日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



ゴテゴテした日本語タイトルとは裏腹に、アメリカの原題タイトルは極めてシンプル。
そのロゴの映画上の登場も、過去になくさりげなく短く表示。
さて、その中身は?!


全く予想してなかったことだが、
家が空を飛ぶだけではすまされない、かなり奇想天外!な展開に驚嘆。
(なんか宮崎 駿の影響も、ところどころに?)

と思ったら、いつの間にか心打たれている。

こんな映画、ありか?!
まいりました。
う〜ん...
(この表現、グラントリノ以来)


実はNYに知り合いが行ったので、そのお土産にアメリカで発売されたDVDを買ってきてもらい、それを鑑賞した。
(リージョン1)

どうみても、今後思いつくままに、ファンタジックな「あのシーン」「このシーン」を繰り返し観ることになるだろう。。。。
(どのシーンとは言わない、当然。公開しばらくしたらネタバレ全開のアップをするかも)
またテレビでも丸ごと放送されたらしいが、オープニング後、7分20秒から4分強にわたって展開する「サイレント・パート」がある。
これも何度となく見返したくなる。。。。


原題のタイトルの単純さも、ほとんど中身をみせなかったのも、「狙い」ということに、今気づいた。

年末になると、その年を代表するかもとビックリするような映画に出会う、ここ数年。
が、まさか今年はそれがアニメだったとは!!

コメント ( 8 ) | Trackback ( 58 )



« 読後評:モウリー... こんなの久々かも... »
 
コメント
 
 
 
トラックバック、おおきに!です (猫式部)
2009-11-27 11:30:49
「カールじいさんの空飛ぶ家」、本当に、ワクワクさせられるアニメでしたねえ。きめの細かな表現力とともに、夢を忘れない大人の素敵さに満ち満ちていて…。

「グラン・トリノ」もお気に入りですか? 実は私も今年のベスト1は「グラン・トリノ」かな、っていうぐらい衝撃的でした。

トラバをありがとうございます。とにかくブログ・ビギナーだもんでトラバに成功するかどうか不確かだもんで。トライはしてみます。

今後ともよろしくお願いします。
 
 
 
コメントどうもです! (onscreen)
2009-11-28 03:34:24
猫式部さん、コメントありがとうございました。

期待をいい意味で裏切る展開、おっしゃる通りワクワクしました。

「グラン・トリノ」は、2009-05-03に記事アップしていますので、よろしかったらご参照いただければと。

あのビリビリくるインパクトは、DVDで改めて再確認済。
(2009-09-2)

そろそろ年末なので、今年のベスト10を検討しはじめているのですが、「グラン・トリノ」も「UP」もはずせない感じです(笑)
 
 
 
二回目のトラバです (よろ川長TOM)
2009-12-05 21:40:14
もちろん、記事は異なるもので、今回のは『鑑賞後バージョン』。
私の主義としては初めての“ネタバレ”を含んだ解説です。

ところで私もグラン・トリノに感動し記事にしましたが、映画とは違う話としても別に一本、記事を書いております。
『グラン・トリノで映画と全然違うとこ観てるワタシ』
http://tomzone-s.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-35d6.html

という不謹慎?なもの。お暇がございましたらご一読頂けると光栄です。
 
 
 
おおっ! (onsvreen)
2009-12-06 09:24:35
<今回のは『鑑賞後バージョン』

おおっ!
私もそのうち【ネタバレ】爆発モードのアップをしようと
考えておりました!

一方で、コメントにもあったように、
チェールズ・マンツは死んでいないような気も...


 
 
 
見事な映画でした。 (Ja-bow)
2009-12-12 05:34:13
 いつもトラックバックありがとうございます。

 個々の監督もですが「PIXER」ではこういう風に分かり易いけど、見事なストーリーで大事なことを語られることが多く、毎度「してやられた」感がものすごくあります。

 良い意味で今回も期待を裏切られました。しかも毒を忘れない(笑)見事な話です。
 
 
 
コメントどうもです! (onscreen)
2009-12-14 01:47:46
<良い意味で今回も期待を裏切られました

正にそうですね!
現実っぽい話がどんどん飛んでいくのは実にカイカン!でした。

<いつもトラックバックありがとうございます。

私、いつも回覧しとりますんで.....
 
