空の爽やか散歩道

古今東西
昔今日記

風邪とカエル

2012-02-27 17:27:06 | 日記
嫁とは、英国で知り合った。

今では、子供も2人。おいらも一端にオトンの仲間入り。

それは、嫁が妊娠中(長男をみごもった時)に起こった。

おいらが風邪をひいた。咳がなかなか止まらない。
朝晩、苦しい。特に、イギリスの医者はあまり、いや
ほぼ、役に立たない。

ロンドンに行けば、日本人の医者がいるが、おいらの
住んでる所にゃ、おりゃーせん。

ある晩、ベッドで寝ていると、また、あの苦しい咳が
始まった。めっちゃ苦しいでやんの!

そして、隣で寝ていた嫁の強烈な一言。
「その咳、嫌!」
彼女は思いっきり寝ていたので、多分、寝言だと思うが
その一言で、おいらはソファーで一夜を過ごした。

しゃーない。彼女が悪いんじゃない。この咳が悪いんだ。

しかし、また、事件は起こった!

ある晩、ぐっすり寝ていると、妊娠中の嫁が”グルリ”と
寝返りをうった。いや、撃ったと言葉を変えよう。

腹も大きくなってきた嫁。寝返りをうつ時、回転反動と共に
おいらの腰に”キック”をぶちかました!

おいらは、その勢いある、強烈な一発で、目が覚めた!
しかも、空中を舞っている。あー、僕は鳥だーー!
その瞬間、”ドサッ”と大きな音と、ともにベッドの下に
おっこちた。

嫁もおいらにキックをした時、目が覚め、落ちる瞬間を
見逃さなかった。

そして、大爆笑しながら、こう言った。
「蛙が飛び跳ねたみたい」

おいらは鳥だといった、嫁はカエルという、しかし、おいらは
鳥だという。でも、お前がそう言うなら、かまわない!
俺はそういう人間だ!

この記事をはてなブックマークに追加

Love letter from

2012-02-25 19:16:12 | 仕事
日本へ里帰りした時に、実家の自分の部屋でボーっと
タバコを一服していた時(現在、ノンスモーカー)
ふと、机の上にある、箱が目にはいった。
その箱を開けてみると、それは懐かしの……。

日本企業社員の時に、海外出張から日本へ帰国し、1週間が
経ち、通常業務をしていた。

相変わらずの面々、いつもの仕事、日本だーって感じ。
夕方、5時半になり、休憩タイム。あー今日も残業か。
そんな事を思いつつ、コーヒーを飲み、一服。

そんな、大切な一時をぶち壊すかの様に、営業部からお呼び出し。
なんや、また問題?こっちはめっちゃ疲れとんねん!と
思いながら、しゃーない、営業部へ行きました。

そこには、いつもは、”ぶすーっ”としている営業部のおばはんが
”ニコー”っておいらの顔を見たとたん笑っておりました。
おいらの背筋には何か冷たいものが”スー”っと流れた。
すえ、おそろしわーーーー。

おばはんが、おいらに手紙を渡し、
「はい、ラブレター。訳しといたから(笑)
             いい仕事したのねー(笑)」
そりゃどうも。ラブレター?仕事?手紙を開けると、それは。

1週間前に出張に行っていた、オーストラリアから。
手紙の送り主は、代理店社長。手紙の内容は
”出張ご苦労様でした。あなたが行っていた客先からの
 お礼の言葉を代筆します。
 お疲れ様でした。我が社に初めて、日本人が来て最初は
 どうなるかと思いましたが、君の仕事振りや、人柄に
 とても共感いたしました。いつでも、オーストラリアに
 戻ってきて下さい。ポール、クリス、ポー、ケビン、ケン&
 会社一同。”
そして、代理店の社長さんからも一言が添えてありました。
”君と近い将来、仕事を共に出来る事を、願っています。”

おーーー!(涙)
社交辞令とはいえ、うれしいやん!ありがとう。

その手紙は、今も実家の箱にそっと、しまっております。


この記事をはてなブックマークに追加

出てようが、出てまいが。

2012-02-21 20:41:38 | 仕事
おいらの仕事に学歴はあまり関係ない気がする。
基本的に、技量と、自分のセンスの問題。後は、気合と神頼み!
高学歴で世間を出ようが出まいが、カンケーなし!
というのも……。

おいらがドイツにいる頃、勤めていた日本の会社の
同僚達から聞いた話。

4月に大学院卒者が新人として入社してきた。
そやつは、自分の配属された部署での仕事忙しく時間が無いと
いう事で、自分のパシリのように総務部の人に銀行のカードを渡し
お金を下ろしてきてもらっていた。 けっ、偉そうに!

これが大問題になり、常務会の会議で取り上げられ、結果
総務にはそんなサービスは無い!昼休みに、自分で行け!
と、やつは専務直々に言われた。 やっぱりね。

でも、キャンパスライフが長いこのアホ男、当時25歳は懲りずに
1年後に入社してきた総務部新人の女の子、当時18歳と
付き合い、総務部でイチャイチャ。休憩所で昼飯食う時も
18歳が「アーンして。」20代後半が「ハイ!アーン!おいしー。」
とイチャイチャ。 おのれら、アホか。

それを見せられていた、皆の衆、我慢にも限度が来ていた。
案の定、また、常務会にかけられ、専務直々にやつは言われた。
総務部出入り禁。  そりゃそうだ。

そんな、アホ男も、海外の展示会要員になり、初の展示会へ。
展示会期間が終了し、後片付け。展示会要員の人達は、作業服を
着て、片付けをしていた。アホ男以外。
この男、後片付けの意味もわかっていないのか、私服で登場。
展示会部長が激怒しホコリまみれになる仕事をやつに言い渡した
とのこと。着ていた白いシャツは、予想通り、黒に変色。
展示会後、会社で直属の部長に、こう言ったそうだ。
「誰も自分の仕事を手伝ってくれなかった。」 
お前が手伝ってないねん!

