一期一会 ~万年筆店店主のブログ~

哲学、想いを発信している、Pen and message.店主吉宗史博のブログです。

原稿用紙で書く

2016-07-24 | お店からのお知らせ

(これはお手本ではありません。私の書いたものです。ご安心下さい。)

 

原稿用紙でできる遊びについて考えている。

万年筆を使う人なら誰もが使ってみたいと思って、原稿用紙に憧れるのは文豪のイメージがあるからだと思います。

私は、狂言師の安東伸元先生からいただくお手紙がいつも原稿用紙に、升目を無視したようにとばして書かれていて、かっこいいと思っていました。

それは憧れであり、原稿用紙のイメージになっている。自分も安東先生のように升目をとばしてカッコよく原稿用紙を書きたいと思うけれど、なかなかサマにならない。

でも夏の夜は蚊取り線香の匂いを嗅ぎながら、太字の万年筆で升目を埋めたいと毎年思います。

当店で扱っている原稿用紙は老舗の満寿屋(ますや)のもので、その紙は数種類の万年筆のインクでチェックしている万年筆のために作られた紙を使用しています。

紙の種類が2種類あり、クリーム色の紙はにじみがほとんどなく、白色の紙はインクの伸びがいい。

どちらも書き味は良いけれど、2つの紙の違いは使うインクの違いだと私は思っています。

もちろんそれぞれの紙の色に合ったインクの色もあると思いますが、インクの性質と紙質の相性で言うなら国産のパイロット、セーラーなどのインクを使うならクリーム紙、ペリカン、モンブランなどドイツ系のインクを使うなら白色のデラックス紙のものを使うと快適に使うことができると思いました。

原稿用紙での遊びに話を戻すと、私も使おうと思ってブログの下書きなどを原稿用紙に書いてみたけれど、自分の言葉はメモ帳に下書きする方がやりやすく、パソコンに入力できたら捨ててしまうというのが自分のやり方だと思ってすぐに諦めました。

先日城崎に行ってきましたので、「城の崎にて」を書き写ししてみました。

ただ写すだけだと思っていましたが、なかなか奥の深い、楽しみながら万年筆を使うことができるおのでした。これも原稿用紙と万年筆を使った遊びで、皆さまにもお勧めしたいと思いました。

もうひとつは写経でした。

毎月第1金曜日に当店で開催しておりますペン習字教室で堀谷先生がお手本として書いて下さった般若心経を書き写してみました。

文字の練習にもなるので、なるべく堀谷先生のお手本に似せるように書く。

漢字ばかりなので、何かサマになるような気がしました。そして心が落ち着く時間。

夏の間、当店では原稿用紙を皆様にもお使いいただきたい、原稿用紙と万年筆で遊んでいただきたいと思い、満寿屋の原稿用紙などで通常扱っていないものも揃えてみました。

9月23日(金)までの期間中に、当店で原稿用紙お買い上げのお客様に堀谷龍玄先生の書かれた般若心経のお手本を差し上げておりますので、ぜひ原稿用紙で書くことにお役立ていただきたいと思っています。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

縁を感じるテーマのペン~アウロラフィレンツェ~

2016-07-19 | モノについて

私はまだ6年前のル・ボナーの松本さん、分度器ドットコムの谷本さんと行った旅の記憶の中にいるのかもしれません。昼頃着いて、翌日午前中に発ったので24時間も滞在していませんでしたが、フィレンツェも思い出深い街のひとつです。

郊外に出ると地元の人の普通の生活が営まれていると思いますが、中心部は赤い屋根の古くからある街並みで、街自体が観光地で、歩いている人皆が旅行者でした。

大聖堂のドームやポンテベッキオ橋などの名所も見て記憶に残っているけれど、行き交う人たちの姿、ここは街並みを楽しむところだと思いました。

何かを観たと言うよりも、仲間たちと他愛もない話をしながら、街をブラブラと歩いたことの方が記憶に残っている。


どうせ限定万年筆を手に入れるのなら、何か自分に縁のあるテーマのものを選びたい。

そう多くはないけれど、たまに思い入れのある土地をテーマにした限定万年筆が発売されたりして、普段頭の奥にしまってある旅の記憶を思い出すきっかけになったりして、時の流れを感じたりします。

アウロラフィレンツェ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ

2016-07-19 | お店からのお知らせ

イベント

・聞香会 7月30日(土)15時~17時

当店スタッフ森脇直樹による聞香会を開催いたします。
本格的なお香を気軽な雰囲気の中で楽しむことができる会になります。ぜひご参加下さい。

・FridayWorkshop「万年筆で美しい文字を書こう8」 8月5日(金) 19時~21時 

堀谷龍玄先生をお迎えして、万年筆で美しい文字を書けるよう練習し、添削してもらいます。
黒インクを入れた細字の万年筆(今回は国産中細など少し太めでも大丈夫だと思います)と縦罫ノート(ツバメN3021)を持ちください。ノートも当店で販売しています。
初めての方もぜひご参加下さい。

