goo

日本サッカー界の育成・指導に関する一考察

■ イタリア人指導者が見る、日本サッカーの問題点1

◆ 若年層の育成が最優先事項
日本のサッカーが強くなる為には、(若年層の)選手を育成する段階での指導者のレベルアップが最も必要だと思うのです。今の選手に多くのことを期待するのは難しく、それならば、将来の可能性が無限大にある子供達に日本サッカー界の夢を委ねるべきです。
昔、ちょっと書いたことがありますが、多分、私が生きている内に日本がW杯で優勝ってのは、無理な夢かもしれません。まだ、CL決勝の舞台に日本人選手が立っている方が可能性があると思うのです。そんな日本サッカー界の将来について、次のコラムを読んでみてください。
――日本の子どもたちの長所と短所を挙げていただけますか
ファビオ 例えば、こんなシーンをよく見掛けます。相手を抜いて、完ぺきに抜いたのに、もう一回抜いて、さらにもう一回抜いて、その後もう一回抜こうとする。イタリアの子どもだったら、相手を抜いたらすぐにゴールを意識するのですが……。つまり、日本の子どもは技術はあるのに、試合に勝つためではなくて、テクニックを磨くために練習をしている傾向があるのでは。

ルカ ボールを持っているプレーヤーだけが、サッカーをやっていて、オフ・ザ・ボールの意識が少ないように思います。日本の子どもたちは、まるでフェンシングか柔道のように、サッカーを1対1のスポーツととらえているのではないでしょうか。

 「いかに自分で考え、解決できるか」「ACミランジュニアキャンプ ジャパン2007」リポート

まさに、日本代表の決定力不足がこの年代(小学1〜6年生)から出ているみたいですね。2人のコーチ、ルカさん(45)とファビオさん(41)は、ミランのアカデミーで指導している、指導者としてもベテランの人の意見です。場合によっては、現在ミランでプレーしている選手も指導していたのかも・・・また、『日本の子どもたちのテクニックは、イタリアのそれと比べて非常に高い。』こんなことも言っています。そして、この年代の問題は、日本人指導者によって改善されぬまま高校生くらいになった場合は、次のようなことになります。

■ イタリア人指導者が見る、日本サッカーの問題点2

続いてこちらのコラム「日本の高校生」内容自体は、2000年頃の話ですが、現在に通じる所があり非常に興味深い内容です。概要は、静岡の名門高校がイタリアで合宿をした際に、イタリア人監督(コーチ)が感じた日本人高校生の「長所と短所」を的確に指摘しています。このコラムで書かれてある内容を抜粋してみますと下記のようにになります。
◆ 長所
1.組織的な守備(DFラインの上下動、プレッシングのポジショニング)が出来る。
  イタリアのプロクラブの同年代のチームでもここまで出来ているのは少ない。
2.吸収力の早さ。イタリア人なら5〜6回やらせないといけないのを1回で吸収して、次からは言われなくてもきちんと実行出来る。

◆ 短所
問題はこちらがボールを持ったときだ。最大の欠陥は、最もベーシックな基礎技術が徹底していないことにある。
1.最もベーシックな基礎技術が徹底していないこと
  a.ボールを受けるときに軸足で軽くジャンプしてショックをやわらげると共に体の向きをコントロールすること。
  b.ヘディングの時に両肘を高く張って飛び上がり頭を強く振り下げること。
  c.どんなときにも常に細かく足踏みをして、決して両足を揃えて立ち止まらないこと。
  d.スタートを切る一歩目を後ろに踏まず、細かいステップで走り出すこと。
  e.後ろから相手をマークするときに両腕を広げて胸で相手に密着すること。
  f.マークを背負うときには相手に前に回られないよう両肘を強く張ってブロックすること。
  g.ボールの位置とゴールの位置に合わせて正しい体の向きでボールを受けること。
  h.次に走り出す一歩目と逆の足でボールを止めること。
  i.足でボールを撫でるようにしながら一歩毎にボールにタッチしてドリブルすること。
これらは、イタリアでは12歳くらいまでに身体に叩き込むべき基礎中の基礎だ。
 (中略)
基礎技術ができていないから、ボールを持ったときに困難に陥る。まず何よりも、味方の長いゴールキックをマイボールにできたことは一度もなかった。これはヘディングの基本が全くできていないからだ。目測を誤ってボールを落としてしまうことが大半。競り合っても、相手の背中に両手を当てるからファウルを取られてしまう。