その展示会後に、材料の講演会があったそうで。んでもって
やつの専攻がバケ学というだけで、講演者になった。
問題は、やつの専攻がバケ学で、英語学では無いということ。
代理店の日本人のおっちゃんが、気を利かせて、通訳を彼の為に
派遣させようとした。が、やつは断った。

当日、やつは大量の資料をおっちゃんに渡し、こう言った。
「今日は、外人だけじゃなく、日本人も多いので日本語で
 講演します。」
おっちゃん唖然。ついでに、通訳もおっちゃんがした。
そりゃ、あんた、アカン子やん!

そ.し.て.会社創立記念日。著名人さん達が、講演をした。
しかし、講演者の名前の中に、あのアカン子の名前があった。
さすが、著名人方。講演が上手かったそうで。
ここで終わりゃ良かったのに。
遂に、アカン子の登場!お題はチームワーク。
皆様方曰く、めっちゃ退屈でしたよ。あの話だって。
やつは、この危機を脱出しなければと言わんがばかりに
3本の紐を皆に渡し、こう言った。
「紐は1本だと簡単に切れますが、これが3本になると
 切れません!」
ん?どっかで聞いたフレーズ。3本の矢。
おまえ、なに、パクッとんねん。

そんな、彼も会社を辞めたそうです。
その時の捨て台詞が「この会社は俺の為にある会社じゃない!」
だってさ。

お前はどこのうちの誰の子や!

この記事をはてなブックマークに追加

くっそー!

2012-02-19 09:18:17 | 日記
駐在員時代にヨルダンへ行った時、シリアの代理店から
こんな話を聞いた。彼はヨルダンに入国は出来るが、
サウジアラビアには入国出来ない。理由は簡単にビザがおりない。と
いう分かりやすい言い訳……。

同じ中近東同士だが、事情が違うみたいだ。

そんな事より、おいらの先代達が(1代目と2代目。ついでにおいらは
ドイツ事務所とイギリス事務所の3代目駐在員)ヨルダンへ行った時のこと。

中近東は金曜日が休み。滞在期間2週間だった彼らは、金曜日の
休みの日に、観光で、インディージョーンズの舞台にもなった
ヨルダンのペトラ遺跡へ行く事にした。

そして、お目当てのぺトラ遺跡を目の前にした時、事件は起こった!
「は、腹がいてー!」1代目がそう言った。
どうやら、モヨウしたようだ。2代目はトイレを見つけようとしたが
1代目が、もう我慢できずに、怪しい行動をとった。

丁度、その時、遺跡のすぐ近くに洞窟のような、路地のような
暗闇があったそうだ。

1代目は2代目を引き連れそこへ行き、暗闇の入り口で2代目に
見張り役をさせ、自分は暗闇へ消えて行ったそうだ。

そう、彼は野○ソをした。それも、遺跡のすぐ近くで。
本当にすぐ近くだったらしい。一歩踏み入れたら、そこは
遺跡だったという。

1代目は会社社員全員で大阪へ行った時にも、乗っている
バスの中で、おしょう水の時間が来てしまい、1Lの空き瓶の
中へ放射した事がある。彼は、とても、勇気ある男だ!

数分後、彼が清々しい顔で、暗闇から戻ってきたのは言うまでもない。

この記事をはてなブックマークに追加

新年の誓い?

2012-02-16 22:10:47 | 日記
イギリス人の大半が元旦で新年に誓いをたてるも、挫折するのは
1月9日という記事が載っていた。

うちの会社にも、そんな人達がいる。

ピーとジム。この二人、期待を裏切らなかった。

去年の12月24日クリスマスイブ。ピーとジムが同じチーム、
他の二人の仲間が同じチームで、ゴルフで勝負をしたらしい。

ピーとジムが負けたら、タバコをやめる。
他の二人が負けたら、高級ランチをおごる。

話によると、1ラウンド目から勝負は見えていたらしい。

ボロ負け。負け組み野郎!ピー&ジム。禁煙決定!

今年の仕事始め。おいらが会社に行くと負け組み、ピーは
「1月1日からタバコをやめた。健康にも良いしな。パッチも
 腕に貼ってるし、それに見ろこれ!」
巷で有名、電子タバコ。

一方のジムは既に不機嫌。ピーに八つ当たり。

1月4日までは何とか、乗り切った二人。問題は5日から。
とうとう、禁断症状が出てきた。

ピーは手が震えだし、ジムはタバコの絵を描いて、ボールペンを
吸い始め、ピーの頭に描いたタバコの絵を貼る。

1月7日と8日。ジムの悪魔の囁きがピーを襲う。
「いいじゃねーか、1日1本って、ことでよ。吸っちまおうぜ!
 楽しようぜ。苦しいのは身体に悪い。エナジーが、ほ.し.い。
 おまえも欲しいだろ、エ.ナ.ジィィィィ!」

運命の日、1月9日
仕事をしている、おいらの背後からタバコの匂いが。
振り向くと、爽やかで、充実した顔をした、負け組み二人。

そして、以前、タバコを吸っていた、おいらに聞いてきた。
「お前はいつからタバコを吸ってない?どうやったら
 やめられるんだ?」

この二人、絶対に禁煙できへんわ。


この記事をはてなブックマークに追加