日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



まずは前回の鑑賞の感想から。

<映画の立ち上がりとともに、たちまちのうちに狂気に曝され、その狂気はじわじわと拡大していく。
<どの登場人物も少なからずこの狂気に影響を被る。

<そして観客も完全にその狂気に取り込まれる。
<なぜなら2時間半もの間、ぶっすり釘づけにされてしまうからだ。


そして丸一年たっての感想も、変わらない。
というより、よりジョーカーの狂気にさらされる気もしてしまうような感覚。
Blu-Rayの画質も、この感覚を推進しているのだろうか。

表裏の関係のバットマンとジョーカーの対比、そしてかわされる会話に再び痺れた。
そして時制をあえてずらし、最後のセリフにもってきたタイトルの意味を示すエンディング。

ホント1年たってからでも、あらためて衝撃を受けるほど凄い映画だと再び感じた。
昨年の「新作ベスト1」(09-12-30 映画鑑賞 ベスト10)にせざるえなかったのだが、1年後にそれを喜んでいる自分に満足(笑)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 9 )



« iPhone & iPod t... 今日、一瞬で「超... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
★「ダークナイト」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末レイトショウは・・・ 「ららぽーと横浜」のTOHOシネマズまで遠征して来ました。 夜中のショッピングモールは、通路の閉鎖が多くて駐車場までたどり着くのが大変・・・でした。 ちょっと考えもの。
 
 
 
ダークナイト (Memoirs_of_dai)
主役を食うヒースの怪演 【Story】 悪のはびこるゴッサムシティを舞台に、バットマン(クリスチャン・ベイル)は街で起こる犯罪撲滅をして...
 
 
 
ダークナイト The Dark Knight (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。クリストファー・ノーラン監督、クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、マギー・ギレンホール、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン。ばっとまん・シリーズなのにタイトルから「バットマン」が抜けた理...
 
 
 
ダークナイト:絶対悪に立ち向かうには正義だけでは足りない (オヤジの映画の見方)
映画ダークナイトは人間のもつ悪と善の両面をしっかりと描いたすばらしい作品だ。だが常軌を逸した狂犬に立ち向かうには無垢な正義だけでは太刀打ち出来ない。そこにバットマンの存在意義がある。
 
 
 
ダークナイト/THE DARK KNIGHT (我想一個人映画美的女人blog)
          好きなアメコミは?憧れのヒーローは?と聞かれたら 「バットマン{/atten/}」と即答するほど、実は(っていうほどのコトじゃないけど)『バットマン』好き{/heart/} 『バットマンビギンズ』からもう3年、新生バットマン第二弾は、前作同様 クリス...
 
 
 
ダークナイト (映画鑑賞★日記・・・)
【THE DARK KNIGHT】2008/08/09公開(08/02先行にて鑑賞)製作国:アメリカ監督:クリストファー・ノーラン出演:クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、ゲイリー・オールドマン、アーロン・エッカート、マギー・ギレンホール、モーガン・フリーマン...
 
 
 
『ダークナイト』 (ラムの大通り)
(原題:The Dark Knight) ----これって『バットマン ビギンズ』の続編と考えていいの? 「うん。いいと思うよ。 バットマンことブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)は、 レ...
 
 
 
『ダークナイト』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
 理由もなく、理屈もなく、退屈を紛らわすために、「極悪非道な犯罪」をおもちゃに遊び狂う男。平和を蔑み、愛を嘲笑い、破滅してゆく世界を見ることだけに唯一の悦びを感じる男。――奴の名は、ジョーカー。白塗りの顔に耳まで裂けた赤い口、魂をえぐるように鋭く突き刺...
 
 
 
ダークナイト (本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館])
 「バットマン ビギンズ」に続く新生バットマンシリーズ第2弾となる「ダークナイト」。カタカナでは意味がよく分からないが、原題は” The Dark Knight”。だから、「暗い夜」ではな ...
 
 


 
編集 編集