空の爽やか散歩道

古今東西
昔今日記

6月

2012-04-30 10:37:28 | 日記
6月といったら、思い出すのがジューンブライド。雨の多いヨーロッパ
じゃ~、雨が少ない時期だから喜ばれるという。
が!おいらの住むウェールズ。はっきりいって、雨の量は半端じゃ
ない。曇り、雨、雨、雨、晴れ、雨…。

6月はウィンブルドンテニスもある。その後に、ロンドンオリンピック。
しかし、おいらの中じゃー、6月といったらサッカーEURO2012!4年に
一度の、大きな大会。
今年はポーランドと、ウクライナの共同大会。6月8日に始まり7月1日に
閉会。

その後、オリンピックがあるが、イングランド、スコットランド
ウェールズ、北アイルランドはチームGBとしてオリンピックの
サッカーの試合に出場する。メンバーは、未だ不明?

そして、12年前。ドイツ駐在時代においらはオランダのPSVスタディオン
そう、アイントホーフェンにいた。

EURO 2000オランダ、ベルギー大会…。イングランド対ポルトガルの
試合を観戦していた。

おいら含め男3人組。色気のかけらもあらへんかった。おいらの車で
オランダまで。車を駐車場へ。スタジアムへ向かう。

ドイツに住んどったのにイングランドサポーターの3人組。
途中から、頭痛がしてきたおいら。嫌な予感。

街には警官の姿が。もちろんフーリガン対策。
スタジアム前でポルトガル人と話し込む。話の内容は、どっちの
チームが勝つか!いたって、シンプル。
イングランドや!ポルトガルが勝つ!と好き勝手にいっとった。
ちなみに、フィーゴ率いるポルトガルは黄金時代といわれ、1991年に
ワールドユースで優勝した時のメンバー。

スタジアムに入る前は入念なチェック。チケットにも個人の名前が
入るほど、警戒態勢。もちろんこれも、フーリガン対策。

試合前、スタジアム内の店で超特大ハンバーガーを買い、
シートに座る。
両チームが試合前のウォームアップに、出てきた。

両チームを見たが、ポルトガルの方が妙に、強く見えてきた。
まさか!予感は的中。試合開始。試合早々、イングランド先制。
そして、数分後にも、イングランド追加点!勝つな。と思った矢先
ポルトガル、やはりフィーゴが1点を返し、2-1で前半終了。

後半、試合展開が怪しくなってきた。ポルトガルが目を覚ましたかの
ようにイングランドに襲い掛かり、2点を入れ、結果3-2でポルトガルが
勝った。

試合終了と共に、どっと疲れが出た。頭痛も頂点に。
早く家に帰ろうと家路を急いだ。頭が痛いまま、車を運転。
めっちゃつら!

そ.し.て、やつらが暴れた。フーリガン!

早く、帰ってよかった。

この記事をはてなブックマークに追加

予想

2012-04-26 20:20:05 | 仕事
グッチ男に言いたい事をぶちまけたおいら。
まっ、駐在員になっていたという事は、クビになっては
いなかったという事なんやけど。

ミーティングの結果、全てグッチ男が責任を持つ事になった。
スタートアップは自分自身がやると、自信ありげにやつは
言っていた。

仕事も終わり、ホテルに帰ろうと、客先手配の車に乗ろうと
した瞬間、客先工場長のアシスタントさんが、今晩はおいらの
滞在しているホテルで、食事会をしたいといってきた。

おいらの返事は、もちろんOK。夜7時半にロビーで待ち合わせ。
アシスタント、工場長、従業員数名。
ホテル内にあるレストランで、夕飯!次の日は帰国なので
そんな時まで二日酔いには、なりたくない。そう思ったおいらは
酒なんて飲んでる場合じゃーない。食う。とにかく、食おう!
           
           しかし

中華は本当に苦手なおいら。胃が痛くなるねんな。
滞在期間中、ホテルにレストランがあるのは知っていたが
胃痛との戦いを避けたかった。だから、これが最初で最後の
レストランだった。

皆が集まり、レストランへ行く。話題はやっぱり、おいらの
怒りの制裁!彼らは嬉しく、サイコーだったらしい。
彼らは盛り上がる。そうなると、出てくるのはおきまりの紹興酒。
二日酔いになりにくい酒だが、飲まへんぞ!2杯だけ飲んだ。

いよいよ、料理が運ばれてきた。丸テーブルにドッドッド!と
テンコ盛り。魚やら肉やら普通の中華。

がっ!ビックリしたのは隣りのテーブル。そのパーティーは
子豚の丸焼きをオーダーしたらしく。豚がテーブルの上に。
こんなん始めてみたわ~~!

と、思った矢先、今度はうちのテーブル。上海蟹と北京ダックが
運ばれてきた。これもまた初めて。初めてだけに、食が進んだ。

上海だけに北京ダックというのかは、わからへんかったけど
めっちゃ、うまいんですわ!お~いし~~~これー!
蟹もちゃんと味が染み込んでいて、甘辛ダレ!こいつに決めた!
夜も更け、宴会も終了。

次の日、ホテル代を支払おうとチェックアウト。カードを
財布から取り出そうとすると、もう支払われている言われた。
客先が支払ってくれた。感謝。

客先手配の車で、空港。そして、無事帰国。そして、ふと思った。
あ~、カレー食いたいわ!