ボールをもって攻めようとしたときにも、止めようとしたボールが身体から離れすぎてしまったり、ボールタッチがひとつふたつ多くなって相手に詰められてしまったり、パスが不正確で相手にボールを奪われてしまったり。実際、点を取られたのは全部こっちのミスからだっただろ。相手ボールの時の方が安全なんだから、これはちょっとまずい。

攻撃というのは、ひとつひとつのプレーの正確さが基盤だ。いくら意図があっても、それを実現できなければ何の意味もない。戦術の不足は技術でカバーできるが、技術の不足を戦術でカバーすることは絶対にできないんだよ。

おそらく、日本の指導は、その優先順位のつけ方が出発点から間違っているのではないだろうか。イタリアでは、プロになっても毎日必ず基礎技術の練習をする。そのくらい大事なことなんだ。
 
攻撃ですぐに行き詰まる原因がもうひとつある。技術の基本だけでなく、個人戦術の基本も徹底されていない。要するに、プレーを選ぶときの優先順位が明確じゃないんだ。
私の友人(イタリアサッカー好き)が随分前に、イタリア人と比べて日本人はヘディングが下手くそだ!と言っていたのを思い出しました。一度ワンバウンドしたようなボールやGKのキックなどの競り合いでの処理についてです。まさに、このコラムの中のジョルジーニ氏の指摘通りです。

2.個人戦術の基本も徹底されていないこと
  1.相手のDFラインの裏にボールを通すこと
  2.前線の選手が引いてきて楔のパスを入れそこから次の展開を図ること
  3.サイドチェンジすること
  4.後ろに戻してボール・ポゼッションを確保すること
  5.ボールをタッチラインの外に蹴り出すこと
攻撃の最終的な目的は、もちろんゴールを決めることだが、そのためにはシュートを打たなければならない。だから、ボールを持ったときのすべてのプレーは、できるだけ早くシュートまでたどり着くという目的を達成するために行われなければならない。
「日本の選手に欠けているのは、こういう基礎中の基礎の部分だ。確かに戦術的には非常に進んでいるが、土台がしっかりしていないところに立派な家を建てようとしても、すぐに崩れてしまう。しかし、彼らはイタリアの子供にはない素晴らしい吸収力を持っている。教える側さえきちんとしていれば、これからももっともっと伸びるはずだ。これだけ吸収が早い選手たちを教えるのは、本当にやり甲斐のある仕事だった。機会があれば、またいつでもやってみたいね。
 見ただろ。2軍の連中がボローニャのアッリエーヴィ(16歳以下)とやった試合。相手がボールを持った瞬間に2-3人で囲んで、まったくプレーさせないんだから、あれはもう最大級のスペクタクルだったね。その後観に行ったミラン―ユヴェントスなんかとは比較にならないくらい楽しませてもらった。ボールさえ持っていなければ連中は完璧だよ。」


■ もう一度、育成・指導を考える時

こんな風に言われたら、日本の指導者にも多少問題があるのかもしれません。
日本の指導者も勉強して頑張っていると思います。しかし、現実問題として、イタリア人指導者には、日本人良い点と悪い点が明確に見えている。
このような問題をおざなりにしておくのではなく、日本サッカー協会が主体となって、指導者の交流、もしくは、イタリアなどから指導者を10年くらい長期的に招集して日本サッカーの裾野から基本的な技術・戦術を植え付けてもらうという方法も必要だと思うのです。

企業などでは、日本の優秀なエンジニアなどが海外へ指導にいったりということがあるようですが、逆に、日本のサッカー界で足りない部分は、組織(協会)がバックアップすべきではないでしょうか?10年くらいの長期計画であれば、選手も指導者も育つでしょうし、その規模は初めは大きいものにして、その内、日本の指導者のレベルがある一定の水準を越えたら、今度は育成・指導の方向性ややり方を変えていけば良いと思うのです。こういう交流をクラブ、また地域レベルなどでやるのではなく、一大プロジェクトとしてやってこそ意味があるような気がするんですよね。


