膳-Sai

料理サロン Tomoko's Tableのご紹介。
食にまつわる、日々の暮らしを・・・

2017.5月 北海道の旅 その3

2017-05-21 23:14:37 | Weblog

美瑛の朝

前日到着時は雨だったので、朝から周辺をお散歩。
この場所は3度目ですが、朝は初めて。泊まらないと朝を体験できません。

早速表へ

       

お部屋の前の通路。こんな風になっています。ちなみに宿泊した一号室はここから見ると一番奥

       

こちらが宿泊者用の入り口と駐車場
すっきりとシンプルなプレートです

       

宿泊棟。窓が大きく眺め抜群です。奥がレストラン。

      

まだまだ桜の花も咲いていて、新緑と一緒で美しい!雨上がりに陽射しが差し込み、土からは湯気が上がってます。
写真ではわかりづらいですね。なんとも不思議な景色でした。

       

レストランの裏側。パン工房です。この薪でパンを焼きます。

 

さぁ、そろそろ朝食時間。貸し切りタイムですね。

      

朝陽がまぶしいです。

レストランの中もキラキラです

      

      

私たちのテーブル

       

お皿がとっても可愛い!

まずはしぼりたてオレンジジュース

       

イチゴジャムとオレンジママレード、バターもセットされてます。
ジュース、爽やかですが濃厚でした。

早速パンが運ばれてきます。

       

わぁっ!すごい!窯から出てきた熱々パン。大きい!こんなに沢山!ナイフが添えられ、ご自由にって。。
手前はミルクパン、美瑛の小麦で作ったバケット、奥は食パン型のブリオッシュ。早速カットしていただきます。
ふわふわ、もちもちでホントに美味しい。特に美瑛の小麦のバケットがお気に入り!外側がパリッとして中はもっちり。弾きも強く美味しい。もちろん香りも!

ホーローのマグカップにミルク

        

あぁ・・・・これも美味しい。パンとミルクとジャム、バター、もうこれだけで超満足なんだけど。
まだまだ出てくるそうです。サービスの方曰く、暴力的な朝食ですって。。

お次は卵料理

        

ミルクスープに半熟卵が。チーズ、ブラックペッパーがアクセントに。これも熱々。
優しい味わいです。この卵料理も結構お腹に来ます。

さてさて、ビ・ブレの名物焼き立てクロワッサンの登場です。

        

大きい!全長20㎝はあるんじゃないかしら。。
バターの香りがふんわり、サクサク!ちぎると、中はバターでしっとり。なんとも美味しいクロワッサンです。小麦が軽やかな感じ。
とにかく大きいので、これを一ついただくだけで、お腹いっぱいになってきます。
あ~~、でも美味しい~~

その他、おかずがこんなに。

       

キャロットラペ、ブーダンブラン、自家製ベーコンのグリル。
キャロットラペ、大好きなんです。ビ・ブレのは人参が細かく上品。優しい味わいです。ブーダンブランはふわっとしてます。ベーコンは薫香しっかりで、厚みもあり、ボリューム満点。どれも、ホントに美味しい。

カボチャのスープもありました。

      

小さいカップですが、ザ・カボチャ!っという感じで、
実は夫はカボチャをいただかないので、私は2杯いただきました。お腹いっぱいです。。。

そしてデザート

     

ブドウが可愛いです。これは普通ですが、カットが大きいので、食べごたえ大ありでした。

最後にコーヒーかお紅茶ですが、昨晩のお紅茶があまりに素晴らしかったので、やはりお紅茶に。
昨晩のとは違ったタイプのお紅茶でしたが、朝にはぴったりのお紅茶。

さぁ、そろそろお部屋へと思っていたら、なんと、今度はミルクティーが。

     

このミルクティーが絶品!
茶葉はミルクティーに合うようブレンドされてるようです。お砂糖が少し入っているのですが、その量もちょうどよく、こんな本格的なミルクティーをいただくのはめったにないことです。お腹いっぱいなんだけど、美味しく全部飲み干しました!
お腹いっぱいの上、お紅茶でさらにダブダブ。暴力的!っとサービスの紅茶インストラクターさんがおっしゃいます。

でも、思わぬサービスに、心温まり、すべてが満たされ、うれしかったです。

これがサービスというものなのですね。
お食事をしながら、お薦めの場所も教えてくださったり、ずいぶん楽しませていただきました。

そして、最後に大きな紙袋を持ってきてくださり、あのパンを全てお土産でお持ち帰りくださいっと!
うれしいけど、、、荷物が。
昨晩のプレッツェルと焼き菓子もあるし、この大きな袋一杯のパンと、いつも持ち歩いてるお買い物袋がパンでいっぱいになりました。
あと2日間このパンを大事に持ち歩かなくては!
お土産は無しですね!

