空の爽やか散歩道

古今東西
昔今日記

スーパースイートルーム

2012-07-28 23:44:44 | 仕事
ラマダン。絶食期間。

サウジアラビアに行った時に初めてこの期間をあじわった事があった。
過去サウジへ行ってラマダンにあった事は無かった。
初めての経験やった。

滞在ホテルはホリデーイン。
日が昇ると共に断食が始まる。正直、ホテルはどうなるのかなと
思った。
どういう意味かとおっしゃると…朝飯。

基本的に朝飯は抜きのおいら結果、ラマダンだろうがなんだろうが
関係なし。

し、か、し、ついつい気になりホテルチェックインの時に聞いた。
「朝食は朝の7時から10時半までです。」
以外にあっさりしていた。
イスラム教徒だけがやはり断食のようだ。

ホテルで客先の車を待つ。
少し、外の空気でも吸うかとホテルの入り口に出てタバコをふかした。

「お客様、早く中に入って下さい!」とホテル従業員に言われた。
そう、ラマダン時期はタバコも駄目。

おもわず、「ええか!こっちはイスラム教徒やないねん!」
と、ホテル従業員に言った。

「解ってますが、ラマダン期間なもので…。どうかご理解を。」
とホテル従業員。
まっ、そりゃそうだ。この国にいればみーんなイスラム教徒。

客先の車がおいらを迎えに来て、いざ出発。
相変わらず、ゴミゴミした場所だった。道路はホコリまみれ。
車が縦横無尽に走る。交通ルールなんてあってないようなもの。

会社に着いた。外は暑い。気温は忘れた!事務所はクーラーが効いている。
これだけは、よー覚えとります。工場湿度70%。どーなっとんねん!
よー、皆働いとるな。体に良くないねんど!人体に有害やんけ!

従業員の服装は半袖、長ズボン。まー普通やな。ん!まてや
なんでサンダルはいとんねん!
もし金型交換する時、足にクソ重い金型落ちたら、あんた達
足壊れるで!

スリランカ人、フィリピン人、インド人の働くこの会社。
ちなみにサウジアラビア人はというと、いねーでやんの。
ブレーブマンと勝手にニックネームを付けたおっちゃんがいた。
何処の国かは?だが民族系で顔に刺青をしている気の良い
おっちゃん。
おっちゃん英語は喋れん分、おいらとはボディーランゲージで
コミュニケーション。
ふざけあって、笑い合って。本当にいい奴だった。

工場&外が暑い。従業員の部屋も暑いらしい。彼らの昼食場所は
トイレの中。もちろんイスラム教徒ではないのでお昼は食べれる。
なぜトイレか?一番涼しいらしい…。
トイレはドッポン便所。紙はもちろん無し。

このスーパースイートルーム(ドッポン便所)にはホース付きの
水道がある。

大きなもんを終了したら、お近くにある水道の蛇口を開き
適度な水がホースから出たら、ホースを必ず右手に持ってもらい
左手で拭きながら流してもらう。すべて解決!

禁断の左手とはよく言ったものだ。握手は右手のみ。

これはもちろん、工場だけに設置された高級感漂うスイートルーム。
トイレのドアはちなみに無い。

世界丸見えだぜ~!ワイルドだろ!

この記事をはてなブックマークに追加

あっちー

2012-07-25 16:05:15 | 日記
暑い!

こないだまでの大雨続きが嘘の様や!何で急に暑くなんねん!
まるで、オリンピックを待ってたように天気がええ。

暑くて何もやる気がおきん。ついでに無理しすぎて膝が痛い。
同僚が2週間休みをとっていたので膝痛があったにもかかわらず
強引に出勤!2週間後、膝が爆破したようです‥‥。

今は休養をとり治療に専念。がっ!なんやねんこの暑さ!

暑さといったら駐在員時代にサウジアラビアに行ったときだ。
まー、サウジっつうとこは普段簡単に入国できないとこやから
ビザ取得の際はフォームに宗教上キリスト教者と記入せにゃならん。

そして、女の人にも当たってはいけない。非常に気を使う。
特に空港。メッカに来る人がわんさかおった。その人込みの中で
ポツンと日本人‥おいらやんけ!
入国検査の時、おいらは前に居た人に気を使い少し後ろに体を
引いた。その時、おいらの直ぐ後ろに真っ黒くろ助が横切った。

それはアバーヤ、ヒジャブ、ニカブ&ブルカ。サウジの女の人の
服装。すべて黒。通常は目の部分だけは見えるようになっている
はずだと思っていたおいらだった。

しかし、その時の女の人は目の部分も完全に覆っていた。
一瞬ビクッた。
危なく、おいらの体が彼女に触れそうになった。

まー、暑くないんかい?苦しそうやであんた。
サウジの女の人は何も出来ない。悪い意味の出来ないじゃなく
仕事も持てない、一人歩きも駄目。車の運転とかも。

確かに、そういった光景は見ていない。辛かろうに。
でも、生まれも育ちもサウジならそれが当たり前なのかな。

サウジアラビア人って本当は少ないんだよね。
総人口の4分の1が外国人労働者。
おいらの客先だった会社もインド人やフィリピン人が殆ど。
イギリス人も数人働いていた。(こいつらはマネージャーだった。
               もう辞めたけど。)

