「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログです。

「放射能」「被曝」「原発」、日本のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開します。

2012年は戦後最少の出生数、人口減少は戦後最大。仙台から関西移住、義足の足の炎症が改善。

2013-01-02 05:50:10 | 福島第一原発と放射能

 【2012年、日本の出生数が減り始めている】

 厚労省の人口動態統計の推定値によれば、去年、2012年、日本人の産まれた赤ちゃんは103万3000人になっています。この数は、戦後、最少の出生数です。

福島第一原発事故がおきた、一昨年の2011年は日本人の赤ちゃんは、その前の年の2010年より1万4000人少ない105万7000人。

去年2012年は事故発生の2011年よりも、さらに2万4000人減少して103万3000人です

出生数の減少した絶対値が大きくなっていることは要注意です。

原発事故前の年と、2012年を比べると、すでに出生数は38000人ほど減少していることになります。

やはり、ハイペースで、出生数が減り続けている可能性は否定できません。

 実は、ウクライナでチェルノブイリ事故がおきた年の1986年は、むしろ出生数は増えていて、その前年比で30000人近い出生数の増加があって、さらにその翌年1987年には、32000人近い出生数の減少が起きています。

 ということは、ウクライナでは、まだ出生数の減少は、事故の翌年と、事故前の年とを比べると、2000人程度の減少でしかなかったのです。

 ウクライナと日本の人口は、5000万人程度と1億2800万人程度との違いですから、

ウクライナ人口:日本人口=1:2.5ぐらいの感覚です。

 これから、滅茶苦茶、乱暴ですが、この人口比をベースに考えます。

 ウクライナが、事故前の年と比較して、事故の翌年には、2000人出生数が減少しているのを人口にあわせて1と考えてみます。これを、乱暴ですが、そのまま日本との人口比の割合にあてはめます。

そうすると1:2.5=2000人:5000人になります。

 もちろん人口にはいろんな要素があるのでこんなに簡便に乱暴な考え方は十分には成立しません。しかし、チェルノブイリの際におきたような出生数の減少と同じような感じで、出生数が減る事態がおきるのではという感覚のみで考えると、この、事故の翌年が終わった時点で、事故前の年と比べて、5000人程度、出生数が減るという位が、想定されうるということを、ぼくは考えてみます。

そしてその想定の7.6倍となる38000人も出生数は2010年と2012年を比較して減っています。

 

 さらに死亡数は、124万5000人で、東北大震災の津波などの直後影響による死者の増大(2011年が126万1000人)を除けば、戦後で最も多くなる数です。これは多い。

人口は21万2000人の自然減。減少幅は戦後、最も大きくなりました。

 日本は一般に、人口自然減社会になりつつあるといいますが、それよりも、出生数はあきらかにかなり減り始めています。高齢化社会のため、死亡数の増加状況の異様さはまだわかりません。しかし、これがダブルとなり、人口減少幅が、戦後で、大きくなっているのは、間違いありません。

 これで被曝の影響がないと考える方が僕には奇妙です。というか、被曝の影響によって、日本の人口は減り始めているのではないのか、特に出生数の減少につながっていると僕には思えます。

 これは、兆しです。

  移住したことによって、ご主人の状態が良くなったとお話しする女性がいます。元々、事故で切断されていた足の状態が、大きく変化した話です。仙台にいらして、関西に移住されて状態が大きく改善されたという報告です。

 リンク先には画像もあります(画像閲覧には念のためご注意ください)。

===================================================

10月1日に、仙台赤十字病院から戻り、木下さんにお電話させていただいた時の

事は、一生忘れないのではないかと思います。

それまでも夫は、仕事の帰りに胸が苦しくなって休んでいて、遅くなったりした
日もあり、気が休まる日がないぐらいだったのですが、大阪から戻った後の急変
には、本当に気が動転してしまいました。

木下さんのハッキリした声で伝えてくれた「検査より移住」という言葉を、呪文
のように自分に言い聞かせて、夫の看病をし、辞職の手続きをし、部屋を決め、
引越の手はずを整え、10月30日には、仙台の部屋を引き払えたのは、本当に、あ
の電話で、我に返ったとでも言ったらいいのか、奇跡です。


ご報告とお礼が遅くなりまして、失礼しました。
感謝で胸がいっぱいになり、メールも書けないような状態でしたが、せめて年内
にちゃんとお伝えしないと・・・と、書いています。


