日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



久々にスコセッシがおもしろい映画をとった(笑)という噂の、シャッターアイランド。
けっこうハラハラドキドキな出来らしく、それなりに期待していたのだが......

えっ?!、となったのが、“超”日本語吹替版。
あまりに気になった(笑)ので、なんとか鑑賞した。
その結果は.....


逝って良し!
原語派の私としては、せっかくのベン・キングスレーのセリフは、ちゃんと本人の声で聞きたい。
ディカプリオはどうでもいいけど(笑)

しかも!
肝心のシーンがあるのだが、ここが“超”日本語吹替版では、ワカラナイ!
ネタバレにならないように慎重にふれると、「黒板を使ったシーン」
原語だったらスンナリ理解できるシーンが、全く「?!?」になってしまった。
これでは、全く台無し!
 
これでは作品を落としめるような事態になってしまった。
「謎解き」以前の驚愕状況である。
関係者には、猛烈に反省を願いたい!
全くのダメダメ。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 53 )



« 〜実感〜 ブログ... ブログでサッカー... »
 
コメント
 
 
 
確かに〜!! (ゆきがめ)
2010-03-30 01:25:07
確かに、その黒板の場面、吹替えでは理解不能でしたよね。全く謎でも何でも無くなっちゃってました。(笑)
 
 
 
ですよねえ! (onscreen)
2010-03-30 03:42:10
あの情報、何度繰り返されたかもしれませんが、吹き替えでは、全くアタマに入ってきてなかったです。
根本的なミスだと思います。
こうなると、埋め込まれた謎なんか、そうでもいい(笑)
 
 
 
アナグラム (KGR)
2010-04-11 22:29:11
さっぱりわかりませんでした。
アナグラムにはなじみがないから、と勝手に納得してましたが、
原作や原語だと分かるんですね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
『シャッター・アイランド』超日本語吹替版 (シネマガ編集部ブログ)
昨日、スコセッシのミステリー映画『シャッター・アイランド』の完成披露試写に行ってきたのですが、やたらとこの「超日本語吹替版」を宣伝していたので、相当な自信があるようです。なんだか頭に「超」とかつけると
 
 
 
『シャッター アイランド』 (Shutter Island) (Mooovingな日々)
時は1954年、冷戦の真っ只中。 精神疾患のある犯罪者を隔離収容する孤島の刑務所シャッター・アイランド。厳重に管理された施設から、複数の殺人を犯した一人の女性患者が、謎のメッセージを残して姿を消した。この不可解な失踪事件の担当となった連邦保安官テディ・...
 
 
 
シャッター アイランド (Memoirs_of_dai)
モンスターとして生きるか、善人として死ぬか? 【Story】 精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイランド。厳重に管理さ...
 
 
 
『シャッター アイランド』 (ラムの大通り)
※ネタバレ注。 と言ってもネタバレはしていないつもりです。 ただ、勘の鋭い方は、結果的に気づいてしまわれる箇所もあるかもしれません。 もうしわけありませんが、公開されてからお読みいただくことをお勧めします。 (原題:Shutter Island) ----この映画って、当...
 
 
 
シャッター アイランド (ともやの映画大好きっ!)
(原題:SHUTTER ISLAND) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) クリント・イーストウッド監督の「ミスティック・リバー」やベン・アフレック監督の「ゴーン・ベイビー・ゴーン」の原作を手掛けたデニス・ルヘインの同名小説を映像化。 精神を患った犯罪者だけ...
 
 
 
【シャッター アイランド】試写会★レオナルド・ディカプリオ (猫とHidamariで)
全ての”謎”が解けるまで  この島を出る事はできない。精神を病んだ犯罪者だけを収容する島から、一人の女性が消えた―シャッターアイランドHP注意!最後の謎が解けた時  本当の驚きが待っているシャッターアイランド シネマトゥデイ英題:SHUTTERISLAND製作年....
 
 
 
シャッター アイランド (LOVE Cinemas 調布)
レオナルド・ディカプリオ主演最新作はミステリーサスペンスだ。精神障害犯罪者を収容する島“シャッター アイランド”を舞台に次々と浮かび上がる謎が主人公に襲い掛かる。共演に『帰らない日々』のマーク・ラファロ、『エレジー』のベン・キングズレー、『脳内ニューヨ...
 
 
 
「シャッターアイランド」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                            「シャッターアイランド」 中野サンプラザにて、試写会。 監督・マーティン・スコセッシ 今回は<超>日本語吹き替え版(何が<超>なのかよく解りませんが)の試写でした。 いや〜、謎が謎を呼ぶサスペンス・...
 
