日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



目前、理不尽かつ強力な「暴力」と対峙を余儀なくされた時、どう立ち回るか。
(それも大人も子供も関係なく)

あるいは、ねじれた熟年夫婦の今後の関係。
離婚?それとも?!

または母親を失った父と子供。
この微妙な関係を回復するどころか、さらに。。。


ざっと挙げただけでも、これだけ多様な人間の様々な感情。
これを、限られた時間の中で、はっきりくっきりと描き分ける筆力。

スサンネ・ビア監督は、アフター・ウェディング(2009年01月28日)、悲しみが乾くまで( 2009年02月13日)とそれぞれ追っかけさせてもらってた。
が、ここまできたか!と思うと、すごくウレシイ。


一秒たりとも画面から目が離せない緊張感を高く維持したまま、ラストまで。
日本語タイトルも最初は「?!」だったが、確かにそういう視線が大人から発せられると感じ、OKに。


今週末から公開。
アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞 最優秀外国語映画賞ダブル受賞獲得も、全く御意。
この夏、必見の1作か?!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 32 )



« 映画:ドライブ・... 日韓戦感想:10... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
未来を生きる君たちへ (映画情報良いとこ撮り!)
未来を生きる君たちへ 親が別居しているため、母親と暮らしているエリアス。 彼は、学校でいじめにあっていた。 しかし、母親を亡くしたクリスチャンがそれに気づいて仕返しをたくらむ。 彼らは、いつしかかなよくなっていた。 そんな事情を知ったのか、エリ...
 
 
 
未来を生きる君たちへ (試写会) (風に吹かれて)
LOVE PEACE公式サイト http://www.mirai-ikiru.jp8月13日公開米アカデミー賞とゴールデングローブ賞の最優秀外国語映画賞受賞作監督: スサンネ・ビア  「ある愛の風景」
 
 
 
未来を生きる君たちへ (ふじーの。)
監督:スサンネ・ビア 出演:ミカエル・パーシュブラント、トリーネ・ディアホルム、ヴィリアム・ユンク・ニールセン、マークス・リーゴードほか 8月13日から全国順次公開 公式サイト→『未来を生きる君たちへ』 《あらすじ》 アフリカのキャンプで治療...
 
 
 
映画レビュー「未来を生きる君たちへ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
◆プチレビュー◆報復と赦しの狭間で揺れ動く2つの世代の物語。俊英スサンネ・ビアによる感動作だ。 【80点】 デンマーク。学校で執拗なイジメにあうエリアスは、アフリカで働 ...
 
 
 
未来を生きる君たちへ (LOVE Cinemas 調布)
第83回アカデミー賞外国語映画賞作品。2組の家族、特に父と息子の関係を軸に世の中に満ちている憎しみや暴力をどのように受け止めるのかを描き出した感動作だ。出演はミカエル・パーシュブラント、ウルリク・トムセンといったスウェーデンやデンマークを代表する俳優...
 
 
 
未来を生きる君たちへ (食はすべての源なり。)
未来を生きる君たちへ ★★★★★(★満点!) 殴られた。だから殴った。 戦争はそうやって始まるんだ。 2010年アカデミー賞&ゴールデン・グローブ賞 最優秀外国語映画賞受賞のデンマーク作品。 原題の意味は「復讐」。 2組の父子を軸に、10歳の息子を取り巻く...
 
 
 
2011年8月4日 『未来を生きる君たちへ』 サイエンスホール  (気ままな映画生活)
今日は、『未来を生きる君たちへ』 を試写会で鑑賞です。 本質の違う人物像が描かれているので、共感できる人がいると思います。 【ストーリー】  医師アントン(ミカエル・ペルスブラント)は、デンマークとアフリカの難民キャンプを行き来する生活を送っていた。長男...
 
 
 
未来を生きる君たちへ / HÆVEN / IN A BETTER WORLD (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「ある愛の風景」や「アフター・ウェディング」のスサンネ・ビア監督最新作で、 今年のアカデミー外国語映画賞と、ゴールデングローブ賞をW受賞で話題のデンマーク映画 脚本は、これまでの他の作品も手がけてい...
 
