ガラスコーティングショップ/ラディアス川崎・施工日記

施工担当者による、磨き・ガラスコーティング、その他おもしろいことなど・・・気まぐれに綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バイクの塗装膜厚

2009-09-24 16:52:25 | コーティング全般
さて、今日はバイクのご入庫&施工です。
ヤマハのFJR1300です。私もヤマハのV-Maxに乗っていますので、
親近感あります(笑)

施工中の画像です。洗車後マスキングを行いました。



前回のブログにて車の塗装膜厚についてお話ししましたので、
今日はバイクの塗装膜厚を計測してみましょう。

車の塗装膜厚は一般的に新車に近いお車で「100~120μm」程あります。

以前から、バイクの塗装は薄く柔らかいということはお話ししていましたが、
実際に計測して確認してみましょう。

今回計測するのは、ガソリンタンクの中央部です。

どれどれ・・・



「48.3μm」です。ちなみにこのバイクは新車です。
やはり、車と比べても半分未満の膜厚です。

バイクを磨くときは、車を磨くような方法でコンパウンド、ポリッシャーを
使用してはいけません。一気に塗装を剥がしかねません

細心の注意が必要です。バイクを磨くときには、バイクのための
施工方法が必要です。グラスコートジャパンではその技術が
確立されています。

ということで、バイクの塗装はかなりデリケートですので、
私は磨くときにはいつもドキドキしながら磨いているんですよ。
これでも私は気が小さいものでして(笑)

細心の注意をしながら磨いた後、脱脂して、計測した
画像はこちらです。


さて、どうでしょうか・・・



「45.9μm」です。


施工前が「48.3μm」ですので、「2.4μm」磨いたことになります。


バイクの塗装は車の塗装よりもかなりデリケートですので、慎重に
磨いたのですが、それでも「2.4μm」も磨いてしまいました。

この数値は車のボディをかなり強く磨いた場合に相当します。


ですので、バイク塗装の特徴を知らずに、磨くとトラブルの元になります。

トラブルは避けたいですので、施工前に塗装の状態を確認・把握して施工する
事が重要です。

さて、施工後はこちらです。





【カーコーティング業界で独立開業しませんか?】

【ラディアス川崎店】
【ラディアス湘南店】

【過去の主要コメント】

【当ショップの設備・機材について】
【短波式赤外線ヒーターによる焼付コーティング】
【板金塗装について】
【再塗装されたボディの塗装膜厚計測】
【バイクの塗装膜厚を計測】
【膜厚計ボディ状態計測&樹脂部分へのコーティング】
【膜厚計&光沢計での測定】
【新車以上のクオリティって?光沢計での計測】
【ガラスコーティングの水シミについて】
【コーティング剤と下地処理について】
【バイクコーティングについて】
【照明設備の重要性】
【ディーラーオプションのコーティングってどうなの?】
【黒のボディカラーを嫌がるコーティングショップって?】
【コーティングの保証ってどうなの?】
【コーティングのお店選びについてのうんちく】
【下地処理についてのうんちく】
【コーティングについてのうんちく】
【完全硬化型のガラスコーティング】
【安かろう・それなり?】
【水洗車だけでいいの?】
【新車の塗装のボケって?】
【日産のスクラッチシールドについて】
【たばこは吸いません】
【エンブレムだってきれいになります】


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コーティング剤&下地処理 | トップ | 板金塗装について »
最近の画像もっと見る

あわせて読む