空の爽やか散歩道

古今東西
昔今日記

妖怪メダル

2014-12-30 14:32:39 | 日記
あー、日本からまたこの土地に戻ってきた。

正直、今回の日本は忙しすぎて何をしていたのかわからない。

息子の日本の小学校初体験入学から始まり車の免許期間前更新
保険証、子供達の歯医者&皮膚科、そして時差ボケなどなど。

ラッキーなのは映画妖怪ウォッチの前売り券購入を
義理姉に頼んでおいたこと。特典メダル付き!

次女はまだ映画を完全に観れる年頃ではなかったので
嫁はんと一緒に買い物。

おいらと長男、長女の3人が映画を観ることに
なっていた。

親子券1枚と子供券1枚。
まさか3人分メダルが貰えるわけはない!
と、思ってたら意外だね。3人分ちゃーんと貰えました。

これで兄妹ゲンカもなく3人分でけた。

座席指定をし公開当日に映画を観に行った。
映画館は人、人、人、人だらけ。
めっちゃおるやんけ!

当日に伴い会場にて特典メダルが配られた。
聞いた話によると次の日にはそのメダルは貰えなかったらしい。

でもこのメダルはさすがに子供たちのみ。

上映室に入ると蒸し風呂状態。
めっちゃ暑いやんけ!

やっぱ、親子連れが多い。
会場に入ったはいいがそこらへんはやっぱり子供。
親が一番気になる上映中の子供のトイレ。

子供を連れて上映中にトイレへ行く子連れが何組か
チラリホラリと出てきたのが上映開始から30分ぐらい
経ってから。

そんなオイラも我が子トンチンカン2人組のトイレに
ビクっておった。

上映前にトイレを済ませてはいたが会場が蒸し風呂状態。
喉が渇いて水を飲んでしまった2人組。

ソワソワしていたのは・・・


違う意味でオイラだけやった。気ぃつかったでー。
子供のトイレはほんま気ぃつかうで~!

映画もうっすら覚えやんけ。

でも子供たちも爆笑しながら観ていたから、ええか。

映画終了時に嫁はんと次女が待っていてくれていた。
ジバニャンの入れ物に入ったポップコーンを嫁はんが2個
購入しておいてくれていた。

これには子供たち大喜び!

そして、映画館になんと!

ジバニャン登場!

大喜びしていたのは子供たち!

じゃなく・・・

良い歳こいた大人たちだけやった・・・・・。

この記事をはてなブックマークに追加

ジャピャーン

2014-12-23 06:06:49 | 日記
日本だ。ジャピャ~ン!ジャピャ~ン!郷でーす!

2年の間においらの地元もかなり変わった。

何が変わったかって市役所。一時帰国の時に何があるか
分からないので保険証を必ず作ってもらう。

もちろん保険を払ってなくてはいけないのやが
一応おいらも保険は日本側でも払っている。

数年前の事。
一時帰国時でも保険証が持てるという事を聞きつけた
おいらは地元に戻ると直ぐに市役所に行き保険証を
発行するように頼んだ。

しかし、市役所側も今までにそんな例がなく初めての試み。
時間が掛かる掛かる。

手続きが色々とあり、「あっちのA課へ行って来て下され。」
とか「今度はこっちのB課に行ってください。」とか
「この件はうちのB課じゃなくてA課の方で最初に手続き
 して下さい。」とか言い出し、おいらも「いやいや、その
A課の人がここで手続きをしろって言ってはったんですが。」
と切り返すとB課職員が「あーそうですか。少しお待ちください。
上の者と話してきます。」

と、まーこんな感じのやり取りを延々繰り返し2時間以上かかって
発行許可が下りた。

それが今では40分位ですんなりと許可が下りる。
まー今もなお、あっヘ行っておくれとかこっちへ行っておくれとか
強制年金がはんにゃらかんにゃらとか言われたりするけど・・・。

しかーし、嫁はんの地元の方が問題だらけ。

数年前までは簡単に保険証を発行してくれたのだが、一時帰国を
する度にどんどんドンドンどんどこどん!と保険証許可が下るのに
時間が掛かるようになってきた。

保険証の許可は下りるんやがお役所さんは何を考えてるのやら
電話にていろんな手続きをチビリチビリと嫁はんに頼んでくる。

今回なんて何度、役所の所に足を運んだことか!

電話が掛かってきて「こういう手続きをして下さい。」といわれ
役所に行く。

手続を済ませたその日の夜の事・・・
役所から再度電話。また出向くように言われたらしい。

さすがに何度も何度もあると嫌気が差してくる!

