日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 






評論家筋で高く評価する人が多く、公開日にさっそく。
今年のベスト10入りもありかも?と期待しながら…


ジェップ・ガンバルデッラ65歳。
作家だが、もうずっと小説は書いておらず、雑誌で取材記事を書きながら生活している。
彼はローマのセレブ・ワールドの一部におり、まず!住んでいる家が凄い。
住居は、コロッセオを見下ろすマンション、でかつ広大な中庭がある!
ここで、老若男女のセレブたちが夜な夜なパーティを繰り広げる。

このパーティ、やや「老」の比率が多いところが特徴、とも言える。
本人も老いを深く自覚しており、死が身近に少しずつ近寄っていることを示唆するシーンも点在。

そうなるとどうしても思い出してしまうのが、フェリーニ「甘い生活」
マストロヤンニがローマを徘徊、街が生み出す「膿み」をじわじわと迫力をもって描き切っていた。

だがこちらのソレンティーノ監督版では、残念ながらそこまでの迫力は、ない。
ローマの美しい歴史的な建物の外見、内部などで、ところどころマジカルなシーンはある。
ので、そのたびに期待は高まる。

…のだけれど、それは維持されない…


当ブログ的には、上映時間2時間22分ではなく、もう少し長さをつめて締めたら、印象も変わったかもしれない。
いくつかのマジカルなシーンがあるのと、ローマを旅した気分になれた、という点で、確実に元は取っているが。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 7 )



« クソ暑い残暑... 読後評:仮想... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
『グレート・ビューティー/追憶のローマ』 (2013) (相木悟の映画評)
人生の意味を問いかける熟成ムービー! 観終わった後、沈思黙考してしまう味わい深い大人の映画であった。 本作は、カンヌ国際映画祭で評価をうけた『イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男』(08)、ショーン・ペン主演の『きっとここが帰る場所』(11)で有名なイタ...
 
 
 
グレート・ビューティー/追憶のローマ (佐藤秀の徒然幻視録)
放蕩と聖女の記憶 公式サイト。イタリア映画。原題:La grande bellezza、英題:The Great Beauty。パオロ・ソレンティーノ監督。トニ・セルヴィッロ、カルロ・ヴェルドーネ、ザブリナ・フェリ ...
 
 
 
グレート・ビューティー/追憶のローマ (とりあえず、コメントです)
今年のアカデミー賞外国語映画賞を受賞したイタリア映画です。 その他にも色々な映画賞を受賞している作品と聞いていたので気になっていました。 65歳の主人公と共に歩くローマの街は、不思議な魅力に溢れていました。
 
 
 
「グレート・ビューティー/追憶のローマ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「La grande bellezza」…aka「The Great Beauty」2013 イタリア/フランス ローマの社交界に君臨するジャーナリスト、ジェップは今年65歳を迎える。遥か昔40年前に高い評価を得た小説を書いて以来、今だ一冊も書けていない。作家として書くものが見いだせないのだ。...
 
 
 
グレート・ビューティー/追憶のローマ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
『イル・ディーヴォ -魔王と呼ばれた男-』などのパオロ・ソレンティーノが、ローマを舞台に60代の作家の派手な生活と心の喪失を描くヒューマン・ドラマ。優雅な生活を満喫してきた主人公が、忘れられない女性が亡くなったことをきっかけに、ローマの街をさまよいながら人....
 
 
 
『グレート・ビューティー/追憶のローマ』  聖なるものと俗なるもの (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 監督は『イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男』などのパオロ・ソレンティーノ。アカデミー賞では外国語映画賞を獲得した。去年8月に劇場公開され、今月DVDが発売となった。  主役のダンディな65歳を演じているのは『眠れる美女』のトニ・セルヴィッロ。『眠れる美...
 
 
 
映画評「グレート・ビューティー/追憶のローマ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年イタリア=フランス合作映画 監督パオロ・ソレンティーノ ネタバレあり
 
 


 
編集 編集