友よー!

(子供が後ろでドラえもんのビデオ鑑賞中)

私が書いている内容が本当に面白いことかは不明ですが、自分が面白いと思った事を工夫して書いていこうと思った次第です。

と、マジレスしてみる。(←と言いながら多少壊れ始めているな。)
●kekoさん (えっけん)
2005-03-14 22:05:23
いや、実際そう思うんですよ。

僕はこのところほとんど宣伝っぽいことしていないし、自分が気になる面白いことが書いてあるブログにコメント残すか、トラックバックを送っているだけですけど、確実にアクセス増やしています。



それに最近は雑談方コミュニティへの参加を見合わせて、記事に対してコメントしたいと思うものを選んでコメントを残していますが、それによりこちらにつけられるコメントの質も確実に良いものになりました。

ポッ。。。。。 (ぐーたん)
2005-03-15 13:34:12
桃。桃。



>コメントの質も確実に良いものになりました

壊れてるコメントもつけられるようになりました。あは。
●ぐーたん (えっけん)
2005-03-16 22:17:40
そんなにかわいらしいと、ぐーたんのイメージが壊れるので(以下略
Unknown (匿名)
2005-04-15 17:37:51
なるほど。参考になりました。
おおむね共感 (kumi)
2005-06-07 22:47:45
上手い文章書ける人や、なにか世界を持っている人は、

たとえ、アクセスが無くても記事を書くだけで、

創作の喜びを感じられる・・それに反して、

ネタを集めるのに四苦八苦のところは、アクセスでも

ないことにはモチベーションが上がらない・・



素晴らしいサイトに限って泰然自若ですよね。

そういうサイトは、羨ましいかぎりです。
●kumiさん (えっけん)
2005-06-08 12:34:16
>ネタを集めるのに四苦八苦のところは、アクセスでも

>ないことにはモチベーションが上がらない・・



っていうか、僕がブログをやっているのは、伝えたい事があるからなんですよ。

ネタがないからと四苦八苦して集める事自体、ブログを続ける事・更新が義務となっているわけでして、ネタがないのなら書かんでいい、と思うわけです。



まぁ、アクセス数の数字がモチベーションになる、というのは分かりますが、僕はアクセス数の多い少ないよりも、賛同・反論を問わず、的確な言及が行われた時に更新の意欲が高まりますね。

Related Topics

6 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アクセスアップに対する皮膚感 (不倒城)
「むだづかい日記」様より。 アクセスアップを否定する! 案外難しい問題なのではないかと思う。 いや、アレだ、えっけんさんはこのエントリーで無差別TB・CEO対策などの「間欠泉的アクセスアップ手法」を評して >自分自身のアクセスアップのために行った行
なるほど。 (I am pet.)
前述のように最近ポイントにこだわってトラックバックとかけっこう意識するようになったんだが、こんなご高説もある。 むだづかいにっき 確かにアクセスアップを目指すために一時のブームに乗っ取った記事ばかり書いたり、無差別にトラックバックを行ったりするのはいか.
アクセス数は全然(゜ε゜)キニシナイ!! (玄倉川の岸辺)
エントリのタイトルを見て読者はどう思われただろうか。 「2ちゃんの顔文字なんか使いやがって、イタい奴だ」 …いや、そうじゃなくて。イタさは認めますが。 私が「アクセス数は気にしない」と書いて「なるほど、そうだろうな」と信用してくれた人はどれくらいの割合でいる
アクセス数のこと (Passing Pictures)
「むだづかいにっき♂」さんで、「アクセスアップを否定する!」というエントリーを読ませていただいたのですが、かなり共感してしまいました。 私はBlogランキングなどは全然参加していないわけですが、一応アクセス数とアクセスログはこっそり取っています(^_^;。その理由
アクセス数について (はやしのブログ)
「アクセスアップを否定する!」@むだづかいにっきを読んで、ちょっと書きたくなった。
アクセスを増やす方法・1 (Partygirl)
『アクセスを増やすのに、いくらトラックバックやコメントを送っても  無駄、それより内容を充実させるのが一番です。』というようなことを 書いている人はよくいる。 アホだな、こいつ。 ぶさいくでもてないコが、どうしたらもてる?って聞いてきたときに 『美人になった