一期一会 ~万年筆店店主のブログ~

哲学、想いを発信している、Pen and message.店主吉宗史博のブログです。

齢相応

2017-01-31 | 実生活

熟年の定義は45歳から69歳(65歳)で、自分はとっくに熟年と言われてもいい齢だということを知ってショックを受けました。

ショックを受けるということは、自分はまだ若いと思っているということだけど、自分自身の認識と人が自分を見る目とそれだけギャップがあるということだと思います。

最近齢相応ということをよく考えている。

年齢よりも若く見られたいというのは多くの人の想いだけど、幼く見えることは良いことではなく、情けない。

48歳の熟年の男として相応しい物腰を身に付けているのだろうか、無駄に齢だけとったような人間になっていないか。

内面のボンクラさを隠さなくてはいけないので、せめて表面的には熟年の落ち着きを見せていたいとは思っている。

最近夜眠くなるのが早くなっているし、白髪も増えた。そういえば筋肉痛は2日後に来る。

 

息子が春から塾の先生として働き始める。学校の先生にはなれなかったけれど、本人がしたいと思ってできる仕事に就けたことはとても恵まれたことで、息子が大学に入った時に塾講師のアルバイトに誘ってくれたI田さんには本当に感謝しています。

好きなことがあるならそれができる仕事に就いてほしいと思っていたけれど、勉強が好きで、教えることが楽しいと言う息子が、天職だと思える仕事に就けたことがとても嬉しい。

話が反れてしまったけれど、そんな大きな息子がいるのだからそら齢もとるだろう。

48歳の熟年の男としての齢相応と言っても個人差があるし、こうあるべきだと決められるものではないけれど、私が子供の頃に見ていた48歳の妻を亡くした父はこんなに頼りなくはなかったと思うことがあって、しっかりしたいと今更ながらに思っている。

今年49歳で、母親の年齢を超えることができるかということはずっと思っていました。

自分が死ぬこともあると考え始める年齢になっている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読みたかった本に出会った

2017-01-29 | 実生活

私たちのような商店主の仕事に書くことは必ずついて回るものだと思っています。

私が他のやり方を知らないだけだと思うけれど、書くことで店の情報を発信して、想いを伝えようとする。

私が書くようになったのはホームページに文章を載せるようになったからだけど、きっとインターネットがなくても何か書いて配っていたと思います。

話して想いを伝えることができたらいいけれど、上手く簡潔に話をまとめることがなかなか難しいし、下手な私の話を人は聞いていないものだと思っている。

私がしている書くことにおいて文章の上手さやテクニックは必要なくて、誰でもできる書くことを好きでしている。

小店主は生きていくために書き、書くから生かしてもらえていると思っている。

久々にこういう本が読みたかったと思う本を読みました。

「わたしの小さな古本屋」(田中美穂著)。倉敷にある蟲文庫のご主人田中美穂さんによる、小さな古書店を維持していく想いを書いた本です。

シンプルな文体で淡々と書かれているけれど、想いが伝わってくる。とても読みやすく、文章の上手い方だと思いました。

私たちが仕事の道具として当然あるべきものだとしているインターネットが一般的でない時代から地道に営業されてきて、ゆっくりと店を成長させてきた著者の心の強さに頭が下がります。

店を続けていくのは特別な才能や明晰な頭脳ではないと、ボンクラな私は思う。

21歳で創業して22年の蟲文庫。10年何てまだまだ。10年経ったと誇らしげに言っている自分が恥ずかしくなりました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリジナルを数少なく

2017-01-22 | 仕事の考え

履きだして3か月ほどたったゴルフ。この靴ばかり5足は欲しいと思っている。


これは私の性分だけど、気に入ったものばかりなら持っているものは、数や種類は少ないほどいいと思います。

シャツは毎日同じものが着られるようにしたい。いろんな種類は必要なくて、毎日同じ服を着ていると思われたい。

靴も中2日のローテーションで履けるくらいの数で良くて、本当に気に入っているものが4足あれば充分なのかもしれません。でもソールの貼り替えなどを考えると5足くらいは欲しいし、季節感を考えるとさらに倍になるのかもしれない。

 

それらのものにたどりつくためには、投資する期間が必要で、いろんなものを試してみる必要はあるのかもしれません。

私も無駄にお金を使ったし、服や靴など自分に合ったものを探して、雑誌などもたくさん見ました。

そういう勉強の期間にある法則を身に付けたり、センスを磨いたりするのかもしれないけれど、でも結局何かの縁で出会ったものを時間を掛けて組み合わせた自分のオリジナルの服装が着ていて一番楽しく、何かを参考にしても仕方ないことが分かってきました。

