EKKEN♂

このブログは http://ekken.blog1.fc2.com/ に移転しました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

越後屋的トラックバックの分類のメモ

2005-09-12 | Trackback
 トラックバックに関する話題が多い当ブログにおいて、僕が便宜上名づけたトラックバックの種類を、そのエントリー毎にいちいち説明するのは面倒なので、必要時にはこのエントリーを参照させる事にします。
 文中、トラックバックをTBと略している場合もあり。
 各項目のエンピツアイコンにアンカーを埋めてあります。 


 言及通知トラックバック

 送信先への記事について言及した事を通知する為に使われる、正当派トラックバック。但し、送信先の記事のコピペにヒトコトのみの感想を書いた物は、うなずき系TBリンク通知TBと同等に扱われる場合も。
 この「言及」は、賛同の意味で使われる場合は歓迎される事が多いが、反論・異論を唱える物の場合、削除対象となる場合もある。


 お返しトラックバック

 トラックバックを受信した際に、受信した記事から送信した記事へ、そのまま返されるトラックバックのこと。
 送信元の記事に受信側へのリンクがある場合、既に相互リンクが成立しているから無意味なものとされる場合が多い。
 送信元にリンクがない場合は、有効なトラックバックではあるが、単にイヤミで送られている事も。
 こちらもどうぞ:
 モヒカン族 お返しトラックバック
 モヒカン族 ポトラッチ

 検索トラックバック

 ブログ検索サービスなどを利用して、自分の記事と同じ単語を使っているブログを見つけ出し、かたっぱしから送信されるトラックバックのこと。
 多くの場合、相手の記事を読んでいないので、アクセスを稼ぐ為の宣伝目的である事が多い。検索トラックバックが行われたかどうかの判断基準として、送信元の記事のコメント欄に「TBありがとうございます」が並んでいるかどうか、ということが挙げられる。
 敢えて抗議するのも良いが、どうせ相手はこちらの記事など読んでいないのだから、黙って削除するのが吉。
 

 イベント告知トラックバック

 トラックバック企画への参加を促したり、多くの人の意見を聞くために行われるトラックバックのこと。
 たいていは交流先へ向けられて行われるが、送信先の記事との関連性がないことが多いので、受信者にとってはただの宣伝トラックバックとして受け取られる事が多い。
 ミュージカルバトンにおいて、バトンを渡す相手をトラックバックによって指名するやり方も、イベント告知トラックバックの一種。
 

 反論トラックバック ネガティブトラックバック

 文字通り、送信先の記事へ反論・異論を唱える為のトラックバック。
 ムラ社会に生きるブロガーに嫌われる事が多い。
 意見交換の意味において、ブログツールの有用性を発揮できるものだけど、その記事の文体に注意しないと、単なる荒らしと変わらない事もあるので注意。
 参考:ネガティブトラックバック
 

 うなずき系トラックバック

 相手の記事の一部(時には全部)をコピペし、「激しく同意!」系のヒトコトが添えられて送られるトラックバックのこと。  元記事の書き手にとっては、自分の書いた物に共感をしてくれたという嬉しさがあるかもしれないけれど、その記事から話題の発展性が無く、また受信側のブログの読者にとっては、全く無用のトラックバックであることから、安易に発するのは禁物。

 リンク通知トラックバック

 言及通知トラックバックと区別するために、このブログの中で「リンク通知トラックバック」という場合は、言及はないけれど「記事の中でリンクしました」という通知のために使われるトラックバックのことを指す事にします。
 個人ニュースサイトでは、単に「リンクをしただけ」ではトラックバックをしませんし、リンクされただけという理由では、受信者が送信元の記事を読みに行っても、発展的な情報が得られることが少ないので、リンク通知トラックバックは不要、と考える人が多いようです。
 アクセス厨が、自分から発するトラックバックがスパム扱いされないよう、リンクをすることで宣伝トラックバックを正当化する場合もあり。
 
 

 仕返しトラックバック

 何の関連性も見出せない宣伝トラックバックに対し、送られたトラックバックを削除し、自分のトラックバックポリシーを掲げた記事からトラックバックを発射。

迷惑な無差別トラックバックに、どう対応するか? :小林Scrap Book

「送られたトラックバックは削除し、かわりにこちらのトラックバックポリシーをトラックバックして差し上げる」という方法です。トラックバックポリシーを記したエントリーをひとつ作り、無差別トラックバックが来たら、その記事からトラックバックを送るわけです。
 たぶん、相手は自分のところに送られたトラックバックには興味を持たない人種なので、相手を矯正することはできないが、憂さ晴らしにはなる。しかし相手が検索トラックバックを「正しい使い方」と認識している場合は、トラブル発生もありえるから注意。