今年に入って、日本サッカーは、世界やアジアでの試合が多かったと思います。
A代表は、アジアカップ。五輪代表は、北京五輪の予選、U-20、17は年代ごとのW杯。
しかし、そのいずれの大会においても、我々が望んでいたような結果は伴いませんでした。U-20W杯(旧ワールドユース)ナイジェリア大会で準優勝をした小野伸二を筆頭にゴールデン・エイジと呼ばれる世代は、やはり、個々の選手の能力(スキル)が高かったのだと思うのです。勿論、チーム力、選手間の結束力などもありますが、ベースとなる部分のレベルが高かったからこその結果だったのかな?と思います。

そして、現在、日本サッカー界は、これまでのように「アジアの壁を突破して世界と戦うという」単純な世界へ挑戦するという気持ちではなく、もう一度、腰を据えて具体的に強化・育成をすべき時代に突入しているような気がします。
最後まで読んで下さって、ありがとうございます。
よかったらクリックお願いします。



■ リンク − ブログ検索 
にほんブログ村 サッカーブログへブログランキング・ブログ検索ポータルサイトのにほんブログ村。
人気ブログランキング、ブログ検索、トラックバックセンター、アンケート掲示板などが大人気(無料)
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログの殿堂は人気ブログや話題の記事をユニークな視点で集めたブログポータルサイトです。
■ ピックアップ 過去エントリー | ワールドカップ、日本代表、Jリーグ、欧州サッカー、その他

 第1回 アンケート結果 / アジアカップの結果による オシム監督の去就を考える
 【アジアカップのテーマ】
 ・第1回 考えて走るサッカー
 ・第2回 ポリバレントとスペシャリスト
 ・第3回 欧州組と古井戸組
 ・第4回 オシムの采配
 ・その他 オシムJAPANの「最終目標」は?

ドイツW杯 総括
ジーコJAPAN『W杯ドイツ大会、総括』
敗因と日本サッカーの一つの問題点 − 日本vsブラジル【プレーバック ドイツW杯】
(オーストラリア、クロアチア戦のリンクも有り)
◆ リバプール 07/08シーズン◆

1.アストン・ビラ 戦
2.チェルシー 戦
3.サンダーランド 戦



コメント ( 27 ) | Trackback ( 4 )
« 森本開幕戦ゴール... CL07/08シーズ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (RR)
2007-08-30 16:03:19
ジーコの考えるサッカーが図書館においてあったので一と二を読んで見たんですが、指導者についても書かれていました。ぜひ一読。
で、思ったのは、日本の指導者にはサッカーに限らず選手は自分たちを見て成長するという意識が欠けているじゃないかなと。コーチに考える力がないのに選手が身につけられるはずがない。よっぽど力がないと。そういった思考力をオートマチック幻想で固めてしまうのが日本の指導者の最大の課題じゃないでしょうか。
根底の認識を疑うところから始めないと、大きな変化は望めないように思います。

 
 
 
Unknown (yohan)
2007-08-30 17:32:11
ボールを受けるときに軸足で軽くジャンプしてショックをやわらげると共に体の向きをコントロールすること

どゆこと?こんなん知らなかったですww

今週のフットサルの練習でやってみます☆

ふむふむ。
 
 
 
Unknown (チャン)
2007-08-30 18:13:52
ヘディングが下手だというのは感じていました。Jリーグでも、ゴールキックやパントが相手に渡ることがよくあります。

U-17を見てて思ったのは、彼らは止める、蹴るといったボール扱いは非常に巧いと思いました。ただ、それを引き出す判断力という面ではまだまだだと感じました。

コーチを招聘するのもいいけれど、自分たちの側から飛び出すことも大事なんでしょうね。ヴァレンシアでやっておられる日本人女性の方もいらっしゃいますし。
 
 
 
コメントのお返事 (コージ)
2007-08-30 19:10:42
RRさん

こんばんは。お久し振りです。
ジーコの本、機会があれば読んでみます。

>自分たちを見て成長するという意識が欠けている
この辺は、サッカーに限らず主観と客観の切り変え?みたいな部分でしょうかね?