 
 
映画 「未来を生きる君たちへ」 (ようこそMr.G)
映画 「未来を生きる君たちへ」
 
 
 
未来を生きる君たちへ (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   『未来を生きる君たちへ』  (2010) 医師のアントン(ミカエル・ペルスブラント)は、デンマークとアフリカの難民キャンプを行き来する生活を送っていた。 長男のエリアス(マークス・リーゴード)は学校で執拗ないじめを受けていたが、ある日、彼...
 
 
 
『未来を生きる君たちへ』 デンマークが生んだあの人のことを考えよう (映画のブログ)
 世の中には、大小様々な暴力が溢れている。  私は前回の記事(『スーパー!』 私たちが好きなものの正体)で、人間は暴力を振るう生き物なのだと書いた。  では私たちは、暴力を振るい振るわれ生きていく...
 
 
 
未来を生きる君たちへ (ここにあるもの)
赦せない思いと、赦せない苦しみ。その葛藤は世界中にある。 公開前から観たいと思っていたアカデミー賞最優秀外国映画賞受賞作品。 シネマライズっぽくないなぁ〜なんて思いなが ...
 
 
 
*『未来を生きる君たちへ』* (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2010年:デンマーク+スウェーデン合作映画、スサンネ・ビア監督、ミカエル・バーシュブラント、トリーネ・ディアホルム、ウルリク・トムセン、ヴィリアム・ユンク・ニールセン、マークス・リーゴード出演。
 
 
 
未来を生きる君たちへ・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
遠く離れた北欧とアフリカで、暴力の連鎖が交錯する。 「未来を生きる君たちへ」は、本年度米アカデミー賞とゴールデングローブ賞の最優秀外国語映画賞をダブル受賞するという快挙を達成した、デンマーク発の...
 
 
 
未来を生きる君たちへ (Memoirs_of_dai)
暴力の根底 【Story】 難民キャンプを行き来する生活を送っている医師アントン(ミカエル・ペルスブラント)の長男エリアス(マークス・リーゴード)は学校で執拗ないじめを受けていたが、ある日彼のク...
 
 
 
未来を生きる君たちへ (とりあえず、コメントです)
今年のアカデミー賞とゴールデングローブ賞の外国語映画賞を受賞した人間ドラマです。 賞レースで話題になっていた時から公開を楽しみにしていました。 暴力に対する強い心や、復讐の連鎖を断ち切る気持ちの大切さを考えさせられる作品でした。
 
 
 
未来を生きる君たちへ (心のままに映画の風景)
医師のアントン(ミカエル・ペルスブラント)は、デンマークとアフリカの難民キャンプを行き来する生活を送っていた。 長男エリアス(マークス・リーゴード)は学校でいじめを受けていたが、ある日、転校して...
 
 
 
未来を生きる君たちへ (映画的・絵画的・音楽的)
 『未来を生きる君たちへ』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見てきました。 (1)デンマーク映画としては、『光のほうへ』を見たばかりながら、評判が高そうなので、映画館に行ってきました。  映画では、少年のエリアスとクリスチャンとの関係、2人とクラスメイトとの...
 
 
 
★未来を生きる君たちへ(2010)★ (Cinema Collection 2)
涼しい風をポチッ HAEVNEN IN A BETTER WORLD 憎しみを越えたその先で どんな世界を見るのだろう。 上映時間 118分 製作国 デンマーク/スウェーデン 公開情報 劇場公開(ロングライド) 初公開年月 2011/08/13 ジャンル ドラマ 映倫 PG12 【解説】 「ある愛の...
 
 
 
『未来を生きる君たちへ』 (こねたみっくす)
人は憎しみの連鎖から逃れることが出来るのだろうか。 第83回アカデミー賞で外国語映画賞を見事に受賞したこの作品は、現代に生きる全ての大人が見るべき映画です。未来ある子供で ...
 
 
 
*未来を生きる君たちへ* (Cartouche)
              ***STORY***                 2010年  デンマーク=スウェーデン デンマークに家を持つ医師のアントン(ミカエル・パーシュブラント)は、アフリカの地に赴任し、キャンプに避難している人々の治療を行...
 