・「コラージュで手帳を彩る」 7月21日(木) 14時~16時

お客様の奥谷菜摘子様が提供してくださる、シール、スタンプ、マスキングテープなどのコラージュの素材を使って、手帳をキャンバスにしてページを彩る遊びをします。皆様で一緒に遊ぶ時間になればと思っています。
のり、ハサミ、ペン、手帳をお持ちください。

 ・工房楔イベント 9月24日(土)25日(日)

毎年恒例の工房楔イベント開催いたします。
木工家の永田篤史さんが来店し、木製品の直販します。
このイベントに向けて様々な木製品を製作してきてくれます。今年もお楽しみいただけるものにしたいと思っています。

 

 お問い合わせ、参加のご希望など、当店(078-360-1933)までお願いいたします。

もちろん飛び入りの参加も、大歓迎です。

 

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

気分転換

2016-07-17 | 実生活

ダメな時に、ダメな頭で考えても良いアイデアは浮かばない。空調工事による臨時休業はとても良いタイミングで、いい気分転換になりました。

前日、カメラを忘れて帰路についてしまい、垂水駅で降りてすぐに上り電車に乗って引き返して店まで戻るというアクシデントがありましたが、珍しく連休していました。

目的地はどこでもよかった。

車で普段は走らないところをのんびりと走ることができて、その土地について考えることができたら、一番の気分転換になると思っていて、今までずっとそうしてきました。

今回は出石で蕎麦を食べて、城崎でしか売っていない限定本を買いに行きました。

ドライブに目的地はあった方がいいけれど、あまりそれは重要ではないことも分かっていて、蕎麦と本は2時間半のドライブに充分な理由でした。

姫路から播但自動車道を北上して出石、城崎のある豊岡市に向かいました。

平坦な地形が少しずつ起伏が出始め、谷がだんだん深くなっていきます。缶コーヒーのコマーシャルでも有名な竹田城が自動車道からも見えました。

ドリームカムトゥルーの3枚組のベストアルバムが聴き終えることができるほど城崎は遠かったけれど、懐かしい曲を聴きながら、それぞれの年代のことを思い出していました。

前に城崎を訪れた時、息子は小さく仲居さんに女の子と間違われたりしていましたが、今では大学4年生になってしまった。

私も仕事においての立場が全く変わった。当時、今の自分を全く想像することができなかったけれど、ただもがきながら良くしようとしていたあの頃の気持ちを思い出しました。

大変な蒸し暑さで、休んでばかりだったけれど、シーズンオフの温泉街を歩き回ってきました。

兵庫県も瀬戸内海側は賑やかに人が集まっているけれど、北上すると家も減り、潰れた商店が目立つようになります。

新しい道ができて人の流れから外れてしまったり、旅行のしかたが変わり町自体に人が来なくなってしまったり。時間の流れはいつまでも変わらずに在りたいという人の営みを有無を言わさずに立ち行かなくさせてしまう。

時代の変化は、時間の流れがゆっくりだと思いがちなこういう田舎から変えていくということを、思わずにはいられませんでした。

私たちは都会という、多少守られた場所にいるからやっていくことができているのではないかと思いました。

空調工事で店内はとても快適になりました。

何か目に見えるリニューアルではないけれど、何とかしないといけないと思っていたことがひとつ片付き、少しだけ店が進化しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コピ・ルアクの味わい

2016-07-10 | 実生活

本当に久しぶりにル・ボナーさんを訪ねました。

毎年恒例になっているオリジナルダイアリーカバーの素材選びと、ル・ボナー松本さんの意向を伺うといった訪問です。

行くと奥様のハミさんも待っていて下さって、ハミさんの元気なお顔も見ることができました。

ル・ボナーさんを訪ねたのも久し振りだったけれど、どこかを商談で訪ねること自体久し振りで、店にじっと閉じこもっていたことに気付きました。

開店するまでも、してからも松本さんにいろいろ面倒を見てもらいました。店が始まってからもずっと、ル・ボナーさんという前を走る目標があって、その背中を追い続けてきました。

何かあった時に、松本さんならどうするか、どう考えるかというふうに考えてきたけれど、その背中は大きくなるどころか、まだまだ小さくしか見えず、これからも追い続けていくのだろうと思っています。

届いたばかりだというかなり貴重で高価なコーヒー豆コピ・ルアクを松本さんが挽いて、淹れてくれて初めて飲みました。

知ったような口をきくと、全ての味が控えめで、注意を向けないと感じることができない、でも感じようとするとバランスのとれた上品な味に思え、良いものとは何かが突出してインパクトがあるのではなく、全てのバランスがとれていてジワジワと良さが伝わってくるものだということをコピ・ルアクの味で思い出しました。

