美味-BIMI-

♪美味しいもの・旅・国際交流・家庭菜園が大好きなmyu-myuの毎日♪♪外国人専用GuestHouseも手伝っています♪

豪華ミュージカル映画<NINE(ナイン)>

2010年03月20日 | TV・映画・観劇・観戦<2006~2010年>

舞台はイタリア――。

天才映画監督のスランプ。

彼に夢中な女達。愛を選びきれない男。

彼が見つける9つめの愛とは?

世界は、男と女で出来ている。。。

 

見終わった後、踊りだしたくなる映画でした
 
歌もまた、耳に残ります!とくに「CINEMA ITARIANO」!
 
 
 
<映像の魔術師>と呼ばれた監督のイタリア&フランス合作映画
 
【8 1/2(はっか にぶんのいち・Otto e mezzo 1963年)】を原作とする
 
ブロードウェイ・ミュージカル【Nine(ナイン1982年初演)】を、
 
さらに「シカゴ」のロブ・マーシャル監督が、
 
ハリウッドで映像化した映画。
 
こ~やって書くと、ややこしいですね~~~^^;
 
 
 
1人の天才映画監督と、彼を取り巻く女性たちの関係を、
 
豪華キャストによる圧巻のパフォーマンスで魅せる本格的ミュージカル映画です。
 
ヨーロッパ映画が原作だからか、ミュージカルだからか、
 
普通のハリウッドとは一線を画した構成。。。
 
みゅうみゅうはヨーロッパ映画が好きで、ミュージカルが好きなので、
 
このノリは、かなり好きなのですが、
 
分かりづらいとも言えなくない展開です^^;。。。
 
(しおさんは、途中寝てました・・・。)
 
でも^^みゅうみゅうは、ミュージカルを観に行った時のような、
 
心地いい充足感を感じるコトが出来ました。
 
ゴージャスで、艶やか、苦悩と混乱、そして復活。
 
その中心軸にあるのは、女性に対する夢と幻想と現実。。。
 
男の哀しさと可愛らしさも感じました。
 
ダメダメ男でもあるんですけどね~~~^^;。

 

キャストも凄い

アカデミー賞受賞者勢揃いのキャストとスタッフですよ!

無駄に豪華!ってゆ~位。。。

こんなに豪華な出演者は見たコトありません!!!

【シカゴ(Chicago)】【SAYURI(Memoirs of a Geisha)】の

ロブ・マーシャル(Rob Marshall)が監督。

主演の映画監督には、【マイ・レフトフット(My Left Foot 1989年)】

【ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(There Will Be Blood 2007年】で

アカデミー賞主演男優賞に輝いたダニエル・デイ=ルイス(Daniel Day-Lewis)。

女性達もアカデミー賞を初め、各賞受賞者(受賞候補者)が勢ぞろい!^^!

それぞれのが女性が、踊り歌いまくります!!!圧巻!!!!!

 

<グイドを取り囲む女性達>

 ニコール・キッドマン(クラウディア)

   ・・・愛を求める女優。彼にとっての、心のよりどころの主演女優。

     彼の女神≪ミューズ≫。彼が作り上げた女神。。。

     【めぐりあう時間たち(2002年)】主演女優賞

 マリオン・コティヤール(ルイザ)

   ・・・真心を捧げる献身的な妻。いなくてはならない大事な人。

      【エディット・ピアフ~愛の讃歌~(2007年)】主演女優賞  

 ジュディ・デンチ(リリー)

   ・・・友情で支える。理解ある衣装デザイナー。

   【恋に落ちたシェイクスピア(1998年)】助演女優賞

 ペネロペ・クルス(カルラ)

   ・・・命がけで待つ愛人。無邪気で奔放でセクシー。

   妻がいる男を愛してしまった、夫のいる女性。

   エロチックなダンスは彼女が一番!^^!

   【それでも恋するバルセロナ(2008年)】助演女優賞

 ソフィア・ローレン(ママ)

   ・・・慈愛でつつむ優しい母。助言を惜しまない女性。

   男にとっての”ママ”は、いつまで経っても“理想の女”。なんと実年齢75歳!

