日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

この映画と聞いて、多分誰もが真っ先にイメージするのが、2年ぶり保護女子中学生監禁事件。

たまたまそうなっただけとはいえ、何とタイムリーな公開!

 

 

そして驚くのは、この映画の主人公は2年どころか、もっと半端ない期間渡り監禁されていること。

その年数たるや....

ネタバレ領域に達しちゃいそうなので自粛(笑)

 シンプルなストーリーだけに、今作ほどその領域に入っちゃいそうな作品はそうない...

 

その主人公を演じるのは、ブリー・ラーソン。

最近でいうと「ショート・ターム」(2014.11.18記事アップ)での主演が記憶にある。

10代の少年少女を保護する施設で奮闘するボランティアを演じていた。

思い起こすに、あくまでもフツーの女性像をフツーに演じていたような印象。

 

一方今作は状況が特殊過ぎるため、一緒にいる子にいちいち過剰気味に反応する様子に、かなりの迫力が!

ただし後半は意外に演技の印象が薄まっていったような気もしなくはない。

(そうなると、アカデミー賞はブランシェットの方が正しかったような?)

 

 

とはいえ、物語後半の展開は子役の演技もあいまって十二分楽しめるものではあった。

作品賞、監督賞、脚色賞のノミニーになったのも納得。

何かと考えさせられる点が「ドスン」と残る感じが良い。

 

 

話が戻ってしまうのだけれど、このタイミングだからブーストしてヒットしそうな予感。

映画ってホント水物(笑)

 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 32 )



« 「アクセスさ... 「ブログでサ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ルーム~卵の殻を破る時 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。アイルランド=カナダ。原題:Room。エマ・ドナヒュー原作・脚本、レニー・アブラハムソン監督。ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンブレイ、ジョーン・アレン、ショ ...
 
 
 
ルーム (あーうぃ だにぇっと)
ルーム@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
 
 
 
劇場鑑賞「ルームROOM」 (日々“是”精進!)
「ルームROOM」を鑑賞してきましたエマ・ドナヒューのベストセラー『部屋』を「ショート・ターム」のブリー・ラーソン主演で映画化した衝撃と感動のサスペンス・ドラマ。7年間もひ...
 
 
 
「ルーム」☆嗚咽せずにはいられない (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
これは暗くした部屋で独りで見たい映画だ。 何しろうっかり声を上げて泣いてしまうから。
 
 
 
映画「ルーム ROOM」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ルーム ROOM』(公式)を本日公開初日に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー 長髪の5歳の男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)と、母親ジョイ(ブリー・ラ...
 
 
 
『ルーム』 2016年3月21日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ルーム』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。 なんとか、ジャパンプレミアに潜入できました。 ブリー・ラーソンは言わずと知れた、今作でアカデミー賞主演女優賞を獲得しました。 それに子役のジェイコブ・トレンブレイ君と菅野美穂がゲストでした。 ブリー・ラーソ...
 
 
 
ルーム (Akira's VOICE)
決別から始まる希望の人生。  
 
 
 
『ルーム』 (こねたみっくす)
初めて空の大きさを知った時、世界はジャックのルームになる。 2006年生まれの9歳児、ジェイコブ・トレンブレイ。何て凄い子役、いや俳優なんだ!まさにこの映画のために生まれて ...
 
 
 
ルーム (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(P) 本作のMVPは、あの婦警さんに決定です!
 
 
 
『ルーム』 (時間の無駄と言わないで)
映画の半分くらいの内容は予告編で判っちゃってるわけで。 それでもグイグイ惹きつけられるのは流石。 アカデミー主演女優賞の演技も良かったけど、子役が圧倒的。 主演男優賞に ...
 
 
 
ルーム (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ROOM】 2016/04/08公開 アメリカ 118分監督:レニー・アブラハムソン出演:ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンブレイ、ジョーン・アレン、ショーン・ブリジャース、ウィリアム・H・メイシー はじめまして、【世界】。 STORY:施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の....
 
 
 
失われた時間の代償。『ルーム』 (水曜日のシネマ日記)
7年間、密室に監禁された女性とそこで生まれ育った5歳の息子の物語です。
 
 
 
ルーム  監督/レニー・アブラハムソン (西京極 紫の館)
【出演】  ブリー・ラーソン  ジェイコブ・トレンブレイ  ジョーン・アレン 【ストーリー】 施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の子ジャックと、母親ジョイ。彼女はオールド・ニックによって7年間も監禁されており、そこで生まれ育った息子にとっては、小さな部屋こ...
 
 
 
[映画『ルーム』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
「ルーム」本予告 ☆・・・傑作ですね。 時節がら、そのような宣伝をされていないけど。 17歳で誘拐された少女が七年間の監禁生活の中で子供を宿し、その子が五歳になり物心がつく…、その時点で《監禁「ルーム」》からの脱出を決意し、そして、その経験を克...
 
 
 
ルーム (心のままに映画の風景)
5歳の誕生日を迎えたジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)は、狭い部屋にママ(ブリー・ラーソン)と2人で暮らしていた。 外の景色は天窓から見える空だけで、部屋の中が世界の全てだと信じていた。 7年前、ある男に誘拐監禁されたママ(ジョイ)は、そこでジャック...
 