 

さぁ、素敵なビ・ブレを後に、久しぶりに青い池へ。その近くにご紹介くださった陶芸の窯があるのでそちらにも。そして新十津川、札幌へ
旅は続きます。

      

つづく

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017.5月 北海道の旅 その2

2017-05-21 01:02:00 | Weblog

さて、ビ・ブレのディナー

        

まずは

玉ねぎのタルト

        

熱々で供されます。サクサクタルト生地に玉ねぎたっぷりのクリーム。チーズもきいて、美味しい。

2つ目

        

チーズを焼いて、チュイルのようにしてあります。そこにマッシュポテトが挟んであり、ミルクの泡。こちらもミルキーでジャガイモがトロリと美味しい。

パン

        

先ほどのパン工房から、熱々が運ばれてきます。ジャガイモパンです。中にはごろごろとジャガイモが。パンは香ばしく、もっちり。
ついつい手が伸びます。パンばかり食べてたら、最後までいきつかなるので、抑えなくては!

前菜

       

パテドカンパーニュ 色々お野菜のピクルス、ラタトゥイユ、 ニシンの燻製

どれも美味しい。ピクルスはお野菜によって、すべて漬ける液も変えてるそうです。確かにそれぞれお風味が違うように思いました。
人参はオレンジジュースを加えていたり、お大根も、フルーティー。それぞれ、ハーブの香りやスパイスが突出することなく効いてるようでした。ラタトゥイユは一つ一つのお野菜が大きくカットされてて、食べごたえがあります。ニシンは香り豊かにふんわりとして、好きです。

スープ

       

蕪のスープにあさりが入ってます。蕪のふうみが美味しく、さらにあさりの出汁もプラス。上品な味わいです。

雪の

下人参のグリル

       

雪の下に埋められてた人参。甘味が増してます。

       

人参は乱切りにされ、背脂がのせられてます。クミンのパウダーとシードも。相性抜群!
濃厚な人参です。
北海道らしい食材でうれしいです。

冷たいサラダ。

      

目の前で氷の上にサラダボウルを置き、混ぜ合わせて、取り分けてくださいます。
この、美瑛料理塾の塾生がデモンストレーションをします。これもお勉強の一環です。

お魚料理

      

アオゾイというお魚。ソイは4種類いるそうで、その中の一つ。
グリルにブールブランのソース。ライムも添えられています。
このお魚、結構脂がのっていて、ちょっとのどぐろの様。身はのどぐろよりしっかりしてます。
ライムの汁がよく合います。レモンじゃなくて、ライムがミソかな。。

お肉料理

       

シェフ自ら、目の前で炙ってくださいます。この葉っぱはヒノキ。
お肉は蝦夷鹿。1週間熟成されたそうです。火の入れ方も、高温で焼き、休ませて、また高温で焼き、休ませて、という作業を何回も重ね、火を通してゆきます。そうすることで、中の血液にも火が入り、臭みがなくなるそうです。そして、肉質も軟らかく。
ソースは赤ワインを煮詰めたもの。山山葵のおろしたものもたっぷり添えられてます。
蝦夷鹿、素晴らしい!なんとも美味しい。鹿独特の臭み、硬さは全くなく、軟らかいけど、しっかりとした肉質、こんなに美味しい蝦夷鹿をいただいたの、初めてかも。。山山葵の風味もよく合います。

付け合わせはジャガイモのミルクグラタン

       

優しい味わい。ジャガイモもこんな風に美味しくなれば本望です。

デザート

        

ミルフィーユです。すごいです!
好きな大きさに切ってくださいます。

       

このミルフィーユ、ナイフを入れても崩れないのです。不思議。サックサク。
クリームも美味しく、もっと食べられそうでした。イチゴのソースを後から添えてくださいました。

