日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 




昨日に紹介した映画、100歳の華麗なる冒険 とは全く方向性が真逆!
100才が吹く大ボラ、に対し、こちらは 6才。
何と! 12年間、毎年数日ずつ集合して撮影する「人生」の映画。
原題は そのものズバリ、Boyhood。

ドキュメンタリーでなく制作されたこの企画は間違いなく、史上初。
主人公メイスンが成長する、6才~18才までの、彼に降りかかってくる様々な出来事、そして彼の選択を描く。
子供時代に姉からはいびられ(姉役は監督の娘!)、多感な思春期、母の再婚、義父の暴力、初ビール、そして初恋……
持っているゲームやiPodの機種、流行りの音楽も、時代に沿って新しくなっていく。


最も画期的なのは、メイソンの体つきが変わり、身長が急激に伸びる時期を、過去にないリアルさで感じられること。
このため、ドラマの進行に伴って、全く彼の一挙一頭側から目が離せなく、なる!
この感覚は、新しい!!!

一方面白かったのは、父親役 イーサン・ホーク、母親役 パトリシア・アークエット の老け方がややスローなこと。
そりゃ俳優なんだから、体形は維持しなくちゃだし、肌も気をつけていなければならない身なので。
フツーの映画だったら、よくあるようにメイクで納得感が高い「老け方」を再現?するのだが(笑)


そして辿り着くラスト。
幾つかの淡々としたエピソードの連続の中で伝わってくるのは、人生の意義、ヒトを向上させるきっかけ、そして「今」という時間を捉える 感覚。
実際のリアルな人間を(俳優とはいえ)、2時間以上分にわたり見届けてきたので、このメッセージの響き具合 が違う!
まるで、子供を育ててきたかのような?感覚は、家族視線、とでも表現しようか(笑)
今までに経験した「感動」とは一味違う「感動体験」?が待っていた。

このメッセージの響き、感動体験は、全く予想外に今年のベスト1級!


PS Bob Dylan のバックでも今年来日の チャーリー・セクストンがチョイ役だが メチャかっこイイ、流石。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 37 )



« 映画:100歳の... NY地下鉄内でいき... »
 
コメント
 
 
 
トラックバックとコメント (iina)
2014-11-29 11:18:31
今年のベスト1級! と評したonscreenさんの記事に、 トラックバック が16個もあったのは、さすがです。
にもかかわらず、コメントがいまのところ1個とは寂しいかぎりです。
TBを集め合うことには熱心で、ことばをつむいで交流することに不得手な世代というべきか日本人の性格があらわれている気がします。失礼しました。m(_ _)m

ともあれ、この映画の主役はボクですが、もう一組が年数ですね。どこかの映画批評に載っていました。(^^ゞ

 
 
 
まっ、いろいろな考え方があっていいのでは (onscreen)
2014-11-30 12:08:23
コメントは、よほど刺さった内容の時に、という考え方です(現状)

確かに「年数」が主人公な映画かもですね。
個人的には「年輪」の方がしっくりきますが(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
『6才のボクが、大人になるまで。』 2014年10月23日 東宝東和試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『6才のボクが、大人になるまで。』 を試写会で鑑賞しました。 まだまだ先ですが、現時点ではアカデミー賞にいちばん近い映画と評判の本作です。 【ストーリー】  メイソン(エラー・コルトレーン)は、母オリヴィア(パトリシア・アークエット)と姉サマンサ(ローレ...
 
 
 
6才のボクが、大人になるまで。 (佐藤秀の徒然幻視録)
一瞬の時間の意味を描くためにかけた12年 公式サイト。原題:Boyhood。リチャード・リンクレイター監督。エラー・コルトレーン、ローレライ・リンクレイター、イーサン・ホーク、パ ...
 
 
 
6才のボクが、大人になるまで。 (あーうぃ だにぇっと)
6才のボクが、大人になるまで。
 
 
 
『6才のボクが、大人になるまで。』 (2014) (相木悟の映画評)
前代未聞の体感人生ドラマ! いやはや、眼の肥えたファンをも唸らせる驚愕の一本であった。 本作は、実際の年月経過に劇中時間をシンクロさせ、同じ役者が演じるカップルの軌跡を9年スパンで綴る『ビフォア』シリーズ(95~13)のリチャード・リンクレイター監督....
 