種類や数は少なくてもいいと思うところは店の品揃えにも表れている。

どこよりも多くの万年筆を揃えたいと思ったことはなく、何千本の品揃えと聞いても全く心が動かない。

他所のお店にあって当店にないものがあると少しは気になるけれど、ウチにはウチの扱うべきものがあると思う。

たくさんのものは要らない。何か理由があって自分が気に入ったものだけを揃えたいといつも思います。

1本、1本それを説明するつもりはないけれど、何か条件を示していただけたら当店のコレクションの中からそれに合うものを提案できる準備はしています。

 

モノと同じにしてはいけないけれど、仕事仲間も数少なくても、信頼できる人が居てくれたらいい、たくさんの職人さんのものを扱いたいとは思わない。

私の性格的に相手の領域に踏み込まず、一定の距離を保っているけれど、今付き合ってくれている職人さんや会社さんを信頼している。

たくさんの人と今のコミュニケーションを保つことは私には難しい。

店はそのモノを揃えたら簡単に真似されて、自分の領域を侵される危ういもので、そのことにいつも危機感を持ってきました。でもこの店を真似しようと思う人なんていないので、それは余計な心配なのかもしれないけれど。

それが真似であるかそうでないかは、お客様は一目で見抜き、離れていく。そして、真似ではやっている本人が楽しくないと思います。

私たちはもちろん生きていくために、お金を稼ぐために仕事をしているけれど、それだけではなく、自分の世界観を表現するために店をやっている。

どんな世界観を表現したいのか自分でも漠然としていて、その辺りは頼りないけれど、その表現したい漠然としたものをハッキリさせるために店をしていると言い換えることができるのかもしれません。

数は少なくてもいい、でもオリジナルでありたいという想いは10年間変わらずに持ち続けている。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

22年の月日

2017-01-17 | 実生活

あれから22年も経つとは、早いという感覚よりもそんなに経ってしまったことが感じられないことに恐ろしいような気がします。

それほど他の記憶を飛び越して、震災の記憶は強烈で、皆同じように思っているのではないでしょうか。

でも当時0歳でミルクや風呂調達に苦労した息子が、自分が好きでやっていく仕事に就けて、4月から働き始めるほど年月は経っているのだ。

地震に遭ったと言っても、ライフラインは不通だったけれど住む家はあったし、会社は継続して雇ってくれたので、大変な苦労をした人とは比べものにならないけれど。

でも今まで積み重ねてきたものがリセットされるような感覚を私たちは味わって、それを仕事のキャリアが始まったばかりの頃に経験したことで、その後の行動や意思決定に影響を与えていると思っています。

もう二度とあんな大きな地震に遭いたくないと思うけれど、本当に避けられないことなのでどうしようもないけれど。

また若い頃に戻ることができたらと言う人がいるけれど、地震のこともあって私は全くそう思いません。

それに例えば学生の頃に戻って、もう一度学校で授業を受けるのは嫌だと思うし、同じようにやはり勉強はしないだろう。

学生時代から今現在に至るまで私は幸運の連続で、数えきれないラッキーのおかげで今こうしていると思うと、人生をやり直して同じ幸運が自分に降りてくるかどうか分からないので、戻りたくない。

何とかやってくることができたというのが実感で、地震の後の記憶はそれがより強くなった。

私は神戸の片隅の店で自分のできることを見つけて、それを確立しようと努力してきただけなので偉そうなことは言えないけれど、神戸の街をがんばって盛り上げようとしてきた人たちの努力には頭が下がる想いです。

神戸の街は元通り以上にきれいになって、地震に遭った形跡はどこにも見当たらなくなったけれど、きっと地震の記憶と体が覚えている感覚は変わらず私たちの生き方に影響を与え続けると思っています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空白の時間

2017-01-15 | 実生活

最近、ますますスマートフォンを見なくなっていて、フェイスブックにご案内の投稿はしても、ほとんど見ていません。

インターネットから距離をおきたいとか、デジタルが嫌いだとかではなく、その時間がどうしてもとれなくなっています。大して忙しいわけではないけれど。

理由はボーツとする時間を作るようになったからです。

電車の中など何もしていない空白の時間はどうしてももったいないと思ってしまいます。

それで皆さん有意義なことをして埋めようと、本を読んだり、スマホを見たりする。

私もその時間を有意義なものにしようと、本を読もうとしたり、書きものをしようとしていました。

しかし、最近ボーツと考え事をする時間も大切だと思うようになりました。

本もスマホも見ずボーツとしているのはもったいない時間の過ごし方のように思えるし、フェイスブックに自分の投稿だけして、ほかの人の投稿を見ないし、「いいね」も押さないのはとても身勝手で、不義理をしているようで後ろめたい気持ちはあります。

何にも影響されていないゼロから生まれる考えは、そういうボーツとする時間から生まれるような気がして、自分の仕事にとってそれはとても必要なことに思えて、必要な時間になっています。