 仲良しトラックバック

 雑談コミュニティを形成するブログ間で行われる、特に言及はないが、同一話題を取扱った記事に対して発せられるトラックバックのこと。
 検索TBに近いが、仲良しTBの場合は、そういうTBが行われる事に相互理解が得られている点で、スパムとして扱われる事はない。
 送信先のへ言及はなくても、記事の最後に「TB:~」という形でTB送信先が羅列される事が多い。
 仲良しTBをする人たちの間では、そのTBに対してお返しTBが行われる事が多い。


 手動トラックバック

 文字通りに解釈すると、オートトラックバック機能ではない、自分でトラックバックPingをコピペして送信されるものであるが、ここで使われる場合、あえてTBとして相手に送信するのではなく、相手のブログのコメント欄にて「言及しましたよ」「関連性のある話題を書いてますよ」とお知らせする事。
 Leftyさんが命名→あれとかこれとか (Lefty):手動トラックバックってどう?
 あんまりやりすぎると、「読んで読んでビィーム」になってウザいと思われる可能性もあるので注意。


 迷惑トラックバック

 ブログ主によって迷惑と感じる物が異なるので、完全に定義する事は不可能。
  • アダルトブログから発せられる非アダルトブログへのTB
  • 言及もリンクもないTB
  • 送信先を偽ったTB
は、ほぼ誰もが共通して感じる迷惑TBとしても良いと思う。
 検索TB、反論TBも相手によっては迷惑TBとされる事がある。


 追跡不可能トラックバック


 トラックバックは送信されているのに、受信者側からは送信先を辿る事のできないTB。
 会員制ソーシャルネットワークサービスから送られた場合や、送信者が閲覧にパスワードをかけている場合がこれに当たり、受信者には不快感を生じる。
 FC2のSNSから発せられた事で有名。
 読まれるために送っているはずなのに、相手に読めないTBを発することが無意味であることを理解しているのだろうか。
 嫌がらせの為にツールを使って行われる事もあり。


 企画参加型トラックバック

 お題を出してそれに応える形でトラックバックを集める、いわゆるトラックバック企画に関するトラックバックで、大きく二つに分かれる。

  1. 企画者に対し、「参加しました」という意思を表示する為のTB

  2. 企画に参加した者が、他の参加者に「僕も参加してます」という意思表示のためのTB


 1番は特に問題ない使い方だが、2番については、思うところあり、後日改めて記事にします。

ジャンル:
ブログ
Comments (29)   Trackbacks (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕のはてブにありそうな光景 | TOP | くたばれ 検索トラックバッカー »
最近の画像もっと見る

29 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
あとでもうちょっと整理する (えっけん)
2005-09-07 12:14:53
はてなダイアリーでキーワードにするには、あまりに独善的だしなぁ。



あとでアンカーでも埋め込むつもり。
語呂的には (かつを)
2005-09-07 12:54:39
>※これとは別に、トラックバックされたことによって、それに関連する新たな記事を書いて送られるトラックバックの名前を募集中。



「見返りトラックバック」なんてどうでしょう。
私の中では (天慈@マナー破りのトラバ好き)
2005-09-07 14:22:22
新たな記事を書いてトラバは「こんなん出ましたけど~トラバ」と名づけてますです、はい。( ̄▽ ̄)ゞポリポリ
こんにちは。 (Ken)
2005-09-07 15:35:20
> トラックバックされたことによって、それに関連する新たな記事を書いて送られるトラックバックの名前を募集中。



「発展型トラックバック」はいかがでしょう。



直接的な引用や言及はないけれど、ちゃんと関連している「刺激型(または連想型)トラックバック」もアリだと思います。
Unknown (LSTY)
2005-09-07 17:44:39
発展型に一票。



(これはうなづき系コメントです。)
Unknown (えっけん)
2005-09-07 21:42:51
>※これとは別に、トラックバックされたことによって、それに関連する新たな記事を書いて送られるトラックバックの名前を募集中。



>「こんなん出ましたけど~トラバ」



それは「泉アツノトラバ」と呼びましょう。

http://images.google.com/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&oe=Shift_JIS&c2coff=1&q=%90%F2%83A%83c%83m&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5