同じショッピングセンター内で、開島当初からあるのはル・ボナーさんだけになってしまい、空き手店舗もあるという六甲アイランドの静かな夜。

松本さんも、この昼間とはうって変わって寂しくなる夜の風景を不安な気持ちで見ることはあるのだろうか。

当店のある元町西口の夜も静かだけど、六甲アイランドはもっと人通りが少なく、イルミネーションだけがキラキラと輝いていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自立する

2016-07-05 | 実生活

世界の情勢が変わろうとしていることは、ニュースで報じられる様々な動きから感じることができます。

それらは何か明確な目標や向かう方向があって、変わろうとしているというよりも、今までやってきたことへの徒労感がそうさせているのではないかと勝手に思っています。

店にずっと居る仕事で他所に出掛けることが少ないこともあり、世間で起こっていることに関心を持っていたいと最近特に思うようになりました。

 

自分が日本国民として知っておかなければならないことを教えてくれる人の一人である青山繁晴氏の「壊れた地球儀の直し方」という本が新書になりましたので読みました。

自分に関係ないから知らなくてもいいと思うのは、本当に愚かなことだ。世の中で何が起こっているのかを知って、自分の国が、自分の身の回りがどのように変わって、自分はどうするのかを考えておかなければいけない。

安全だと思っている日本にも脅威は常にあるし、それは自分の身の回りも同様だと思っています。

自分の暮らしは自分で守らなければいけないという意識が多くの日本人には薄く、それが外交にも表れてしまっている。

この本を読んでいくうちに、中東で何が起こっていて、なぜ今のような状態になったのか知っておかなければならないと、ネットで引っ張ってノートにまとめただけですが知ることができました。

西側世界とイスラム世界の宗教的な戦いだと思っていましたが、それは欧米の欲とその支配から逃れようとする中東諸国の戦いがひたすら繰り返されたものだったと、恥ずかしながら今頃知りました。

そして今は欧米が利用したはずの反政府テロ組織が暴走して、誰にも止められない状態になっている。

争いをコーディネートしてそれを治めて世界の警察と自称していた国も、国民の多くはその役から降りてくれと思い始めている。

混乱し、疲れ果てている世界の中で日本はどんな役回りをすることができるか、自分は日常の中でどんなことを心掛けなければならないのかを考えさせてくれる本だった思いました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書くための道具

2016-07-03 | 実生活

文章を書く仕事ではないけれど、仕事と書くことを結び付けて書くことを仕事の一部にしています。

私が書かないと店の仕事は成り立たないし、少数だとはいえ私が書いたものを読んで共感してくれる方もおられて、大変有り難いことだと励まされています。

どんなに下手だと言われても、私は書くことを止めないと思うし、それは話していることと同じようなものだと思っています。

話す時、言ってしまってからでは取り返しがつかないので、なるべく考えてから話したいと思っていますが、私にとって話すために考える時間は短すぎる。

将棋の対局のように十分考えてから次の言葉を発したい。

望むのであれば相手にも十分考える時間を与えてもいい。その間私はその次の何を言おうか考えておこうと思います。

腹を割って話すとか、思っていることを何でも話すというのは仕事においては良いのかもしれないけれど、日常生活においてはそれが良いのか、悪いのか分からない。

私の場合、言わなくてよかったと思うことはあっても、言ってよかったと思うことはあまりありませんでしたので、発言こそ慎重にしたいと思います。そして自然と口は重くなります。

話す言葉と違って書くことは考えてから発言できますので、私にはものすごく有り難い。

書くことでよく考えているのは、下書きをノートにしようか、手帳に書こうか、あるいは原稿用紙にして保存しておこうかなどということです。

しかし本当はどれを使おうが大した違いではなく、道具によって書けるものが変わるわけではない。それについて考えるのが楽しいのと、書くことがより楽しくなるだけだということも分かっています。

文章を書く時に、何に書こうかと考えている時と、どういうものを書こうかと頭の中で考えている時が一番楽しい。

時間の経過、空間の移動を忘れるくらい没頭できたら一番楽しいけれど、そこまで集中力が高まることはそうそうあることではありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界の動き、身の回りの動き

2016-06-28 | 仕事の考え

イギリスの国民投票の結果に、世界経済はこれからどうなっていくのだろうと世界中が危惧しているのというニュースを見ると、それが自分の生活にどういう影響を与えるのか分からないけれど、漠然とした不安を抱きます。