食後の飲み物はファーストフラッシュのダージリン。これが今まで飲んだことのないようなフレッシュな風味のダージリン
ジュンパナ農園のお紅茶です。この春の茶葉で作られたダージリンです。まだ東京でも売ってないっとおっしゃってました。ホントに美味しい、素晴らしいダージリンでした。
サービスの方が紅茶インストラクターで、詳しく説明もしてくださり、大変興味深かったです。
それにしても、美味しいお紅茶!淹れ方もすごいんだと思います。

最後に焼き菓子

      

もう手が回らず。袋をくださり、お持ち帰り。メレンゲのお菓子にシュトーレン。ナッツの入ったクッキーです。

次の日の昼食かな。。

ゆっくりと楽しいディナー、北海道の食材も美味しくいただき、嬉しかったです。やはり、ランチよりディナーが楽しい。

 

雨も落ち着き、静かな夜です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017.5月 北海道の旅

2017-05-20 23:49:09 | Weblog

ゴールデンウィークあけに、北海道に行ってきました。
今回は食べ旅。
食のコラムニストやライターの方々お薦めのコースです。

千歳に到着、レンタカーで早速出発です。
あいにくお天気は冴えませんが。。

途中、相変わらず、北海道らしい色んな道をわざわざ通りながら美瑛へ

         

こんな道

         

         

ジェットコースターの道、というそうです。なんだか色んな名前がついた道があちこちにあるのですが、どれも、本州では見られない、どこまでも続く道。山あり谷ありで続いたり、一直線に登ったりくだったりと。北海道らしい道路です。

あちこち寄り道して、初日の宿。
ビ・ブレへ。 オーベルジュです。
4年前にオープンし、その時にランチに伺い、つい昨年はパンを買いに。
なんだかんだで、行ってました。

今回は本格的に宿泊です。

お部屋は5室。一番手前の一号室

        

鍵もちょっとおしゃれですね。

お部屋も広いです

       

窓も広くて、気持ちがいいです。ちょっと雨降りですが。
飲み物も色々あって楽しいです。冷蔵庫にはハートランドビールやペリエも入っていて、好きなようにいただけます。
コーヒーはネスプレッソ、パン工房のラスクも。
早速、コーヒー淹れて、おやつタイム!ラスクが美味。

お部屋には料理通信も何冊も置いてあり、それを読むのも楽しい。バックナンバーですが。。そうこうしているうちに夕食時間

        

お花も可愛い。こちらの扉を開けると、パン工房とレストランになっています。宿泊のフロントも一緒。

まず、パン工房の見学です。

        

フランス製の薪釜。扉を開けると中はとても広く、大人が3人、4人ぐらい寝られるそうです。ホント!広い!

なので、長い柄のついたヘラのようなもので、中のパンを入れ替えたり、出したりと。なかなか大変そうです。
薪は楢の木。白樺は燃費が悪いそうで、、
パンの種類によって置く場所や時間等々変わるので、順番も考えないとダメみたいです。

早速窯から焼き立てのプレッツェルを。熱々のプレッツェル、初めてです。プレッツェルってどうもあんまり得意じゃなかったんだけど、これにはびっくりです。プレッツェルがこんなに美味しいパンだったとは!
ついつい食べてしまいそうに。。

実はこの日の宿泊は私たちだけで、貸し切りでした。なので、この工房の説明見学も私たちだけ。
なんだか晴れがましいやら、申し訳ないような・・・、

レストランに移動して、ディナーです。

つづく

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上賀茂 秋山 久しぶりのお昼

2017-05-18 22:35:07 | 食道楽ランキング

北海道の旅もご紹介したいのですが、まず、今週初めに伺った「上賀茂 秋山」さん。
急なお誘いで、久しぶりのお昼。

秋山さんのお昼はお教室の新年会いらいです。

          

新緑がきれいで、打ち水がキラキラ!

