海辺のねこ

どんな日もかけがえのない一日。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

写真のちから

2016-09-19 | 思い、想う

デジカメが普及しさらに携帯電話にカメラ機能が付いてから、誰もが手軽に写真を撮れる現在。
ネットには、日々たくさんの写真がアップされ目を楽しませてくれますね。

あなたは、いつ頃から写真を撮ることに魅力を感じるようになりましたか?
何を思い、シャッターを押すのでしょう。

嬉しいというか、じんわり心が温まるような。
そんなニュースが飛び込みました。
「いつか写真集を出したらいいのに」と思っていた方が、写真展の開催並びに写真集を出版することになったのです。
それも自分のためというわけでなく、人々を応援するために。
昭和45年から昭和48年にかけて撮られた写真たちが、時を超え、きっと目にした人たちに勇気とパワーを与えてくれるはず。
何せ私は、出版するに至った思いをお聞きしただけで力を頂けましたもん。

9月下旬に写真集が完成するそうです。
出来上がりがとても楽しみです。

私が写真を撮るようになったのは…。
20代の頃、紀行文や冒険もの、バックパッカーの本を読みながら触れた写真たちが素敵だったからです。
初めて手にした一眼レフ。
レンズ越しに「何て世界は光に満ちあふれていたのだろう」と感激したことを、今でもよく覚えています。

今は専ら(95%以上)ガラケー写真です。
何で撮ってるんだろう?と改めて考えてみたところ、気付きました。
結婚し今の家に帰ってきてから岡山市内でさえ行くことのない母(倉敷在住)に、いろんな風景を見せたかったんだわと。
おてんば娘から、いつも家を守ってくれている母へ、毎日でも贈れる風景のプレゼント。
カメラって、写真って、ありがたいなぁ。

さて今日は―。
どんな1枚を残しますか(^_-)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時間と、想いと。

2016-06-12 | ねこからの手紙


それぞれの時間が流れている

自然界に

動物の世界に

そして、人の世界に。


それぞれの人にそれぞれの時間が流れていて

出逢って

温めあって

時には絡まりながら

思いを重ね 過ぎていく。


時計の針を前に戻すことはできないけれど・・・

どうぞ想いよ永遠であれ、と

願わずにはいられない雨の日の午後。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

精一杯咲き続けたあなたに

2016-05-15 | ねこからの手紙
何か大きなことを成し遂げること“だけ”が称賛に価するわけではなくてー。
どんな試練が続いても自分の出来ることをやり続けるという人生も、素晴らしくて尊敬します。

 置かれた場所で精一杯咲く。

そんな姿を見せ続けてくれたあなたに出会えたことは、私の宝物です。
どうもありがとう。

きっと今日もいろんな場所で、精一杯咲いているお花があることでしょう。
その存在が、世界を勇気付け励ましてくれるのだなぁと想う夜です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お手てつないで

2016-04-04 | 花と樹と緑と


私が住む町には、たくさんの桜が植えられています。
5分もかからない通勤時間でも多くの桜を楽しむことができます。

満開になった今日、母をお花見に誘ってみました。
といっても、足の調子が万全ではない母とのお花見は、車でぐるりと巡るというものです。
しかし、酔い止めを飲まないと不安な母は「今日は行かない」と言いました。

散る前に一緒に見たいなぁと思った私は、予定変更。
我が家から50mほど離れた近所の桜を歩いて見に行くことにしました。
杖を持たずに出掛けてしまったので、手を繋いで。

「お手て~つないで~♪」
嬉しくなったのか、繋いだ手を振りつつ歌いながら歩く母。

タイムマシンがあったなら。
娘の私から見ても可愛らしくて、そして面白い母の子ども時代を見てみたいなぁといつも思っていたのだけれど。
もしかしたら、こんな感じだったのかしら?
それとも私が小さかった頃、こうして手を繋いで歩きながら歌ってくれていたのかもしれないなぁ。
そんなことを感じた春の夕暮れでした。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

“素隠居”ってご存知ですか?

2015-09-08 | 倉敷ってどんなところ?


そうだなぁ・・・。
あれはまだ、私が幼稚園に通っているかどうかくらいの頃のことだっけ。

家が大好きで滅多に出かけることがなかった父と一緒に、倉敷の美観地区を訪れたことがありました。
飲食店に入ってアイスクリームだか、クリームソーダを口にしていたところ・・・。
ガラス窓にびっくりするくらい大きな顔が張り付いているではありませんか!!

そりゃあもう私、大泣きです。
父は側で笑っています。
これが私と素隠居との、初めての出会いでした。

さてさて、それでは素隠居って何なのでしょう?
倉敷素隠居保存会のHPによると、下記のように説明してありました。

*********************
 素隠居とは、当地岡山県倉敷市にある阿智神社のお祭りの御神幸の雌雄の獅子に付き添う翁(じじ)と媼(ばば)の面をかぶった若者を指します。

 この素隠居は元禄5年(1692年)阿智神社にほど近い戎町の宰領をつとめていた沢屋善兵衛が寄る年並に勝てず、人形師の柳平楽に頼んで「じじ」と「ばば」の面を作らせ、店の若者にこの面をかぶらせ、主人の代理として御神幸の行列に参加したことに始まるとされています。

 素隠居という呼び名は明治以後誰彼となく、この「じじとばば」のことを呼びはじめたようですが、ただの御隠居という意味で「素の隠居」であったり、「素晴らしい隠居」であったり、「素朴な隠居」というような意味が語られています。

 この素隠居の面は見ていただいての通り、「らっきょう」の形に似ていることから怯えながらもこの素隠居を挑発する子供達は「すいんきょ、らっきょう、くそらっきょう」(下右写真参照)とはやしたてて逃げまどうのです。

