日本共産党 石川たえ ☆いのち輝かせて☆彡

みんなで考えましょう。これからの日本。

平和な日本を!わたなべ結 渾身の訴え!

2016-07-03 | 日記

わたなべ結さんの訴えを聞こうと、なんば高島屋前には6500人の聴衆。

朝は吹田で渾身の訴え。安保関連法に反対するママの会吹田のみなさんも「わたなべ結さん押し上げて!」と応援に駆けつけてくれました。

昨日のつどいでは「何人を壮行会で見送り、何人の遺骨をひきとったことか。戦争は絶対したらあかん」と、戦争体験を聞かせていただきました。

誰のこどもも殺させない!平和の願いを踏みにじらせない!

平和な日本を!と願うみなさんの願い、必ず国政に結ぶ、わたなべ結さん。押し上げに力一杯頑張りたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

18歳選挙権

2016-07-02 | 日記

「うちのこども、18歳やから選挙権あるのに、帰るの面倒やって言うねん」

「18歳の子はどれ位選挙に関心あるんかな」

「20で選挙は行った覚えがあるけど、誰に入れていいかわからんかった」

「はじめての選挙やけど、どうやっていいのかわからない」

今日、参加したつどいで出たお話です。

18歳選挙権が今回の参議院議員選挙からはじまります。選挙権や!と嬉しく思いつつ、どうやって投票に行けばいいのか不安で結局やめとこうかというお話も聞きます。

政治と毎日の暮らしが結びついいていないんだなあと感じます。一方で「選管から18歳やから投票できますとハガキをもらったので、チラシください」とくる子もいます。

せっかく手にする権利。しっかり考えて投票にいけるように、学校での授業をはじめ、私たち大人が伝えなければと思います。

「安保法制の強行にいてもたってもいられず、新幹線に飛び乗りました」と訴えた子育てママ。彼女たちの中にも初めて投票に行くというママもいます。私たちのくらしと日本の未来のかかった選挙です。

「このチラシしっかり読んで考えます」今日出会った青年のことばにジーン。しっかり読んでぜひ投票に行ってほしいです。

若い人が希望をもてる政治に!

国民のくらしと命を守るために、税金の集め方、使い方のチェンジをと訴えるわたなべ結さん、大門みきしさんの訴えにも力がこもります。

頑張らなければ!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大激戦 何としても勝ち抜きたい!

2016-06-27 | 日記

参議院選挙も中盤です。大阪は大激戦です。

わたなべ結は訴えます

「平和な日本を守りたい、これが初心です。憲法を変えて戦争する国にさせるわけにはいきません。安保法制廃止!憲法改悪反対!」

「派遣労働を体験し、簡単に首を切られる現実を目の当たりにしました。こんなことは許されません。働き方の改善を。働くルールの確立を!」

「安心して暮らしたい、これは誰もが心の中に持つ願いではないでしょうか。税金の集め方、使い方を変えて、安心して暮らせる社会保障の充実を」

昨日の旭通り商店街には700人が参加。結さんの話にみんなが胸を熱くしました。

「卒業と同時に奨学金を毎月3万円返済している。本当につらい」と訴える女性。

「学校施設が老朽化し、もたれると手すりが落ちるのでコーンを置いている。これでは子どもたちのいのちが危ない。何とかして」と訴える先生。

「医療費が心配で通院を減らしている」という高齢者

どの世代も、願いがいっぱい。根っこには「安心して暮らしたい」という願いがあります。

この願い国会に届けたい!ここにこそ政治の光をあてたい!

わたなべ結さんに託し、願い結ぶ架け橋に。

みなさん力を合わせましょう。

小池晃書記局長が駆けつけてくれました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参議院選挙がはじまりました

2016-06-24 | 日記

22日から参議院選挙がはじまりました。大阪は大激戦です。

日本共産党の大阪選挙区候補 わたなべ結さん。「必ず競り勝たせてください!!」と気迫の訴えです。

『改憲勢力3分の2巡り与野党攻防』と新聞紙上でも報道されています。「変えるべきは憲法を守らない政治だ」とわたなべ結さんは訴えます。

日本国憲法に記された国民の権利を守る人権条項の多さ。これは世界でも類をみないものです。この人権条項を守っていないことが問題なのです。

恒久平和もそうです。『二度と政府の責任で戦争することのないように誓う』と記されています。なのに、この憲法の解釈を変え、「安全」の名のもとに、自衛隊は戦地に赴かなければならない安保法制。南スーダンにむかう自衛隊員のこどもさんは「お父さん行かないで」とすがったと聞きます。平和と安全を大切にするのであれば、守るべきは憲法の平和条項です。

 日本の平和を守り、国民の権利を守るとうたっている憲法を守りもしないで、変えるなんておかしな話です。

戦後ずっと、日本国民は平和を守り続けてきました。平和な社会で生き続けたいと、平和を守るたゆまぬ努力を一人ひとりがしてきたのではないでしょうか。そしてそれを個人の問題ではなく、国の責任として「戦争はしない」と誓っているのが憲法です。だからこそ、この憲法をくらしの隅々にまで生かす努力をさらに続けていくことが、平和を守り、くらしを守る力になると思います。憲法は改正すべきではありません。

「お母さん、戦争は嫌やで。絶対行きたくないからな」

我が家のこどもたちも真剣な顔でこう言います。このこどもたちの願い、母としては絶対に受け止めなければ。

「安保法制反対」「憲法改悪許さない」。わたなべ結さんとともに、この声を広げに広げたい。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

社会保障の充実を

2016-06-15 | 日記

いよいよ参議院選挙です。「消費税の増税延期はうれしいけれど、社会保障が心配」という声をよく聞かせていただきます。安倍政権になってから、介護保険料を払っていても、要支援1.2は介護保険のサービスが受けられない、特別養護老人ホームには要介護3以上でなければ入ることができない仕組みが作られました。70歳から74歳の医療費窓口負担が増えました。介護難民、医療難民、保育難民…どれだけ難民がいるのでしょう。介護離職、介護殺人、介護自殺、受診抑制…どうしてこんな悲しい言葉が飛び交うのでしょう。聞くたびに心がギュッと掴まれたように痛みます。

社会保障の充実は消費税増税と一体でなければできないのでしょうか?

私は違うと思います。

増税なしで社会保障の充実を!と共産党は訴えています。

税金の集め方チェンジ!

税金の使い方チェンジ!

働き方のチェンジ!

http://www.jcp.or.jp/web_policy/2016/06/2016-sanin-seisaku.html

安心して暮らしたい、安心して病院に行きたい、安心して介護サービスを受けさせてやりたい。子どもも、現役も高齢者も、みんなが幸せに暮らせるように。わたなべ結さんとともに頑張りたい。

わたなべ結さんのお面つけていきました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加