 
 
シャッター・アイランド (セガール気分で逢いましょう)
そこに袋とじがあったからだ― 原作本を手に取った理由はそれに尽きる。 結末部分を袋とじで防御した装丁の魅力には勝てず、ついつい原作本を手にしてしまった。つまり、映画『シャッター・アイランド』は僕にとっ
 
 
 
映画レビュー「シャッター アイランド」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
シャッター アイランド オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆孤島が舞台の謎解きミステリーの秀作。幻想的な心象風景が美しく、映像センスに鋭さがある。 【70点】 1954年のアメリカ。連邦保安官のテディは、精神を患った犯罪者の収容施設があるシャッターア...
 
 
 
シャッターアイランド☆独り言 (黒猫のうたた寝)
さすがに超日本語吹替版なら寝ないだろうっと思いながらの観賞でしたが…今年初のうたた寝指数60分。原作を読んでいるから、かなり脳内補完されているせいもあるせいか、あらっと思ったらシーンが変わってる(爆)いや、確かにスコセッシ監督の作品寝てるものが多いとはい...
 
 
 
シャッターアイランド /SHUTTER ISLAND (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click どこが「超」日本語吹替えなんだか、、、? って、既に観た人たちは口を揃えて言ってる レオナルド・ディカプリオ×マーティン・スコセッシ 4度目のタッグ...
 
 
 
劇場鑑賞「シャッターアイランド」 (日々“是”精進!)
オリジナル・サウンドトラックシャッターアイランド「シャッターアイランド」を鑑賞してきましたマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオの4度目のタッグとなるミステリー・サスペンス。「ミスティック・リバー」の原作者デニス・ルヘインの手によるトリッ...
 
 
 
シャッター アイランド (悠雅的生活)
決して結末は話さないでください
 
 
 
映画「シャッター アイランド(字幕版)」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『シャッター アイランド(字幕版)』を初日初回で観て来た。客席は40人程度で想像以上かな。 採点は★★★☆☆(5点満点で3点)。正直55点位だろうか。 ざっくりストーリー 1954年、ボストン沖の四方を海に囲まれた完全防備体制の精神病院から、一人の女性が行方...
 
 
 
シャッターアイランド (Akira's VOICE)
謎はたいした事ないが, ディカプリオはたいした事ある。  
 
 
 
[映画『シャッターアイランド』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆忙しいので、短い感想です、スンマソン。  私は、この作品の「中くらいの謎の構造」を、あまりにも煽るかのような宣伝のやり方に、やや不満を抱きながら観た。  観る前から、監督がスコセッシである限りにおいて、あまりにも非現実的な物理トリックはなかろうと思っ...
 
 
 
シャッターアイランド 字幕版 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
うつ病のわてから見ると、この映画の舞台は大変に親近感がある。入院生活の経験があるので、全く違う見方ができた。ディカプリオの演技はまさに名演と言えるだろう。謎はすぐにわかる。まだ精神科治療が確立する前の悲劇だと思った。
 
 
 
シャッター アイランド (そーれりぽーと)
今時M・ナイト・シャマランの映画でもありえないくらいに「この謎を解くことは出来るのか?」と挑戦的な宣伝文句でハードルを上げまくってきたこの映画。 さらに「字幕じゃ大事なシーンを見逃してしまうから」と超日本語吹替版等と銘打ったものまで用意する程の丁寧っぷり...
 
 
 
『シャッター アイランド』・・・もうひとひねり欲しかったような (SOARのパストラーレ♪)
とりあえず面白かった。ただ、“謎解き”をしきりに強調する前宣伝に少々振り回されてしまったように思う。あれで妙な先入観を持ってしまった気がするのだが、あるいはそういう誘導のための仕組まれた宣伝だったのかな。となると公開が半年近くも延期になったこと自体詮索...
 
 
 
シャッターアイランド(2009)字幕版 (銅版画制作の日々)
                              全ての“謎”が解けるまで               この島を出る事はできない。 公開初日に鑑賞しました。今回はMOVX京都で、、、、、超吹き替え版で観るべきでした(涙) レオナルド・ディカプリオ...
 
 
 
シャッター・アイランド (★YUKAの気ままな有閑日記★)
少し前に原作を読みました〜 『シャッター・アイランド』デニス・ルヘイン原作本の発売当時、“ラストが袋綴じになっていた”―というネタばれ厳禁ストーリーがどう映画化されたのか気になっていました【story】精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイ...
 
 
 
シャッターアイランド (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイランド。厳重に管理された施設から、一人の女性患者が謎のメ...
 