 
 
しんじていいですね (はに丸)
2009-12-16 02:29:22
その言葉、信じてしまっていいんですね。
3D上映で見てきますよ。
 
 
 
信じていただき感謝! (onscreen)
2009-12-16 09:46:03
<3D上映で見てきますよ。

おっそれはウラヤマシイ....
(こっちはPCでみたので)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
『カールじいさんの空飛ぶ家』夢の映像化はリアリズムから (新・よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
こちらのブログへお引っ越しして初めての新作鑑賞です。で、今回は鑑賞『前』と『後』の二本の記事に分けてお届けしますね。
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (セガール気分で逢いましょう)
今年もディズニー/ピクサーの最新作がやってくる。頑固じいさん孫三人、じゃなかった、『カールじいさんの空飛ぶ家』の冒頭10分間に、滂沱の涙が流れた理由―。
 
 
 
映画「カールじいさんの空飛ぶ家」 (今日の素敵さがし)
 子供も大人も一緒になって夢中に画面を追い、そうして心がぽっと温かくなる…そんな体験をさせてくれるのが、長編アニメーション「カールじいさんの空飛ぶ家」だ。  アニメーションの世界に革新をもたらしたピクサーの技術力はやはり凄い! とにかく細かい、神経質症...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP  & 晴れ ときどき くもり (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ピクサー映画で一番好きなのは「モンスターズ・インク」{/heart_orange/} その監督、ピート・ドクターの最新作!ということでかなり期待してました! いよい...
 
 
 
『カールじいさんの空飛ぶ家』 (Up in Disney Digital 3D) (Mooovingな日々)
妻を亡くし、一人暮らしの78歳の老人カール・フレデリクセンはある日ついに彼の生涯の夢を成し遂げた。それは思い出が詰まった我が家に、何千もの風船をくくりつけて、南アメリカの荒野に向けて大空を旅するというものだった。しかし彼はそこで最大の悪夢を見つける。楽...
 
 
 
映画* カールじいさんの空飛ぶ家 / Up (有閑マダムは何を観ているのか? in California)
Wall-E に感心したのが、ちょうど去年の夏。 今年の夏は、これです。 今回も、やってくれました、ピクサー。 大満足の3Dアニメです。 映画は、冒険家にあこがれる少年と少女の出会い から始まります。 どうにも不器用そうでドン臭そうな男の子・...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (試写会) (風に吹かれて)
冒険のページは続く大人も子供も楽しめる公式サイト http://www.disney.co.jp/m
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (シネマDVD・映画情報館)
モンスターズ・インクのピート・ドクターとファインディング・ニモの脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務める3Dアニメ。冒険家への夢をあきらめ切れずにいる78歳の老人に、驚きの出来事が巻き起こる冒険ロード・ムービー。カールじいさんの声をアパッチ砦・ブロンク...
 
 
 
[映画』『カールじいさんの空飛ぶ家・3D』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆夜、皆で観る約束になっていたのだが、他の作品を観ようと行った<MOVIX昭島>で、つい、この作品のチケットを買ってしまった。  『レミーのおいしいレストラン』以降(『WALL・E/ウォーリー』含む)、その完成度は認めるも、いまいち、心にグッとこなくなってし...
 
 
 
『カールじいさんの空飛ぶ家』鑑賞後ver./実はすごく意味深 (新・よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
邦題はいかにもお子様ファミリー向けっぽいですが、原題と中身を考え合わせるとかなり深いものがあります。読めば読むほど、娯楽作とはほど遠いテーマ。
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (だらだら無気力ブログ)
多くの傑作を生みだしてきたディズニー・ピクサーが頑固な老人がある出来事 から冒険にでる姿を描いたアドベンチャーアニメーション。『ウォーリー』や 『モンスターズ・インク』等の多くの原案者であるピート・ドクターが監督を 努める。周りが開発ラッシュでビルが建...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (LOVE Cinemas 調布)
『ウォーリー』、『ボルト』のディズニーピクサーが贈るフル3DCGアニメーション。亡き妻との約束を果たすため、思い出の家に大量の風船をつけ旅立つカールじいさんと、偶然にも一緒に付いてきてしまったラッセル少年の大冒険を描く。監督は『モンスターズ・インク』...
 