数ヵ月後、グッチ男からヘルプの電話。やつは完璧お手上げ、
製品にもならなかったそうな。

その時おいらは既にニュージーランドへ出張中。
結局、他の人が中国へ行った。

そもそも、そうなる事は予想はついていけどね!

この記事をはてなブックマークに追加

現れる

2012-04-22 17:21:38 | 仕事
日本から来た、某大手会社の4人組と上海駐在員1名。
上海の下請け会社を訪問していたという事だった。

そして、いきなりのミーティングが始まる。まー、お決まりの事
しっかりなさって、魅力的…。いっとる場合か!

揃いも揃ってクソ暑い中、背広着て。名刺を渡して挨拶も程ほどに。
気になる話の話題は、やはり港に着いていなければならない、
仕事道具の金型。

5人組は、金型が着いているという想定の中、この会社に来ている。
そんな、おいらも、こやつらに呼ばれて、上海に来ている。
もちろん、無ければならないものは、有るわけ無いわい!
お前らが、計画たてたんやろが!なに勝手な想像してんねん。

大体な~船便で送って、1ヶ月で目的地に届くなんて、そうめったに
ないねんど。どういう感覚で1ヶ月設定してんねん?
自分ら、めっちゃラッキーな奴らと思うとるんかい?

5人組の中の一人が、司会者。日本からの贈り物の一人。
グッチのメガネをかけたその男がホワイトボードに、覚えたての
中国語で金型名を書いた。凄いだろ的な態度がヒシヒシと伝わって
きたのが良くわかった。

まー、偉いね、大したもんだよ。ホント凄いね、勤勉だね。
だ.け.ど.な、お前の中国語講座と、グッチのメガネだけには
興味ないねん。と心の中でつぶやいてみる。

夜は、小降りの雨の中、サッカー観戦。スタジアムに入ると
物凄い群集。こうなるとシートナンバー関係なし。立ち見になった。
グッチのメガネとその仲間たちは、初めてのサッカー観戦。
「お菓子を持ってきたがこれじゃ食べれないな~ハッハッハ」
だって…。え~無理ですね!

ACミランは皆1軍。嬉しかった。試合は1-0でミランの勝利。
完全アウェーでの勝利。やっぱ名門は違うね。

次の日。滞在期間残り2日。といっても、これが最終日だ。
もちろん、金型は来ない。ミーティング始まる。ミーティング前に
上海の工場長アシスタントが毎晩、何を食べているのか、4人組に
聞いた。奴らの滞在先は、空港近くのなんやら、超高級的ホテル。
そんな、おいらの滞在ホテルは超市民的。

奴らの滞在ホテル施設は、ジム、ジャグジー、サウナ、日本食
レストラン付き。
おいらの滞在ホテル施設は、部屋の電話使えない、怪しげな売店つき
中華のみ。

奴らは、その施設を有効に活用。おいらは、その施設をどの様に使うか
毎回考案。

奴らの飯は毎晩日本食。おいらの飯は毎晩、売店か現地調達。
「昨日は、鉄板焼きかな。上手かったー。」と奴らは言う。
「昨日はカップラかな。腹減ったー。」おいらが言いたかった事。
じつは、その話題からイライラが始まっていたおいら。

ミーティングが始まる。グッチ男がまた仕切る。
「今回のプロジェクト、機械と金型は、上海持ち。もし問題が
発生した場合には、うちでは一切責任を持たない。
金型は、まだ到着していないが、到着した時点で、スタートUPを
君がしてくれ。」とおいらを指差す。

イライラが頂点に。ついにおいらの中で天使と悪魔が現れた。
天使は「大人になれ、大人になるんだ!」
悪魔が「頑張らなくって、ええて。楽になり。言っちゃえよ
    言っちゃうんだよ~~。」
ゴングが鳴った。二人がおいらの中でぶつかり合う。
互いにいい勝負!最後はこん身のバックドロップで悪魔が勝つ!

おいらの口がついに開いた!
「えー、金型が着かないのは上海側の責任ではなく、あなた方の
 管理がちゃんとしていなかった。という事ですよね?
 それに、私の滞在期間も決まっていたのをご存知のはずですが。
 私は、私事で済みませんが日本へ明日帰るんです。
 その事もちゃんと考慮した上での出張だという事をあなた方は
 知っているはずです。
 ”スタートUPを君がしてくれ”って、なんなんですかね?
 私のここでの出張は明日で終了します。もし、何らかの問題が
 生じた場合は、私は一切責任を持ちません。
 あなた方で、何とかして下さい。ここの人達も関係ないです。
 あなた方の問題です!」

あ~ぁ、言っちゃった。これでおいらもクビだな。
と、思った瞬間だった。

この記事をはてなブックマークに追加

奴らが来た!

