日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 





どんな時代なのか(現代? 未来?)
どこなのか(アメリカなのはわかるけど、いったいここはどこ?)
そんなことさえ全くわからないまま、6才の少女から語られる今。

何はともかく、恐ろしく強力に「生命力」に溢れる。
凄いパワー!
これに圧倒されているうちに、すっかりズッポリハマっていた。


ぶっちゃけ! 今年のナンバー1候補と思っていた「愛、アムール」の対極。
その生命力という点で素晴らしく、こちらの方が上かも(笑)
いずれにしても、ナンバー1、2を争うことになると考えている。

このような低予算のインディペンデント作品が、アカデミー賞作品賞、主演女優賞にダブル・ノミネート。
業界のお祭りと呼ばれるこのイベントにも、いい作品は惜しみなく賞賛する良心的な部分がある、と思うとうれしい。
だけでなく、第28回サンダンス国際映画祭グランプリ、第65回カンヌ国際映画祭カメラドールにも選ばれている。


「愛、アムール」に続き、今年2度目の「必見」と言わざる得ない。
もうこれ以上、語りたくないので、これで駄文おしまい(笑)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 24 )



« 今、マイブームな... 「ブログでサッカ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (pu-ko)
2013-04-20 01:24:34
こんにちは。
いつもTBありがとうございます。
もしかしたら前に書いたかもしれませんが、残念ながらこちらとは相性が悪いのか、何度試みてもTBできません。ですので、リストから外していただくのがいいもしれません。

これは仰るように生命力に溢れる作品でしたね。
 
 
 
あらら~!! (onscreen)
2013-04-20 08:31:11
そういったテクニカルな問題って、手が打ちにくいですね... どうしたものでしょうか。一応調べてはみます。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ (あーうぃ だにぇっと)
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~@スペースFS汐留
 
 
 
『ハッシュパピー -バスタブ島の少女-』 2013年3月27日 スペースFS汐留 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ハッシュパピー -バスタブ島の少女-』 を鑑賞しました。 主演のクヮヴェンジャネ・ウォレスちゃんとゲストで芦田愛菜ちゃんでした。 9歳と8歳とのことでしたが、クヮヴェンジャネ・ウォレスちゃんと並ぶと大きさが全然違ってましたw ちょいとおませな子供というのは...
 
 
 
『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』これが生きる力だ! (Healing )
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~   Beasts of the Southern Wild ★★★★★ 絵本の世界のようなファンタジーと 厳しい現実との はざまにある “いのち”の本質と生命力 ゆとり教育の導入のとき、 「生きる力」を育むとか、なんたら、かんたらという文脈がありまし...
 
 
 
ハッシュパピー~バスタブ島の少女~ (佐藤秀の徒然幻視録)
地球温暖化のティッピングポイント 公式サイト。Beasts of the Southern Wild ルーシー・アリバー原作、ベン・ザイトリン監督、クヮヴェンジャネ・ウォレス、ドワイト・ヘンリー。本作で史 ...
 
 
 
映画レビュー「ハッシュパピー バスタブ島の少女」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Beasts of the Southern Wild - O.S.T. [CD]◆プチレビュー◆6歳の少女の心の成長を描く「ハッシュパピー バスタブ島の少女」。生命力みなぎる荒々しいファンタジーは、唯一無二の魅力。 【90 ...
 
 
 
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
    『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』  (2012) 6歳の少女ハッシュパピー(クヮヴェンジャネ・ウォレス)は、“バスタブ”と呼ばれるコミュニティーで、父親のウィンク(ドワイト・ヘンリー)と暮らしている。 彼らは、閉鎖的な場所であった...
 
 
 
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ ★★★★☆ (センタのダイアリー)
温暖化により巨大な氷塊は崩落し、バスタブ島の水位は島全体を飲み込もうとする。 巨大な嵐は家の周りのものをほとんどすべて流して街を水浸しにしてしまう。 唯一の家族である父親は不治の病に伏せる。...
 
 
 
映画・ハッシュパピー バスタブ島の少女 (読書と映画とガーデニング)
原題 BEASTS OF THE SOUTHERN WILD 2012年 アメリカ 地球温暖化により水没の危機に瀕している「バスタブ島」 手つかずの自然に囲まれた島で父親と二人で暮らす6歳のハッシュパピー(クヮヴェンジャネ・ウォレス) 彼女は「この自然界は繊細な仕組みを持ちなが...
 
 
 
『ハッシュパピー~バスタブ島の少女~』 (こねたみっくす)
親は子に「強く生きろ」と願い、子は親に「長く生きて」と願う。 わずか200万ドルで製作したインディ作品がオスカー候補になっただけでなく、主演のクヮヴェンジャネ・ウォレスが ...
 
 
 
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(10) 雰囲気は『ジェヴォ-ダンの獣』&『ヴィレッジ』?
 
