唐茄子はカボチャ

映画と音楽と・・・

PRINCE / Art Official Age

2016年05月28日 | プリンス
Art Official Age -Digi-
クリエーター情報なし
Warner Bros / Wea


プリンスが戻ってきた―!と、期待を膨らませてききました。

オープニングで、おお!なにかがおこる予感!

きたー!!!

と思ったのも一曲目だけでした。

メロディがなんというか、思いついたのをそのまま録音して、とりあえずまとめてみましたという感じで、音楽を生み出す苦労をしてない気がしました。

ライブでやってもつまらなそうな曲ばかり。

プリンスらしさは・・・・一応あります。音をいじりたがる感じはプリンスらしい。つまらないメロディを音いじりでごまかした感じですかね。

ついでに流してきくだけならいいかもと思ったりもしたけれど、きいてるだけでなんかもやもやイライラしてくる。何度も聴けば味が出るかもと、今は我慢して聴いてますが、何もなさそうです。

独りよがりなネトネトしたプリンスをもう一度聴いてみたい。

2014-10-07 15:25:30

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プリンスが亡くなりました。
実は、亡くなる1か月前ぐらいから、なぜかこのアルバムを無性に聴きたくなって、毎日このアルバムを聴いていました。
プリンスのアルバムはやっぱり何度も何度も聞いていかないとその魅力に気づかないままになってしまうことを今回改めて感じました。
オープニングのドキドキ感は相変わらずですが、すべての曲がしみてくるようになりました。
そして、これからどんな曲を作ってくれるのだろうか、日本には来てくれるのだろうかと、明るい未来を展望していたら、まさかの突然の訃報。
こ子に収録されているアルバムはそれまで未来を感じさせるドキドキ感があったのに、いきなり、天地がひっくり返ったように、過去の作品になってしまいました。何度聞いても、未来を感じることができなくて、もう、ここから動かないものになってしまった、この空虚感といったら。
たまに、ふとプリンスの顔が思い浮かんでは、死んでしまった事実に打ちのめされています。
あれからずっと、ほとんどプリンスしかきいていません。
また、聴けば聴くほど、このアルバム、最高傑作ではないのかと思うようになってきます。
死んだからいうのではないんですけど、一つ一つのメロディや音に、愛情が出てきてしまうと、もう、だめですね。何度聞いても、どこの部分を聴いていても、なんか、入り込んでしまいます。最初に聞いたときにぼろくそ言っていた自分が恥ずかしくなりますが、プリンスの曲はそういうもんです。
そのうち、一曲一曲、どんなところがよかったのか描きたいと思いますが、今日はこの辺でお開きということで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1. ART OFFICIAL CAGE
オープニングからウキウキ感が爆発します。今までのプリンスの印象をパッと振り払ったかのような最初の印象でしたが、よくよく聴いていくとやっぱりプリンスだったとなります。ギターの刻みが素晴らしい。後半の何ともいえないうねるギターもいいです。曲の流れがいい。飛ばしたり、急になまったるく遅くしたり、メリハリがきいてて、勢いだけでないところも素晴らしいです。刻んだりピロピロしたり、時々入ってくる変な電子音が耳に残ってくるようになると、さらに深いところで好きになる曲です。

2. CLOUDS
かわいてる。ゆっくりな曲なのに、素早く歌いこなしていて、かっこいい。リズムが重はっきりしていて心地いい。

3. BREAKDOWN
この曲を聴くと悲しくなります。いつも、ああ・・・死んじゃったんだ・・・と思い出してしまうのは、結構この曲を聴いているときです。ピョンピョンピョンというレーザービームで撃たれたような電子音が心に突き刺さります。1234・・・っていうところが、かっこいい。こんなに裏声で叫んでいるプリンスって、最近あったかな?かっこいいです。

4. THE GOLD STANDARD
この曲が結構意外でした。最初はピョーンピョーンしてて、またこんなのか・・・と思ってたのに、今は、けっこうはまってます。軽快さとちょっとしたコミカルさがありつつ、もっさりしたコーラスもあります。プリンスのちょっと適当な歌い方がまたはまります。一時期、すごく構えてかっこよく歌おうとしていた感じがちょっと鼻についたことがあったんだけど今は力が抜けてていいです。
ギターの刻みがまたいいなと思っていると、また電子音が絡んできて面白い。ラップ(?)もプリンスらしくて面白い。後半の引っ張り方も素晴らしい。