 
 
6才のボクが、大人になるまで。 (とりあえず、コメントです)
リチャード・リンクレイター監督が12年の歳月をかけて創り上げた少年と家族のドラマです。 予告編を観て、こんな可愛い少年がどんどん変わっていく!ととても気になってしました。 165分という長さを感じさせないほど、家族の紡ぎ出す物語に引き込まれていきました~
 
 
 
6才のボクが、大人になるまで。 (2014) (ジュライシネマログ)
〈あらすじ〉 メイソン(エラー・コルトレーン)は、母オリヴィア(パトリシア・アークエット)と姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)とテキサス州の小さな町で生活し ...
 
 
 
6才のボクが、大人になるまで。/人生はそれだけでドラマだ (MOVIE BOYS)
リチャード・リンクレイター監督が6才の少年とその家族を同じキャストで12年間に渡って撮り続けた家族の変遷のドラマだ。主人公メイソンはオーディションで選ばれたエラー・コルトレーン、母親を大ヒットテレビドラマ『ミディアム 霊能者アリソン・デュボア』のパトリシア...
 
 
 
『6才のボクが、大人になるまで。』 (こねたみっくす)
6才のボクが大人になるまでに必要なこと。それはたくさんの人たちからたくさんの愛を受けること。 劇的な展開がある訳でも、クライマックスに向けて何か大きな感動がある訳でも ...
 
 
 
6才のボクが、大人になるまで。 (風に吹かれて)
撮影期間12年 公式サイト http://6sainoboku.jp 製作・監督・脚本: リチャード・リンクレイター テキサスの田舎町に住む6歳の少年メイソン(エラー・コルトレーン)は、母オリヴィア(
 
 
 
6才のボクが、大人になるまで。/パトリシア・アークエット (カノンな日々)
日本公開のだいぶ前からメディアで話題になってましたが、6歳の少年メイソンの成長とその家族の変遷を主人公や両親を演じた俳優など同じキャストで12年にもわたって撮り続けたとい ...
 
 
 
『6才のボクが、大人になるまで。』 12年という時間は長いか、短いか (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 リチャード・リンクレイター監督の最新作。ベルリン国際映画祭では銀熊賞(監督賞)を受賞した。  原題は「Boyhood」。つまり「少年時代」で、これはトルストイの中編小説から取られているとのこと。  『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』『ビフォア・サ...
 
 
 
6才のボクが、大人になるまで。  監督/リチャード・リンクレイター (西京極 紫の館)
【出演】  エラー・コルトレーン  パトリシア・アークレット  イーサン・ホーク  ローレライ・リンクレイター 【ストーリー】 メイソンは、母・オリヴィアと姉・サマンサとテキサス州の小さな町で生活していた。彼が6歳のとき、母は子供たちの反対を押し切って祖母....
 
 
 
アカデミー作品賞・監督賞最有力候補/映画「6才のボクが、大人になるまで。」 (エンターテイメント日誌 )
評価:A 映画公式サイトはこちら。非常に分かりやすい(説明的な)邦題だが、原題は
 
 
 
6才のボクが、大人になるまで。 (風に吹かれて)
撮影期間12年 公式サイト http://6sainoboku.jp 製作・監督・脚本: リチャード・リンクレイター テキサスの田舎町に住む6歳の少年メイソン(エラー・コルトレーン)は、母オリヴィア(
 
 
 
『6才のボクが、大人になるまで。』 (時間の無駄と言わないで)
6才の少年が18才になるまでの話をホントに12年かけて撮ってる。 まさに大河ドラマ。 もうその心意気だけで観に行かねばと思う。 で、ちゃんと出オチにならずにドラマが面白かった ...
 