いまんとこ「発展型トラックバック」でいきますか。
そんな名前だったのかー (天慈@( ̄▽ ̄))
2005-09-07 23:09:25
>泉アツノトラバ



らじゃ!( ̄▽ ̄)ゞ
●天ちゃん (えっけん)
2005-09-07 23:17:48
実はなかなか思い出せなくて、調べまくりました。

ヨメに聞いて不審がられた。
●天ちゃん (えっけん)
2005-09-07 23:17:48
実はなかなか思い出せなくて、調べまくりました。

ヨメに聞いて不審がられた。
泉アツノという名前がもしすぐに出てきたのなら尊敬します。 (sugar)
2005-09-08 07:58:16
こんにちは、「発展型」とか「広がり系」とかという名前がいいですよね。うちではrecent trackbackのタイトルに、「話題が広がりますように。」とお祈りを入れています。



ところで、普通の、最初に送信するまともなトラックバックにもし名前をつけるとしたら、何という名前でしょうね?
●sugarさん (えっけん)
2005-09-08 12:14:45
>泉アツノという名前がもしすぐに出てきたのなら尊敬します



最初は「泉アサノ」の検索していて「みつからねぇ」と騒いでしました。



>最初に送信するまともなトラックバック



そのうち考察します。たぶん。
最初のトラックバック (たこぽん)
2005-09-08 13:31:20
>最初に送信するまともなトラックバック



触発型トラバ



ある記事を読んで、反対意見や別の視点,(うなづき系以外の)賛成+αな考えなどが浮かび、新たに書かれたエントリから送信されるトラックバックのこと。



ではいかが?
Unknown (えっけん)
2005-09-08 16:01:18
ちゅーか「まともなトラックバック」はただの「トラックバック」なんですけどね。



あえて区別するなら

・言及通知トラックバック

・触発型トラックバック

・意見提示トラックバック

といたところでしょうか。



あ、エンピツマーク部分にアンカーつけてます。

hタグ内にpng画像貼り付けて、それを見出し内アンカーにリンクさせています。

画像の上下位置を見出しの背景色の真中にしたいんですけど、誰か方法わかります?
vertical-align (かつを)
2005-09-08 18:14:40
IMGタグにstyle="vertical-align:middle"を追加しては?

# スタイルシートのH6にvertical-align:middleのプロパティを追加してもいいのかも



ブラウザによって多少は違っても、だいたい真ん中に見えると思いますけど。
●かつをさん (えっけん)
2005-09-08 19:44:12
>vertical-align



アドバイスありがとうございます。

さっそくやってみたのですが……

見た目、あまり変化がありませんでした。

もうちょっとCSSサイトで勉強してきます。



paddingの幅を増やす事で、とりあえず応急処置しました。
Unknown (fuda)
2005-09-26 23:38:23
(誤)うなづき系

(正)うなずき系



うなずく→頷く



変換してみるがよろし。
辞書的意味とは違うのね (えっけん)
2005-09-26 23:49:55
えーと、辞書には「頷く」=「うなずく」でていますね。

ただし、僕のIME では「うなづく」=「頷く」で変換されます。



トラックバックに関する「頷き系」の場合、出典元に照らし合わせると、僕は

「うなづき系」が正しいと考えます。



ARTIFACT ―人工事実― | TrackBackによってあなたの評価は上がってますか?

http://artifact-jp.com/mt/archives/200405/tbevaluation.html



Moleskin Diary

http://d.hatena.ne.jp/moleskin/20040419#p7
ちなみに (えっけん)
2005-09-27 00:02:30
告白すると、つい最近まで「うなづく」が正しいと思っていたのは事実です。

辞書でかからないなーと思って「うなずく」が正しいことは、この記事を書く前に知りました。



だってよぅ、

「うなづきトリオ」なんだよう!!

「うなずきマーチ」じゃなくて、「うなづきマーチ」だったんだよう!!



日が沈んでもうなづいた、なんだよう!!
あー、 (fuda)
2005-09-27 00:12:37
確かに「うなづく」でも変換されますな。

しかし、辞書的には「うなずく」の方が正しいわけで。

日本語としての正しさを選ぶか、出典元に合わせるかはその人次第なんでしょう。
地名? (fuda)
2005-09-27 00:18:51
「うなづき」は「宇奈月」? 宇奈月マーチとか。
とりお (えっけん)
2005-09-27 00:23:26
アレは確か、

ビートきよし・竜介・島田洋八の「しゃべらないでうなずいてばかりのキャラ」3人を集めたユニットだったから、「宇奈月」は無関係だったと思います。

トリオの人気にあやかって何かイベントを起こした記憶はありますが。



収録アルバム持ってます。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005GX2D/simaumadx-22/ref=nosim
Unknown (fuda)
2005-09-28 00:15:35
「うなづきトリオ」って何か知らなかったから。



