日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 





アシュトン・カッチャー主演の同タイトル(2013?)とは別物。
しかも同タイトル+ Man in the machine なるドキュメンタリーも公開中。
紛らわしいことこの上ない!

こちらは監督ダニー・ボイル(「スラムドッグミリオネア」「トレインスポッティング」)
脚本は当ブログ贔屓の アーロン・ソーキン(ソーシャルネットワーク)



今作の大きな特徴は、Jobs にとって象徴的な3つのイベントに絞っていること。

その3つのイベントとは、
1. 1984 マッキントッシュ Macintosh 発表
2. 1988 Apple 退社後の、NEXT 発表
3. 1998 復帰後のヒット、iMac 発表

ただし、各々のエピソードの核は基本、人間関係のトラブル!
ウォズニアク、スカリー、そして極め付けは 娘のリサ(当然、母親もセット)

アシュトン・カッチャー版(2013)ではスティーブはあくまでもヒーロ−。
こっちは時代的にも未だ尖ったままのスティーブをファズベンダーがねちっ、と演じている。
彼を表現した有名なフレーズ「現実歪曲空間」も当然 登場し、それが何かを演技バトルで披露してくれる(笑)


観賞後の感想は2つ。
(1)覚悟はしていたが、あまりに会話の乱れ打ちな展開に、やや困惑・・・
これまでソーキンドラマ(ニュースルーム)で鍛えてきたつもりだったが、結構辛かった(笑)
日本語字幕つきで観るまでは、評価しづらいか。

(2)当ブログは i-pad、i-phone、i-pod、i-tunesネタだけでアップが×142
(以下、当ブログ2011年10月23日より引用)

<始まりは、2001年 10月の携帯音楽プレイヤーiPod。
<なぜ始まりがここかというと....
<それまでジョブズがAppleでやっていたのは、ぐちゃくちゃな商品ラインを整理し、
<デザインを一新させ、カラーバリエーションをそろえるというレベルだったから。
<なので、革命は2001年から。

<では何をしたか。
<当時、技術的にはたいしたことなかったハードディスク・プレイヤー。
<これを、音楽ファンの立場に立って、Re- innovationした。
<これは1970年代にSonyがWalkmanでやってのけたことに非常に近い。
<発表後、直ちに飛びついて購入した。

つまり、2001年 10月の携帯音楽プレイヤーiPod発表が彼の最大のキー。
カッチャー版(2013)との差を際立たせる目的でそうしたのかもしれないが、当ブログ的には物足りない感も・・・

あっ書き忘れた!
ファズべンダーはもちろん、ケイト・ウィンスレットかなり上手いです。
その点でも見逃せない一作ではある。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 28 )



« 今回の渡航の目的... NY Live:締めは... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
スティーブ・ジョブズ (あーうぃ だにぇっと)
スティーブ・ジョブズ@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
 
 
 
『スティーブ・ジョブズ』 (こねたみっくす)
己の哲学を貫く創業者にして、柔軟性を持ち合わせていない最低な男、スティーブ・ジョブズ。 彼がアップル社を創業してからその起業時の仲間を全て切り離すまでを描いたこの作品 ...
 
 
 
「スティーブ・ジョブズ」時代の先を追い続けた先にみた実現するための信じるという信念を貫いた先の創造の実現 (オールマイティにコメンテート)
「スティーブ・ジョブズ」はアメリカAppleの創業者であるスティーブ・ジョブズの創業から挫折を経て再び成功するまでの軌跡を描いたストーリーである。亡くなってから2年の月日が経 ...
 
 
 
『スティーブ・ジョブズ』 2013年10月25日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『スティーブ・ジョブズ』 を試写会で鑑賞しました。 ジョブズ役のアシュトン・カッチャーはまだ若いな。。。 【ストーリー】  誰からも天才と認められるも、周囲との衝突が絶えないスティーブ・ジョブズ(アシュトン・カッチャー)。既存の組織に所属するのに向いて...
 