 
 
6才のボクが大人になるまで (もののはじめblog)
ひとりの少年の6歳から18歳までの成長と家族の軌跡を、12年かけて撮影したドラマ。 主人公・少年メイソンを演じるエラー・コルトレーンを筆頭に、母親役のパトリシア・アークエット、父親役のイーサン・ホーク、姉役のローレライ・リンクレーターの4人の俳優が、12....
 
 
 
6才のボクが、大人になるまで。 (映画と本の『たんぽぽ館』)
165分のタイムトラベル * * * * * * * * * * 一人の少年が6歳~18歳になるまで、 12年間の成長と家族の軌跡を描きます。 なんといってもスゴイのは、実際に12年間をかけ、 同じキャスト・スタッフで作品を撮り続けたというところ。 このポスター...
 
 
 
6才のボクが、大人になるまで   BOYHOOD (映画の話でコーヒーブレイク)
タイトル通り、12年間という長い時間をかけて一つの家族を追うドキュメンタリーのような ドラマです。同じキャストで、主人公メイソンとメイソンの姉を演じる役者たちが 徐々に成長していく姿を、近所で見守るおばちゃんのような感覚で鑑賞。 子どもから大人へ。この頃の1...
 
 
 
少年時代~『6才のボクが、大人になるまで。』 (真紅のthinkingdays)
 BOYHOOD  テキサスに住むメイソン(エラー・コルトレーン)は、口数が少なく内向的な 少年。姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)とは、喧嘩しながらも仲がい い。ミュージシャン志望だった父メイソンSr(イーサン・ホーク)は家族と離れ て...
 
 
 
『6才のボクが、大人になるまで。』をトーホーシネマズシャンテ1(4F)で観て、商品としては絶賛ふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★作品としては並】    12年かけて一つの仮想家族を追いドラマ化する。 面白い商品を作ったものだ。 これを商品として提供できる巧みなプロデュース技術と ...
 
 
 
6才のボクが、大人になるまで。 (映画的・絵画的・音楽的)
 『6才のボクが、大人になるまで。』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)評判につられて映画館に行ってきました。  本作の舞台はテキサス州のある町。  初めの方では、6歳のメイスンは、ベッドで母親のオリヴィアにハリーポッターの本を読んでもらったり...
 
 
 
6才のボクが、大人になるにまで。・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
12年の、家族のエポック。 映画史に残る、驚くべき青春映画だ。 リチャード・リンクレイター監督と4人の俳優たちが、実に12年の長きにわたって撮影を続けた、現実よりも現実らしいリアリティ・ムービー。 6歳の少年の成長を軸に描かれる人生の軌跡は、出会いと別れ...
 
 
 
2014年ベスト確実『6才のボクが、大人になるまで』 (This California Life)
Boyhood – 6才のボクが、大人になるまで (2014) アメリカ ストーリー 米テキサス州に住む6歳の少年メイソンは、キャリアアップのために大学に入学した母に伴われてヒューストンに転居し、その地で多感な思春期を過ごす。アラスカから戻って来た父との再会や母の再婚...
 
 
 
「6才のボクが、大人になるまで」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Boyhood」2014 USA テキサスの田舎町に住むメイソンは、シングル・マザーのオリヴィアと、姉サマンサの三人暮らし。ある時、オリヴィアは自身のキャリアアップのため再び大学で学ぶ決心をし母親の住むヒューストンへと住まいを移す。そこへ訪ねて来たのは離婚した元...
 
 
 
「6才のボクが、大人になるまで。」:大きくなってからが長い (大江戸時夫の東京温度)
映画『6才のボクが、大人になるまで。』は観た人全員が絶賛に近いほど評判が良いです
 
 
 
6才のボクが、大人になるまで。 (映画好きパパの鑑賞日記)
 少年の成長をテーマに、4人の俳優が12年かけて家族を演じた前代未聞の作品。日本だと「北の国から」がありますが、ドラマと違い、2時間台の映画に12年分を濃縮するというのはすごい。しかも、どこにでもいそうな少年の物語で、難病だの殺人だの映画をもり立てる要素は...
 