5. U KNOW
そしてこの曲にいきなり切り替わるんですけど、また、このスットコトントントンっていう感じの歌い方が心地いいです。裏声がまたいいのです。

6. BREAKFAST CAN WAIT
こもったような、なんか、大人な感じで始まってしかも、やっぱり力が抜けてていい感じです。今聞いていたら、サインオブに入ってても違和感ない感じがします。いや、やっぱり違うかな?

7. THIS COULD BE US
このキラキラ電子音。すきだなあ・・・。歌い方も好きだあ・・・ちょっとかわいらしいんです。これこそサインオブに入ってても・・・やっぱり違うかな。

8. WHAT IT FEELS LIKE
この曲もなんか乾いた感じが魅力的。女の人の歌声が何とも言えない。これもサインオブに・・・やっぱり違うかな?

9. affirmation I & II
10の曲のイントロですかね。

10. WAY BACK HOME
あ?いつの間にか曲が変わってる。今回一番ぐっと来たのがこの曲です。実は最初は一番無駄局と思っていたのですが。
プリンスの歌いまわしが繊細で美しい。かっこつけてるけどかっこつけすぎてない。歌声もこんな素晴らしい人なんだと思わせてくれます。

11. FUNKNROLL
これもすっぽ抜けた感じで最初はまたこんのと思ってたんだけど、電子音の一つ一つをいとおしく感じるようになります。そして、中々ジャージャジャジャジャーとならない引っ張り方がすごい。不安になるころに来たー!と思わせてくれます。

12. TIME
うーん・・・かわいてる・・・。

13. affirmation III
このメロディがやけに刷り込まれてるのは、このつくり方にあるんでしょうね。眠いときに聞いていると、9・10からずっとこのメロディに支配されてしまいます。お気をつけて。

最後に、「Albums, Remember Those? Albums still matter. Like books and black lives, albums still matter. (アルバムって皆覚えてるかい? アルバムはまだ大事だ。本とか黒人の命と同じようにアルバムって重要なんだよ)」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今さらだけど

2016年05月02日 | ほか
 今さらだけど、プリンス死んじゃったよ。
 たとえ、これから数々の未発表の音源が出たとしても、今までの曲を聴いても過去のものでしかないというのは寂しいです。
 プリンスは、他の人と違っていつも、未来の可能性を感じて聴き続けてきたから。
 歳とって、過去の名曲を懐かしんで満足なんていう聴き方をできない人だったから。
 
 自分の一部が死んだとは言わないけれど、生きていなければならない意味のひとつは無くなったのは確かです。
 でも、だからといって、生き方に迷うとかはないし、これからも普通に生きていくんだけど、生きる張り合い、刺激のひとつが無くなったのはかくじつです。

 プリンスは、幸せだったのかなあ…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プリンス論  / 西寺郷太 / 新潮社

2015年10月05日 | プリンス
プリンス論 (新潮新書)
クリエーター情報なし
新潮社
20

プリンスのアルバムをもう一度全部聴きなおしてみたくなりました。
特に好きじゃないと思ってるやつを。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仁義なきキリスト教史 / 架神 恭介 / 筑摩書房

2015年09月22日 | 
仁義なきキリスト教史
架神 恭介
筑摩書房
19


おやっさん・・・おやっさん・・・なんでワシを見捨てたんじゃあ!

安息日はのう・・・人のためにあるんじゃろうが・・・。安息日のために人があると思うとるんかあ!

おやっさんは何でもできるんじゃろう!わしは本当はこんなこと、しとうないんじゃあ。堪忍じゃ・・・堪忍してつかぁさい・・・。じゃけんど、おやっさんがそれを望んどるんじゃったら、おやっさんがええ思うようにしてつかぁさい・・・」

こんな感じで、イエスの物語は流れるように面白く読めました。

その後は話自体が初めてだったので、それほど面白く感じませんでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ / トルストイ

2015年08月31日 | 
イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ (光文社古典新訳文庫)
トルストイ
光文社
18

なんか、生きるのは苦しくて、死ぬ瞬間はすごく肉体的にも精神的にも気持ちいいのかもと思ってしまいました。
記憶にはないけれど、実は生まれた時が一番苦しかったりして。なんて考えました。
自分が築きあげた幸せと思っていたものが実は違うのかもしれないと死ぬ間際に考えてしまう残酷さって、どうしようもないですね。でも、どんな人にも、共通に訪れる安らぎは、本当に死ぬ瞬間なのかもしれません。

もう一つのほうは、もう、女ってこえー!でも、それを作り上げた男社会と男のエゴが一番こえー!って感じでした。愛ってなんだっけ?マジでわかんなくなりそう・・・。
自分を殺した人を恨みながら、その恨む人の目の前で、ゆっくりと死んでいく。それがその恨んだ人に対する復讐でもある。最初に言った死ぬ瞬間の安らぎなんて考えられないね。
刺して殺すんだけど、それがセックスとダブるみたい。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三浦綾子 / 海嶺

2015年08月19日 | 
三浦綾子 電子全集 海嶺(上)
クリエーター情報なし
小学館
17

お盆休みに読みました。

こんな悲しい話があったとは。

何が悲しいかというと、幕府の鎖国政策のもとで、そもそも長い航海ができないように船の規制があったこと。そしてやっと帰ってきたと思ったら、大砲で追い返されてしまうこと。こんな理不尽な話はない!事実はやっぱり残酷です。あれだけ日本に帰る日を夢見ていたのに、それが、ほかならぬ日本人によってさえぎられてしまうとは。理屈や人間としての心の問題が通用しない、幕府の硬直した姿勢が安倍政権に見えてきた。あの時代から自民党政治に至るまで、じつは、お上というのは進歩していないのかもしれない。