終わったと思っても終わらない。

おいらの実家に嫁はんが居る時に嫁はんの実家から電話。

・・・また役所から電話があったらしい。

なんでやねん!

もうええかげんにして~~~~~~!




この記事をはてなブックマークに追加

気圧

2014-12-13 16:33:36 | 日記
いやー、2年ぶりの日本!

あんまり久しぶりなんで少し緊張している自分がおる。
あかんなー。

気持ち悪るーなってきた。

気持ち悪いはずや予想通り、いや予想を上回るくらいに
子供たちが寝ない寝ない。

ロンドンで一泊した時から興奮しておりました。
久しぶりのロンドン&ホテル泊。

ホテルのある付近の駅は降りた。ホテルはこの近く。
しかーし!ホテルはどこ?入り口らしきものもわからん?

とその時、たばこを吸っていた一人のおっちゃんが
「ホテルか?」と尋ねてきた。
おいら達は「そうなんだけどさ・・・」
おっちゃん「入口はそこをまっすぐ行ってすぐ右にあるよ。」
おいら達「いやー助かったよ、ありがとう。」

ナイスガイ!やないですか!

入口につくと、もっのすごーく厳重なセキュリティー。
インターフォンでセキュリティーに訳を話して無事通過。

ホテル内着。驚く位良いホテル。格安ホテルだそうだが、
嫁はんが予約しておいてくれた。嫁はんのセンス最高です。

ただ、チェックイン時が長い長い。なんでこんなに長く時間が
かかるねんっちゅう位にゆっくりと受付係がタイピングして
20分以上かかっておった。

とその時!ホテルに入ってきた男女カップル。
なんと、入口を教えてくれたおっちゃんやった。

あらまー同じホテルやったんですか。
さっきはおおきに。

相手もおいら達に気づき軽く挨拶をしてきてくれた。

部屋も綺麗で子供達も騒ぎまくり興奮しまくり!
シャワーのみでバスタブはなかったがデンマーク的な
シャワー室。

さー明日は日本や!はよ寝よか。

次の日、おいらは肩こりに悩まされていた。
少し頭痛も。

ヒースローに到着。セルフチェックインでチェックインを
試みるも嫁、長男、長女のパスポートは認識されたが
おいらのは認識されず。次女はまだ幼児ということで
セルフチェックインの対象外。

近くのキオスクにて再度家族5人分のチェックインをしてもらった。
今度は問題もなく無事終了。

機内。座席2列席(窓側通路側)。
前席においらと息子。後席に嫁と長女。次女は嫁はんの膝の上。

その時のおいらはペインキラーでなんとか頭痛をしのいで
いた。

時間通りに飛行機は飛んだ。
窓側に座った長男と長女は外を見ては感動しておった。

そりゃそうやな。普通なら真ん中の4席に座らされて
外なんか見るチャンスなんかあらへんもんな。
良かったなー。

ゲームもやり放題やしフィルムも見放題。

そりゃ興奮もするわいな。

そん時のおいらは頭痛が・・・。
肩こりもキツクなっておった。

子供達の睡眠時間は2-3時間。おいらは1時間。
嫁はんはほぼ0に等しかったと思う。

すいません、嫁はんに迷惑かけてしもた。

そして、飛行機は予定よりも少し早い時間に日本へ
到着。

子供達はイギリスパスポートなので外国人扱いとなる。
親同伴で日本側ではなく外国人専用の所に並び入国した。

ふー、無事着いたよ。

とその時ある事に気付いた・・・。

頭痛と肩こりがなくなっていた。

気圧ってすげーーーーー!
気圧だよ!あの痛みは気圧のせいだよ!

気圧だって・・ずっちーなー。


この記事をはてなブックマークに追加

1p2p3p4p

2014-12-06 13:35:23 | 日記
もう12月。

日本への一時帰国が後数時間に迫っている。

しかし、余裕で荷物をまとめたのに前日に
なるとなぜか”あれも””これも”と
必要な物がどんどんと思い出してきて”やばい!”
衝動にかられる。

まー、カード、少なからずの現金、パスポート
チケットがあればいいんやけど。

長女の爆発的な寝相の悪さで隣で寝ていたおいらは
首と肩が痛い。

特に肩が痛くて痛くて頭痛がしている。
ペインキラーのお世話になる事に決めた。

って、家にねーでやんの!

急いでBootsへひとっ走り。イブプロフェンを買った。
効き目即効性!これは良い!即飲んだ。

1時間経過・・・。まだ少し頭が痛い。

痛いながらもまたふと思い出した事が!

