日本共産党 石川たえ ☆いのち輝かせて☆彡

みんなで考えましょう。これからの日本。

大阪北部地震②

2018-06-20 | 日記

大阪府が心のケア相談窓口開設しています。その他にも、災害に伴う減税等の相談窓口もあります。活用して下さい。

ブロック塀に関する相談窓口

http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=31357

 

心のケア相談窓口

http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=31341

 

災害に関する中小企業、小規模事業者支援について

http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=31326

 

被災者に対する府税の軽減措置について

http://www.pref.osaka.lg.jp/zei/alacarte/keigenn-ooame.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪北部地震

2018-06-19 | 日記

ずっと続いている余震。これ以上の被害が出ませんようにと。祈るばかりです。

18日

地域の皆さんに声をかけて回りながら、被害状況も見ました。道路の陥没、水道管破裂、学校施設の破損など大変です。地域の皆さんは水の濁り、ガス復旧の仕方がわからない、家がめちゃくちゃとぐったりです。お店はお酒などが割れて大変と悲鳴が上がっていました。通学中で連絡がなかなかつかず心配した娘も無事でした。学校も窓ガラス割れてるからみんな靴で校舎に入った。道路水没で帰れない子もいっぱいいたと。私の事務所も大きな亀裂が。びっくりです。

 

小学校もビスが飛び、天板が歪み危険な状態。

 

道路は陥没し、水が吹き出していました。

 

19日

『水がずっと濁ってる』と府営住宅の方から連絡が。住宅まちづくり部さんがすぐ対応してくれ、明日、明後日で貯水タンクの水抜きをしてくれる事になりました。昨日に引き続き訪ねた保育園は何ヶ所かガスが止まっている!と悲鳴。大阪ガスさんが対応してくれました。昨日陥没していた道路は朝には、修復されていました。国立循環器病センター前の水道管破裂は雨の中、懸命の修復作業がされていました。余震が続いて不安な中で、市民生活を守るために不眠不休で懸命に復旧作業に取り組んで下さるみなさんに感謝です。

国の重要文化財に指定されている旧西尾邸は瓦がずれ落ち、灯篭は倒れ、蔵の土台も破損。大変な状態です。

 

帰りに通った信号機は赤信号が消えたままになっていました。

 

ライフラインは復旧しつつありますが、今晩の雨で土砂崩れも心配です。明日も一つ一つ声を聞きながら、吹田議員団と力をあわせて対策に取り組みたいと思います。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カジノなんてダメです

2018-06-16 | 日記

 衆議院でカジノ実施法案が強行可決されました。質疑時間わずか18時間です。

「現行法上、カジノ行為は刑法等で禁止されている」、大臣すらこう答弁せざるを得ませんでした。

安倍晋三首相は、同法案は「カジノ単体」を解禁するものではなく「国際会議場や家族で楽しめるエンターテインメント施設と収益面での原動力となるカジノ施設を一体的に運営する」と答弁しました。なんのこっちゃ。

エンターテイメント施設と一緒ならカジノをつくっていいの?そんな馬鹿な話はありません。

カジノは、エンターテイメント施設と一緒に作ったとしても、人間の思いがけない幸運を願う気持ちを最も強く刺激し、深くのめり込ませる最悪の賭博場です。こんなものが大阪にできたら大変です。

その上、びっくりするのは、カジノ場に貸金業(特定資金貸付業務)をつくると。カジノで負けて、スッカラカンになっても、その場でお金が借りられるという事です。借金をさせて賭博を続けさせる、どこが世界最高水準の規制なのか。こんなことやったら、身ぐるみはがされ、ギャンブル依存症は増えてしまうのではないでしょうか。

「ギャンブル依存症対策」の観点から、カジノの面積の上限を1万5000平方メートルまでと決めていた絶対値も、2月から始まった与党内の検討で突如消されています。日本のカジノで大もうけするためには、できるだけ多くの賭博機、賭博テーブルを並べなければならない、「世界最大のカジノ」をつくるじゃまをするなという海外からの圧力で、カジノ「規制」などいくらでも緩くなるという証明ではないでしょうか。

大阪万博とセットのIR。ここにカジノが含まれます。大阪府は「カジノの集客の7~8割は国内」と想定。初めから日本人を想定してつくられようとしている。こんなことは許せません。

人の負けや不幸の上に成り立つカジノは絶対にいらない!

世界最高水準のギャンブル依存症対策を本気で考えるのなら、カジノをつくらないことが、一番だと私は思います。

カジノは賭博です。刑法で禁止されています。エンターテイメント施設ではありません。国民をごまかし、万博を隠れ蓑にして、カジノをつくろうとする。

こんな事を、黙って見過ごすわけにはいきません。カジノはいらない!!この声を大きく広げていきたいです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原本はなかった!

2018-06-08 | 日記

5/30の森友学園問題の質問で、「寄付申出書の原本を確認したのか?」と聞きました。

今回開示された財務省の文書で、森友学園の負債比率が年度当初は40%を超えているのに、年度末予測では30%を切っている事が分かったからです。

負債比率30%以下でなければ、府の認可基準に抵触し、森友学園は学校建設に乗り出せません。負債比率を30%以下にしたのは2億7000万円の寄付金が入る見通しだったからです。

でも、2億円の寄付金は架空、名義貸しだった事を昨年、私は明らかにしました。その時に原本は破棄したと聞いていました。だから、「原本も見ずに寄付が入ると思ったのか?」と昨年も、今回もききました。

「原本はあるが、検察にあるので」と今回答弁されたので、「ならば、検察に行って原本を確認してほしい」といいました。

今日、その回答が。「原本はなく、コピーでした」と。コピーに朱肉のハンコが押してあったので原本はあると思っていましたが、原本はありませんでした、との事でした。

やっぱり、なかった。なのに「ある」と答弁した。どういう事なんでしょうね。

解明はまだまだこれからです。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森友学園疑惑

2018-06-04 | 日記

佐川氏が国会審議の紛糾を回避する目的で改ざんが行われたと認定されました。

 安倍首相は、改ざんや廃棄は自身の答弁と無関係だと説明しています。

先日の府議会で、府の検証報告と財務省開示文書を見比べると、府の検証報告に記載されていない面談や電話がいっぱいある、検証のやり直しはしないのかと、と私も自民党会派も書きましたが、齟齬はない、やらないとの答弁でした。

森友学園と府私学課との面談記録は、ない!の一点張りです。

破棄されたはずの、架空の寄付金の原本は見たというし…。どうなってるんでしょうね。

私は、府民の皆さんが、本当に大変な想いをして暮らしている時に、たった1つの法人だけが優遇される、これは見逃しててはいけないと思っています。

ゴミはなかったのにあったといい、ないと言い続けてきて文書は出てきました。

安倍首相は、関与してるしてないに関わらず、真相解明の先頭に立つべきが、首相の立場でさないでしょうか。昭恵夫人の関与が疑惑であるなら、進んで真実を明らかにするべきではないでしょうか。

大阪府もそうです。本当に何もないのであれは、これだけの大きな疑惑になっているのですから、解明に努力するべきではないでしょうか。

面談回数が違っても内容に齟齬はないなどと言ってる場合じゃないです。

大阪府の政治家、維新の政治家の名前が次々と出ているのですから、政治家の関与、私学課の対応はどうだったのか、知事が先頭に立ち解明すべきだと感じます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加