責任は重くなっているけれど、自分の仕事が今までよりも難しくなったわけではないけれど、ボーツと考えることをこの店が要求しているような気がしています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もよろしくお願いいたします

2017-01-08 | お店からのお知らせ

年末年始、今年も奈良に行っていました。ホテルの部屋でほとんどを過ごしましたが、いつも歩く道沿いの好きな風景。

 

1月5日から営業しており、ご挨拶が遅れてしまいましたが、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

年末はバタバタと年を終える準備い追われ、年始は仕事はじめの混乱の中バタバタと日が過ぎてしまいました。

結局、いつでも同じように過ごしているだけで、季節感だけを感じているのかもしれません。

毎年が特別な年だと思っていますが、今年当店は10周年の年となり、特別な年にしていかなければならないと思っています。

いつも以上に当店らしい企画を出し、皆様に注目してもらえるようにしたいし、自分でも10周年の特別な年に爪痕を残したいと思っています。

だからと言って11周年の来年を惰性で過ごす残りカスのようにしたくないので、10周年はそれ以降の当店の在り方を予感させる年にしたいと思っています。

オリジナル商品や企画もなるべく出したい。
そして仕事の仕方も未来の見えるものに変えていきたい。

ある程度の目算は立つけれど何もしなければ必ず毎年取り分が減っていく、居心地の良い店という箱の中でヌクヌクと満足しているよりも、何でもいいから動いていきたい。

そんな想いはいつも抱いているけれど、今年は無理なく動いていけるような気がします。

続いて当たり前のように振舞っているかもしれないけれど、当店のような小さな店が存在し、10年続けさせていただいていることはとても恵まれていることだと思っています。

きっとこれから世の中の状況はもっと厳しくなって、様々な企業の経営は難しくなっていくと思うけれど、当店は小さい店らしく、細かく舵取りをしながら進んでいきたい。

あまり表に出にくい性質ですが、2017年も好きなことに対する情熱を持って進んでいきたいと思っています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年一年

2016-12-27 | 実生活

今年最後のブログにしようと思います。

だんだん1年が経つのが早く感じられるようになってきました。

店を始めたばかりの時は、もっと1年が長かったのに。

毎日同じ繰り返しではないし、悪いことではないけれど、この店での時間にだいぶ慣れてきたのだと思います。

たまには初めてすることもやるようにしないと、繰り返しの中で安住していては自分が退化してしまうという恐れを持っています。

今年は代官山蔦屋書店でのイベント参加という、当店にとっては一大事から始まりました。

たくさん出ているお店の中の1つでしかんかったけれど、イベントに参加したり、外に出て行くということをしたことがなかった当店においては大イベントだったのでした。

でも本当に楽しいイベントだったし、代官山というところも好きになったので、また行きたいと思っているけれど、来年は開催されないようで残念に思っています。

でも外に出て行ってみて、神戸の店で出会うことのできない多くの人に出会うことができて、やはり神戸という片田舎にずっと引っ込んでいてはいけないと思いました。

神戸はホームグランド、当店創業の地として大切な場所だけど、世界の片隅でしかなく、多くの人が訪れてくれるわけではない。

店としてもっと多くの、当店がお客様としている人と、ながりを強くしたいので、こちらから出て行く努力をしないといけないと今年1年思い続けただけで終わりましたので、10周年の来年は実現したいと思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「筆文葉のある生活」ブログ開設のご案内

2016-12-22 | お店からのお知らせ

当店と書きもの愛好家金治智子さんとの共同企画によるシステム手帳リフィルを中心としたブランド筆文葉の紹介、使いこなしなどをご提案するブログ「筆文葉のある生活」を開設いたしました。 https://fudemoyou.wordpress.com/

「筆文葉のある生活」はかなり独特な罫線レイアウトを採用している筆文葉リフィルの使いこなしを皆様にご提案したいということを主な目的としていますが、金治智子さんの書くこと、読むこと、考えること、整理することへの取り組みを見ていただいて、彼女の生活や人柄が垣間見られることができれば、読み物としても面白いのではないかと思っています。

なるべく頻繁に更新したいと思っておりますので、ブログ「筆文葉のある生活」にもいつもお立ち寄りいただければ、嬉しく思います。

 

私が万年筆を使い始めたのは、手帳を書くことが楽しくなるからでした。手帳を書くことを楽しむことは、仕事や生活を楽しむことにつながると自分の経験から知っていましたので、より多くの人に手帳を万年筆で書くことでより楽しんでもらいたいと思っていました。

万年筆で書くことを考えて作っている正方形サイズのオリジナルダイアリーはあって、それは自信と誇りを持って世に送り出しているけれど、システム手帳もまた盛んに使われるようにしたいと思っていました。