 
 
「6才のボクが、大人になるまで。」:大きくなってからが長い (大江戸時夫の東京温度)
映画『6才のボクが、大人になるまで。』は観た人全員が絶賛に近いほど評判が良いです
 
 
 
6才のボクが、大人になるまで。 (心のままに映画の風景)
6歳の少年メイソン(エラー・コルトレーン)は、母オリヴィア(パトリシア・アークエット)と姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)とテキサス州の小さな町で生活していた。 キャリアアップを目指した母は、大学への入学を決意し、メイソンとサマンサを連れ、祖母...
 
 
 
6才のボクが、大人になるまで。 (心のままに映画の風景)
6歳の少年メイソン(エラー・コルトレーン)は、母オリヴィア(パトリシア・アークエット)と姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)とテキサス州の小さな町で生活していた。 キャリアアップを目指した母は、大学への入学を決意し、メイソンとサマンサを連れ、祖母...
 
 
 
6才のボクが、大人になるまで。★★★★★ (パピとママ映画のblog)
『ビフォア』シリーズなどのリチャード・リンクレイター監督がメガホンを取り、6歳の少年とその家族の12年にわたる軌跡をつづった人間ドラマ。主人公を演じた新星エラー・コルトレーンをはじめ、主要人物4人を同じ俳優が12年間演じ、それぞれの変遷の歴史を映し出す。主人...
 
 
 
「6才のボクが、大人になるまで」 (Con Gas, Sin Hielo)
干支がひとまわり。 「ビフォア~」シリーズのR.リンクレイター監督が仕掛けた別の長期プロジェクト。 なんとある家族の12年に渡る物語を、同じ12年をかけて同じ俳優で撮り続けたという実験的作品。「ビフォア~」が定点観測ならばこちらは連写というところか。 いわ....
 
 
 
6才のボクが、大人になるまで。 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
6才のボクが、大人になるまで。 '14:米 ◆原題:BOYHOOD ◆監督:リチャード・リンクレイター「恋人までの距離(ディスタンス)」「ビフォア・サンセット」 ◆出演:パトリシア・アークエット、エラー・コルトレーン、ローレライ・リンクレーター、イーサン・ホーク...
 
 
 
18年の時 (笑う社会人の生活)
20日のことですが、映画「6才のボクが、大人になるまで。」を鑑賞しました。 6歳のメイソンは母オリヴィアと姉サマンサとテキサス州の小さな町で生活していた 大学に入学した母のためヒューストンに転居しその地で多感な思春期を過ごす。父との再会や母の再婚、義父の暴....
 
 
 
6才のボクが、大人になるまで。 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
賞レースで話題になった12年をかけて製作された 映画『6才のボクが、大人になるまで。』が 公開、都心からしばらく経って埼玉のシネコンで 上映されましたので観に行くことに、見逃して いたので助かりました。 6才のボクが、大人になるまで。 原題:BOYHOOD 製作:20...
 
 
 
6才のボクが、大人になるまで。 (愛猫レオンとシネマな毎日)
11月の東京散策時、有楽町のシャンテにて鑑賞。 シャンテは、TOHOシネマズの中では単館系作品を中心に上映している劇場です。 TOHOシネマズのシネママイレージも溜まるし、ムビチケやフリーパスも使えます。 そして、シャンテに来る方は映画通が多いので、観...
 
 
 
6才のボクが、大人になるまで。 (♪HAVE A NICE DAY♪)
wowowで鑑賞 昨年、アカデミー賞でも色々ノミネートされ 助演女優賞に輝いた作品です。 12年間、撮り続けたという事で話題になりました この男の子やお姉ちゃんが成長していく物語であって 親も子育てしながら自分の人生を歩む物語。 本当の親子のようで、ある一家....
 
 
 
6才のボクが、大人になるまで。 (のほほん便り)
たとえば、日本の朝ドラは、主に何かを成し遂げた人の生涯を半年で描きますが、この作品は、ベクトル的に、その真逆… 同じ出演者(主人公は少年)が6才から大学入学の18才になるまでの、12年の歳月を根気よく同じキャストで描き続けたのですから驚きです。多くの受賞...
 
 


 
編集 編集