一期一会 ~万年筆店店主のブログ~

哲学、想いを発信している、Pen and message.店主吉宗史博のブログです。

工房楔イベント 3月25日(土)26日(日)

2017-03-19 | 仕事の考え

工房楔のイベントがいよいよ次の週末になりました。

今回のイベントの目玉は、こしらえの種類の多さと、新型2mm芯ホルダー、そして永田さんが秘蔵していた黒柿だと思っています。

ぜひイベントにご来店いただきたいと思っています。

 

 

私の周りにそんな人はいないけれど、自分の仕事がどれだけすごいか、どれだけ難しいことをしたかと喧伝する口数の多い職人は大したことのない人だと思っている。

それは自分がペン先調整という、職人の真似事をしているからよく分かります。

自分の仕事には自信があるけれど、向上心を持っていて、もっと良くしたい、もっと美しくしたいと美意識を持って仕事をしている人は多くは語らないと思っています。

工房楔の永田さんは、自分が手に入れた木については多弁になって私たちを楽しませてくれるけれど、自分の仕事についてはあまり語りません。

銘木の中でも複雑な模様が美しく出る杢の部分は、硬さなどがほかの部分と違うため、加工が難しいけれど永田さんは何でもないことのように美しいラインを持たせて仕上げてきます。

それが私が永田さんを信じている理由のひとつです。

他の木工家の人が使わないような、様々な銘木も見て欲しいけれど、永田さんの技術力も見て欲しいといつも思っています。

例えばパトリオットボールペンの中央付近のふくらみを残しながら、両エンドを絶妙なバランスで先細りにしてシャープに仕上げるのは、微妙な違いで大きくその姿は変わってくると思っています。そんなところにも職人としての力量とともに、センスも感じることができる。

木工家はただ木を扱っていればいいわけではなく、良い素材の良い部分を見抜いて使わなければならない。そしてそれを美しく仕上げなければならない。

その違いが我々には分かりにくくても、それを追究する生き方が木工家なのだと永田さんを見ていて思うようになりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文集「雑記から3」原稿募集のお知らせ(3月末まで)

2017-03-14 | お店からのお知らせ

当店のメモリアルイヤーにはいつもお客様から原稿を募集して、文集を作っています。

10周年を迎える今年も作る予定で、3月末まで「記念の万年筆」についての1200文字程度の原稿を募集しています。

何かの記念に手に入れた万年筆にまつわる話、個人的な想いなどをお寄せ下さい。

メール(penandmessage@goo.jp)でお送りいただくと、有り難く思います。

当店は万年筆店なので、お客様方になるべく万年筆で書いていただきたいと思っています。

書くことを楽しんで、それを日々の生活の張り合いのように感じていただきたいと思っています。

もしかしたら、当店にとって万年筆というのは二義的なもので、この店の第一の目的は書くことを楽しんでもらうようにすることにあるのかもしれません。

書くことを楽しむために万年筆が最も適している。だから当店は万年筆店なのかもしれません。

万年筆で特別なものを書いていただきたいとはいつも思っていなくて、手帳を書いたり、日記を書いたり、メモを書いたり、日々皆様が書かれているものを万年筆で書くことによって、それが楽しいと思っていただけたら素晴らしいと思う。

毎日の暮らしの中に書くことが溶け込んでいて、その生活にさらに潤いを感じる人が増えたらいい。それが当店の役割だ思っています。

もしかしたら非日常的な晴れの日の記念に手元に来た万年筆もあるかもしれなくて、それについて書いていただいても大いに結構ですが、それぞれの方の生活とともにある万年筆の何でもない話も書いていただきたいと思っています。

「記念の万年筆」というテーマでそれは難しいかもしれないけれど、様々な記念があると思います。

私もありふれた平凡な記念の万年筆にまつわることを書きたいと思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕込み