 
 
「カールじいさんの空飛ぶ家」 3Dを見据えたピクサーの取り組み (はらやんの映画徒然草)
先日、3Dアニメーション映画「Disney's クリスマス・キャロル」を観たとき
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家  (悠雅的生活)
チョコレート。テニスボール。ビニールホース。
 
 
 
映画レビュー「カールじいさんの空飛ぶ家」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
カールじいさんの空飛ぶ家 (竹書房文庫)◆プチレビュー◆ディズニー/ピクサー初の3D作品。計算されつくした映像と完璧な物語に圧倒される秀作アニメ。 【80点】 主人公・カールじいさんは、決してヒーローではない。だが、彼が繰り広げる冒険物語は、驚くほどの感動...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛する妻が死にました─ だから私は旅に出ます。』  コチラの「カールじいさんの空飛ぶ家」は、クオリティの高いアニメーション映画を世に送り出し続けているディズニー・ピクサーが記念すべき10作目にして、初めて人間を主人公にした12/5公開のハートウォーミン...
 
 
 
「カールじいさんの空飛ぶ家」みた。 (たいむのひとりごと)
3Dに限らず、2Dでも字幕上映が無いのは何故?ガックリだ[E:despair] ・・となればいずれも吹替版なのだし、気を取り直して3Dにしようかと迷ったが、上映時刻の関係から2Dで鑑賞。それでも、映像
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (銅版画制作の日々)
 原題:UP 愛する妻が死にました──だから私は旅に出ます。 原題はUPというシンプルなタイトル。公開初日に鑑賞しました。フリ―パスポートも後10日を切りました。さて残すところどれだけ観れるか・・・?ところで、クリスマスキャロルは3Dの場合、吹き替えしかな...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (Akira's VOICE)
喪失と再生の優しい人間ドラマ。  
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家☆独り言 (黒猫のうたた寝)
PIXARの新作は主役がおじいさん。んーーーっと、どうなんだろうって思ってましたが冒頭10分くらいの、カールがエリーと出会ってからの現在までの追憶映像が、すごくいい。出会い、成人し、結婚して、叶わない夢があって、でも愛する人といつまでも一緒に楽しく暮らせたら...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 3D字幕版/エドワード・アズナー (カノンな日々)
日本の3D映画元年とも言われる2009年。年末には大本命とも言える実写モノの『アバター』が控えてますが3Dアニメーションではトリを飾るのはこの作品ですね(まだ他にあったっけ?)。『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ピクサー・アニメーションスタジオの、記念すべき長編10作品目は、「モンスターズ・インク」のピート・ドクターによる8年ぶりの監督作「カー...
 
 
 
★「カールじいさんの空飛ぶ家」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・ 寝坊してしまったので一本のみの鑑賞・・・ しかも、上映開始時間を見て無かったので、 予定に反して吹き替え版の3Dを観る事に。
 
 
 
No477『カールじいさんの空飛ぶ家』〜じいさんの変わりぶりにほろり〜 (パラパラ映画手帖)
若冲からアニメということで、 早速、この冬一番のアニメ映画のご紹介。 原題は『UP』 冒頭数分はまるで無声映画、というか実際、無声映画です。 セリフもなく、音楽と映像だけで、 じいさんと妻エリーとがこの家と出会い、 どんなふうに暮らしてきたか、 その半生が描か...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:UP公開:2009/12/05製作国:アメリカ上映時間:103分監督:ピート・ドクター声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマーStory:いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡く...
 
 
 
冒険しようよ〜『カールじいさんの空飛ぶ家』【3D・吹き替え版】 (真紅のthinkingdays)
 UP  幼い頃から「冒険家精神」を共有してきた妻エリーを亡くし、ひとりぼっちに なったカール。彼は亡き妻との夢を叶えるべく、自...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (原題:UP) (yanajunのイラスト・まんが道)
『カールじいさんの空飛ぶ家』は、『モンスターズ・インク』の監督ピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務めた3Dアニメ映画です。ピクサー初であるディズニーデジタル3D版を鑑賞しました。 ●導入部のあらすじと感想
 
 
 
字幕版を観るべし!『カールじいさんの空飛ぶ家』 (水曜日のシネマ日記)
妻に先立たれた老人が子供の頃からの憧れの地へ旅をする物語です。
 
 
 
「カールじいさんの空飛ぶ家」 (古今東西座)
泣けそうな映画だよなぁと予測していたので、いかにも観客の少なそうな日曜日の最終回というタイミングを狙って劇場へ。「これなら映画が終わってメソメソしていても、あまり他人から見られなくて済むので恥ずかしくないかも」という目論見は外れ、3Dメガネを受け取って...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 【幸福も 心も愛も 形無き】 (猫の毛玉 映画館)
『カールじいさんの空飛ぶ家』 UP 2009年・アメリカ ディズニー×ピクサーのお爺ちゃんアドベンチャー・アニメ。 2Dの字幕版を鑑賞。  予...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★★ 爺の帰還 妻が死んでから家に閉じこもって、心も閉ざしてしまったじいさん。 過去の出来事や思い出に囚われて、ただの偏...
 