メールフォームがあったので知らせたら、あっちでは直してましたよ。

http://artifact-jp.com/mt/archives/200405/tbevaluation.html



moleskinさんの方は知らせるべきですかね。コメント欄に今さら書くのは気が引ける。古いエントリだし。
●fudaさん (えっけん)
2005-09-28 12:40:53
僕も訂正しました。

僕はもともと加野瀬さんのところで知った言葉なので、それに倣っていたのですが、そこが訂正されたことで僕も同様の表記にすることにします。



ご指摘ありがとうございました。



なお、この記事以外にも何度か「うなづき系」という単語を使っているはずなのですが、それは気の向いた時にでも訂正しておきます。



>moleskinさんの方は知らせるべきですかね



本人のスタンス次第でしょうねぇ。

誤字の指摘を歓迎する人でなければ、古い記事でということから、僕は指摘しないですけど。



あ、僕は誤字・脱字の指摘は行っていただく事に感謝する方です。

自分で気付いていても直していないものもありますし、指摘いただいても訂正するとは限らないのですが、お気付きになった際は、コメント欄でどうぞ。

ただし、コメント欄の書き込みの場合は、入力ミスの場合が多いし、指摘されても訂正のしようも無いので、意味が分からないから確認する場合を除いては、指摘いただく無くて結構です。
告知コメント (らぶ)
2005-09-29 00:25:01
えっけんさん、こんばんは。



トラックバックのマナーについて

記事をまとめているところなんですが、

こちらの記事へリンクさせて下さい。いや、します。(笑)



それにしても、トラバの種類ってたくさんあるんですね~。

それだけ、たくさんトラックバックが来たという証でもありますね。



ちなみに、私も誤字の指摘歓迎派です。

うなづきながら、コメント拝見しました。^^
●らぶさん (えっけん)
2005-09-29 07:39:26
リンクは好きにやってください。



>ちなみに、私も誤字の指摘歓迎派です。

>うなづきながら、コメント拝見しました。^^



× うなづきながら

○ うなずきながら



……のようですね。
こちらこそ、はじめまして。 (karri)
2005-10-08 12:33:24
昨日、作ったばかりで早速のメールとても喜んでおります。個人輸入って例えばどんなものを???

実は、今はまだ準備段階なんですけど個人輸出を計画中です。出来たら、また教えますね。たまには遊びに来てくださ~い。
●karriさん (えっけん)
2005-10-08 12:49:14
???

物凄く意味不明のコメントなんですけど。

ご自身のサイトへの誘導などがない事から、宣伝目的とも思えないですし。



ちゅーか、僕はあなたにメールなど出していませんよ。

それとも誰かが僕の名前を騙ってメール出したという事ですか。



説明希望。
うわ、 (えっけん)
2005-11-07 13:58:36
ここ、何かの手違いで、別の記事を上書きしてしまっていたらしい。

そのうち再編集します。
完了! (えっけん)
2005-11-07 20:26:56
幸い、上書き前のバックアップが見つかったので、訂正完了しました。

よかったよかった。

使ってて良かった、gooブログアドバンス!

Related Topics

5 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
傑作記事を書き上げてしまったブロガーの悩み (304 Not Modified)
ブログを日々更新していると、今日の記事は傑作だ!と思える記事が書けることがある(
関連記事と検索トラックバック (子供、いらない)
ブログにおけるトラックバックとか「派生記事」とか「関連記事」とかいうのはご存知でしょうか? ちょうど猫さんと鰹くんがブログに関してお話しているようなので、ちょっと会話を覗いてみましょう。 : 鰹「さぁて、今日は素敵な記事を書き上げることができたぞぉ。折角
◆こんなトラックバックはイヤだ。 (+らぶCOMPANY 2.0+)
  トラックバックについて、今まであれこれと書いてきたわけですが、 この辺りで私のトラバ論をちょっとまとめておきたいと思います。 ---- こんなトラックバックはイヤだ。(私はね。) ---- >>参考リンク むだづかいにっき♂:えっけんさんの「越後
文中リンクのないTB (Lost a target)
=== 「詳しくはトラックバック先を見てください」 === このセリフをYahoo!ブログで見ることがたまにある。 他社ブログを中心に活動している人の視点でいえば、 大きな違和感を覚えるに違いない。 [http://blogs.yahoo.co.jp/mugi373/17890058.html mugiさんの記事]で
トラバ貸借 (1day,1page)
わたりとりの書庫へようこそ。 栞でほっとひと息 第十六弾です。 今回は、借りは返さにゃ気が済まねぇ、という話。 ----- らぶさんの記事「[http://blogs.yahoo.co.jp/xxxx_sweet_love_xxxx/18460679.html こんなトラックバックはイヤだ。]」そのリンク先である「