いつものようにお待合でお茶をいただきます。この日は刀豆茶。

早速お料理

1品目

         

お箸置きは葵祭の葵の葉っぱ。(この日は葵祭の日でした)

冷たい前菜 白味噌風味の豆の摺り流しに奥は汲み上げ豆腐、下には枝豆の湯葉。水だこ、揚げたソラマメ、うに、きくらげ、スナップエンドウ。豆でまとめたお料理です。白味噌風味が美味。ぷちぷちマスタードマリネも合います。上にはなんと雑草のカラスノエンドウが。食べられるそうです。食べてみましたが、青臭さに豆の香りが・・。流石秋山さん!とうとう雑草まで!。

二品目

       

椀物です。
ホタテの真丈、わかめ、菊芋、こしあぶら。
春の香りです。お出汁がいつもよりはっきり味。鰹がしっかり効いてました。
真丈の中にホタテがコロコロはいってます。たっぷりの美味しい椀物です。

3品目

       

いつものお造り
葵の葉っぱも。カキツバタの葉っぱも。
この日のお造りは明石の鯛、ミル貝、あなご。山葵ではなく、おろししょうがです。生姜が合うお魚たちでした。ミル貝、珍しく、美味しかった~!
奥の器にはすぐきとシラスの和え物。手前左は鯛の骨の周りの身をほぐして、セリと和えたもの。ちょっと辛子も効いて美味。
あしらいに大根の実が。はじめて食べましたが、大根風味。食感はポリポリ。ほんとになんでも食べさせてくださいます。
食材のうんちくも、楽しいです。それにしても博学。さらに磨きがかかってきたように思います。

4品目

       

炙ったイサキににらが添えられています。これがよく合います。お皿も素敵です。

5品目

      

ケンケン鰹のたたき。おろしポン酢に玉ねぎと玉ねぎのピュレ大根のお花があしられています。
玉ねぎ尽くし、鰹も美味しい!

6品目

      

水だこのゲソのオリーブオイル炒め。突然イタリアンなんですが、これが美味しい!

7品目

      

〆のお鍋はアグー豚のすき焼き風。赤こんにゃくや麩、玉ねぎの輪切りがたっぷり、セリと木の芽も香り豊か。ぐつぐつ煮て玉子につけて。
美味しい!アグー豚、コクがあって。玉ねぎの輪切りは、まるで麺を食べてるみたい。
卵とじにしてみました。

     

これもまた美味。ご飯がすすむ!ついつい2杯も!

残った白和えで和え物。木の実やドライフルーツが具になってます。これがなかなか美味。以前伺ったときもいただきましたが、今回は干し柿が入ってました。

デザートは

     

柏餅。これが美味しいのですが、かなりお腹にぐっときました。

いつもながら、お野菜、お魚の生かし方が楽しいお料理でした。
また、行きたくなってきた!

お食事のあとは、ちょうど近くの太田神社でカキツバタが咲いてるので、見学に

     

      

はじめて太田神社に来ました。以前から太田神社のカキツバタは有名でしたが、なかなかその時期に来ることが出来ず、今回初めて。みられてよかった。

その後は実家により、両親と加茂街道を通る葵祭を見学

     

ちょうど、斎王代さんが通り、間近にみられてよかった。葵祭、何年ぶりかしら??30年近くみてないような気がします。

牛車も

     

盛りだくさんな一日で、お天気も良く、よかった~~

久しぶりに両親ともお話しできて。最近なかなかゆっくり行けないのが悲しいですが。。。

 

今週から、来月のお教室メニューの試作を始めました。今日も作りましたが、うーーーん、改良の余地大ありだわ。。
明日も頑張ろう!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ええ古都なら」5月のお料理がアップされてます。

2017-05-16 21:31:39 | スローフード

しばらくのお休みでした。

先週後半から北海道に行ってました。知人に紹介していただいて、人生初オーベルジュに宿泊、札幌、小樽、室蘭と周ってきました。
今回は「食」旅。フードツーリズムです。

ぼちぼちご報告いたします。

出かけてる間に、「ええ古都なら」5月のお料理がアップされてました。
今月の食材は久しぶりの登場、三輪素麺です。エスニック仕立てで。かなりお気に入りのお料理です。香り豊かで大好きです。
自画自賛ですが。

       

ミントやパクチー等ハーブも複数使ってます。
是非お試しください。
詳しくはこちら。

http://www.nantokanko.jp/furusatonoaji/8688.html

 

そろそろ、来月のお教室メニューも考えなくては。
来月はイタリアンかな~~?

