ガラスコーティングショップ/ラディアス川崎・施工日記

施工担当者による、磨き・ガラスコーティング、その他おもしろいことなど・・・気まぐれに綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

照明設備について

2009-10-03 14:58:36 | コーティング全般
本日はスバルR1が入庫しています。



とっても個性的なお車です。お客様と少しお話したのですが、
近いうちに生産中止になってしまうそうです
最近は、個性的な車がどんどん消えてしまうので、残念でなりません。
売れる、便利な車しかラインナップに残らないような気がします。

さて、ボディ状態はパッと見はきれいに見えます。

ここで、ちょっと実験をしてみましょう

まずは、蛍光灯だけを付けた状態でボディを見てみます。
撮影したカメラのシャッタースピードと絞りは固定にしています。
ボンネットを撮りました。



ちょっとシミっぽいのが見えますが、
パッと見はきれいに見えますよね。






さて、次に蛍光灯+レフを付けてみましょう。



どうでしょう。ちょっとシミや傷が見えてきましたね。
レフを付けることで、シミの存在が、蛍光灯よりは分かるようになります。












最後に、250Wの高輝度照明を付けてみます。



あらららぁ
ひどい傷とシミ(イオンデポジット)がはっきりと見えてきました。
傷だらけだし、シミも酷いです。塗装の色(黒)も黒ではなく、
傷&シミによって白く、くすんで見えてしまいます。



お客様のお車のボディ状態は、照明の明るさによって、こんなにも見え方が
変わるのです。

つまり、照明の設備が十分に整っていないようなところで、作業をしても、
傷やシミが見えないために、ハイクオリティな施工が出来ないのです。
見えないのですから、どうしようもありません。

反対に高輝度照明で照らせば、施工者自身が傷やシミをはっきりと
認識出来ますので、ハイクオリティ施工が可能なのです。

高輝度照明設備の重要性が分かっていただけたでしょうか?



【カーコーティング業界で独立開業しませんか?】

【ラディアス川崎店】
【ラディアス湘南店】

【過去の主要コメント】

【コーティングの塗布方法について】
【当ショップの設備・機材について】
【短波式赤外線ヒーターによる焼付コーティング】
【板金塗装について】
【再塗装されたボディの塗装膜厚計測】
【バイクの塗装膜厚を計測】
【膜厚計ボディ状態計測&樹脂部分へのコーティング】
【膜厚計&光沢計での測定】
【新車以上のクオリティって?光沢計での計測】
【ガラスコーティングの水シミについて】
【コーティング剤と下地処理について】
【バイクコーティングについて】
【照明設備の重要性】
【ディーラーオプションのコーティングってどうなの?】
【黒のボディカラーを嫌がるコーティングショップって?】
【コーティングの保証ってどうなの?】
【コーティングのお店選びについてのうんちく】
【下地処理についてのうんちく】
【コーティングについてのうんちく】
【完全硬化型のガラスコーティング】
【安かろう・それなり?】
【水洗車だけでいいの?】
【新車の塗装のボケって?】
【日産のスクラッチシールドについて】
【たばこは吸いません】
【エンブレムだってきれいになります】


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アコード施工完了&雨・水シミ | トップ | 壁面の照明工事完了!! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む