日本共産党 石川たえ ☆いのち輝かせて☆彡

みんなで考えましょう。これからの日本。

転落防止柵の設置を

2017-01-21 | 日記

現在、工事中のおおさか東線。南区間は開通していますが、平成30年度末全線開通に向けて取り組みが進められています。

しかし、開通した区間も新たに駅のできる区間もホーム転落防止柵がありません。

たつみコータロー参議院議員、大阪市議団、吹田市議団、関連地域の国政対策委員長のみなさんと一緒に、おおさか東線のホーム転落防止柵の設置をもとめて申し入れを行いました。

日本盲人会連合の全国調査では約4割の視覚障害者がホームからの転落の経験をしています。国交省調査でも2015年だけで94件、統計を取り始めて最多との結果も出ています。「介助者が一瞬目を離した時に転落」「怖い」という声もあります。視覚障害者だけでなく、子育てママからも「こどもがホームから落ちそうになった」という声もあります。電車とホームの隙間が広すぎてそこのはまったという事例もあります。

今年に入ってからも1月に埼玉で転落事故が起きています。その時間、ホームに駅員さんはいませんでした。

ホーム転落防止柵の設置が急がれます。

現行での設置は難しいとに回答ですが、後付けするよりも、今からつくる駅に設置する方がコストもかかりません。何よりも乗客の安全確保なしに電車だけ走らせるにはおかしい。

開通した南区間とともにこれからできる新駅にも転落防止柵を設置してほしい、無人駅は緊急時の対応が遅れる、駅員の配置をと求めました。

まず安全の確保を!とこれからも求めて行きたいです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茨木市議選挙

2017-01-17 | 日記

茨木市議選挙の火ぶたが切って落とされました。多数はみ出しの大激戦です。日本共産党は一議席増の4議席を目指します。今日は大嶺さやか候補の応援に行きました。

子育て真っ最中の大嶺候補。『子ども医療費助成は高校卒業まで年齢拡充を』『中学校給食は全員で食べられるあったかい給食を』と訴えると、ベビーカーを押しているママや自転車で通りすぎるママたちがニッコリ。中には『サインしてー』と駆け寄ってくる子どもも。可愛いなあ。この子たちこそ守らなきゃ!

茨木市は維新市政のもとで、保健医療センター附属診療所の小児科が廃止されました。

子育てしながら痛感する事は、子どもが病気になったとき、お金の心配なくすぐに駆けこめる病院が近くにあるかないかで全然違うという事です。夜間小児救急はなくしたらあかん!と本当に思います。小児夜間救急は復活を!子育て安心のまち茨木を!

大嶺さやか候補の訴えにも力が入ります。

私も子育て中。力をあわせて国政も地方政治も国民のいのち守る政治に変えて行きたい!

先ずは茨木での勝利へ頑張ります。

 

あさとう候補の応援には大門みきし参議院議員が駆けつけました

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本共産党第27回党大会

2017-01-16 | 日記

日本共産党第27回党大会が15日から始まりました。

3年前の全大会から比べると、国民のたたかい、共闘が進んでいること。

安倍政権打倒を共通の目標とし、市民と野党の共闘をさらに発展させ、野党と市民が白紙の状態から話し合い、安倍政権に変わる政権を見いだし、前向きの合意をすすめる野党連合政権をつくる可能性が生まれてきていること。

総選挙で、野党と市民の業績を発展させ、選挙協力を成功させること。

そして日本共産党の第3の躍進を発展させること。

などなどが報告されました。

孤軍奮闘の時代から市民と野党共闘の時代へ、本当に時代が移り変わっているなあと実感します。

この間、街頭で訴えさせていただしていると『共産党頑張りや』『野党共闘頼むで』

と声をかけてくださる方も沢山。

平和憲法を踏みにじり、社会保障の切り捨てで国民のいのちを脅かし、カジノで経済対策などと亡国の政治をすすめる安倍政権。黙っていてはいけない!

市民と野党の共闘のさらなる発展!日本共産党の躍進にむけて私も頑張りたいです。

村口くみこ7区国政対策委員長と。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

競争を激化するチャレンジテストはやめるべきだ!

2017-01-13 | 日記

大阪府の統一テスト、中学生チャレンジテスト。この結果を受験時の内申の調査書評定に活用する、チャレンジテストの結果で先生が1年かけて行った評定が修正される、とんでもない事です。この間、委員会の質問で繰り返し取り上げてきました。チャレンジテストによって、競争は激化し、「うちが頑張っても点数悪い人がおると学校の平均がさがり、自分の評定も下がる」「アホは受けへん方がいいねんやろ」(3年生のチャレンジテストは欠席者fは学校平均の母数からはずれるため)とこどもの友人関係まで悪化させ、学校平均のいい学校のある地域に転校するこどもまで生まれています。これではこどもたちの心が壊れてしまう、実態調査を行い、中止をと求めてきました。しかし、公平性の担保は必要と一向にやめる気配はありません。

絶対評価は全国で取り入れられている評価のあり方です。しかし、大阪のように統一テストを行なっている県はありません。こどもたちの学習到達点を把握し、学習指導に活用するのであれば、受験の内申書に活用する必要はありません。

学校は心と体、そして人間として生きていく学力を身につける場所です。

楽しいはずの学校が、友達との交流が、たった一回のテストのために行きたくない場所になる、母としてもこんなことは認められない。

子どもたちにさらなる競争をさせ、友人関係をも壊してしまうチャレンジテストは今すぐやめるべきです。

今日の朝日新聞メールニュース、yahooニュースでも報道がされていました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000054-asahi-soci

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下流老人

2017-01-12 | 日記

朝日新聞社の記者のみなさんが発行した「ルポ 老人地獄」を読みました。ハッキリ言ってショックでした。

民家を借り受けた無届けお泊まりデイの実態、高齢化社会、2025年問題と言われますが、もう高齢者の苦難ははじまっていると言う実態、寿司ずめのお泊まりデイでも10万円もかかる事、ノロの蔓延、このお泊りデイにも来れない高齢者の実情。読みながら胸が詰まりました。この実情を伝えなければと発行された記者の皆さんに拍手を送りたい。

これまで日本を支え、懸命に頑張ってこられたみなさんが、お金のある無しで、こんな苦渋の選択をしなければいけない、本当に胸が詰まります。そして、一億総活躍といいながら、社会保障費の伸びを徹底して抑え、国民負担を強いる安倍政権に心の底から怒りが沸き起こります。人間をなんだと思っているのか。なんでも自己責任で何が一億総活躍か。

私も介護の必要な母がいます。母に育てられた色んな思いを胸に、今の母を支えてやりたいと思っています。誰もが安心して介護のサービスを受ける事すら出来ずに何が100年安心の介護か!と本当に思います。

安倍政権とそれを支え、先兵として年金カット法を強行し、府の医療助成制度見直しでさらなる患者負担を導入しようとする維新府政。絶対に許してはいけない。

私は私の母も、そして安心して暮らしたいと願う多くの高齢者のみなさんもしっかり守る政治をどうしても実現したい。

憲法施行70年の今年、何よりも生存権を守るたたかいにがんばらなければ!。

決意新たに頑張りたいです。

党と後援会新春のつどいには宮本たけし衆議院議員が駆けつけてくれました

獅子舞に噛んでもらい決意を固めてます

余興で吹田市議団と替え歌のズンドコ節

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加