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月東京の旅 「おおつかようすけ」その2

2017-05-09 23:03:14 | 食道楽ランキング

東京の旅のつづき

ちょっと間が空いてしまいました。
ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?
我が家は愚息が自宅に引っ越し、荷物を運んだり片づけたりと、バタバタ。

やっと日常の生活に戻りました。

さて、本題「おおつかようすけ」さん。西麻布の日本料理店

        

交差点の中にあるような角のお店です。
カウンター6席、個室が10名まで。

早速カウンターに

まずつき出し風に3品

       

左、セロリとお揚げの炒め煮。右、ふきの白和え。奥、ゴーヤのお浸し。
どのお料理もほっこりするお家の味って感じです。

そうそう、店主のおおつかようすけさん、まだまだお若く31歳です。九州、久留米のご出身。なので、ちょっと甘めのお味かな。。ふきの白和えがお気に入りです。

       

お品書きのファイルに自己紹介も。わかりやすくていいですね!

4皿目 枝豆のおからと炙ったからすみ

       

おから、久しぶりで美味しい~、枝面の薄緑が春らしくきれいです

5皿目 筍とお揚げの炊き合わせ

       

こちらもちょっと甘めのしっかり味。でも、お揚げとよくあって、美味しいです。

6皿目 このお店のスペシャリテ  すっぽんスープのしゃぶしゃぶ

       

佐賀牛のもも肉

       

一人づつのお鍋で。すっぽんのスープにかつを出汁を合わせてあります。生姜は入ってなく、白ネギがいっぱい。大きな揚げ出し豆腐も一つはいってます。すっぽんの皮も。ぷりぷりです。コラーゲンたっぷりで、すごい!
このスープでしゃぶしゃぶです。くどいように思うのですが、これがなかなか合うのです。ちょっと面白いお料理です。スープは残さず、いただきます。

7皿目 ウナギの白焼き

      

大好きな白焼きです。塩、わさび、山椒が添えられてます。皮がパリッとして、身もふっくり。やっぱり白焼きだ!

8皿目 牛タン 

      

宮崎の和牛のタンです。焼いて、塩で。きゅうりとフルーツトマトと。もろみも添えられてます。このもろみが甘くって美味しい!やはりり九州です。

〆はのどぐろご飯

     

ボリュームご飯です。のどぐろは焼いてから、ごはんにはこんにゃく、薄揚げ、タケノコ、人参、ごぼうともりだくさん。ごぼうと木の芽の香りが立ちます。

     

麦味噌でお豆腐のお味噌汁。やはり九州です。久々の麦みそ7、やっぱり美味しい。麦みそ、好きなんです。
ごはんは軟らかめ。のどぐろの脂も浸み込み、コクがあります。ついついいただき、3杯も!4杯の人も!
よく食べました!

あまおうのいちご

     

このお盆が素敵です。ご実家からのものだそう。結構そういう食器が多かったです。

最後はお薄

      

お腹いっぱい、美味しくいただきました。

これからが楽しみな素敵なお店です。大将もまだまだお若いので、どんどん新しいお料理も考えていかれるのでしょうね。
テディベアのような大将です。
こんなお店が近くにあったら楽しいなぁ~~

 

      

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月 東京の旅 「おおつかようすけ」

2017-05-04 23:15:03 | 食道楽ランキング

先週末、大学時代のクラブの同窓会「アマービレの会」に参加するため、東京に行ってきました。

お教室がその前の週に終わり、ちょっとへこたれてましたが、東京に行かなくてはいけないので、養生。

2年に一度の同窓会、とっても楽しみでした。
今回は前日のお昼に東京に着き、まずはランチ。
3月も東京に行きましたが、その時は渋くお蕎麦。お江戸を楽しみました。
今回は品川駅内のサラベス。
実は大阪にもお店あったのですね。全く気が付かずで、たまにはこういうお店も行ってみようと、、

少し待って入店。なんと、私の前に並んでいたのは、俳優の高橋英樹さんご夫妻。
びっくりです。やっぱり東京だわ~なんて、感心してしまいました。
いたって普通のおじさんで。でも、体は大きかったです。

さて、サラベスでは、エッグベネディクトとフォーフラワージュース、、

       

フォーフラワー、甘くておいしい。。バナナやパイナップル、オレンジ、グレナデンシロップが入ってるそうです。エッグベネディクトも美味。実は食べたことがなかったんです。今頃デビュー、遅すぎだわ。。
今回はこれだけだったので、次回は大阪でフレンチトーストに挑戦します!ちょっとはまりそうな私です。。。。