   【ふたりの女(1961年)】主演女優賞

 ケイト・ハドソン(ステファニー)

   ・・・夜に誘うヴォーグのジャーナリスト。

   役柄はイマイチ見せ場がなかったけど、

   彼女の歌う歌「シネマ イタリアーノ」と踊りは最高^^v。

   【あの頃ペニー・レインと(2000年)】助演女優賞ノミネート   

 ステイシー・ファーガソン(ファーギー)(サラギーナ)

   ・・・9歳の監督の記憶に残る娼婦。男を目覚めさせる女性。

     ワイルドセクシー。

 

 

<NINE(ナイン)>

  オフィシャルサイト → http://nine-9.jp/

  YouTube → http://www.youtube.com/watch?v=YKAw27npkHA

          →  http://www.youtube.com/watch?v=VLPaYVlyuqk

 

 あらすじ。。。

1964年、イタリア。

世界的に有名な作品の監督であり、

行動がつねに世界の注目を集めている40歳の映画監督グイド・コンティーニ。

グイドは、新作映画の撮影に取りかかろうとしていた。 

しかし、撮影を10日後に控えているというのに、

スタッフはおろか、プロデューサーのリリアンすら、

タイトル以外は何も知らされていない状況。

そう彼は、クランクイン直前にもかかわらず、構想が全く浮かばないのだった。

そんな状況の中、

女性問題が災いして、

20年を共に過ごしてきた妻・ルイザにも別れを切り出されてしまう。

映画人生と私生活の重大な危機!

マスコミに追いかけられ、

プロデューサーからは、とにかくカメラを回せ!と指令が下り、

盟友の女優で、彼のミューズ・クラウディアにも迫られてしまうグイド。

プレッシャーを感じ、精神的に追い詰められたグイド。

やがて、現実と幻影の女性たちに囲まれ、追い詰められてしまう。

彼は幻想世界に逃げ出しながら、

人生や女性たちとの関係に思いをはせていく。

グイドをそれぞれに愛してやまない女たちの存在!

妻に母に愛人に親友に・・・。

立場も年齢もバラバラの魅惑的な美女たちが、グイドを悩ませ追い詰めていく。。。

 

イタリア男なら一瞬の隙に盗め・・・

          燃えるような熱いキスを・・・。 

あたしの小さな頭は、あなたでいっぱい・・・。 

あたしの癒しより効くセラピーがある? 

 

  

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (96)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栗風味のロールケーキ<見浪... | トップ | 台湾2009 vol.16 千と千尋... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラパありがとうございました。 (char_lotte_p)
2010-04-07 22:01:24
はじめまして。訪問&TBありがとうございました(^-^)
ゴージャスな映画でしたね♪
ペネロペがあまりにセクシーでしたが、ソフィア・ローレンの容貌にも驚きでした(*_*)
こちらかもTBさせてください。
ありがとうございます^^ (みゅうみゅう)
2010-04-08 12:40:16
char_lotte_pさん→コメントありがとうございます。
  遊びに来てくれて嬉しいです。
  ホント!^~^!
  ゴージャスな映画でした~~~。
  あの女優陣!歌!踊り!!!!!
  あれを見れただけでも、大満足です!^^!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