 
 
シャッター・アイランド (あーうぃ だにぇっと)
シャッター・アイランド 3月25日@よみうりホール この映画 ディカプリオ史上最高の興行スタートダッシュだったの? ということでリサーチしてみた。
 
 
 
試写会「シャッター・アイランド」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/4/1、中野サンプラザ。 エイプリル・フールではなく実際に試写会は行われた。 結構な入りで良い席がなく、最前列に座る。 ここの最前列はかなり見上げる形になり、とても見づらい。 慣れるけど、台形にひしゃげて見えるし、前から数列目より後ろの方が良いだろう。 ...
 
 
 
シャッターアイランド (だめ男のだめ日記)
「シャッターアイランド」監督マーティン・スコセッシ原作デニス・ルヘイン出演*レオナルド・ディカプリオ(テディ・ダニエルズ)*マーク・ラファロ(チャック・オール)*ベン・キングズレー(ジョン・コーリー医師)*ミシェル・ウィリアムズ(ドロレス・シャナル)*エミ....
 
 
 
『シャッター アイランド』... (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:アメリカ映画、マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キンズレー出演。
 
 
 
No.215 シャッターアイランド (気ままな映画生活)
予告編も含めて、あらゆるメディアでこの謎に 挑みどの時点で真相が掴めるのか・・・と 煽り文句を並べた映画というのは過去に、あったけど 今回も過大解釈をせずに、観賞しました。
 
 
 
シャッター アイランド / Shutter Island (勝手に映画評)
まず最初に記しておきます。この映画は、ネタバレ禁止です。 1954年。ボストン沖合で、精神を病んだ犯罪者の収容施設が設置されているシャッター アイランド。脱出不能の施設から女性患者が行方不明に。レオナルド・ディカプリオ演じる連邦保安官テディ・ダニエルズは、...
 
 
 
シャッター アイランド (小部屋日記)
Shutter Island(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ/マーク・ラファロ/ベン・キングズレー/ミシェル・ウィリアムズ/エミリー・モーティマー/パトリシア・クラークソン/マックス・フォン・シドー/ジャッ...
 
 
 
「シャッター・アイランド」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  “謎解きミステリー”との呼び声が高く…いや、高すぎてかえってネタバレ?「上映開始から何分でこの謎が解けるか?」という予告編でしたが、私の場合、5分くらいかな〜(笑)一つには俳優たちの演技力です。レオナルド・ディカプリオ、マ...
 
 
 
シャッター アイランド (とりあえず、コメントです)
マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオのコンビがおくるミステリーです。 “超日本語吹替版”という不思議な名前のついた吹替版で観て来ました。 脱出不可能な孤島の中で起きた事件の裏に隠された心が観ていて痛かったです。
 
 
 
シャッター アイランド (だらだら無気力ブログ)
お馴染みマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが 『ディパーテッド』以来、再びタッグを組んでおくるミステリーサスペンス。 精神病を患った犯罪者達を収容する精神病院がある孤島で起きた失踪事件を 捜査にきた連邦保安官が直面する不可解な出来事に...
 
 
 
シャッター アイランド (心のままに映画の風景)
ボストンの遥か沖合に浮かぶ孤島“シャッター アイランド”。 厳重な監視の下、精神を患った犯罪者を収容するアッシュクリフ病院から、レイ...
 
 
 
シャッター アイランド (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞シャッター アイランド/SHUTTER ISLAND 2009年/アメリカ/138分 監督: マーティン・スコセッシ 出演: レオナルド・ディカプ...
 
 
 
前振りが逆効果?『シャッター アイランド』 (水曜日のシネマ日記)
異常な犯罪者ばかりが収容されている孤島を舞台に描かれたサスペンス映画です。
 
 
 
シャッター アイランド 煽(あお)り方がいただけない・・・凸(`△´#)凸 (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=17 -6-】 すごい煽っていたでしょう、映画館の予告編でもテレビのCMでもこの映画を取り上げた情報番組なんかでも。 「錯視」を見せたりとか「全ての“謎”が解けるまでこの島を出ることが出来ない」というようなコピーだとか、観た人のインタビューでは「2...
 
 
 
「シャッターアイランド」 (Con Gas, Sin Hielo)
新手のネタバレにしてやられ。 L.ディカプリオの名前だけでは物足りないと判断したのか、この映画の宣伝はやたら「謎解き」「脳」といった言葉を被せてきました。まあ脳トレは流行りでもあるしね。 ご丁寧に本編の直前にも図形と目の錯覚のパターンを持ち出して、「あ...
 