 
 
【映画】抜け出せない『ルーム』 ブリー・ラーソン、オスカーおめでとう! (アリスのさすらい映画館)
ルーム(2015)アメリカ 原題:Room 監督:レニー・アブラハムソン 原作/脚本:エマ・ドナヒュー 出演:ブリー・ラーソン / ジェイコブ・トレンブレイ /  ジョーン・アレン /  ショーン・ブリジャース /&...
 
 
 
ルーム (そーれりぽーと)
誘拐、監禁された少女と、そこで生まれた子供の話、『ルーム』を観てきました。 ★★★★★ 何年も狭い部屋に閉じ込められ、絶望と恐怖に支配されている母親と、生まれた時から世界がそこで完結していて、外に世界が有る事を知らずに育った息子の心の違いを観ていて、た...
 
 
 
ルーム (映画的・絵画的・音楽的)
 『ルーム』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 (1)本作は、本年のアカデミー賞作品賞にノミネートされ、主演のブリー・ラーソンが主演女優賞を受賞した作品だというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、ベッドに寝ている5歳のジャック....
 
 
 
ルーム (♪HAVE A NICE DAY♪)
これは・・・何度も涙が流れました。。。 母親の気持ちになって観るので辛いし 母親と息子の愛に涙。 観に来てた方も女性が多かった。 17歳の時突然誘拐された少女が7年間も監禁され 誘拐した犯人との間に5歳の子供と狭い部屋に監禁されている。。。 単純に監禁...
 
 
 
No.541 ルーム (気ままな映画生活)
監禁された女性と、そこで生まれ育った息子が、長らく断絶されていた外界へと脱出し、社会へ適応していく過程で生じる葛藤や苦悩を描いたドラマ。第88回アカデミー賞で作品賞ほか4 ...
 
 
 
映画「ルーム」 (FREE TIME)
映画「ルーム」を鑑賞しました。
 
 
 
ルーム (とりあえず、コメントです)
エマ・ドナヒューの小説「部屋」をブリー・ラーソン主演で映画化した作品です。 ブリー・ラーソンは『ショート・ターム』を観た時に印象的だった上に、今回のアカデミー賞で受賞していたので どんな演技を見せてくれるのか気になっていました。 本当に厳しい状況を強いら...
 
 
 
ルーム (E'S STREAM)
そこから踏み出す勇気が、試されている…。施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)と、母親ジョイ(ブリー・ラーソン)。彼女はオールド・ニック(ショーン・ブリジャース)によって7年間も監禁されており、そこで生まれ育った息子に...
 
 
 
ルーム ROOM・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「部屋」から「世界」へ。 17歳の時に誘拐された少女が、7年間の監禁生活の間に生まれ育った息子と共に決死の脱出を試み、奇跡的に生還を果たす。 実にサスペンスフルな展開だが、本当のドラマはその後に始まる。 小さな「部屋」しか知らず、未知なる「世界」に戸惑...
 
 
 
「ルーム」 (或る日の出来事)
おとこのこが、かわいいことったら!
 
 
 
「ルーム」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:ROOM)あまりにも薄味で突っ込み不足。手応えが無さすぎる。本来描くべきポイントは手抜きされ、作者が描きたいと思っていたであろう部分は言葉足らずのために説得力を欠く。聞けばいくつかの映画賞を獲得しているらしいが、その高評価もにわかに信じがたい。 ...
 
 
 
ハロー、世界。~『ルーム』 (真紅のthinkingdays)
 ROOM  ボクは今日、5歳になった。天国から天窓を通って、この部屋で毎日毎日泣 いていたママのところにやってきた日から、5年が経ったんだ。もうボクは大き いから、何でも知っているし、何でもできるんだ・・・。  17歳で誘拐され、納屋に監禁され...
 
 
 
「ルーム」 (ここなつ映画レビュー)
これは困った!私は誰の立場で観るのが一番相応しいのか?「ルーム」と呼ぶ唯一の閉鎖された世界に、忌まわしき犯罪の中監禁された母子の事がメインな訳だから、自分の属性としては思いっ切り、ジャックの母であるジョイ(ブリー・ラーソン)に感情移入して観るべきなのだ...
 
 
 
その部屋を出たあとの・・・ (笑う社会人の生活)
9日のことですが、 映画「ルーム」を鑑賞しました。 施錠された狭い部屋に暮らす5歳のジャックと母親ジョイはオールド・ニックによって7年間も監禁 そこで生まれ育った息子にとって この部屋こそが世界の全て ある日ジョイはこの部屋しか知らない息子に外の世界を教え...
 
 
 
ルーム ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
アイルランド出身の作家エマ・ドナヒューのベストセラー小説「部屋」を映画化。監禁された女性と、そこで生まれ育った息子が、長らく断絶されていた外界へと脱出し、社会へ適応していく過程で生じる葛藤や苦悩を描いたドラマ。第88回アカデミー賞で作品賞ほか4部門にノミ....
 
 
 
ルーム (セレンディピティ ダイアリー)
エマ・ドナヒューのベストセラー小説「部屋」を映画化したヒューマンドラマ、「ルーム
 
 
 
映画評「ルーム」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2015年アイルランド=イギリス=カナダ=アメリカ合作映画 監督レニー・エイブラハムスン ネタバレあり
 
 


 
編集 編集