2017-03-12 | 実生活

私にも毎週、毎月やってくるいくつかの締め切りがあります。

人に決められたことなら逃れる言い訳もあるかもしれませんが、どれも自分で決めたことなので誰のせいにもできず、守るしかなく、確か一度も遅れたことはないと思います。

何かを無理やりに書こうとすると本当に苦しく、こんな面白くないものを誰が読んでくれるのだろうかと、自分で書いていて思うこともあります。

私の書くもの(ブログ、ホームページなど)が面白くない時に楽しんでいただく方法は、今回は相当苦しそうだなと私の状況を推察することだと思っていただきたい。

文章の中に、他人のものではない、自分独自の考えを展開できたり、自分の経験から何か述べることができたら、その時は自分なりに充実感を感じています。

以前はいざ書こうと、あるいは書かなければいけないと、頭が空っぽなのにペンを持って紙に向かっていたけれど、私の場合はそこから何も生まれないことが分かりました。

どんな小さな芽でもいいから頭の中に仕込んでおいて、それを繰り返し考えてはじめて短い文章になる。

繰り返し考えることで、自分の考えなども生まれて、文章に盛り込むことができる。

手で書くということはもちろんしていて、大切な作業だけど、その前に頭に仕込んで考えるという締め切りのない作業がとても大切でした。

でも、それはいろんなことに言えることかもしれない。

10年後、3年後、今年、今月、明日、どんなふうな仕事をするかということを頭に仕込んで考えておかないと、いざその時に考えようとしても、何も残せない時間を送ることになります。それを自分ができているとは言えないけれど、イメージは持っておきたい。

学校の勉強で予習が大切でとても有益だということを仕事をするようになってから実感していて、何にでも仕込みということは必要なのだと思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

街への愛情

2017-03-05 | 実生活

あまり意識していなかったけれど、私も地元への愛情があるのだと思います。

特に神戸でないととか、神戸にこだわっているわけではないけれど、神戸で神戸の情報を発信している媒体が好きで、その手の本はつい手にとってしまうし、とっている新聞も神戸新聞です。

新聞雑誌の役割はインターネットに取って代わられたという時代だけど、ネットニュースにも載らない情報、ニュースなどがあって、これは地元誌でしか読むことができません。

そういう意味でもまだまだ紙媒体の存在意義はあると思っています。

地元への愛情があると思うようになったのは店を始めてからです。元町駅北側の商業地域と生活圏の間のような雰囲気を歩くようになって、これが私にとっての神戸だと思ってる。

ただ美しいとは違う、趣きを持った街の風景に惹かれ、いいなあといつも思います。

 

神戸の情報を神戸やその周辺地域に発信しているAMラジオ局 ラジオ関西というものが神戸にはあって、私が若い頃は須磨にありました。神戸の人で知らない人はいないと思います。

今はハーバーランドの神戸新聞のビルの中にあります。

ラジオ関西の番組に出てもらえないかと言われた時、話すことが苦手だと自分で分かっているのに2つ返事で承諾してしまいました。

神戸のメディアと聞いて反射的に好感を抱くのと、声を掛けてくれた人の役に立ちたいという気持ちと、自分の苦手なことに立ち向かいたいという気持ちもありました。

放送はやはり緊張して、あまり上手く話せなかったけれど、でもラジオの世界で働く人の仕事振りを間近で見ることができました。

進行役の林真一郎氏のその場の空気を作り、進行をぐいぐい引っ張って行きながら、それぞれに的確なパスを出してコメントを引き出す手腕には感動しました。

でも、終わって数日経つけれど、次はもっと上手く出来ると思ってしまっているので、バカだと思っている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラジオ

2017-02-28 | お店からのお知らせ

神戸のAMラジオ局ラジオ関西の「時間です。林編集長」という番組に、3月2日(木)15時15分~30分に出ることになりました。

放送が終わってからブログで書いたり、お客様にお話ししようかと思いましたが、「前もって言ってくれたらよかったのに」と言われることもあるかと思い、告知しました。

けっして聞いて欲しいというわけではありません。

人前で話すことが苦手ですが、それが公共の電波に乗って拡散するラジオのマイクに向かって話すとなると、今から緊張して足がすくむ想いです。

きっと聞いておられる方にもそれが伝わり、緊張感のある放送になるのではないかと思います。

もう7年くらい前になると思いますが、当店の前に中継車が来て店から放送をしたことがあったこともありました。

話すことが苦手で、そんなに緊張するのに何で出るのかということですが、私にラジオに出てもらおうと思ってくれた人の気持ちに応えたいということが理由です。

それに一人でも多くの人に店のことを知ってもらうことは当店としても損ではない。実際に前の放送で当店のことを知って来て下さるようになった方もおられました。

3月2日14時~17時くらいの間、私は不在にしておりますのでペン先調整は承ることはできません。よろしくお願いいたします。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