お忙しい中、対応していただき、ありがとうございました。


私自身のブログで、夫の足のキズが治った記事をアップしました。
移住しただけで治る・・・恐ろしいです。

解りやすい写真ですので、どうぞご覧になって下さい。
「移住2ヶ月、完治しました」 
http://plaza.rakuten.co.jp/gallerymami/diary/201212300000/

===================================================

【必読。ダウンロードし、印刷し、10人以上に読ませてください。

『チェルノブイリの長い影~チェルノブイリ核事故後の健康被害』

http://www.shugiin.go.jp/itdb_annai.nsf/html/statics/shiryo/cherno10.pdf/$File/cherno10.pdf


===================================================

【1/19(土) 木下黄太 講演IN姫路】 

  東日本大震災から2度目の冬を迎えました。福島第一原発からは、今でも毎時1000万ベクレルという放射能が放出され続け、収束する気配はありません。テレビやメディアが出さない放射能土壌汚染や健康被害などの情報を、どうぞ知って下さい。福島第一原発のこと、放射能汚染のこと、避難者のこと、あなたのこと、これからのこと、一緒に考えましょう。

 日時: 119日(土)14時~16時 (受け付け1330~)

 場所:姫路市立図書館「飾磨」分館 3階 第一会議室 【定員100名】

 姫路市飾磨区下野田一丁目1番地 山陽電車「飾磨駅」下車東へ徒歩3分 

 駐車場あり (飾磨駅前に有料駐車場もあります。)

 参加費:999

 申し込み: 名前・人数・住所(市町村まで)を明記し、佐野までお願いします。

 託児はありませんが、子連れ参加OKです。

 sanohiromi3@gmail.com 090-5175-6139

========================================================

 

【木下黄太への連絡手段】

 

僕のホームページは中止。1月1日以降、以下の通りになります。

 

メインはhttp://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927

 

一時、英訳ページなどがありましたが、更新されていないため、現在メインページ、ブログについてのページはこのブログ本体のみです。

 

 僕、木下黄太への連絡は下記の手段となります。当面すべて、僕個人が対応します(だれかマネージャー的な人を置ければよいのだけれども)。優先順位の高い順番に書きます。特に「依頼」「業務連絡」「相談」は極力メールでお願いします。

 

1 メールアドレスは、nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

 

講演などの業務的な依頼をされたい方は、原則がこのメール→電話でお話しする順番でお願い致します。このメールアドレスがまず第一窓口です。

 

2 Facebookは、http://www.facebook.com/kouta.kinosita

 

ここにメッセージ。友人申請も可能です。フィード購読もできます。

 

3 Twitterは、https://twitter.com/KinositaKouta 

 

フォローしていただいても構いませんし、メンションも構いませんが、DMは保存期間が短いため、極力、別の手段をご利用下さい。オンライン時に、即時反応して対応する場合以外は、DMは使えないと思います。

 

4 mixi にも一応います。 http://mixi.jp/show_profile.pl?id=53820221 こちらへのメールは連絡手段としては不適切です。ほとんどみていません。

 

5 Skypeも持っていますので、海外の方とは、Skypeでお話も致します。メールを先に頂く際に海外の方は、SkypeのIDもお伝えください。

 

 また、携帯電話はまともな意識のまともな中身の方には、番号をお伝えしてお話もしています。お話が必要な場合は、携帯番号も先に頂けるとありがたいです。携帯会社によっては、通話プランのこともあるので、携帯会社名も番号と一緒にお知らせください。

 

 Lineに関してはおこなっておりません。ご了解ください。

 

  僕は、社会的な当たり前の常識で対応できる方とは、極力お話しするつもりです。立場に関わらず、メールなどがスタートになりますが、電話や物理的に可能なら、対面でもお話しいたします。

 

 当面この状態でおこないますが、新規の展開も含めて、提案をしていくことはあると思います。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2013年、巳年の元旦に必読文... | トップ | 千葉市内、3/15午前中、同じ... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
以前・・・ (Unknown)
2013-01-02 12:12:11
シャンプー、リンス、食器洗剤、洗濯洗剤を界面活性剤など入っていない石鹸からできているものに変えただけで、身体と心が軽くなりました。特に生理痛が楽になったのが驚きました。
時々、銭湯などに行った時に備え付けのシャンプーを使うと、次の日具合が悪くなります。美容院に行った次の日もです。