 
 
 
コメントのお返事 (コージ)
2007-08-30 19:12:50
yohanさん

こんばんは。
>ボールを受けるときに軸足で軽くジャンプしてショックをやわらげると共に体の向きをコントロールすること

これは、トラップの話だと思います。
一応、ヘディングであったり飛んできたボールに対する応対のことについて書いてあったのでネ。
要は、DFを背中に背負ってトラップと同時に反転してとか、体勢を変えて次への一連のアクションについてだと思われます。
 
 
 
コメントのお返事 (コージ)
2007-08-30 19:15:58
チャンさん

こんばんは。
自分から飛び出すのは、現実的には困難なケースが多いかもしれません。だからこそ、招聘した方が日本人的には楽(笑)
ただ、一大プロジェクトとして敢行すべきだと思いますけどね、勿論、中長期的なビジョンが必要でしょうけど。あと、なかなか世界との指針ってのが指導者の中には見つけづらいのかな?って思いますね。

つまり、世界を知らないと世界との距離(指針)が定まらない。指導者の方々は、それぞれ頑張っていると思いますけど、いかんせん、もう一殻破らないと日本のサッカーは、現在頭打ちになっている気もしますね。
 
 
 
Unknown (部下D)
2007-08-30 20:45:58
以前から誰だったかが言ってましたが、日本人の選手が欧州に行くだけでなく、もっと指導者や審判といった面々も海外に飛び出して吸収してくる必要がありますよね。

私も小学生の時に、このイタリア人監督と同じような事をイギリス人(ウェールズ人?)コーチに言われた事があります。
特に一歩目の出足は、ウォーミングアップのランニングの際から、その場で駆け足から飛び出す際に一歩目が前に出れなければやり直しと、徹底させられた記憶があります。
トラップに関しては、簡単に言うと止まってボールを受けず、完璧に勢いを殺すための方法だと思います。

後、南米では腕や手の使い方を教えられると聞いたことがありますが、日本ではあまり聞かないですよね。
 
 
 
Unknown (N)
2007-08-30 22:22:48
すごく興味深い内容でした。

イタリアから見た日本のサッカーのイメージは、九九を飛ばして数学をしている感じなのでしょうか。
個人的なスキルの違いはあるはずですが、それ以前にサッカーで必要とされる基礎、思考は幅広くありそうですね。
サッカー強国において基礎といわれるものの指導方法が確立されることが日本全体の強化につながりそうですね。
 
 
 
コメントのお返事 (コージ)
2007-08-31 01:32:40
部下Dさん

こんばんは。
腕や手の使い方も日本人は下手というか、守備に関しては、ゾーンで追い込む形が多く、ボールを自ら奪うという意識が低い感じはしますね。スペインやイタリアなんかは結構個々がガンガンいくイメージがありますが・・・
組織は大事ですけど、結局、個人が本当はもっと大事であってそれをどう向上させるか?が今の日本に課せられたテーマのような気がします。

「人とボールが動くサッカー」それはそれでいいのですが、その“人”が軽視されているというか、すりかえられているというか、“組織”で頑張ろうよ!って風潮がなんか恐いんですよね。

そんなメッセージの内容だったんですけどね。
 
 
 
コメントのお返事 (コージ)
2007-08-31 01:33:55
Nさん

こんばんは、はじめまして。
組織の部分は良い。だったら、足りない部分ももっと改善しようよってなって欲しいものです。なぜなら、いつも行き着く先は、同じような気がしているからです。
 
 
 
Unknown (manaview)
2007-08-31 08:25:24
サッカーは難しく、面白いスポーツであると思います。他のスポーツと違い、走る、蹴る、考えるを高いレベルで連続的に実行しなければなりません。

サッカーの教育のシステムとして考えるならば、「一貫性」が欠けていると思います。少年サッカーから始まり、中学、高校、クラブチーム、プロチームのユースと指導者も思想も教育もすべてがばらばらで、コーチなどもみんな片手間にやっています。この中で育つ選手は、基礎ができず、小さいときから結果でしか考えられない選手になってしまいます。

指導という部分では、サッカー先進国に学ぶしかないですよね。やはり。
特に、環境が一番いいといわれるドイツ、アカデミーを成功させスターが続々育っているフランス、スペインは、常時研修でいるぐらいの体制がほしいです。

サッカー協会とJリーグは協力してやるべきであると思います。代表とJリーグ強化のために。
 
 
 
基礎の違い (くらげ)
2007-08-31 17:44:50
イタリア人のお話などを読んで思ったのですが、その国が何を基礎とするかで、その国のサッカーの特色を形作っているのではないかということ。
 戦術という前に、育成でその国の基礎を教え込まれることで、その国のカラーが染み込むとだとすれば、日本らしさとはっきりするのはまだまだ時間が必要だといえるかもしれません。
もちろん、今時点の日本人らしさはありますが、日本らしさを無理に急がず、今いる選手を十分生かして戦うことをすればいいのかな、と思います。
 