たまーに機内食たべると胸焼けする時がある。

12時間フライトの場合、子供達を寝かしつけるのが
精一杯で眠れる時間が限られてくる。

嫁はんなんて得に可愛そうだ。本当ならば乳離れの
時期に突入している次女だが今回の行き帰りの
フライトが終わるまで母乳を与えなければならへん。

という事は・・・眠れないという事。

そうすると、やはり胃が気持ち悪くなる。
やっぱり胃薬が必要。

急いでTescoへ!

あったよ!いつもの。赤い箱!

そこでまた気づいた事が。

品物の値段を見ていると32pとか£1.34とかなんで
かなー。中途半端やねんなー。

なんとかならへんかな、その0.02とか0.03とか0.04とか。

3個かうと1ポンドになるから多分そういう半端数を
つけることによって安く見えさそうとしてるの
やろうけど・・・。

あかんわーーー!

この記事をはてなブックマークに追加

May be Ok.

2014-12-01 16:50:13 | 日記
嫁の携帯が鳴った。

息子と長女の学校の校長からやった・・・。

今年は色々とあって日本へ一時帰国をする事に
なった。

2年ぶりの日本。家族5人ともなるとチケット代が
たけーたけー!

さすがにおいら一人で補える金額ではなかったので
嫁はんと6-5の割合で支払った。

後は学校にファミリーホリデー用紙を貰って記入
すれば大丈夫。

と、ここまでが今年の8月頃の話。

9月にペアレンツメールにて学校長から子供達の親へ
メールが入った。

件は今後のファミリーホリデーについて。
2014年の9月からファミリーホリデーを取ると罰金が
課せられます。

マジ!

そんな事いったって日本の学校を体験させたいやんけ!

おいらかて夏休み取れへん状況なんやで!

チケットやって冬の季節の方が多少安い時あるやんけ!

そして、数ヶ月が経ち・・・。

そろそろファミリーホリデーの用紙を貰いにいかな
アカンな。

学校のレセプションで用紙をとったどオオォォォ!

息子と長女の名前を記入し各々担任へ渡した。

その数週間後の木曜日。
長女がなぜか彼女のクラスのクリスマスコンサート
衣装はネズミですので用意しておいて下さい
という手紙を貰ってきたと嫁が首をかしげおいらに
聞いてきた。

うーん・・・分からん!

嫁はんには再度担任に確認しておいた方がええかもと
いうと次の日に担任に確認をした嫁。

各担任は用紙を受け取ったそうだが校長がどう答えるかは
不明との事。しかし「May be O.k.」との事。

そして、その日(12月の今頃)になりFixed Penalty
Noticesのガイドを各々親に渡し始めた。

ガイドによるとペナルティーファインが28日の期間までに
60ポンドを払わないと120ポンドになりそれを更に無視
すると今度は親と子供が裁判所行きとなる!

その学校の特定休暇以外のホリデーを許可できるのは
”校長のみ!”

校長にアポ取りじゃーーーー!

月曜日の朝、学校に行きレセプションにてアポ取りを
した。

しかし「今はまだ校長がきてないから・・。でも
    伝えておくから。子供の名前と学年教えて。」
おいら「はいはい、えーとこれが名前でこれがクラスで。」
レセプション「それじゃ電話番号教えて。それと時間帯は
       何時が良いかしら?」
嫁「それじゃー私の携帯番号を・・・。」
おいら&嫁「時間帯はいつでも良いから。」

結局その日は家で待機する事になった。

待てど暮らせど何もない。今日は何もないな。
明日再アポイトメント依頼か・・・そんなもんやな。

と思っていたその時!来たーーーーーー来たよ!
電話が鳴ったさ!

おいら「ハロー。」

校長「学校長ですけども、Fixed Penalty Noticesの件で
   私に何か聞きたい事があるという事だそうですが?」

おいら「あのーですね、うちの子供達が日本へ行って
    日本の学校の体験をさせたいんですよ。
    彼らの教育とか経験とか彼らの未来の為に
    今年の12月に日本へ行かせたいんです!」

校長「素晴らしい!!その為に日本へ行くという事は
   とても素晴らしい事です。感謝しています!
   期間は?」
おいらが期間を言うと校長は
「という事は2週間だけの休みだけですね。その時は学校も
 クリスマスホリデーに入るし普通と違いますし。
 このシステムもイングランドからの導入でまだこっちでは
 浸透してないんですよ。それに完璧になるのが来年の
 1月からですので。そうですね、一応手紙でもカウンシル
 には伝えておきます。私もまだ何も分からないんですけど
 May be o.k.」

おいらは「ありがとうございます」といい電話をきった。

ふー、結局のところどうなるかは不明。

日本から帰ってきてからどうなってる事やら・・・。

この記事をはてなブックマークに追加