96 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
NINE / NINE (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click フェデリコ・フェリーニ監督作「8 1/2」(1963年)を原作とする、 ブロードウェイ・ミュージカル 「ナイン(Nine)」 (1982年初演)をさらに映画化{/ee_3/} ...
■映画『NINE』 (Viva La Vida!)
フェデリコ・フェリーニ監督が1963年に製作した映画『8 1/2』をミュージカルにして、物語を半歩前進させた映画『NINE』。 『シカゴ』のロブ・マーシャルが監督しています。 才能ある映画監督の“選ばれし者の恍惚と苦悩”を描いた作品とも言えますが、「妻も愛人もマ...
NINE (ともやの映画大好きっ!)
(原題:NINE) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 1963年にアカデミー賞を受賞したフェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」。 この作品の半歩進んだ解釈を加え、1982年にブロードウェイ・ミュージカルとして上演された作品を映画化。 ミュージカル版は同年...
NINE (心のままに映画の風景)
1964年イタリア。 映画監督グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)待望の新作は、撮影開始目前で脚本が未完成で白紙状態。 プレッ...
NINE (LOVE Cinemas 調布)
フェデリコ・フェリーニ監督の名作『8 1/2』を基にしたトニー賞受賞の同名ブロードウェイ・ミュージカルを映画化。監督は『シカゴ』のロブ・マーシャル。主演のダニエル・デイ=ルイスを始め、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ニコール...
[映画『NINE』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆何の予備知識もなく、何か絢爛豪華なイメージだったので、楽しみにして映画館に向かった。  粋なプレイボーイの映画監督の、これまでの女性遍歴と、現在の女性関係・映画監督としての行き詰まりの物語で、  はじまってすぐに、「ああ、これはフェリーニ監督の物語か...
「ナイン」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  圧巻…。完成度の高いミュージカルシーンに圧倒された120分。ダーティな明るさがあった「シカゴ」とは違ってスランプに陥った巨匠監督というテーマが鬱陶しくアメリカではあまり好まれなかったのか、評判も今ひとつでした。アカデミー賞で...
「NINE」期待したほどでは・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
内容があまり・・・つまらなかったです。 えっ?!これで終わっちゃうの??って一瞬焦りました・・・。3つ☆~3つ☆半(☆の殆どはペネロ...
NINE (Akira's VOICE)
男は女性がいないと生きていけません!  
NINE (★YUKAの気ままな有閑日記★)
そろそろ春休み~観たい映画がテンコ盛りまずはコチラから・・・【story】イタリア、ローマにある映画スタジオで映画監督グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)は頭を抱えている。撮影開始も間近だというのに、脚本は白紙のままなのだ。苦しみの果てに、彼は自分...
「NINE」みた。 (たいむのひとりごと)
ブロードウェイミュージカル『NINE』の映画化。本場のミュージカルをみたことがないから本当の意味で比較にならないけれど、映画ならではの演出効果でより幻想的で煌びやかな作品になっていたように思う。なんて
NINE (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『映画史上最もゴージャス&ファッショナブル!』  コチラの「NINE」は、フェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」を半歩進んだ解釈に音楽とダンスを加えミュージカル化した舞台を「シカゴ」、「SAYURI」のロブ・マーシャル監督が映画化した3/19公開のミュージカル映...
映画を観た~NINE/ナイン~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
NINE (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
スタジオに入っても、全く脚本のアイデアが浮かばない映画監督グイド(ダニエル・デイ・ルイス)が途方にくれている。彼がアイデアをひねり出そうと悪戦苦闘する様子を、関係ある女性たちがパフォーマンスを披露する。どの女優もいいのだけど、イタリアの母とも言えるソフ...
NINE (そーれりぽーと)
1月9日の記事で豪華すぎて楽しみって件を書いた『NINE』が公開されたので、早速観てきました。 ★★★ 豪華! →贅沢 →もったいない そんな感想で、尻下がりに盛り上がりに欠けたブツ切りミュージカル。 次々にゴージャスな大女優達が現れるオープニングの豪華この上...
『NINE』 (めでぃあみっくす)
シネマ・イタリアーノ!そう歌いながら、ずっとこの雰囲気に溺れていたいと思える映画でした。別にストーリーは特別面白いとかいう訳ではないのですが、あの7人の女優陣による、それぞれのミュージカルシーンがとにかくいい!個人的にはもっと見ていたくなるほどに、雰囲...
NINE (風に吹かれて)
華麗なる女たち公式サイト http://www.nine-9.jpトニー賞受賞のブロードウェイミュージカルの映画化舞台の基は、フェデリコ・フェリーニ監督、マルチェロ・マストロヤンニ主演の「81/2」監
NINE/ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール (カノンな日々)
『シカゴ』のロブ・マーシャル監督が超豪華なキャストを配してブロードウェイ・ミュージカルでトニー賞を受賞した「NINE」を映画化した作品です。久々の超大作ミュージカル映画にかなりワクワク楽しみにしてました。 出演はその他に、ペネロペ・クルス、ジュディ・デン...
NINE (あーうぃ だにぇっと)
この映画を観てからかなりの時間が経過した。 さまざまな苦労とドラマがあったのだが、ここには書けないのが残念だ。(笑) マスコミ試写は大人気。 そのわりに、メディアからのプロモートが少ない。 いつも読んでる毎日新聞金曜夕刊の映画評もたったの19行300字...
NINE (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】 今週、もっとも期待した本作!・・・でしたが