 
 
スティーブ・ジョブズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(P) 予告編自体の作りが上質であり本編もそのままの流れ
 
 
 
スティーブ・ジョブズ / JOBS (勝手に映画評)
事実に基づいた作品。 2011年10月5日に亡くなったスティーブ・ジョブズの話です。ですが、この作品では、アップル創業から、アップル追放を経てアップルに復帰するまでを描いており、その他の、NeXTやピクサーの話には触れられていませんし、2000年のCEO復帰以後の話も描...
 
 
 
スティーブ・ジョブズ ★★★ (パピとママ映画のblog)
2011年に死去したアップルの創設者、スティーブ・ジョブズの生涯を描く。大学を中退し禅や仏教に傾倒しながらも、無為の日々を送るジョブズは、親友のウォズニアックの趣味であるコンピュータに興味を持つ。2人は友人たちの協力を得て世界初の個人向けマシンApple Iを商品...
 
 
 
スティーブ・ジョブズ/アシュトン・カッチャー (カノンな日々)
2011年に56歳の若さで亡くなられたApple社の創業者でコンピューター界の巨匠スティーブ・ジョブズの実像に迫る伝記ヒューマン・ドラマです。生粋のApple信者な私にとって文字通り ...
 
 
 
スティーブ・ジョブズ (C'est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
スティーブ・ジョブズ '13:米 ◆原題:Jobs ◆監督:ジョシュア・マイケル・スターン「ケビン・コスナー チョイス!」 ◆主演:アシュトン・カッチャー、ダーモット・マローニー、ジョシュ・ギャッド、ルーカス・ハース、J・K・シモンズ、マシュー・モディーン、レス...
 
 
 
映画『スティーブ・ジョブズ』観てきた (よくばりアンテナ)
毎日利用しているMacにiPhoneにiPodにiPad。 私はアップル社製品に囲まれてますし、やっぱり創立者について 興味がないわけないですもん。 役者さんもめっちゃなりきってるって話題でしたし、観てみようと。 地元のシネコン乱立してるのにどこも上映してないので...
 
 
 
スティーブ・ジョブズ (映画の話でコーヒーブレイク)
アップル製品はiPhone3Gからのお付き合いです。 iPhoneは私の生活を随分便利にしてくれました。 1984年アメリカにいた時「マッキントッシュ」が大きな話題になっていたことを覚えています。 まだまだコンピューターといえば大型が主流で、パソコンはBasicでプログラムが....
 
 
 
スティーブ・ジョブズ〜イ奄はネ申 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Jobs。ジョシュア・マイケル・スターン監督、アシュトン・カッチャー、ダーモット・マローニー、ジョシュ・ギャッド、ルーカス・ハース、J・K・シモンズ、レスリ ...
 
 
 
スティーブ・ジョブズ (はるみのひとり言)
試写会で観て来ました。映画でジョブズさんを演じてるアシュトンさんは雰囲気つかんでるのに、このチラシちょっと笑えませんか〜スティーブ・ジョブズさんが青年時代、実家のガレージハウスでアップルを創業した時から、アップルに復帰しCEOになった時までのお話です。ア....
 
 
 
スティーブ・ジョブズ (のほほん便り)
「エッ、ここで終わっちゃうの?」って印象でした。ちょっと、( ̄O ̄;) ポカン…たしかに、天才で、先見の明があり、完璧主義たるがゆえん。時に組織に馴染まなかったり、情熱が空回り。あっちへぶつかり、こっちから、はみだし、したけれど、願わくば、その常人離れし...
 
 
 
スティーブ・ジョブズ (miaのmovie★DIARY)
スティーブ・ジョブズ [Blu-ray](2014/06/03)アシュトン・カッチャー、ダーモット・マローニー 他商品詳細を見る 【Jobs】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 今世紀最高の経営者、人の心を掴むカリスマ── 2011年10月5日、56歳の若さで亡くなり、 オバマ大統...
 
 
 
スティーブ・ジョブズ (あーうぃ だにぇっと)
スティーブ・ジョブズ@一ツ橋ホール
 
 
 
スティーブ・ジョブズ / Steve Jobs (勝手に映画評)
第73回ゴールデン・グローブ賞助演女優賞(ケイト・ウィンスレット)、脚本賞受賞。第88回アカデミー賞主演男優賞(マイケル・ファスベンダー)、助演女優賞(ケイト・ウィンスレット)ノミネート。 2013年にも、アシュトン・カッチャーがスティーブ・ジョブズを演じた作...
 
