日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

先に「シチズンフォー スノーデンの暴露」を観てから、鑑賞。

元CIA職員 エドワード・スノーデン氏(写真) が告発した行き過ぎた国民監視。

 

 

さて、どんな行き過ぎた国民監視なのか。

 

劇中、スノーデン(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)と彼女(シェイリーン・ウッドリー)との会話。

「別に悪い事してるわけじゃないんだから、情報がダダ漏れしていても、私は平気よ」

「違う! 何を言ってるんだ!!!」

 

 

この映画で暴かれるのは「悪意」をベースにされると、情報ダダ漏れは超危険!ということ。

 

瞬時にしてその人物の電話・ネット他全ての人間関係が暴かれ、弱みをサーチする。

それは兄弟、近親者、友達、知り合いのあらゆるレベルまで…

しかも必要とあらば、それが表出するまで…

あらゆるカメラの映像をはじめとするほの全ての情報が、自分を監視しているのだ!

確かに、それは怖い(汗)

 

 

前のドキュメンタリーでは、香港のホテルの一室での告発から発表までを淡々と追う。

一方こちらは、兵役時代から、CIAの採用試験合格、ジュネーブ時代、ハワイ時代…とスノーデンの半生を追っていく。

このため、彼が情報収集の驚愕の実態に気づき告発を余儀なくされる過程がよく描きこまれている。

 

前にタバコ業界の実態を告発した「The Insider」という主人公がプレッシャーと戦う作品があった(主演:ラッセル・クロウ)

が、スノーデン氏の闘いは相手がスケールが全然大きく、CIAや国。

プレッシャーのレベルが全然高い!

 

オリバー・ストーン監督はこの状況を、いつものケレン味は抑え(笑)ポイントを静かに描いている。

2時間超の映画だがこの緊張の高さで、飽きることはない。

 

さてその後、行き過ぎた国民監視はどうなったのか?!

その答えは神のみぞ、知る…


P.S. 本日2/19 朝日新聞の3面にもこの映画への言及が。 タイトル=「安全のため」奪われる自由



コメント ( 2 ) | Trackback ( 11 )



« 読後評:シェ... 「ブログでサ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (atts1964)
2017-02-19 21:54:57
国民背番号制、管理を強くすれば、国が絶対的な力を持つ、そのためにテロを逆に起こさせたのかも?
そんなイメージさえ湧く作品でした。
こちらからもTBお願いします。
 
 
 
陰謀説ですか (onscreen)
2017-02-19 22:51:50
国家のパワーバランスは永遠の課題、でしょうか...
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
スノーデン / Snowden (勝手に映画評)
実話に基づいた作品。アメリカ政府に寄る個人情報監視の実態を告発したエドワード・スノーデンの姿を描いています。 ローラ・ポイトラスは、『シチズンフォー スノーデンの暴露......
 
 
 
『スノーデン』 国を裏切る愛国者 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『プラトーン』『JFK』などのオリバー・ストーン監督の最新作。  アメリカの情報機関が世界中で通信傍受を行っていることを暴露して名前を知られるようになったエドワード・ス......
 
 
 
スノーデン (セレンディピティ ダイアリー)
2013年に発覚したアメリカ政府による個人情報監視プログラムの正体を、内部告発したエドワード・スノーデンの目を通して描いたドラマ、「スノーデン」(Snowden)を見ました。......
 
 
 
「スノーデン」こんなん、シャレにならんて…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[スノーデン] ブログ村キーワード  史上最大の内部告発を行なったエドワード・スノーデンの人物像に迫る本作「スノーデン」(ショウゲート)。果たして彼は“英雄”なのか?それと......
 
 
 
「スノーデン」:ライトな正義と告発 (大江戸時夫の東京温度)
映画『スノーデン』は、かなり久しぶりに上出来のオリバー・ストーン作品。基本的に反
 
 
 
スノーデン・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ビッグブラザーの時代。 元CIA職員のエドワード・スノーデンが、国家権力による大量監視の実態を暴露した、所謂スノーデン事件の顛末を、一貫して反権力の立場で創作活動してき......
 
 
 
スノーデン (そーれりぽーと)
正義なのか悪なのか、『スノーデン』を観てきました。 ★★★★ 陰謀論が得意なオリバー・ストーン監督視点で、ヒーローとして扱われているところに違和感。 インターネット上の......
 
 
 
スノーデン (C’est joli ここちいい毎日を♪)
スノーデン '16:アメリカ=ドイツ=フランス ◆原題;SNOWDEN ◆監督:オリヴァー・ストーン「ウォール・ストリート」「ワールド・トレード・センター」 ◆主演:ジョゼフ・ゴードン=レ...
 
 
 
スノーデン (♪HAVE A NICE DAY♪)
2013年6月、元CIAおよびNSA(アメリカ国家安全保障局)職員エドワード・スノーデン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)の内部告発により、アメリカ政府がひそかに作り上げた国際的......
 
 
 
映画評「シチズンフォー スノーデンの暴露」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 2014年アメリカ=ドイツ=イギリス合作映画 監督ローラ・ポイトラス ネタバレあり
 
 
 
スノーデンのしたことは・・・ (笑う社会人の生活)
10日のことですが、映画「スノーデン」を鑑賞しました。 2013年6月、イギリスのガーディアン誌が報じたスクープにより アメリカ政府が秘密裏に構築した国際的監視プログラムの存在......
 
 


 
編集 編集