 素隠居が持っている渋うちわ(下左写真参照)で頭を叩かれると、賢くなるとか、健康になるとか言われています。だから、ここ倉敷の親は子供(赤ちゃんに近いぐらいの子供)が怯え、泣き叫んでもその子供の頭を素隠居の前に差し出します。
**********************

だから、だったんですね。
父がニコニコ笑っていたのは。

昔は秋季例大祭のみだったようですが、最近では春のお祭りや天領夏祭り、毎月第一土曜日の倉敷路地市庭にも登場しているようですよ。

さらに。
何と!!
「すいんきょジョッキー」というFMくらしき(82.8MHz)のラジオ番組で、じじとばばがジョッキーまでしています。
“願い事”を素隠居のHPか「すいんきょジョッキー」のFacebookページに投稿すると、ラジオでエア叩きをしてくれるんですよ。
叶いますように、って。

実は私、投稿したんです。
そして投稿した方は頂けるという、「素隠居千社札ステッカー5枚組み」を頂いちゃいました♪


ちなみにFMくらしき(82.8MHz)はサイマル放送対応なので、パソコンからでもスマホからでも聴くことができますよ。
聞き逃した~!という方でも、後日HPにアップされるので楽しむことが出来ます。
あなたがもし、叶えて欲しいなぁという願い事があったなら。
素隠居にお願いしてみてはいかがでしょうか。



そうそう先日、私、倉敷物語館で素隠居のペーパークラフトなるものを発見しました。
工作大好き♪
ということで、作ってみました~。
倉敷を訪れて「お土産は何にしよう?」と悩まれたなら、このペーパークラフトもおすすめです。
これだけ立体的な仕上がりですから、少々時間を要します。
その間、倉敷の風景や思い出を脳裏に浮かべながら作るというのも素敵でしょ?

何で、素隠居のお話をしたかというとー。
ラジオで願い事のエア叩きをしてもらって、とっても嬉しかったから。
素隠居さん、どうもありがとうございました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

敬い

2015-08-19 | 


表紙は、奈良美智さんの絵なんだ~!
と、嬉しくなって発売すぐに購入した糸井重里さんの『羊どろぼう。』。

ゆっくりと部屋で過ごしていた仕事休みの雨の午後に、また。
目に留まり。
手を伸ばし。
パラッと開いて飛び込んできたのは、次の文章でした。

*******************
「聞く」っていうのは、
もう、ほんとにすごいことなんだ。
しかも、誰でもできる。

(中略)

よく「聞く」人と、いいかげんに「聞く」人の差は、
あきれるほど、どんどん開いていくものなんだ。
人っていうのは、「聞く」人に向かって話すからね。
こいつは「聞く」な、と思えば、
その人のために、どんなことでも話すようになる。

ことばそのものを「聞く」だけじゃなく、
ことばの奥にある「気持ち」だって、
「聞く」ことができるようになる、だんだんとね。

(中略)

聞くことが、何よりの仕事だ。
だれでもできるのに、できている人は少ない仕事だ。
見ることは愛情だと、かつて僕は言ったけれど、
聞くことは敬いだ。
聞かれるだけで、相手はこころ開いていく。
聞いているものがいるだけで、相手は嬉しいものだ。
それは、ずいぶん大きな仕事だと思わないか。
********************

「聞くことは敬い」
今一度、心に留めておこうと思います。

雨降る午後に、感謝。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

七段花

2014-05-25 | 思い出す事など

【七段花】
この花を眺めていると、思い出す二人の男性がいる。

ひとりは、幼馴染みのお父様。
「真理ちゃん、六甲の幻の花と呼ばれるアジサイをお客様から頂いたけ~、あげるわ」
と、ひと枝下さった。
挿し木にしたその枝から育った苗は、毎年可憐な花を咲かし続ける。

もうひとりは、父。
6月生まれだからだろうか、紫陽花が好きだった。
庭で数種類の紫陽花を育てていた。
あれから10年になるだろうか。
(絶対に似合うわ!)と見つけた七段花が描かれたシャツを、誕生日に贈ったことがある。
父はとてもお洒落だったので、プレゼント選びも楽しませてもらった。

幼馴染みのお父様と、私の父。
ふたりとも緑の手を持っていて、本当に花を咲かすのが上手だった。
今頃きっと、空の上で園芸話に花を咲かせていることだろう。


今年も、七段花の咲く季節になりました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

紅色の薔薇

2014-05-20 | 花と樹と緑と


今朝曇り空の下、

わが家の庭で一際目立っていた深紅の薔薇「ウィンテンション」。

濃い紅色の薔薇は、一輪だけ咲いていても存在感がありますね。

ハッとするほどに美しい。

曇りの日も、雨の日も。

この花のように、自分らしくすっくと咲いていたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャム

2014-05-17 | 食べること

真夜中に―。
イチゴとさくらんぼのジャム、完成♪

さくらんぼを煮ながら考えた。
これは記憶にある香り。
木べらでリズムを取りつつ、記憶をたどる。

あ。わかった!!
桜餅の香り!

当たり前といえば、当たり前か。
やっぱりさくらんぼも、桜の香り(^_-)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014.3.11に

2014-03-11 | 思い、想う


あの日を想う。

あの日からの3年間を想う。


改めて問い直す。

私にできることは何だろうかと。


ただひとつ、

確実にどこにいてもできることがある。

それは“忘れない”ということ。


これからも

ずっと、

忘れない。



写真は、笠岡駅前で行われた【「継」3.11 私たちは忘れない】にて。
皆さんと思いを共有してきました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加