 
 
シャッターアイランド (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[シャッターアイランド] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年27本目(26作品)です。 【あらすじ】 1954年。 精神を患った犯罪者の収容施設があるボストン沖の孤島、シャッター アイランド。 四方を海に囲まれた厳...
 
 
 
「シャッターアイランド」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 「アビエイター」「ディパーテッド」のマーティン・スコセッシ×レオナルド・ディカプリオが、久々にタッグを組んでリリースするのは、精神を患った犯罪者のみが収容される絶壁の孤島「シャッターアイランド」で起きた女性囚人失踪事件に端を発する、本格ミステリーサス...
 
 
 
閉ざされた島〜『シャッターアイランド』 【超日本語吹き替え版】 (真紅のthinkingdays)
 SHUTTER ISLAND  1954年、ボストン湾に浮かぶ孤島。精神を患った犯罪者を収容する施設があ るこの島に、連邦捜査官テディ(レオナルド・...
 
 
 
『シャッター アイランド』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「シャッター アイランド」□監督 マーティン・スコセッシ □脚本 レータ・カログリディス□原作 デニス・ルヘイン □キャスト レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー、ミシェル・ウィリアムズ、パト...
 
 
 
「シャッターアイランド」(2010) (INUNEKO)
戸田奈津子さん監修超吹き替え版で見てきました。どうかなぁと心配してたけど、おかしかなかったです。ディカプリオの地声知らないし。 断崖絶壁に囲まれた孤島。凶悪犯罪を犯した患者だけを収容している精神病院。その十重二十重の密室から一人の女性患者が忽然と姿を消...
 
 
 
★「シャッター アイランド」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みのシネコン2本目。 ひらりん的にはディカプリオは天才だと思ってますが、 これだーーっという、はまり役が少ないのかなーーー。 今回はバリバリのミステリーサスペンス丸出しの予告編だったので、 腕の見せ所でしょう。
 
 
 
シャッターアイランド(2回目) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[シャッターアイランド] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年32本目(30作品)です。 【あらすじ】 1954年。 精神を患った犯罪者の収容施設があるボストン沖の孤島、シャッター アイランド。 四方を海に囲まれた厳...
 
 
 
「超日本語吹替版」というものまで登場して... (映画と出会う・世界が変わる)
最近、洋画の吹き替え版が増えてきたようだ。「アバター」や「アリス・イン・ワンダーランド」は3D版と通常版、それに字幕版と吹き替え版があり、全部で4通りの上映があるわけだ...
 
 
 
10-114「シャッターアイランド」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
モンスターとして生きるか、人間として死ぬか  ボストンの遥か沖合に浮かぶ孤島“シャッター アイランド”。そこに、精神を患った犯罪者を収容するアッシュクリフ病院があり、厳重な監視の下に運営されていた。  ところが1954年9月、レイチェルという女性患者が忽然と...
 
 
 
『シャッター・アイランド』 不安の時代 (Days of Books, Films )
ゼロ年代に入ってレオナルド・ディカプリオと組んでからのマーティン・スコセッシは、
 
 
 
シャッターアイランド 【囚われの 罪の意識の 牢獄に】 (猫の毛玉 映画館)
『シャッターアイランド』 SHUTTER ISLAND 2009年・アメリカ スコセッシ監督×ディカプリオ主演、デニス・ルへイン原作の小説を映画化。  ビバ...
 
 
 
シャッター アイランド (Shutter Island) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マーティン・スコセッシ 主演 レオナルド・ディカプリオ 2010年 アメリカ映画 138分 サスペンス 採点★★★ “ショック死したらハワイにお墓を建ててあげます!”とか“戦慄のサーカム・サウンド!”とか、なんのことかサッパリ分かりませんが、やたらと魅惑...
 
 
 
「シャッターアイランド」(SHUTTER ISLAND) (シネマ・ワンダーランド)
名作「タクシードライバー」や、「ニューヨーク・ニューヨーク」「ギャング・オブ・ニューヨーク」などの作品で知られる、鬼才マーティン・スコセッシ監督がレオナルド・ディカプリオを主演に、メガホンを執った驚愕(きょうがく)のサスペンス「シャッターアイランド」(...
 
 
 
mini review 10501「シャッター アイランド」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
『ディパーテッド』のマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが再びタッグを組んだ、不可解な事件が起きた孤島を舞台に、謎解きを展開する本格ミステリー大作。原作は『ミスティック・リバー』の著...
 
 
 
『シャッターアイランド』'10・米 (虎団Jr. 虎ックバック専用機)
なんでも、映画館では日本の配給会社が そんな超お節介なテロップを 上映前に流した
 
 


 
編集 編集