 
 
スティーブ・ジョブズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★【3点】(P) これ伝記映画といっても本人の一部(新作発表会)の舞台裏のみ^^;
 
 
 
スティーブ・ジョブズ(2016) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【STEVE JOBS】 2016/02/12公開 アメリカ 122分監督:ダニー・ボイル出演:マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン、ジェフ・ダニエルズ 口先ひとつで、世界を変えた男。 STORY:1984年、アップル社の新製品発表会本番を40分後に控え、ス...
 
 
 
スティーブ・ジョブズ (とりあえず、コメントです)
3つの新作発表会を追いながら、スティーブ・ジョブズの人間性を浮き彫りにしていく物語を ダニー・ボイル監督&マイケル・ファスベンダー主演で紡がれた作品です。 予告編を観て、マイケル・ファスベンダーがどんな人物像を見せてくれるのだろうと気になっていました。 強...
 
 
 
『スティーブ・ジョブズ』 (こねたみっくす)
「i」を「スティーブ・ジョブズ」から「私」に変えた14年間。 スティーブ・ジョブズの人間性を彼に関わる限られた人物との会話劇だけで、しかも大事な発表会の舞台裏という限られ ...
 
 
 
スティーブ・ジョブズ (そーれりぽーと)
ダニー・ボイルが撮ったジョブス映画の本命、『スティーブ・ジョブズ』を観てきました。 ★★★★★ タイトルはジョブズですが、記事の中ではジョブスに統一します。 彼が世界を変えた製品への拘りを象徴する製品発表会。 人生の転期となった各時代における製品発表会の...
 
 
 
スティーブ・ジョブズ (映画的・絵画的・音楽的)
 『スティーブ・ジョブズ』をTOHOシネマズ新宿で見ました。 (1)予告編で見て面白いと思い映画館に行ってみました。  本作(注1)の冒頭では、『2001年宇宙の旅』のアーサー・C・クラークが、巨大なコンピュータの側で子どもたちに向かって、「未来になれば、こんな大...
 
 
 
「スティーブ・ジョブズ」:This is ゲスの極み男 (大江戸時夫の東京温度)
映画『スティーブ・ジョブズ』は、なかなかどうしてダニー・ボイルらしく時間をコント
 
 
 
「スティーブ・ジョブズ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Steve Jobs」2015 USA/UK 1984年、マッキントッシュ発売40分前。“ハロー!”と挨拶する予定になっていたマシーンが喋ってくれなく黙ったままなのだ。怒りを爆発させるスティーブにマーケティング担当のジョアンナはなす術もない。一度言い出したら決して引き下がら...
 
 
 
Think different.〜『スティーブ・ジョブズ』 (真紅のthinkingdays)
 STEVE JOBS  1984年、Macintosh。1988年、NeXT Cube。そして1998年、iMac。 米Apple社の創業者にして稀代のカリスマプレゼンテーター、スティーブ・ジョ ブズは2011年、56歳の若さでこの世を去った。彼が世に出した三製品の、 新作発表会直前の舞台裏...
 
 
 
スティーブ・ジョブズ★★★ (パピとママ映画のblog)
「スラムドッグ$ミリオネア」「127時間」のダニー・ボイル監督が、独創的な発想で数々の革新的商品を生み出し、人々の日常生活に革命をもたらしたカリスマ経営者スティーブ・ジョブズの知られざる素顔に迫る異色の伝記ドラマ。主演は「SHAME -シェイム-」のマイケル・フ....
 
 
 
ジョブズの3つの転換期 (笑う社会人の生活)
16日のことですが、映画「スティーブ・ジョブズ」を鑑賞しました。 1984年のMacintosh、88年のNeXT Cube、98年のiMacというジョブズの人生で波乱に満ちた時期 3つの新作発表会にスポットを当て 伝説のプレゼンテーションの舞台裏を通し、信念を貫き通そうとする姿や、卓....
 
 


 
編集 編集