 
 
コメントのお返事 (コージ)
2007-08-31 19:11:32
くらげさん

こんばんは、はじめまして。
>その国が何を基礎とするか・・・

面白い視点だと思います。もちろん、基本的に技術面ってのは大事でしょうけど、何か特徴となる部分を伸ばす方法を国として一貫すればその国独自の基礎となる。

面白いです。今、「人もボールも動くサッカー」を二本らしさみたいな感じで進めているようですけど、じゃあ、その為に絶対的に必要な基礎とは?そこを推し進めていけば、いいんでしょうね。

ただ、イタリア人から見た問題点ってのはそれはそれで改善する必要性は感じますけどね。いかんせんヘディングの処理が下手ですよね・・・
 
 
 
なるほど。 (イニエスタ)
2007-08-31 23:20:16
非常に興味深い内容でした。私個人も小学校から中学高校とサッカーをやっておりましたが、基本技術と個人戦術が徹底されていないことはいまさらながら共感いたします。なので指導者や教育体制を協会やJリーグの関係者の方々に考えていただきたいと私も思います。(できるなら自分も一役を担ってみたいが。。)
でないと自分が生きている間には日本代表の華々しい活躍は見られそうにない。
ちなみによく欧州のサッカー中継をやっている解説者の方々は指導者としてはダメなのかと思います。
風間八宏さんなんかは「技術がある技術がある」と欧州のプレイヤーを絶賛しておりますが、実際生で見ていることを日本のサッカー育成に役立ててもらいたい。
内容が薄くて申し訳ですがまた来ます。皆さんのコメントもとても面白かったです。
 
 
 
コメントのお返事 (コージ)
2007-09-01 00:17:35
イニエスタさん

こんばんは、はじめまして。
>自分が生きている間には日本代表の華々しい活躍は見られそうにない

それは、私も思います。で、とても切ない・寂しい気持ちになります。やっぱり生きている間にW杯で優勝して欲しい。あと、何年生きれるかな・・・(苦笑)
 
 
 
指導者 (くらげ)
2007-09-01 00:30:14
バルセロナコーチさんのブログ
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/naoto/article/139#extended
バルセロナキッズキャンプの動画配信
http://www.fcbkidscamp.jp/
これなどを見ていて、前のような考えをフト思ったのですが、先進国では基礎の中にイエニスタさんのいうように個人戦術、またグループ戦術なども含まれているのかと思うと、ちがいは大きいですね。
でもキャンプでも一週間で子供が変われた、という話もありますし、やはり指導者次第ということでしょうか。
 
 
 
コメントのお返事 (コージ)
2007-09-01 01:01:16
くらげさん

こんばんは、情報ありがとうございます。
あとでゆっくり読んでみます。
なかなか育成ってのは難しいだと思います。日本の指導者の方々も頑張っていると思いますけどね。ただ、もっと協会であったり大々的に「頑張ろうよ!」って雰囲気が欲しいですね。
日本人の悪いのは、W杯でもオリンピックでもそのときだけであって、サッカーに限らずスポーツ文化が根付いてないから、こういう育成であったり文化という認識が低いのが問題なんだと思います。

世の中にゆとりがないというか、そういう歴史だったからしょうがないんでしょうけど・・・(なんか切ない)
 
 
 
コメントのお返事 (コージ)
2007-09-01 03:03:39
manaviewさん

こんばんは。
おっしゃる通り「一貫性」ってのは、まさに基礎などの関しては継続性が大事でしょうね。社会構造、スポーツ界の構造など、実は、根本的な問題が指導・育成の現場では顕著に現れているのかもしれませんね。

(お返事の順番がひっくり返ってすいません。)
 
 
 
Unknown (Mario)
2007-09-01 19:09:25
こんにちは、大変貴重な意見ですし参考に
なりました。
サッカーの先進国から見れば、
小学生レベルの九九や分数計算など、
万国共通の算数をきちんと教えていないのに、
微分積分をやるように見えるんでしょうね。
個性とかお国柄以前の問題ですから、
体系的な教科書が必要だとおもいます。
国語(表現のし方)や社会(チーム戦術)は
その国の独自性が出るわけですから、
これは日本化を考えればいいんでしょうね。
JFAも真摯に考えて欲しいモンです。
 