ホテルにとりあえずチェックイン。今月は九段下のグランドパレスホテルに宿泊。
古い!老舗感満載でレトロ~~な雰囲気。
お客様も結構お年を召した方々が多く、近隣の私学のご父兄風も多く、PTAの会合等に使ってらっしゃるのかな?
落ち着いた雰囲気のホテルです。働いてる方々も結構年齢層高いです。

お部屋の窓からは、靖国神社も見えて、東京らしい眺めです。

ちょっと休憩してから、靖国神社、千鳥ヶ淵あたりをお散歩
すっかり桜は終り、新緑が美しいです。

さて、今晩は、横浜のお友達ご夫妻とご一緒に西麻布の日本料理店「おおつかようすけ」さんへ。
青山一丁目の駅からトコトコ歩いて行きましたが、結構距離がありました。

やれやれ到着

          

交差点の中にありそうな、角のお店。

さてさて、どんなお料理でしょうか。。

つづく

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月のお教室テーブル 2017

2017-04-21 22:29:04 | 料理教室

昨日、無事、今月のお教室が終了いたしました。

今月もケガなく、トラブルなく、楽しくお教室ができました。
これも、ご参加の皆様のご協力のお陰です。ありがとうございます。

今月は軽いエスニック。インド、中東風です。
テーブルもちょっと爽やかな感じで。クロスは若草色。今の季節にぴったり!自画自賛です

           

サラダは今の季節のトンボ節を使ってツナのように。あっさりとたくさん頂けます。ハーブ類はミント必須で他に色々、
複数使うことで風味に奥行きが出て楽しいです。

サモサも今のお豆、エンドウ豆をたっぷり。ついつい手が伸びる一品です。沢山作って冷凍された方もいらっしゃいます。好評でうれしいです。

スープはトルコ風。以前訪れたトルコで、毎食いただきました。やっぱり乾燥ミントですね!

今月大ヒット、オリーブご飯。とにかく作りやすくて、炊き込みご飯でも、いつもとちょっと違う、楽しいですね~~

圧巻食材は、うし源さんの大和榛原牛のとも三角。皆さんとっても喜んで召し上がってらっしゃいました。
霜降りもたまにはいいですね。よかった、よかった。

パンはいつものパンドキュイソンさん。パニーニのようなパンでトンボ節サラダでサンドを作っても、西川さんの八朔ジャムを挟んでも、とにかく、美味しいパン。何にでも合う。流石です!

          

同じような写真ですが・・。
イチゴの組み合わせにも、喜んでいただけたようです。私も大好き。

BGMはオペラのガラ、あと、なぜかドナサマー。久々で私は楽しかった。気が付いてくれてたかな??

今月も色んな方々に来ていただき、楽しんでいただき、嬉しかった。
皆さんの大切な時間を私のために使ってくださること、本当に感謝しています。時間はどんなにお金があっても買うことはできません。

お教室に参加して、良かったなぁ~、楽しかったなぁ~、お友達ができてうれしい!美味しかった~!etc
そう感じていただけるよう、精進していきたいと思っています。

次回は6月、
ちょっと空きますが、皆さんとまたお目にかかれますこと楽しみにいたしてます。

さぁ、月末までに「ええ古都なら」のお料理試作撮影して、レシピ作らなきゃ!
他にもいろいろ。。。。

頑張ろう! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月のええ古都ならのお料理がアップされてます。

2017-04-16 23:11:46 | スローフード

お教室や用事でバタバタしているうちに、ええ古都ならのお料理がアップされてました。

今月は大和トウキ。
根は漢方薬ですが、葉っぱも美味しく、和のハーブです。

      

今回は白いミートソースにたっぷりと入れました。
ミートソースはトマトで作りますが、これはあっさりと塩味です。
大和トウキ、どちらのソースにも合います。 

詳しくはこちらをご覧ください

http://www.nantokanko.jp/furusatonoaji/8458.html

是非、お試しください!

