のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

司法試験制度改革で、輝けなくなっている若い人たちのこと

2017年01月03日 12時40分37秒 | 日本の現状
α‏@snjiru7 さんのツイート。

――閣議決定で「司法試験合格者数を3000人に増やす」と言って大勢の前途有望な若者を騙して法科大学院に入学させ、彼らが司法試験を受験する頃には2000人以下しか合格者を出さず、結果的に大勢の若者の人生を破滅させておいて、いまさら「輝いてみろ」とか「総活躍しろ」と言っても土台無理な話。〔12:12 - 2017年1月3日 〕—―

司法試験改革で

法科大学院に受験生を囲いこんだ。

これによって

受験回数の多い受験生をふるいにかけた。

結果として

合格者の実力が大幅に低下して、

試験に合格しても使えないという事態が発生した。

ここまでは、

僕も知っていた。

しかし、合格者数を低く抑えられていた

とは知らなかった。

実力ががたがたな上、合格者数も少ないとなったら

いいところなしではないか――。

そもそも

優秀な人材を得ようとして、

「○○大学院、もしくは、○○専門校卒業のこと」、

といった絞りのかけ方では駄目ってことだな。

この話は、

教訓的じゃないか。

給付型奨学金を話すとき、

是非思い出して欲しい。

本来、

奨学金など無償のはずだ。

それを貸し付けにして学生を借金地獄にする

ことは回避すべきだった。

それを「給付型奨学金」といった

特殊な奨学金制度を認めて

ガス抜きを図るなど、やり方がグロテスクだ。

学生間に格差を設けるようなこと、

極力避けるべきだと思う。

「奨学金」を

まるで宝くじのようにしてしまって、

卒業する学生は、

運を使い果たした法科大学院の卒業生のようになるんじゃないか。

僕は、

この配慮から、

上西小百合さんの

給付型奨学金不要論に賛成したことがあった

(拙稿「上西小百合さんのツイートが炎上?」参照。*http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/12923104ca492fa1b3833df37aa46315)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「#彼はあなたを殴らないかも... | トップ | 総理大臣というのは、国の最... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。