シェア·カー診断ツール

みんなと一緒に車の診断ツールについての良い記事を共有しており、それは世界的な自動車診断ツールのサプライヤーを持っています

E-sys v3.23.4 Psdzdata v50.3ソフトウェアをデモをダウンロードする

2017-05-15 11:38:54 | 日記
無料ダウンロードE-sys 3.23 Psdzdata 50.3(パスワードとコード番号付き):

http://pan.baidu.com/s/1mghYYLU

パスワード:E * G @ rqVa

暗証番号:2670



BMW E-SYSとは何ですか?

E-SYSはBMW Fシリーズコーディング用のBMW診断ソフトウェアですか?



Psdzdataとは何ですか?

Psdzdataは基本的に、E-sysが車のコード、フラッシュecus、およびモジュールをファームウェアに更新するために必要なすべてのデータを含むパックです。



BMWコーディングとは何ですか?

コーディングはBMWカーソフトウェアの設定で遊びたい人にとって、より望ましいものを実現するためのものです。コーディングは実際にはプログラミングではありません。それはあなたの車のソフトウェアを再構成するための別の名前です。あなたの車にうんざりする危険性は限られていますが、慎重であればステップバイステップの指示に従って、あなたが何をしているのかを理解しておいてください。推測してやってはいけません。あなたのステップを確実に確信してください。進む前に疑問を明確にしてください。あなたを助けようとしているフォーラムには専門家がいますが、躊躇しない質問をしても躊躇しないでください。他人が試していない新しい未知の設定を試してみたいと思ったら、私を信じて、あなたは火の中で遊んでいます。



BMW Fシリーズのコーディングに必要なもの:

BMWイーサネットからOBD-IIケーブル(ENETケーブル)

インストールパスワードとコードPINを備えたE-Sysソフトウェア

Psdzdata

Windows XP(推奨)またはWindows 7(最低80 GBの空き容量がある)を備えた専用ラップトップ

ソフトウェアインストーラ(オプション)、添付ファイル

CAFファイルのバックアップユーティリティ(オプション)、添付ファイル



BMW ENET cableをどこで入手するのですか?

ちょうどDIYかそれに少し費やしてください(通常20ドル以下)

Googleの "diy enet cable"と多くのDIYガイドがあります

しかし、正直言って、あるペニーで働くものを買うほうが良い(問題はたくさんありません)

ENETケーブルは私自身をテストしました:http : //www.obdii365.com/wholesale/bmw-enet-interface-cable-e-sys-icom-coding-f-series.html

それが働いていることを確認しました!通常、中国からのアイテムで運が必要です。



E-sysでENET cableで何ができるのですか?

デジタルスピード表示(楽しみのみ)
10.最後のオフ状態の空調付きメモリ(空調シーズンなしの方が便利です)
11.最後にエンジンがオフのときの屋内サイクリングメモリ
12. Aピラー電動式テールゲートボタンパワー・テールゲートを閉じるためのキーをリモコンで操作します。いつでも逆の操作を終了する(15分以上リセットを解除する)
13.シフトパドルを増やす
14.大画面ディスプレイの小さな画面を変更する
15. Pdcディスプレイの縦横表示 16.シートベルトステータス表示を無効にする - 乗客シート ベルトステータスディスプレイ - 運転席
18を無効にする。シートベルトリマインダミスを無効にする!リンクは無効です。
装置 - 助手席 19。


http://blog.obdii365.com/2017/05/14/bmw-e-sys-v3-23-4-psdzdata-v50-3-download-free/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BMW CAS2 CAS3正しい走行距離... | トップ | BMW ICOM Nextレビュー:より... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。