来店予約

2017-02-26 | お店からのお知らせ

当店は来店予約を受け付けていて、ご予約下さったお客様を優先して承っています。

お客様が店に来て下さるだけでも有難いことなのに、訪問する日時を伝えろとは何か高飛車な店に思われるかもしれません。

当店のような小さな店でも週末、特に土曜日は来客が多く、ペン先調整や新規のご購入のお客様が続くと、長時間お待たせしてしまうこともあって、心苦しく思っています。

ペン先調整で1本15分くらい、新規のご購入で30分以上はかかりますので、そういったお客様が2,3人重なると、1時間待ち以上になってしまいます。

そういうことを何年も続けてきて、来店予約を受け付けるようにしています。

 

もう15年以上行っている散髪屋さんが予約を受け付けてくれません。

予約させてくれると散髪にどれくらいの時間がかかるか計算できるけれど、行った者順なので先のお客様がおられたら、平気で1時間待ち以上になってしまう。

それが唯一の不満で、この経験もあって、当店は来店予約を受け付けていて、ご予約のお客様優先に承っています。

ご来店日時を予めお知らせ下さいましたら(電話、メールなど)スムーズにおうかがいすることができるようにしていて、実際ご予約いただいてお客様はあまりお待たせせずに承ることができるようになりました。

最近、私も出掛ける機会が多くなって、不在にしていることもありますので、不在で承ることができないということも防げます。

散髪屋さんは予約できないので、その後に予定を入れることができない。当店はそんなふうになりたくなかった。

予約制、予約優先は当店の業務を円滑に行い、私が心置きなく出掛けるためにしているということもあるけれど、お客様の時間を無駄にしない、小さな店は取り入れるべきものだと思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福岡

2017-02-19 | 仕事の考え

工房楔の永田さんのイベントを3月25日(土)26日(日)当店で開催いたします。
毎回、何か目玉となるものを作ってきてくれるイベント巧者の永田さんのイベントに皆様お越しください。

 

時代は常に流れていて、その速さは年を追うごとに早くなっているように感じるのは、追いかけようとは思っていないけれど、自分がそれに追いつけていないと思っているからなのかもしれません。

この店を始めた10年前とも、世の中は変わったと思っている。時代の雰囲気が全く変わってしまいました。
この10年間でいろんなことが世界中で起こっているので、変わらないはずはないけれど。

世の中が変わっているので、店も本当は変わらないと生き残っていけないと思っているけれど、今変わりたくないし、変わる準備もできていない。

それは新しいことへの挑戦ではあるけれど、実は今のまま変わらずにであるために外に出て行こうと思いました。

神戸だけで活動していたのをより多くの方に今の当店を知ってもらうために活動範囲を広げる。

それに外に出て仕事もしたいという、私の長年抱いていた個人的な想いもありました。

今ではそんな考え方をする人はいないかもしれないけれど、日本列島の主な陸地の中心となるとこにまず出たいと思いました。

北海道なら札幌、本州なら東京、九州なら福岡というふうに。(四国は最も好きなところだけど、神戸と近く感じられる)

そんな話を昨年末工房楔の永田さんに話していて、福岡で一緒に何かしようという話になりました。

開催は夏、2月に下見に行くということになって、先日福岡に行ってきました。

予めインターネットで調べてある程度に絞っていましたが、街の雰囲気が分かりません。

できれば神戸の元町のような雰囲気のところでやりたいと言うと、永田さんは困惑していたけれど。

永田さんは工房楔の活動が今のスタイルになる前に様々なことに挑戦していて、他の作家さんと共同でギャラリーを借りて展示をしたこともあったそうで、そんな経験が今回も生きていたのだと思います。

福岡の街、天神、大名、赤坂辺りを二人で歩き回っていくつかのギャラリーを見て回って、イベント会場を決めてきました。

7月8日(土)9日(日)11時から ギャラリートミナガで開催いたします。

地下鉄空港線赤坂駅近く、中央区役所向かいの感じの良い並木道に面した場所で、私たちは大いに気に入りました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ

2017-02-19 | お店からのお知らせ


イベント

・工房楔イベント 3月25日(土)26日(日) 11時~19時(26日は18時まで)

木工家工房楔の永田篤史さんが来店し、自身の木製品を販売いたします。
良い素材を見抜く目、加工の腕を併せ持った一流の職人の作る木製ステーショナリーをぜひご覧下さい。

・5周年!FridayWorkshop「万年筆で美しい文字を書こう」9 4月7日(金) 19時~21時 

堀谷龍玄先生をお迎えして、万年筆で美しい文字を書けるよう練習し、添削してもらいます。
ツバメ縦罫ノート(N3021)と黒インクを入れた細字の万年筆を持ちください。ノートも当店で販売しています。