2012-04-19 21:18:29 | 仕事
一番最初に行った中国と違い、何事も無く、無事に
上海に着いた。

何が違うか。それは航空会社。JALの空の旅は安全でした。
大きな揺れでも、上から何もおっこってこなかったし。

空港に降り立ち、出口に出ると、客先の人が待っていた。
上海の街中を通り抜ける。予想はしてたが、チャリが多かった。

工場到着。客先の工場長とアシスタントさんに挨拶。
アシスタントさんは新婚ホヤホヤで、日本語が喋れる人だった。

ここで、意外な発言が……。その会社の親会社が日本の超有名な
食器洗剤会社。親会社が、すべてを管理。作業に必要な金型が
(製品の形にくりぬかれた物)港から送られてくるであろうと、
予想をし、今回の出張以来をしてきたという事だった。

なに、予想?確信じゃないんかい!何考えとんねん。

もちろん、金型はどこにも無い。到着日は未定。
来ちまったものは、しゃーない。客先保持の金型メンテナンスや
機械のメンテナンスをした。しかし、どんなに頑張っても
最長、3日で終了。やる事無し。

残り7日。暇だった。そこで、工場長のはからいで工場の空いてる場所で
サッカーの試合。現場の人達は、個人の休憩がバラバラなので
休憩時間に入れ替わり立ち代りでサッカーをしたが、おいらは
フル出場。

仕事が無いから午後2時半には、仕事終了。
暇が故、会社の後には、大学へ行き、サッカーの練習を学生と
していた。

練習後、ホテルに戻る。

飯はもっぱら、ホテルの中にある、売店でカップラーメンと
ジャイアントコーンの小バージョン6個入り(箱)。
6個入りのはずが、4個しかない時もあった。当たりハズレがある。
カップラは牛肉麺。
味の方は…。牛の肉のスープと麺。中華三昧は日本の味!

金型が無いまま、あっという間に、滞在期間残り3日。
その日は、夜にACミランの試合観戦日!これが楽しみだったねん

しかし、その日は、奴らが来る日でもあった…。

意気揚々と、5人の奴らが工場へやってきた。偉そうに。
親会社の日本人。5人のうち一人は、中国の駐在員。彼はまだ
まともだった。残り4人は日本から。

駐在員さんは単身赴任で1年乗り切り、その年から、家族が
来て、門番&どでかい入り口ゲート付きのアパートに住んでいると
言っていた。

駐在員さん、その人の子供、親会社の4人組み、工場長&アシスタント
そして、おいらでサッカー観戦になっていた。

今まで、にこやかな雰囲気だった、従業員さん達。奴らが来たとたん
もっのすっごく、いやーな、顔つきになっていた。

本当に嫌いなんだな。と、つくづく思ったおいら。
皆、ソソクサと現場に行き、奴らに目を合わせんかったねん。

ビックリさ!

おいらには”ニコッ”ってして、奴らには”ムスッ”

最初は状況は掴めなかったが、後々、これが水に油を注ぐ事に
なる事を予想はしていなかった…。

この記事をはてなブックマークに追加

え~!シーーッ!?

2012-04-17 20:12:46 | 仕事
まだ日本で働いていた時。

中国出張後、おいらは、小さな病院から紹介された、大きな総合
病院にいた…。

中国出張が決定する前、おいらは、総合病院の予約を済ませ、手術の
日にちを決めていた。
ところが会社なんざ、個人の予定なんて、カンケー無し!

おいらの知らないところで、中国出張が略確定していた。出張先は
上海。滞在期間は2週間。

その話を聞いた、おいらは病院の話をした。予定日程滞在2週間は
無理!なぜなら、手術予定日と重なってしまうからだ。
そこで、14日間から10日間に変更となった。

問題の手術とは…親知らずを抜く為!地元の歯医者じゃ無理
なんやって!
だから、総合病院内の口腔外科に、いかなあかんねんて!

セールス課の中国担当者が、客先に連絡。事情を説明。返答はOK。
そして、客先からおいらに、何かリクエストがあるか?というので、
サッカーリーグも開幕間近になってきたので、プレーしている
オイラにとって、必要な事、それは、トレーニング!
と、いうことで、練習場所があればええな~。と担当者に伝えた。

客先に伝えてもらうと、意外やOKという返答、アンダ~、サッカーの
試合のチケットが手に入るとか。もし、宜しければチケットを確保
出来るというオプション付き。

おいしい話だ。でも何かきっと裏がある。そう思ったおいら
サッカーチーム名は?中国リーグは、よう、知らんで。

そしたら、なんと!ビックリですがな!ヨーロッパのチームさ。
イタリアからの贈り物、エーシーッミラ~ンッ!だったんです。

チームが遠征で、上海上陸!上海申花っちゅうチーム
(元フランス代表で元チェルシーのアネルカが今プレーしてる)
そのチームと試合をする事が決まっていた。

会社の連中は、「嘘だー!」とか、「どうせ、リザーブやろ」
とか言ってた。が、ハ、ハ、ハッ。一軍が来てたんだよ。本物さ!

おいらは、ウキウキ気分で、上海へ向けて出発となった…。

そう、あの連中が来るまでは、最高の上海ライフを送るはず
だったんだが……!?



この記事をはてなブックマークに追加