でも、ものすごーく安月給なんだって。フィリピン人達が
いっていた。だから、水で動く車とか考えておっとった。
だから、給料貯めてある程度の金額になったら自国に帰る
と言っていた。

今はこのフィリピン人達も国に帰ってることだろう。

しかし、開発は進んでいるんだろうか?
がんばれよ~~~。

この記事をはてなブックマークに追加

ブロブ

2012-07-22 07:12:15 | 日記
「ブロブがくるぞ~~~!」

「きゃー!」「こわーい!」とオイラの子供達。

いう事を聞かない時にこの悪ガキ共に最近言っている。
”ブロブが来るぞ!”

まー、オイラが小さい時にテレビの洋画劇場で観せられた
当時にしてみれば物凄く怖いSFホラー映画
スティーブ・マックイーンの「人喰いアメーバの恐怖」

この中に出てくる、ある意味主役のアメーバ。赤い色したスライムに
似た生き物。宇宙からのいらない贈りもの。その名は「ブロブ」
(定かじゃないけど)

この赤スライムが人を主食としどんどんと大きくなっていくんだが
人が部屋に隠れようが関係なし!ドロドロしてるから隙間があれば
いとも簡単に侵入できる!だけど、冷たいのが苦手なブロブさん。
最後は消化器で退治され、北極に投下される。

子供達には詳しくは話をしていない。ただブロブとはドロドロ
していて言う事聞かない悪い子を飲み込むとだけ伝えた。
夜なかなか寝ない時とか兄妹喧嘩&So on.そういう時に
窓から来てるぞーとか後ろにいるぞーとか半ば強引に話をきりだし
悪ガキ2人組を落ち着かせる。落ち着くというよりは脅えてる。
そりゃ当たり前やけど。

子供達には画像も見せていなければブロブは大人にしか見えない
子供には見えない生物。見えたら食べられるぞ~といってある。
だから彼らにしてみればかなり怖い物体のようだ。

しかしや、オイラは小学校前からオトンにホラー系なるものを
よー観せられた。
人喰いアメーバの恐怖もそうだが一番観せられたのは金田一
シリーズ。
今も一番覚えてるのは「八つ○村」。
オイラが小学校1年の時にオトンが面白いものがあるから観よう!
そこから始まった。

夜9時TVのチャンネルを子供が観ていた番組から変える。
ア~ダルトターイム!
子供心をくすぐる怪しい時間帯!番組が始まった。…怖かった。
オトンに騙された!めっちゃ怖かったで!あんたあかんで。

オトンに言わせると「こんなん作り話や。怖くあらへん。」
という事だ。

が!この物語、実話を元にした話ということを知っときは
背筋がゾッとした。

オトンあかんがな~。

この記事をはてなブックマークに追加

危険な情事

2012-07-18 19:55:58 | 日記
ジョー。本当の名前はジョージ。

おいらが今勤めている会社の元ジェネラルマネージャー
だった男。

今からさかのぼること7年前。当時南アフリカに本社が
あった。その本社が本社及び支店の夏の一斉大掃除が行われた。
簡単に言えば人事整理。

マネージャーと肩書きを持つ人達を徹底的に調べ上げ使えるのは
こっち、使えないのはあっち的に分けた。

その間、マネージャー達は気が気ではない。
まわりの連中は
「新しい仕事は見つかったか?」とか「テスコのパン屋がええん
 ちゃう?」とか好き勝手な事をマネージャー達に言っていた。

結果的にはうちの会社のマネージャー達は無事に会社に残る事に
なった。たった一人を除いて‥‥ジョー。
彼はどうやら本社では要らない人材となってしまった。

連絡を受けた次の日、掲示板に彼からのメッセージが書かれていた。
1ヵ月後には会社を去るという事だった。

その1週間後、掲示板にジョーからのメッセージがあった。
会社を去らずにすんだ。私は2週間後にはセールスとしてこの会社に
貢献することになった。
立ち上がったジョー。真っ白い灰にならずにすんだ。