ペン習字教室は現在定員に達しており、飛び入りのご参加ができない状況です。空きが出た場合、ご連絡させていただきますので、ご参加希望の方はメール(penandmessage@goo.jp)あるいは電話・FAX(078-360-1933)でお申し込み下さい。

・聞香会 4月29日(土)15時~17時

当店スタッフ森脇直樹による聞香会を開催いたします。
本格的なお香を気軽な雰囲気の中で楽しむことができる会になります。ぜひご参加下さい。

聞香会も現在定員に達しており、飛び入りのご参加ができない状況です。空きが出た場合、ご連絡させていただきますので、ご参加希望の方はメール(penandmessage@goo.jp)あるいは電話・FAX(078-360-1933)でお申し込み下さい。



 お問い合わせ、参加のご希望など、当店(078-360-1933)までお願いいたします。

 

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ビジネスモデル

2017-02-12 | 仕事の考え

ビジネスモデルという軽い言葉で言うのも違うと思うけれど、ル・ボナーの松本さん、カンダミサコさん、工房楔の永田さんたちはそれぞれ独特の方法論で、自分たちができること、したいと思ったことを仕事にしています。

そういう生き方と仕事の仕方をミックスして確立したこと自体が創造力の賜物だと思うし、人と違うことをする気持ちの強さだと思う。

それぞれの人がやりたいと思ったやり方で選んだ方法論なので、きっとそのやり方を丸写ししても上手く行かない。

でも、身近で見ることができながら、最もお手本になる彼らの仕事のやり方を参考にして、自分の型に当てはめてアレンジするということは今までしてきましたし、彼らのすることは賛同できることが多い。

それぞれの仕事振りを見ていて、皆相当に力のある人たちだと感心します。それぞれに得意分野があって、それを最大限生かした仕事をする。嫌なことはしない。

仕事において私たちは(私は)まずビジョンを持ちます。

ビジョンというとかっこいいけれど、それはこうしたいという願望であって、直感的にこれは好きだけど、これは嫌だという感情です。

こうしたいという感情があって、その感情の通りできるような、自分たちがとっていいと思える方法論を選択してやってきたような気がします。

嫌だと思うことや、やりたくないこと、人の受け売りは上手く行かなかった。

世の中を見て、こういうふうになる、こういう動きがあると感じたことに対して、自分ならどうできるか、やりたいと思える方法があればそれをする。なければしない。

好きなことだけ、やりたいと思ったことだけをするのは甘いと言われるかもしれないけれど、私は嫌なことを上手くする自信はないし、自営業なのでそれが許されると思っている。

感情があって、それを実現する方法を選ぶ場面はこれからも何度も訪れるだろう。その時に、失敗しても後悔しないように、自分のやりたいと思った選択をしていきたいと思っている。

 

明日(2月13日)は私は出張のため、終日不在です。ペン先調整などは承ることができませんので、お気を付け下さい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

価格改訂

2017-02-05 | お店からのお知らせ

ここ数年の懸案事項だったホームページのリニューアルをしました。

リニューアルと言っても、デザインは変わっていないのでお客様方から見える所はバナーがやたらと増えたと思われるくらいの変化です。

しかし、内部構造はかなり変わっていて、ホームページを製作してくれている大和出版印刷さんががんばってくれました。

これから私たちが機能が良くなったホームページを使いこなしていけるようにしないともったいないものになってしまいますので、いろいろといじっていきたいと思っています。

このリニューアルも当店としては大混乱でした。

それはホームページの変更と同時にメールアドレスの変更、ペン先調整料金の改訂もしたことが理由かもしれません。

新しいメールアドレスは、pen@p-n-m.net です。

今まで使っていたネットワークメールは長く使っていて、使いやすくはなっていたけれど、届かないメールが多く、gmailと併用しないといけませんでした。

 

ペン先調整料金は、書きにくいペンを書きやすくするというもので3500円からにしています。(当店ホームページペン先調整について)

当店でお買い上げいただきました1万円以上の万年筆は、1年以内ペン先調整無料で以降2500円で調整いたします。

値上げというのは、売上増加を狙って、欲の皮を突っ張らせてされるものだと思われるかもしれないけれど、値段を上げる方は様々なバランスを取りながら苦渋の決断をしているし、今までその値段でしてきたので変えることは非常に怖い。

値段とはそういうもので当然だけど、3500円が高いと思われたらきっと利用されなくなり、ワリに合っていると思われたら利用してもらえる。

私も、これからペン先調整ができるようになろうとしている森脇も、3500円が高いと思われない仕事をしていかなければならない。

より丁寧な仕事を心掛けたいと思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加