 
 
コメントのお返事 (コージ)
2007-09-02 20:56:15
Marioさん

こんばんは。
お国柄って大事だと思いますね。その国の人にあったシステムを構築することが大事だと思います。その際に、サッカー先進国のモノをどんどん吸収して、日本独自の素晴らしいシステムが構築出来れば、それこそ、一時期低迷していたフランスサッカー界が復活したようになるかもしれません。

しかし、フランスと日本では歴史的にもバックヤードが違いますけど...(苦笑)
 
 
 
Unknown (名無し)
2007-09-03 00:05:36
>ボールを受けるときに軸足で軽くジャンプしてショックをやわらげると共に体の向きをコントロールすること

これは中村憲剛選手なんか見てるとうまいですね。
反転が速いだけ判断も早くなる。
中盤の選手には必須です。


これらの指摘は本当に目から鱗でした。
日本の選手は基本がなってないというのはよく言われることですが、実際どこがどうなってないのか、どうすれば良くなるのか言える人は相当少ないと思います。しかし指導者というのは本来そうでなければならないんですよね。まずは指導者のレベルアップが必要だと感じました。
 
 
 
コメントのお返事 (コージ)
2007-09-03 18:43:37
名無しさん

こんばんは。
中村俊輔など、やはり欧州でプレーするには基本的なスキルの高さって大事なんだと思われます。中田英寿、小野伸二なども同様でしたし・・・

次回からは良かったらHNでコメント下さい。
 
 
 
あの〜 (Unknown)
2007-09-13 00:41:37
ボールを受けるときに軸足で軽くジャンプしてショックをやわらげると共に体の向きをコントロールすること

これは、軽くジャンプして着地の瞬間にトラップする、ってことだと思います。
僕はそうやって子供たちを指導してます。。
 
 
 
Unknown (cesc)
2007-10-08 00:10:31
ボールを受ける時に軽くジャンプしてショックを和らげるのは芝生の上でのスピードあるパスを正確にトラップするために必要なことです。この動作がなければ前にボーンとボールをはじいてしまいます。

体の向きのコントロールは言わずもがなワントラップで前を向いたり、相手をかわすための動作です。
 
 
 
ひときわ輝くエントリー (cska352)
2010-11-21 22:59:27
記事がいいとコメントの質も高いですね。
私はKYだから例外だと思いますが。

日本人は規範を求めてるんですね。
人間に必要なものですからね。
それをスポーツにも求めるのが日本人なのか。

私は普通に走ってカバーして、マンマークして、ドリブルして、パスしてシュートするそれがフットボールだと思ってます。
 
 
 
ほんとに (これ)
2013-12-27 18:29:13
あなたが書いたものなんですか?
コピペだったら承知しませんよ
 
 
 
コメントのお返事 (コージ)
2013-12-28 01:26:52
名乗らずコメントして、
>コピペだったら承知しませんよ
というのは心外ですね。
過去の記事の一通り読んでみてください。

きちんと引用部分も引用元のソースは明記しているので。誰か知らんけど。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
「選手はよくやった」 (高尾 ブログ)
オシムジャパン内閣改造、意味なし。 サウジアラビア戦は守備陣崩壊で最多失点負け… 。 いい攻撃はしていたみたいですが、この試合勝って欲しかったです
 
 
 
日本と世界の差は何か。判断力?技術力?フィジカル?それとも・・・ (新右衛門ブログ)
今回はいつもと趣向を変えて「日本の選手が世界の強豪国の選手に勝つにはどうすればいいか」について考えてみたいと思います。 以前、このブログでU-17日本代表対U-17ハイチ代表の試合についてレポートを書いたのですが(
 
 
 
Football Kingdom (MIYAZAKI SOCCER ACADEMY)
「Football Kingdom」に 日本サッカー界の育成・指導に関する一考察 という記事が投稿されています。 非常に興味深い記事です。 ぜひご覧ください。 miyazakisa
 
 
 
ユース世代のスキルと欧州遠征代表選考 (Blog版「蹴閑ガゼッタ」)
昨日はJリーグの試合を見ようかと思っていたのですが、猛暑復活で精神的にも肉体的に...