空の爽やか散歩道

古今東西
昔今日記

サンタクロース5

2016-01-25 16:12:53 | 日記
トナカイぞりが終わり。次に行く所は・・
ハスキー犬ぞり。

ハスキー犬は何処にいる?

長女と次女を持参した我が家のそりに
乗せ、それを引きずるおいら、嫁&長男。

息を切らせながらハスキーが書いてある
看板を目指しながら歩いていった。

ようやく着いた!と思ったらその場所は
ハスキー犬を見る場所。

じゃーどこやねん!

少し下ったところになにやら小さめの看板が!
そこか~!

また2人の娘達を乗せたそりを引きずりながら
看板を目指した。

到着!ここか!確かにハスキー犬がいた。
しかし・・・思っていたより小さい・・・。

受付らしき小屋に行くと団体達さんが、隊長から
話を聞いていた。

しかし、真っ暗やな。時計を見るとまだ夕方3時。

ぼーっと、10分ほど待ったが話はまだ続いていた。
ようやく話が終わると、隊長が来た。
「今日はもう無理なんだ。でも明日もし、
 来てくれるなら9時は乗れるから。約束するよ!」

チケットは?と聞くと、今持っているもので大丈夫
ということやった。

おいら達家族はOKやったが、他の個人旅行者達は
Give upした様子やった。

こうなれば、話は早い!ホテルにさっさと帰ろう!

タクシーを見つけササッとホテルへ向かった。
ホテルには4時半に到着。

そして向かった先は・・・ホテル施設のプール!

長男と長女に泳ぐ練習をさせる目的もあった。

嫁はんと次女はホテル施設にあるプレイルームへ
行ったが、後で嫁はんに聞いた話で別料金を
支払わされたということやった。

プールは無料。プレイルームは有料だったとは
知らんかった。

プールで初泳ぎの長男と長女。
もがきながらも、泳ぎ方を必死でマスターしようと
頑張っていました。

日本の学校はプールがあるけれど、イギリスは
ないからね。

約1時間半、二人は楽しんでいました。

でも、おぼれそうになり水はタップリ飲んだ
みたいです(笑)。

この記事をはてなブックマークに追加

サンタクロース4

2016-01-18 16:16:56 | 日記
サンタと写真を撮った後、今度は何をするのか?

嫁はんについて行くと、ポストオフィスに行き
クリスマスカードを日本の家族と知人のウェールズ人
一家に送りました。

その後は、外で雪とたわむれながらある場所へ。

それはチケットオフィス。

何のチケットかと申しますと、トナカイそりと
ハスキー犬そりのチケット購入。

話によると、ハスキースレッドを最初にすると
トナカイスレッドは物足りなくなるという事
だったので、最初にトナカイスレッドに乗ることに。

まー、沢山いましたよ。どでかいトナカイ達が。

ドライバーと名乗る若者が昼食をとっていたので
10分ほど待っていました。

数分後、若者の案内にてトナカイスレッドへ。




おいらと長女が一緒のそり。
嫁はんと息子、次女が一緒のそりに乗り込みました。

さー、スタートです。

走っているとおいらの右横からなにやら荒い鼻息らしき
ものが聞こえてきたんです・・・・。

横をちらって見たら・・・。



トナカイの顔がおいらに接近。あのどでかい角も
すぐ近く。おいらの動物的感覚にて、”角あかん!”
少しばかり体が逃げてました。

これがそりが終わるまでずっと続いてたんです。
そのうえ、おいら達を引っ張って行ってくれた
トナカイさんは・・・”ジョ~。ボトボト”と
目の前で走りながら用を足してくれてました。

大サービスです。超が付く位大サービスでした・・・。

長女「あ~~~!」といって爆笑してました。

トナカイぞリ面白かったですが、代償はそれなりに。

トナカイ臭が服に付いたって事ですかね。
いやーまいった。





この記事をはてなブックマークに追加

サンタクロース3

2016-01-11 13:26:59 | 日記
サンタヴィレッジ。

サンタパークに行きたかった我が家族。
バスに乗せられ降ろされたのはサンタヴィレッジ。

(前回ブログ投稿でヴィレッジのところを
 パークと記してしまいました。)


サンタ村の中に入ると・・・・・・



でっかい、雪ダルマ!

巨大過ぎです。”よう作ったな。ほんまにデカイわ!”
と、思わず写真を撮ってしまったおいら。

そして、でたね!



北極圏の境界線!

いやー、最初はフィンランド?って思って感動すら
ないと思ったんですが、ええやんか!

そして、サンタオフィスへ入りサンタと写真を
取りに行きました。

あまり人込みも無くスイスイと進んでいきましたが
ふと、壁を見ると著有名人方がサンタと写真を撮って
いました。

あっ!春奈!と思ったらムーミンママこと女性で初の
フィンランド大統領になったタルヤ・カーリナ・ハロネンさん
でした・・・・。

そして、日本代表いましたよ!
・・・・クリスさん。来ていたんですね・・・・。
写真撮る時も相変わらず胸に手を当てるポーズだけは
忘れないんですね・・・・。

そして、遂に我が家の番が来ました!
サンタが座ってました。

写真を撮り終えるとサンタクロースが
「どこから来たんだい?」と尋ねてきました。
おいら「日本だけど今はウェールズに住んでいるんだ。」
サンタ「おー、ウェールズかい。後4日後だね。
    4日後のクリスマスにまた会いましょう。」

そして、サンタクロースに有難うといって別れた我が家。
子供達は興奮してました!

もちろん、子供達は本当のサンタクロースに逢えたと
思ってますよ。

この記事をはてなブックマークに追加

サンタクロース2

2016-01-04 10:45:09 | 日記
ロヴァニエミ。

朝6時。

前夜の疲れが残っているものの朝早く
起きてしまったおいら。
あかん。歳をとってしまった・・・・。

嫁はんと、子供達が起きたのは3時間後。
準備を済ませ朝飯を食べ、サンタに会いに
行く事に。

その日の予定はサンタパークへ行き、そして
次の日にサンタ村へ行く事になっていた。

バス乗り場まで歩いて行く事に。
通常泊まっているホテルからバス乗り場までは
大人の足で歩いて30分前後。

ということは子供がいるから・・・・ゲッ!
長男はなんとかなっても、長女と次女がクセモノ。

しかーし!おいら達にはアイテムのソリがあった。
自宅から持ってきてよかったとつくづく
思った。

そのソリに長女と次女を乗せた。
長男がソリを引いたり、おいらが引いたり
嫁はんが引いたり、疲れが出たら順番に
引いていたら、あっという間に1時間が経過・・・。

バス乗り場に行く途中、除雪車が前方から来た。
止まって避けていると、除雪車の後方から
老人夫妻が「どこへ行くの?」と訪ねてきてくれた。

「バス乗り場」と伝えると丁寧に教えてくれた。
そして、風邪をひかないように、耳を隠しておいた方が
良いからとも教わった。
やっぱり優しいフィンランド人。

そしてバス乗り場には着いたが、どのバスか不明。
よく分からなかったので人に聞く事に。

おいら「Excuse me?」現地人「No.」
笑顔で返答がかえってきた。知らんのか・・・。

と思った矢先、一台のバスが来た。
ドライバーが「どこへ行くんだい?」と尋ねて
くれたので「サンタパークへ」と伝えると
ドライバーは「乗りな!」。ラッキーやった。

そして着いた場所が・・・サンタ村。

うーん、確か行きたかったのは・・サンタパーク。

まっ、いいか。とにかくサンタパークの中へ
入ることになった我が家やった。


この記事をはてなブックマークに追加