 
 
未来を生きる君たちへ (キノ2)
★ネタバレ注意★  スザンネ・ビア監督の最新作です。  ビア監督と言えば、『マイ・ブラザー』のオリジナル作品である『ある愛の風景』や、『アフター・ウェディング』といった作品が絶賛されており、是非一度観てみたいと思っていたのですが、ようやくその機会を...
 
 
 
「未来を生きる君たちへ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Hævnen」…aka「In a Better World」2010 デンマーク/スエーデン 監督、原案に「しあわせな孤独/2002」「ある愛の風景/2004」「アフター・ウエディング/2006」「悲しみが乾くまで/2008」のスザンネ・ビア。 アントンにミカエル・パーシュブラント。 妻マリ...
 
 
 
未来を生きる君たちへ (こんな映画見ました〜)
『未来を生きる君たちへ』---HAEVNEN  IN A BETTER WORLDl---2010年(デンマーク/スウェーデン )監督:スサンネ・ビア出演:ミカエル・パーシュブラント、トリーヌ・ディルホム、ウルリク・トムセン、ウィリアム・ヨンク・ユエルス・ニルセン、マルクス・リ...
 
 
 
未来を生きる君たちへ/ミカエル・パーシュブラント (カノンな日々)
タイトルの印象から他の作品と混同して最近までドキュメンタリー作品と勘違いしてました。その後予告編を観てしっかり記憶しましたけど。『悲しみが乾くまで』のスサンネ・ビア監 ...
 
 
 
未来を生きる君たちへ  IN A BETTER WORLD (映画の話でコーヒーブレイク)
アカデミー賞、ゴールデングローブ賞の最優秀外国語映画をW受賞したデンマーク映画です。 こういう映画は東京の単館での公開が多く、横浜に来たとしても数ヶ月遅れですぐに終ってしまいます。 震災時、ひとり有楽町で心細い思いをして以来、ひとりで東京まで行くのがた....
 
 
 
よりよき世界に〜『未来を生きる君たちへ』 (真紅のthinkingdays)
 Hævnen  IN A BETTER WORLD  デンマーク郊外に住む少年エリアス(マルクス・リゴード)は、学校でいじめ に遭っている。エリアスの父アントン(ミカエル・パーシュブラント)はアフ...
 
 
 
未来を生きる君たちへ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「悲しみが乾くまで」のスサンネ・ビア監督が、暴力や憎しみに満ちた世界の中で、希望を見出していく人々の姿を描いた第83回アカデミー賞外国語映画賞受賞作。出演は「暗殺の瞬間 ...
 
 
 
『未来を生きる君たちへ』’10・丁・瑞 (虎団Jr. 虎ックバック専用機)
あらすじ医師アントンは、デンマークとアフリカの難民キャンプを行き来する生活を送っ
 
 
 
映画『未来を生きる君たちへ』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-54.未来を生きる君たちへ■原題:Hævnen(英題:In A Better World)■製作年・国:2010年、デンマーク・スウェーデン■上映時間:118分■鑑賞日:9月1日、新宿武蔵野館(新宿)■料金:1,000円□監督・原案:スサンネ・ビア□脚本・原案:アナ...
 
 
 
未来を生きる君たちへ (映画とライトノベルな日常自販機)
この映画では、人を許すことの難しさ、理由のない暴力やそれに対する報復による不幸の連鎖、夫婦・親子・友人の気持ちのすれ違いなどが二組の家族を中心に描かれています。 いくつかのエピソードごとに感想を書いてみます。 【すれ違う父と子】  クリスチャンは父親から...
 
 
 
未来を生きる君たちへ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【HAEVNEN/IN A BETTER WORLD】 2011/08/13公開 デンマーク/スウェーデン PG12 118分演出:スサンネ・ビア出演:ミカエル・パーシュブラント、トリーヌ・ディルホム、ウルリク・トムセン、ウィリアム・ヨンク・ユエルス・ニルセン、マルクス・リゴード 憎しみを越え....
 
 


 
編集 編集