日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

フランスがドイツに降伏し、勝利に沸き立っていた1940年のドイツ、首都ベルリン。

そんな時代に、ある夫婦がささやかながらも、当局にとっては許しがたい抵抗活動を始める。

 

街の目に付くような場所に、反戦メッセージを書いたポストカードを一枚ずつ置いていく2人。

演じるのは名優エマ・トンプソン(写真:左)と、ブレンダン・グリーソン(写真:右  グリーンルーム他)

 

 

こうしてタイトルの通り、285回にわたって活動。

だが当然のように警察の捜査が開始され、危険度が上昇していく。

警察もナチスからの強力なプレッシャーにさらされ、逮捕に注力させられる。

 

2人の活動の動機は1人息子の戦死からなので、そんな状況でも2人は辞めない。

そして。。。

 

 

原作は、戦後3年、著者がゲシュタポの記録文書をもとに書きあげた長編。

タイトルはネタバレになってしまうので書けない。

ナチ側の記録が元、という点で、既に重い事実…

 

 

結論:狂気の時代のベルリンでも、正しい感覚を持ちヒトラーに闘いを挑んでいたヒトも実在した。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 6 )



« 読後評:グロ... 「アクセスさ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
「ヒトラーへの285枚の葉書」 (ここなつ映画レビュー)
一人息子を失えば、おのずとこうする、夫婦のあり方。戦時下であろうとそうでなかろうと。喪失のその原因に目を向けるのは、当然のことなのではないだろうか。1940年。ドイツがフ......
 
 
 
『ヒトラーへの285枚の葉書』:ヒトラー政権の正義は、暴力だ @ロードショウ・ミニシアター (キネマのマ ~ りゃんひさ 映画レビューなどなど)
ブレンダン・グリーソン、エマ・トンプソン主演の『ヒトラーへの285枚の葉書』、ロードショウで鑑賞しました。 第二次大戦のナチス関連の映画には関心があるので、年に何本かは......
 
 
 
ヒトラーへの285枚の葉書 (風情☭の不安多事な冒険 Part.5)
 ドイツ&フランス&イギリス  ドラマ&戦争&サスペンス  監督:ヴァンサン・ペ
 
 
 
ヒトラーへの285枚の葉書 (風に吹かれて)
平和ではなく暴力が支配する世界になる 公式サイト http://hitler-hagaki-movie.com 実話を基にした映画 原作: ベルリンに一人死す (ハンス・ファラダ著/みすず書房)監督:
 
 
 
ヒトラーへの285枚の葉書 (映画と本の『たんぽぽ館』)
今だからこそまた、意義深い * * * * * * * * * * ドイツ人作家ハンス・ファラダが ゲシュタポの文書記録をもとに執筆した小説「ベルリンに一人死す」を映......
 
 
 
ヒトラーへの285枚の葉書 (ネタバレ映画館)
ハーケンクロイツと棺桶
 
 


 
編集 編集