そして新ジェネラルマネージャーが発表。
彼は元豆屋さん。そして、本社がイングランドになった時に
彼も会社の大掃除にあい、会社を去った。

そして、またまた新ジェネラルマネージャーが現れた。
はっきり言ってこの男困った事にトラブルメーカー。

やめりゃーええのに色んな事に割り込む。割り込んだ結果→
会社の経営悪化→リストラ続出。
5年の間に2回も経営不振。知らん間についこないだ辞めとった。

またまたまた、新ジェネラルマネージャーが現れた。
それも、知らぬ間に。

新ジェネラルマネージャーの名は‥‥ジョージ!!!
そう、彼はジェネラルセールスマネージャーから再度ジェネラル
マネージャーに戻ったのだった。

数年の間に彼なりに我慢していたのだろう。自分のやりたいことを
色々とやり始めた。
同じ建物のレーンにマネージャー達の事務所を移動させ従業員を
そのレーンに入れさせない様に今まで使っていた出入り口を
閉鎖。

そして、マネージャーとは直接話をさせず、スーパーバイザーを
通して話をすることになった。面倒な話や。
マネージャー達になるべく現場にも顔を出さないように
させているようだ。
やっぱり従業員には反感をかっている。
まっ、言ってみれば一番悪い例の会社の見本のようなもの。

マネージャーが現場に顔を出さない会社は砕け散るジンクスがある。

危険な情事‥‥なんでやねん!危険なジョージに変わってやつは
帰ってきた。

この記事をはてなブックマークに追加

狩られる

2012-07-15 20:50:05 | 日記
「先輩、狩られますよ!」

オイラがオーストラリア-ニュージーランド-オーストラリアの
順番で出張に行く前の事。

後輩がニュージーランド-オーストラリアの出張を終了、帰国し
出社してきた時に言われた言葉。

ニュージーランド出張は後輩が行ったものの製品が安定せずに
丁度いいタイミングにオーストラリアに出張が決まったオイラが
行くことになった。

しかし、その時のオセアニア出張は物凄い勢いだった。
まず、オイラの後輩1が先にニュージーランド-オーストラリア
(シドニー)へ行き、立て続けに後輩2がオーストラリア(シドニ-)
に行き、後輩1とシドニーで合流。

後輩1が帰国。後輩1が出社後、オイラが行き、後輩2と1日だけ
シドニーで合流、次の日にニュージーランドへ旅立ちクレーム処理。
その後オーストラリアの客先へ(ブリスベン)。

その数ヵ月後、後輩3がオーストラリアへ(シドニー)という
スケジュールだった。

後輩1が出社した時に
「2さんが出張中の客先の家に呼ばれたんすよ。そしたら俺も一緒に
 連れて来いと言われたらしく、一緒に行ったんすけどオージーには
 気をつけてください!狩られます。
 俺、マジ顔面パンチくらったっす!客先の子供に!
 多分、今頃2さんも顔面パンチされてますよ!」
オイラ「何歳ぐらいの?」
後輩1「4,5歳くらいですかね。」

まっ子供やからしゃーないな。そう思いシドニーへ。
後輩2と合流し、2の仕事を一緒にする。彼の必要な部品を
手荷物で持ってきた。客先で部品を取り替えた。

その日は土曜日。その夜は客先の主任さんの家でBBQに呼ばれた。
そう、その家こそ、後輩1が顔面パンチをされたところ。

オイラと後輩2はBBQを楽しみ、子供たちと遊ぶ。
3歳の女の子と5歳の男の子。どちらも無邪気な子供たちだった。

いつ顔面パンチが来るか、予想を立てながら遊んでいたが
パンチが来るどころか、遊んだ事が嬉しかったのかKISSをしてくれた。
ま、その日は何も無く終わったわけではなかったが。

その家が飼っていたマルチーズを抱いた。その家の犬はとても
人になついていて、しっぽを”フリッフリッ”。
ええ子やね~。と思っていた矢先、オイラの腹の辺りがなぜか
温くなってきた。
チビスケを下におろす。………やられたんだゼ~~!
ウレション出ました。おしっこでてるやん君!

主任さんにTシャツ借りて、後輩2とホテルへ帰った。
借りたTシャツは洗濯して乾かした。
(後日、後輩が主任さんの所へ戻してくれた。)
その次の日は朝早い時間で空港へ。ニュージーランド!
後輩は寝ていたので起こさず(相部屋だったねん)
一日宿泊分を払いチェックアウト。タクシーで空港へ……。

オイラのオセアニア出張が終了し、帰国、出社。後輩1と話をする。
「顔面パンチなしやん、ええ子達やったで。Kissもしてくれたし。」
後輩1「え~!俺の時そんなん無し!なんで?」
オイラ「ん?君メガネかけてるね……。」
後輩1「……。メガネは狩られる?なんでや!」

その後、後輩3が帰国し、後輩1が話をすると後輩3も同じ客先の
主任さんの子供達に顔面パンチされた。

オイラと後輩2はパンチなし、メガネなし。
後輩1と後輩3はパンチあり、メガネあり。

メガネは狩られる!

後輩1はオイラにこういった。
「あ~、あの時、彼らのつむじ押さなきゃよかった。
 多分、下痢したんやろうね。」

やっぱ、おまえが何かしたんやないか~~!

この記事をはてなブックマークに追加