 
 
「カールじいさんの空飛ぶ家」 (首都クロム)
 宮崎監督の皮肉なコメントが腑に落ちた作品でした。あの追憶の場面は本当に素晴らしく感動的で、ピクサーが過去に作った短編作品(発想が素敵で、思わず見入ってしまう!)の流れを汲むものだったと思います。それだけに、後半のアドベンチャーを語りたいがための追憶、...
 
 
 
『カールじいさんの空飛ぶ家』・・・“冒険はそこにある!” (SOARのパストラーレ♪)
不機嫌そうなしかめ面の老人とどこか抜けてるマイペースな少年。およそアクション・アドベンチャーのヒーローにはほど遠いこのコンビが、大空でそして伝説の地で繰り広げる大冒険。ピクサー10作目は擬人化した昆虫でも魚でもおもちゃでもクルマでもなく、“人間”二人をど...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (心のままに映画の風景)
亡き妻エリーとの思い出に満たされた家で暮らす老人カール・フレドリクセンは、 周りの開発が進む中で頑なに家を守り続けてきたが、ついに...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (Movies 1-800)
Up (2009年) 監督:ピート・ドクター&ボブ・ピーターソン 声:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、クリストファー・プラマー 亡き妻との約束を果たす為、南米探検旅行に家ごと出発した老人と、たまたまついてきてしまった少年の冒険を描くピクサーアニメ。 主人...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (Diarydiary! )
《カールじいさんの空飛ぶ家》 2009年 アメリカ映画 − 原題 − UP 愛す
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (Sweetパラダイス)
ボルトまだ観てなかったMAXってなんだ???ノムさんとサッチーテレビに出てたわ相変わらずノムさん節とサッチー節だったけどな…なんとじいちゃんが主人公なのですきっと癒されるはずだから観てねやっぱ演出が上手いな〜さすがピクサーだよじいちゃん頑張れ愛くるしい少....
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
カールじいさんの空飛ぶ家’09:米 ◆原題:UP◆監督: ピート・ドクター「モンスターズ・インク」 ◆STORY◆冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語りながら成長し、19歳で結婚。幼い日の思い出がつまった廃屋を買い取り居心地のいい我が家に改築する。喜...
 
 
 
「カールじいさんの空飛ぶ家」飛びます!飛びます!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[カールじいさんの空飛ぶ家] ブログ村キーワード  ピクサー・アニメの最新作。「カールじいさんの空飛ぶ家」(ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン)。ロボットとか車、それにネズミが主役なんてのも、過去のピクサー作品にはご...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 3D (映画君の毎日)
<<ストーリー>>いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡くなってしまい、夢をかなえるには年を取り過ぎている。しかし、何と数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。カールは8歳の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出...
 
 
 
映画 ■■カールじいさんの空飛ぶ家■■ (Playing the Piano is ME.)
見る前からヤバイな、と思っていたけど もう、涙腺決壊。 泣いた泣いた。 体中の水分が全部涙になったと思うくらい泣きました。
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (sailor's tale)
大きな冒険 小さな冒険
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 3D / 77点 / UP (ゆるーく映画好きなんす!)
前半はむちゃくちゃ素晴らしいんやけど、後半はほとんど記憶に残らない・・・ 『 カールじいさんの空飛ぶ家 3D 吹替え版 / 77点 / UP 3D 』 2009年 アメリカ 103分 監督 : ピート・ドクター 脚本 : ボブ・ピーターソン、トーマス・マッカーシ 【
 
 
 
『カールじいさんの空飛ぶ家』 (ラムの大通り)
「いやあ、やはり映画は観てみないと分からないね」 ----えっ。どういうこと? この映画、気に入らなかったの? 「いや、そうじゃなくて、思っていたのと、少し、いやかなりかな、 自分の受けた印象が違ったってこと」 ----そうニャの? これって、おばあさんを先に亡くし...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (映画的・絵画的・音楽的)
 アニメ「カールじいさんの空飛ぶ家」をTOHO日劇で見てきました。  少し前に同じデズニー映画の「クリスマス・キャロル」を見たばかりですが、その時は「パフォーマンス・キャプチャー」の方に目が行ってしまいがちだったので、もっと純粋のアニメで3Dを見たらどうだろ...
 