景気は悪いよりも良い方がいいに決まっていて、そういう時代は憂鬱な雰囲気が流れている。

80年代を思い返すと世の中が気楽で、明るい雰囲気で、それは中学生、高校生でも感じることができました。

景気が良くても実際的な恩恵はないけれど、雰囲気は皆感じている。

しかし、私たちのような小さな店の場合、株価や為替などの動きと業績が連動することはなくて、ほとんどが自店の問題だということを繰り返し思います。

もしかしたら天気さえも関係ないのかもしれません。

自店の問題というのは、雨が降っていて、行くのが面倒な日でもその店に行く価値があると思ってもらえるかどうかということで、行く価値というのはその店でないとだめだと思ってもらえることだと解釈しています。

店を始めて9年近く経ちます。

今まで世界経済の状態は良かったり、悪かったりで、最悪と言われたリーマンショックも東日本大震災もあったけれど、売上を左右したのはやはり当店にネタがあったかどうかだし、商売に勝ち負けがあるとすれば他所のお店よりも売上が良いか悪いかではなく、赤字か黒字か、そして永続していけるかどうかということが勝敗だと思っている。

でも実直に仕事を黙々とこなしているだけではダメで、何か行ってみたいと思える小さな感動がないと、少しずつ客足は遠のき、やがて誰も来てくれなくなるだろうと思いますし、店主の健康状態、精神状態が店の業績を左右するのだと思います。

なるべく穏やかな気持ちで、元気でいたいと思っているけれど、小さな感動がいつも用意できているとは思えない。でも毎日、人とモノ、人と人との何か美しいシーンがこの店で見られ、それを演出する場であり続けたい。

それが実体経済で、金融の世界とは価値観が少し違うような気がする。

世界経済と自分の仕事は連動しているとは思わないけれど、自分が今生きている時代に世界で何が起こっているのかということを知りたいとは強く思っています。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

日常の風景

2016-06-26 | 実生活

毎日の通勤途上の風景や近所の何でもない道を撮って写真にできる人が本当に写真の上手い人だと思います。

私も毎日見ている何でもない風景を写真にしたいと思って、はじめの頃カメラを提げて通勤していたけれど、そういう写真は撮れなかった。

写真を撮るためにどこかに出掛けて行かないとシャッターを押すことができないのは未熟だからだけど、いつかそういう写真を撮りたいと思っています。

「珈琲挽き」(小沼丹著)という随筆集を読みました。

このブログなど、自分で書いているものは随筆と呼べる代物ではないけれど、良い随筆を読むことは勉強になるし、随筆を読むこと自体が好きだからなるべく読みたいと思っています。

タイトルに惹かれて読み始めたけれど、「珈琲挽き」は80数篇収められている中のひとつで、全編コーヒーの話というわけではありません

毎日の作者の家の庭での四季の移ろい、学校時代の先生の思い出など、誰にでもある話を静かで少しユーモラスな文体で、短い随筆にまとめられていて、読んでいて気付いたら2篇、3篇と読み進んでいる。

非日常的な貴重な体験をエッセイにまとめたものはよくあって、すごいなとは思いますが、著者と一緒にその風景を味わうような感覚を持つことはできません。

誰もすごいなという体験を書くよりも、本当に普通の、誰にでもある日常を読みやすく面白く書くことの方が難しいのではないかと思います。

私もこのブログで、何でもない日常をおもしろく書くことができるようになれたらといつも思っているけれど、まだまだ修行が足りないようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

峠越えの入り口

2016-06-21 | 実生活

ブルーの小さな車がウチの車。2人で乗るには十分で大変気に入っている。

 

 

現代になっても、昔からのその土地の雰囲気というのは変わらないのではないかとよく思います。

例えば、今はどちらも神戸市ですが、須磨一の谷から東は摂津の国、西は播磨の国というように昔は違う国でしたが、その名残は今も感じます。

須磨まではそれより東の京阪神の雰囲気がありますが、塩屋から西は岡山、広島などの山陽地方と共通するものを感じます。

昔の国割りが地形に沿った部分が大きかったからその名残を今も感じるのか分からないけれど、そういった昔の国、道の雰囲気はいたるところに残っています。

街道沿いにあって、峠越えの最後の宿場町だったようなところは独特の雰囲気を持っています。

神戸なら有馬街道の平野や三木街道の板宿、宝塚にもそんな雰囲気があります。

開けた平地が終わって、そこから山と山の間を通る寂し気な峠道に入っていく最後の宿場町。

先日美山町に行った時に通った川西市にもそんな雰囲気が感じられる場所がありました。

開けていた地形から少しずつ山が迫ってきて、谷川沿いの道になっていく。

車で走るとこれからどんなふうに風景が変わっていくのかとワクワクするけれど、昔の人はきっと決死の想いで、覚悟を持ってその道に入っていったのではないかと想像します。

交通網が発達して、人の住む場所がどんどん大きくなって、町が大きくなっていっても何か感じることができる土地の雰囲気。

それを感じることが旅の大きな楽しみだと思っています。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加