日本に残された人たちが帰ってこない人たちを待ち続けたのか、どこで諦めたのか、気になります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仁義なき戦い

2015年07月29日 | 好きな映画・良かった映画
仁義なき戦い [DVD]
クリエーター情報なし
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)


山守さん・・・、弾はまだ残っとるがよう・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

靖国神社 / 島田裕巳 / 幻冬舎

2015年07月22日 | 
靖国神社
島田裕巳
幻冬舎


14
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

品川神社

2015年07月08日 | My旅ネタ
富士山の頂上まで登ってしまいました!
山の上からの景色です。

というわけで、品川神社でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

荏原神社

2015年07月08日 | My旅ネタ
荏原神社は元明天皇の御代、和銅2年(709年)9月9日に、奈良の元官幣大社・丹生川上神社より高龍神(龍神)を勧請し、長元2年(1029年)9月16日に神明宮、宝治元年(1247年)6月19日に京都八坂神社より牛頭天王を勧請し、古より品川の龍神さまとして、源氏、徳川、上杉等、多くの武家の信仰を受けて現在に至っています。明治元年には、准勅祭社として定められました。神祗院からは府社の由来ありとされました。現在の社殿は弘化元年(1844年)のもので、平成20年で164年を迎えました。(荏原神社HP)

雨が結構降ってきた。

セブンイレブンで傘を買って、くじを引いてヨーグルトとコーヒーゼリーをもらったんだけど、荷物になるしあんまり嬉しくなかったなあ…でも、途中で雨の中、ベンチに座って2個とも食べちゃいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

品川寺(ほんせんじ)

2015年07月08日 | My旅ネタ
真言宗 醍醐派 海照山 品川寺

 品川寺の歴史は、町そのものです。遠く、大同年間(806年~810年)に開創された品川で最も古いお寺です。本尊「水月観音(すいげつかんのん)」は、弘法大師空海上人(774年~835年)が東日本を教え、導いた時、この地の領主、品河(しなかわ)氏に授け、以来、応永2年(1395年)品河左京亮(しなかわさきょうのすけ)の代まで代々同家に伝えられました。同年、足利・上杉の合戦(上杉禅秀の乱)で品河一族は滅び、それ以後は、草堂に安置され「観音堂」と称され、町の人々の信仰を集めてきました。その後、太田道灌が、この地に勢力を伸ばすと、道灌は「水月観音」を信仰し、あわせて自分の持仏である「聖観音」像をここに移し安置しました。そして、長禄元年(1457年)道灌は、江戸城を築き、城に移るとき、この地に伽藍を建立し、「観音堂」を「金華山普門院大円寺(きんかざん・ふもんいん・だいえんじ)と号しました。
  不幸にも、永禄9年(1566年)、甲州の武田信玄が小田原の北条氏政を攻めたとき、北条氏の支配下にあった品川一帯は、焼き払われ、観音堂も焼かれ、「水月観音」像は、甲州に持ち出されました。しかし、持ち帰った二人の武士は、まもなく発狂し、それを聞いた信玄は、一人の「聖山伏に頼み、水月観音像を品川の観音堂の地に持ち帰えらせ、草堂を造り、安置させました。(品川寺のホームページ)

・・・だそうです。


弁天堂や本堂が不思議なデザインです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大圓寺

2015年07月03日 | My旅ネタ
天台宗 松林山 大圓寺
目黒駅から急な坂を下りるとあります。
近くはよく通ったことあるけど、こんなところにこんなお寺があったんですね。

素朴な感じのお地蔵さんの大群がなごみます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五百羅漢寺

2015年07月03日 | My旅ネタ
天恩山 羅漢寺  (通称 天恩山 五百羅漢寺)
宗派 単立  (1948年 黄檗宗より独立)

歳々年々、人おなじからず(幻化空尊者)
この言葉、いいですねえ・・・

それで、らかんさんの言葉のパンフを買っちゃいました。

比丘たちよ・・・・なんちゃらかんちゃらというテープの音を聞きながら、神妙な感じになってきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目黒不動

2015年07月03日 | My旅ネタ
泰叡山護國院 瀧泉寺(通称:目黒不動尊)

鬼平犯科帳で出てきたときはうれしかったなあ…
といっても、自分的には、特に何の思い入れがあるわけではないんですけど、まあ、近いから。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

池上本門寺

2015年06月17日 | My旅ネタ
思い出の地・・・

できれば、約束を果たしたかったです。
あのおじさんもいないし・・・

というわけで、アジサイが咲いてます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加