無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

橋下氏を取材して…酒席でも雑談なし、まるで街頭演説 惜しまれる突破力

2015年05月20日 | ニュース

橋下氏を取材して…酒席でも雑談なし、まるで街頭演説 惜しまれる突破力

 この春まで大阪本社社会部で3年余り、橋下徹氏を取材した。17日深夜の記者会見で、「政界引退」を表明した晴れ晴れとした表情に、引き際の鮮やかさを感じた。同時に、「地方から国を変える」と訴え、突破力を示した不世出のリーダーが政治の表舞台から去ることが、惜しくてならない。(九州総局 高瀬真由子)

 橋下氏の取材を始めたのは平成23年秋だった。大阪府知事だった橋下氏が、大阪市長にくら替え出馬する「ダブル選」の渦中だった。橋下氏が街頭に立てば、身動きできないほど聴衆が集まった。そこにあったのは「既得権打破」への共感と、「大阪から国を変える」という力強いメッセージへの期待感だった。

 大阪は閉塞感に包まれていた。東京一極集中が進む中で、企業の流出に歯止めがかからず、かつての「商都」の存在感は、見る影もないほど薄れている。「大阪を何とかしてほしい」。そんな民意が、橋下という政治家を支えた。

 橋下氏といえば過激な言動ばかり紹介されたが、政策実現へかける思いは強かった。懇親会のような酒席でも、雑談はほとんどせず、都構想や大阪活性化策を熱く語った。まるで街頭演説だった。

 だが、取材を通じて何より痛感したのは橋下氏の突破力だった。

 「都構想」実現に国を動かす必要があるとなれば、平成24年9月に「日本維新の会」を結成した。

 翌10月。年末の衆院選を前に、橋下氏は「日本維新の会」代表として九州で遊説した。皮切りとなった鹿児島での演説を今も覚えている。

 「ここには今の日本を作った維新志士がいた」「自立する個人、地域、国家ということを肝に据えた新しい日本を作っていきたい」

 明治維新の主役・薩摩の有権者の心をがっちりつかみ、大きな拍手を浴びた。

関連ニュース

【都構想「否決」】はや方針転換?自民推奨「『総合区』進めて」 橋下氏「広げた風呂敷、たたまなきゃ」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 街頭アンケート「30年後、... | トップ | 観葉植物を置くだけで室内や... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。