それで、放射能と同じなのかなと思いました。

使用している時、それが原因で体調が悪くなっているのに全く気が付けなかったことと、放射能のある環境に住んでいると被曝し続けていることにすら気が付けない。

危険度は全く違うけれど、似ているなと思いました。









Unknown (take)
2013-01-02 13:07:25
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/81-1a.html
平成20年と平成21年でも減少です。
ttp://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suikei09/images/hyou1.gif


移住したい人必見! (Unknown)
2013-01-02 14:05:39
あなたに差しのべられたたくさんの手

ttp://t.co/BtfmKpY5

頭にhをつけて下さい
大阪がれき広域処理差し止め裁判 (志舫)
2013-01-02 17:49:13
原告になれば最善なのですが、裁判の「支援する会」への加入の決断にしました。一口2000円です。会への加入も大募集されています。http://garekisaiban.blog.fc2.com/blog-category-1.html

海外移住情報 (Unknown)
2013-01-02 17:56:59
おJAL丸でおじゃる(ツイッター連携) 2012/12/23~29 #移住 #海外移住 #避難 その他 あつめhttp://ojyalumalu.blog.fc2.com/blog-entry-255.html?cr=f9b8099e0fd74929be9478516d4298c1
「以前・・・」の方と同じです (Unknown)
2013-01-03 11:20:41
木下様、いつもありがとうございます。
コメントは森永ミルクの放射能混入事件から二度目になります。
講演会にも参加できてお話が聞けてよかったです。
「以前・・・」の方のコメントを読んで私も最近同じ思いをしたばかりで、コメントしました。
9月頃からずっと胸が苦しくて、病院での検査で肺も心臓も悪いものは発見されなかったのですが、毎日動悸に悩まされていました。
少し前から、シャンプーを美容院でもらったもの(製造:墨田区)にかえて、洗濯の柔軟剤(ドイツ製)も使い始めていたんです。
もしかしたらと思い、2つをやめたところ、動悸がぴたりとおさまりました。
もともとはせっけん由来のものを使っていて、子供たちにもせっけんを使っていたので、また戻そうと思っています。
身体に感じる方が敏感なのだと思っていましたが、そうではなく、きっとみんな気がつかないだけで、身体に影響していると思っています。
放射能は農薬や化学物質よりも危険度が高そうですね。
2011年、2012年の出生数の激減について (Unknown)
2013-01-03 17:39:55
311から2年近く経ちました。
出生数が激減しているのは、放射能被爆による、胎児や乳幼児への影響が大きいと思います。
奇形や障害のリスクを考えると、震災から3~5年位は子供を作る気になれないです。
奇形や障害の子供を背負っていくのは親ですから。
人口動態調査とは (o.hiroshi)
2013-01-03 20:37:39
木下さんあけましておめでとうございます。と言っても、昨年から私は年賀状を出すことも、新年を祝う気持ちになることもやめました。本当の新年らしいすがすがしさは、もう永遠にこの国には訪れることはないと思っております。
この人口動態調査は、社会保障政策、経済政策などに多くの影響をもたらす、基礎調査の中でも大変重要なものです。
この調査において、毎月の前年比で急激な人口減をきたしていることの重大さをみてとれない官僚役人はいないと思います。また、この事態を知り、無関心でいれるマスコミ報道人は自らの無能さを世間にさらしていると言っていいでしょう。。
大学を出て地方委公務員となり、最初に奉職した職場が保健所を統括する部署で、私はこの調査の出生調査を担当し、隣の係の大学の同級生(ともに木下さんの少し先輩にあたります)が死亡調査を担当し、毎月の数字合わせに苦労していたことを思いだしております。
昨年のこの調査の患者調査(死亡原因の詳細調査が行われます)において、福島全県と宮城県の一部を調査対象委からはずした厚労省の所業は、未来永劫忘れず、許してはならない行為であります。
Unknown (匿名)
2013-01-04 02:03:02
僕は千葉県の柏市住みですが結婚はしても子供はつくろうと思いませんね。柏市に住んでるかぎり放射能の問題はあるし、やはり奇形児の出産の可能性はいなめません。東電がゆるせない。
Unknown (Unknown)
2013-01-04 10:35:48
ごめんなさい、私も柏市に住んでいる男性との結婚は考えてしまいます。子供作る作らない以前に。結婚をするとしたら、柏市から引っ越すよう説得します。もしそれで引っ越さない男性だったら、結婚はしないと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事