 
 
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~/クヮヴェンジャネ・ウォレス (カノンな日々)
第85回アカデミー賞では史上最年少で主演女優賞候補となったクヮヴェンジャネ・ウォレスが話題を集めたこの作品。世界のはずれの小さな島で暮らす少女の目線を通して映し出す社会 ...
 
 
 
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ (心のままに映画の風景)
6歳の少女ハッシュパピー(クヮヴェンジャネ・ウォレス)は、長々と伸びる堤防によって、まるで世界から切り離されているかのような“バスタブ”と呼ばれるコミュニティーで、父親のウィンク(ドワイト・ヘン...
 
 
 
「ハッシュパピー バスタブ島の少女」 たくましく生きろ! (はらやんの映画徒然草)
無名の監督、そして6歳の少女の主演であるにもかかわらず、アカデミー賞にノミネート
 
 
 
ハッシュパピー バスタブ島の少女/BEASTS OF THE SOUTHERN WILD (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 劇場で予告篇何度も観ちゃってて、それでも惹かれなかったんだけど アカデミー賞作品賞など、主要4部門でのノミネートというわけで 一応観なくちゃってことで、時間も合ったのでみてきました~ 若干29歳...
 
 
 
ハッシュパピー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ハッシュパピー バスタブ島の少女』を渋谷のシネマライズで見ました。 (1)カンヌ国際映画祭やアカデミー賞などで高く評価されたということで映画館に行ってみました。  本作は、水没の危機に瀕した島で暮らす父娘の物語です。  主役は、6歳の女の子のハッシュパ....
 
 
 
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ (とりあえず、コメントです)
2012年度のアカデミー賞を賑わした少女クヮヴェンジャネ・ウォレス主演のファンタジックなドラマです。 あの世界の全てを睨みつけるような表情に惹かれてチャレンジしてみました。 予想以上に過酷な運命の中で真っ直ぐに前を向く彼女の姿に、大きな何かを貰った気持ちにな...
 
 
 
他にない力強さ! (笑う社会人の生活)
7日のことですが、映画「ハッシュパピー バスタブ島の少女」を鑑賞しました。 6歳の少女ハッシュパピーは、“バスタブ”と呼ばれるコミュニティーで父親のウィンクと暮らしていた 閉鎖的な場所であったものの穏やかな日々を送っていたが、ある晩嵐が全てを奪い去って...
 
 
 
ハッシュパピー バスタブ島の少女 (映画と本の『たんぽぽ館』)
“ヒト”が太古から生活してきたそのままに             * * * * * * * * * 無名新人監督によるインディペンデント作品ですが、一躍脚光を浴び、 当時6歳のクワベンジャネ・ウォレスが 史上最年少アカデミー主演女優賞にノミネートされ...
 
 
 
ハッシュパピー バスタブ島の少女 ★★.5 (パピとママ映画のblog)
昨年のサンダンス映画祭で上映されて以来、新人ベン・ザイトリン監督によるこの低予算の映画は、数多くの賞賛を受けていた。サンダンスではグランプリと撮影賞を受賞。カンヌ国際映画祭にも招かれ、カメラドール、国際批評家連盟賞など四冠に輝き、もしかしてアカデミー賞...
 
 
 
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ (悠雅的生活)
地球とおしゃべり。目覚めたオーロックス。小さなかけら。
 
 
 
映画『ハッシュパピー、バスタブ島の少女』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-37.ハッシュパピー、バスタブ島の少女■原題:Beasts Of The Southern Wild■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:93分■観賞日:5月1日、シネマライズ(渋谷)■料金:1,000円□監督・脚本:ベン・ザイトリン□脚本:ルーシー・アリバー◆クゥヴェ...
 
 
 
ハッシュパピー バスタブ島の少女 (いやいやえん)
海に浮かんだ小さな島通称バスタブに、父と暮らす少女ハッシュパピー。 しかしある晩襲ったハリケーンにより、島は海水にのみこまれてしまう…。 てっきり南太平洋かどこかの島だろうと思っていたのですが、舞台はアメリカの南部らしいですね。なんだかそれだけでも...
 
 
 
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【BEASTS OF THE SOUTHERN WILD】 2013/04/20公開 アメリカ 分監督:ベン・ザイトリン出演:クヮヴェンジャネ・ウォレス、ドワイト・ヘンリー ウィンク あたしは強くなる [Story]長々と伸びる堤防によって、まるで世界から切り離されているかのような小さなコミュニティ...
 
 
 
Longchamp Bags Outlet (longchamp le pliage longchamp sale)
この春大学を卒業して新入社員として某金融機関で総合職として働いています。 先日、先輩宛のメールに「お返事いただけたら幸いです」と添え <a href="http://www.casalnuovo2cd.it/lp1/" target="_blank">cheap longchamp bags</a> て送っ <a href="http://b.longchampma...
 
 


 
編集 編集