 
 
映画<カールじいさんの空飛ぶ家> (美味−BIMI−)
カールじいさんの空飛ぶ家、観てきました! とにかく”切ない”映画です・・・。 愛する妻が死にました。だから私は旅に出ます。 TVから流れるこのナレーション。 世界で最も大切な人を失ったとき、あなたならどうしますか? 私なら?????なんて想像しながらの...
 
 
 
映画「カールじいさんの空飛ぶ家」  (Andre's Review)
up アメリカ 2009 09年12月公開 劇場鑑賞 このところ忙しく、鑑賞から10日以上経過してしまいましたが、ようやく感想を書けました。 ピクサーの新作、ディズニーファンとしては見逃せません☆ 個人的には吹替え版には抵抗ありまくりなため、3D字幕版を観ようかな...
 
 
 
■カールじいさんの空飛ぶ家〜3Dアニメ演出の為のストーリー? (AKATUKI DESIGN )
昨日、レイトショーにてカールじいさんの空飛ぶ家を松戸のシネマサンシャインで見て来ました。 我が家からは電車一本の為、上野の次に近い映画館。 レイトショーの時間も20時以降の上演と好条件なので、一度どんな映画館かを見ておきたかったんですよね。 しかし、一つ忘...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (とりあえず、コメントです)
ディズニー&ピクサーの最新アニメです。 長年連れ添った妻を亡くして家に引き篭もっていたカールじいさんと 父親の愛情を求めている少年ラッセルの冒険は ディズニー&ピクサーらしくとっても楽しい物語でした(^^)
 
 
 
「カールじいさんの空飛ぶ家」Up (2009 ピクサー) (事務職員へのこの1冊)
冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語りながら成長し、19歳で結婚。幼
 
 
 
09-347「カールじいさんの空飛ぶ家」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
新しい冒険を始めよう  古いけれど手入れの行き届いた一軒家に暮らす老人カール・フレドリクセン。開発の波が押し寄せる中、頑なに家を守り抜いてきた。そこは、いまは亡き最愛の妻エリーとの素敵な思い出に満たされた、かけがえのない場所だった。  しかし、ついにカ...
 
 
 
『カールじいさんの空飛ぶ家』 終わりから始まる物語 (映画のブログ)
 末期ガンに侵された10歳の少女のために、ピクサーが『カールじいさんの空飛ぶ家』を特別に上映した、という記事を読んでから、本作の日本公...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:カールじいさんの空飛ぶ家 制作:2009年・アメリカ 監督: ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン 出演:エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョン・ラッツェンバーガー、ジョーダン・ナガイほか あらすじ:冒険に憧れる少年カール...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家  UP (映画の話でコーヒーブレイク)
休み明け、旅行後、間があくと文章を書く気力が萎えてしまう私です{/dogeza/} あれやこれや書きかけであと少し手を加えればアップできるのに・・・チンタラ{/hiyo_shock1/} おしゃべりは好きだけれど、元々筆不精なんです。 そんな気持ちを上げようと、「カールじいさん...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (RISING STEEL)
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP 愛妻エリーに先立たれて以来、すっかり頑固者になってしまった老人カール。 しつこい立ち退き勧告に痺れを切らした彼は家に無数の風船をくくりつけて大空に飛びたって...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (銀幕大帝α)
UP/09年/米/96分/アドベンチャー・コメディ/劇場公開 監督:ピート・ドクター 共同監督:ボブ・ピーターソン 製作総指揮:ジョン・ラセター 原案:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン、トーマス・マッカーシー 脚本:ボブ・ピーターソン、ピート・ドクター ....
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家/UP (A Day In The Life)
やっぱり今のうちにレッツゴーで観に行ってきましたよ。 劇場にて鑑賞 解説 『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』 の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務める3Dアニメ。 冒険家への夢をあきらめ切れずにいる78歳の...
 
 
 
カールじいさんの空飛ぶ家 (いやいやえん)
冒頭の妻との出会いから旅に出るまでの物語が秀逸。台詞がほとんどないにも関わらず二人の背景が読み取れる。子供が出来なくて二人だけの生活でも、幸せな人生だったんだろうなと思える。 主人公は偏屈気味なおじいさんで、要所ででてくる妻への愛にはジーンとくる。...
 
 


 
編集 編集