ガラスコーティングショップ/ラディアス川崎・施工日記

施工担当者による、磨き・ガラスコーティング、その他おもしろいことなど・・・気まぐれに綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

再塗装されたボディの塗装膜厚計測

2010-01-13 15:36:00 | コーティング全般
フェラーリ365GTC4のご入庫です。1972年式ではありますが、
フルレストア&再塗装されており、内装・外装・機関共に美しいお車です。

この年代のお車としてはエアコン、熱線入りリアウィンドウ、パワーウィンドウが
標準装備という豪華仕様です。

スーパーカーとクラッシクカーの両面を併せ持つお車で、今回はとっても
興味深く施工させていただきました。

詳しい内容は下記画像にそれぞれコメントを掲載いたしますので、
ご覧下さいませ。


イタリアンレッドが美しいです。
パッと見はとても72年式とは思えない程きれいです。



パッと見はきれいですが、近くから見てみましょう。
高輝度照明下で見てみると、ボディ上には下記画像のような傷が多数ありました。

これらの小傷がボディ全体にあることで、イタリアンレッドが
ちょっと白くくすんだレッドになってしまいます。



クラシックモデルの定番ホイールといえば、イタリアの「ボラーニ」製
ワイヤーホイールです。

イタリアの職人が1本1本編みこんで作っていきます。
この編みこみは美しいの一言です。

美しいんですが、このワイヤー1本1本ホイールコーティングするのは
大変です(笑)



洗車後、マスキングです。古いお車ですので、マスキングは慎重に行います。







ボンネットやルーフなどのボディ上側の下地処理は天井設置の
高輝度特殊照明を使います。

ボディ側面は、壁に設置した側面用の高輝度特殊照明を使うことで、
ボディ全体の作業クオリティを上げることが出来ます。



お車は、オリジナルの塗装ではなく、再塗装されているとのことでしたので、
ボディの各パネルの塗装膜厚計測。

下記はルーフの測定です。「283μm」でした。一般的な新車時の塗装は
100~130μm程度ですので、明らかに再塗装されていることが分かります。



ボンネットの塗装膜厚はなんと「872μm」です。
たっぷりと再塗装されています。見た感じでもすぐ分かるほどです。

でも、これだけ膜厚があれば、古いお車でもしっかりと下地処理が
行えるので安心です。

といっても、際部分は塗装がのりにくいので、注意は必要です。



ドアパネルは「265μm」。こちらもしっかりと再塗装されています。



トランク部分を中央で分けて施工してみます。
施工前の塗装膜厚は「190μm」です。



同じように右パネルの光沢も計測。

施工前は光沢度は「71」です。



トランクの右パネルだけに下地処理を行いました。

どうでしょう。下地処理を行ったところは透き通ったイタリアンレッドに
なっています。未処理のパネルは傷によって、ボディカラーが白く
くすんでしまっています。



下地処理後の塗装膜厚を測定。

処理前「190μm」 → 処理後「184μm」

今回の下地処理で「6μm」磨いたことになります。

新車時の塗装でしたら、通常今回の作業工程では、だいたい「2~3μm」
磨くことになるのですが、再塗装されていることで、塗装は若干柔らかく、
多く磨けてしまいます。



トランク部分の下地処理後の光沢度を計測。

施工前「71」 → 施工後「88」 大幅アップです!

「艶が出た」、「ピカピカになった」という、視覚イメージだけでなく、
数値と言う形で検証することで、お客様にハッキリとクオリティアップを
お伝えすることが出来ます。



以降、施工完了後の画像です。

















もちろん、マフラーもしっかり磨いてコーティングしました!








【カーコーティング業界で独立開業しませんか?】

【ラディアス川崎店】
【ラディアス湘南店】

【過去の主要コメント】

【コーティングの塗布方法について】
【当ショップの設備・機材について】
【短波式赤外線ヒーターによる焼付コーティング】
【板金塗装について】
【再塗装されたボディの塗装膜厚計測】
【バイクの塗装膜厚を計測】
【膜厚計ボディ状態計測&樹脂部分へのコーティング】
【膜厚計&光沢計での測定】
【新車以上のクオリティって?光沢計での計測】
【ガラスコーティングの水シミについて】
【コーティング剤と下地処理について】
【バイクコーティングについて】
【照明設備の重要性】
【ディーラーオプションのコーティングってどうなの?】
【黒のボディカラーを嫌がるコーティングショップって?】
【コーティングの保証ってどうなの?】
【コーティングのお店選びについてのうんちく】
【下地処理についてのうんちく】
【コーティングについてのうんちく】
【完全硬化型のガラスコーティング】
【安かろう・それなり?】
【水洗車だけでいいの?】
【新車の塗装のボケって?】
【日産のスクラッチシールドについて】
【たばこは吸いません】
【エンブレムだってきれいになります】


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 膜厚計ボディ状態計測&樹脂... | トップ | 最新型短波式赤外線ヒーター »
最近の画像もっと見る

あわせて読む