私たちが若い頃、(もう20年くらい前になるのだと思うとぞっとするけれど)システム手帳の全盛期でその頃のようにシステム手帳が使われるようにしたいと思いました。

時代遅れの懐古趣味ではなく、システム手帳は機能的にも使う意義のある、そしてより趣味的にも使うことができるものだと思っています。

システム手帳をまた盛り上げるには当店も何か魅力的なものを作らなければならないと思って、システム手帳本体を作ったりしましたが、やはり中身のリフィルのオリジナルのものが必要だと思いました。

お客様だった金治智子さんとはそれまでもよくお話をしていて、そのお力はよく分かっていましたので、システム手帳もリフィルを自作して使うほどの愛用者であることが分かった時、一緒に仕事したいと思いました。

一緒にシステム手帳リフィルのブランドを立ち上げようという話に乗ってくれました。

筆文葉(ふでもよう)という名前は金治さんが出してくれたアイデアで、筆=Pen 文=メッセージ 葉=リーフ=紙 すなわちPen and message.のリフィルという意味です。

金治智子さんは、自分の身の回りのこと、暮しにいつも真剣に取り組んでいて、書くことにもいつも並々ならぬ情熱を持っています。

当店だけでは、筆文葉のリフィルは作ることができなかっただろう。

だけど、筆文葉は金治智子さんという人が客観的に当店を見て、当店に合うイメージのシステム手帳リフィルを考えてくれました。

話しているうちに一番当店のことを理解しているのは金治智子さんなのではないかと、思って一緒に仕事しています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

携帯電話

2016-12-18 | 実生活

3年ほど使っていた携帯電話が通話できなくなって、新しいものに変えました。

少し大きくなって、何となく操作しずらくなったような気がするけれど、画面は見やすくなりました。

なるべくこういうものにお金をかけたくないと思っています。

1回に何万円も支払ったら終わりではなく、毎月数百円、数千円という金額をジワジワ取る携帯電話会社のやり方は、賢いと思いますが、我々庶民からお金を巻き上げる貧困ビジネスに思える。

思いながらもそこそこのお金を毎月支払っている。

携帯電話を変えた時に問題になって、イライラするのがアドレス帳データです。

携帯電話のアドレス帳データが流出したら困るので、お客様の情報は入れていないけれど、メーカーや取引先の人の連絡先などよくかける人の電話番号は入っている。

手入力でできなくはない件数ですが、携帯電話を変えるたびにデータの移し替えができないと言われるて、本当はできるやろと思うことが、煩わしくなってきます。

バックアップを取ったり、ちゃんと管理、対策できていればいいのだけど、それができたら困らない。

結局、私の場合は紙の手帳に勝るものはなくて、電話番号などは紙の手帳に書いておき、携帯電話は電話をかけたり、ネットにつなぐためのものだと割り切るというのが、自分には一番しっくりくるような気がします。

携帯電話に対して投げやりな態度ですが、どうせ使うのなら持っていて楽しいと思えるケースに入れたいと、いろいろ物色している。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

消せる安心感

2016-12-13 | モノについて

フリクションボールペンが世界中で売れていることに、確かに便利だから当然だと思う反面、ボールペンの文字を消したいと思っている人が多いことが信じられないような気がします。

ボールペンや万年筆のインクは消えないからその価値があるような気がしていますので、それが消せるのは、消せる安心感よりも消える不安感の方が私は強い。

フリクションを、消しカスを出したくないからペンシル代わりに使うのなら分からなくもないけれど。でも消せたと思っても実は60度以上でインクが透明になっているだけです。

消えない安心感を求めて、中には顔料インクなどを使う人もいるくらいなので、本当にそれぞれだと思います。

消せないことがインクの価値ではあるけれど、どうしても消さないといけない時もあります。

私の場合、手紙を書いていて、後の方で間違えた時です。

本来書き直すべきですが、その手紙をペリカンロイヤルブルーで書いていた時はよかったと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、ペリカンロイヤルブルー用消しペン/訂正ペンスーパーシェリフというものがあります。

万年筆のインクを消すことができるものは、以前からガンジーという会社から発売されていたものが、今はプラチナから発売されているけれど、これは2種類の液を使わないといけない面倒なものでした。

しかし、スーパーシェリフは白い方で消したい文字を塗りつぶすだけで消える。
スーパーシェリフで消した跡に万年筆のインクは乗らないので、反対側にあるブルーのペンで書き直します。

このブルーがペリカンのロイヤルブルーと同じ色なので、ペリカンのロイヤルブルー用ということになっていますが、消すだけならラミーもモンブランも消すことができます。

ちなみにラミーからはラミーブルー用インク消しINK-Xというものがスーパーシェリフと同内容で発売されています。

私の場合、手帳な2本線で消してしまうけれど、几帳面な人は手帳に使うといいと思います。

消しペンがあるからペリカンロイヤルブルーで手紙を書くということもあって、消せる安心感もやはり自分の中にもありました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加