今日もお教室。
写真も撮りためてますが、近日中にアップいたします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アコルドゥ 3回目

2017-04-14 23:01:57 | 食道楽ランキング

昨年12月にオープンし、ひと月に2回伺い、
それ以来の訪問です。4か月ぶりかな。。

季節もかわり、食材も違うものになるので、お料理がどんなふうになるのかとても楽しみでした

お庭の古木の桜も咲いてました!

        

桜は写ってますが、私までこっそり潜んでいます。。こんなことになってるとは。

メニューはボックスに入っていて一枚一枚、お料理ごとに出てきます。玉手箱風です。

      

デザート前にお料理のメニューを並べて撮りました。
こんなお料理でした。このお題をみても、さっぱりわかりにくいところがこのお店らしいです。

まず、ほうじ茶と稲わら

     

ほうじ茶のほんのりとした苦み、藁の香り、ちょっと大人なお茶。ほっこりと。
藁は無施肥無農薬八朔の西川さんのだそうです。 

オリーブ 枯れ木と春

     

いつものオリーブ、いつも同様美味。
ふきのとうのベニエ、フリットです。ふきのとうの天ぷらですね。香りよく美味、ひしおマヨネーズも付いてます。
ひしおの香りがほんのり、和風マヨネーズみたいです。このマヨネーズ、色んな食材に合いそう。。

 

パン

      

パンドキュイソンさんのキューブのパン。焼き印が。12月は焼き印無し。オリーブオイルも美味

土にまみれた大和マナ 御所のヨーグルト

     

花のついた大和マナにいろんなハーブやお花、根っこの素揚げ。カリカリの土がかけてあります。
マナの茎の食感、オリーブ風味の土がアクセントにハーブの香りも色々で楽しい!
盛りつけも美しい。根っこがホクホク、ひげがカリッと、美味しい!根っこが一番おいしいかも・・・

土の香りの芋 森の香りのソパ  

      

懐かしい器です。
スープをかけてくださいます。椎茸の出汁、イーストの香りも少し。

      

トリュフの香りと椎茸、マッシュルームの香りが濃厚。
ジャガイモは半分マッシュで、ニンニクの香りがついてます。椎茸がとても薄く、軽く乾かしてあるようでした。
香り豊かで美味しい~~!もちろんジャガイモも。このお料理は全てを一緒にいただいて美味しい。椎茸が薄く、半ドライ状態です。干しシイタケの様ではなく、もっと軽やかな濃厚さ。とにかく好き!

 

 金目鯛のサルティアーダ 五條の一本ネギとエア

      

クリーミーな泡の下は金目鯛のふっくりとした身とオレンジ色はうろこをカリカリにしてカレー風味をつけたもの。これが食感と味のアクセントに。お魚の下には「一本ねぎ」というおネギ。白ネギの仲間だそうなのですが、ちょっと青ネギのようです。太さも。シャキシャキと楽しく、九条ネギのような感じ。まとまりの良い一皿。

炙った豚バラ 枯れ葉と小枝 カリフラワーピュレと焼きらっきょう

       

豚バラは焼いてから胡椒やフェンネルを振り、炙り、香辛料が焼かれた状態。香ばしく、香り豊かでこの一技が美味につながるんですね。
付け合わせのジャガイモを揚げたものは懐かしい、チップスのよう。炙った香りと香辛料、らっきょうと、楽しい一皿です。

 

 クチテユクモノ ウマレクルモノ

        

乾燥したパイナップルや花びら、ハーブ、マンゴーの小さいマカロンと、楽しく美しい一皿。マンゴーピュレがまとめてくれます。

古都華のまりね メレンゲのクリーム ソーダ
 

        

一口いただくと、カルダモンの香りとソーダの風味が爽やか!
大人のクリームソーダーです。カルダモンとソーダの組み合わせ。川島シェフらしい。。

この日はご一緒した方のお誕生日もお祝い

       

4人で分けていただきました。ありがとうございます。

最後はいつものフレッシュハーブティー

      

滋賀でハーブやお野菜を自然に作ってらっしゃる、今枝さんのハーブ
スペアミントや日本はっか、等、さわやかで、懐かしい。。

これでランチコース終了。

全てが富雄時代に戻ったよう。でも、そこに新たな息吹も感じられ、川島ワールド全開!

素晴らしい、お料理の数々、楽しかったです。

身体の隅々まで感じられるよう、集中しました。

また、季節をかえて伺いたいです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加