NINE (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
超豪華キャストのミュージカルは、全盛期のイタリア映画への敬意に満ちている。1964年のイタリア。世界的な映画監督のグイドは、新作映画のクランクインを前に、深刻なスランプ状態だ。脚本が1行も書けずにパニックになり愛妻のルイザに助けを求めるが、グイドには妻以外...
『NINE』 (Nine) (Mooovingな日々)
ロブマーシャル監督、ダニエルデイルイス、マリオンコティヤール、ペネロペクルス、ジュディデンチ、ケイトハドソン、ファーギー、ニコールキッドマン、ソフィアローレン。 イタリアを代表する映画監督グイドは待望の新作を控えプロデューサーに題名しか告げず内容から...
「NINE」 遅すぎた成長 (はらやんの映画徒然草)
死んだジャンルと思われていたミュージカル映画を見事復活させ、活況にしたきっかけは
NINE (悠雅的生活)
想像力は神の庭。
『NINE』とは、8.5+0.5? (映画のブログ)
 1960年代、チネチッタ、モノクロ、映画監督を取り巻く美女たちとくれば、大傑作『8 1/2(はっか にぶんのいち)』だ。  『8 1/2』の題名は、フェ...
NINE / NINE (勝手に映画評)
第82回アカデミー賞4部門ノミネート(助演女優賞:ペネロペ・クルス、衣装デザイン賞、楽曲賞、美術賞)、第67回ゴールデングローブ賞5部門ノミネート(作品賞(ミュージカル/コメディ部門)、主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門):ダニエル・デイ=ルイス、主演女優賞(...
「NINE」 (或る日の出来事)
豪華女優陣が競演するミュージカル。顔ぶれは豪華だが。
NINE (Diarydiary! )
《NINE 》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - NINE 映画監督のグイ
「NINE」 よくこれだけ退屈な作品に (ももたろうサブライ)
監督 ロブ・マーシャル少しあらすじ1964年のイタリア。映画監督グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)は極度のスランプに陥っていた。撮影開始まで数日という段階になっても脚本は書き出しさえも決まらない。妻のルイザ(マリオン・コティヤール)だけが心のよ...
NINE/ナイン (いい加減社長の映画日記)
ミュージカルは、比較的苦手な分野ではあるのだけれど。 これだけ美女が集まれば、観ないわけにはいかんでしょ。 というわけで「NINE/ナイン」を、金曜日の夕方に鑑賞。「UCとしまえん」は、金曜日の夕方にしては多いような。 「NINE/ナイン」は、大きめのスクリーン...
「NINE」 ★★★★★ (映画大好き♪)
{/kaeru_fine/} 今日は上映開始したばかりの「NINE」を早速観てきました♪ いや~~~、・・・・・・・・・良かった!!ほんっとに良かったです。感激しました。なぜか映画の 途中でもエンディングでも、悲しいシーンなわけでもないのにポロポロ涙が出てきました。「NIN...
NINE☆独り言 (黒猫のうたた寝)
フェディリコ・フェリーニの『8 1/2』は観ていない作品。その映画がベースとなってミュージカルになった『NINE』で、その映画化が本作だということです。結局、また映画に戻ったっていうことなのかな?(笑)新作の脚本が書けない著名な映画監督グイド。どうにかしようにも...
NINE (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
超豪華キャストのミュージカルは、全盛期のイタリア映画への敬意に満ちている。1964年のイタリア。世界的な映画監督のグイドは、新作映画のクランクインを前に、深刻なスランプ状態だ。脚本が1行も書けずにパニックになり愛妻のルイザに助けを求めるが、グイドには妻以外...
♪☆『NINE』☆♪ (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:アメリカ映画、ロブ・マーシャル監督、ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン出演。
★「NINE」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
オスカーなどの賞レースではぱっとしなかったみたいですが、 ひらりん的にはニコちゃん・ペネちゃんの初共演作ってことで、 久しぶりに週末のナイトショウに足を運びました。
NINE (eclipse的な独り言)
 週休2日制でないと金曜日の映画はちょっときついです。(3月19日 清水MOVIXにて鑑賞)
NINE (だめ男のだめ日記)
「NINE」監督ロブ・マーシャル出演*ダニエル・デイ=ルイス(グイド・コンティーニ)*マリオン・コティヤール(ルイザ)*ペネロペ・クルス(カルラ)*ジュディ・デンチ(リリー)*ケイト・ハドソン(ステファニー)*ニコール・キッドマン(クラウディア・ジェンセン)*ソ....
『NINE』 ('10初鑑賞39・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 3月20日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 14:55の回を鑑賞。
「NINE」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                                     「NINE」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・ロブ・マーシャル フェデリコ・フェリーニ自らが監督した自伝的映画「81/2」の、ブロードウェイ・ミュージカル版を、「シカゴ」のロブ・マ...
NINE (りらの感想日記♪)
【NINE】 ★★★★ 試写会(4)ストーリー 待望の新作「ITALIA」が撮影開始目前の世界的な映画監督グイド(ダニエル・デイ=ルイス) 
*NINE* (Cartouche)
    [[attached(0,style="MARGIN-LEFT: 1px" class=popup_img_500_333 width=500 height=333)]]   イタリアが世界に誇る映画監督、グイド・コンティー二。だが豊かなはずの想像力が突如として消え果てた彼は、9作目となる新作の脚...
NINE (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
フェデリコ・フェリーニ監督の映画「8 1/2」を下地にしたブロードウェイの名作ミュージカル「NINE」を映画化した作品。 新作の撮影を始める日が迫ってきているにも関わらず、映画監督のグイドは、構想がまとまらず、脚本は全く手付かず。そんな中、女性関係が原因で、...
NINE(2009) (銅版画制作の日々)
 世界は、男と女と愛でできている。 MOVX京都にて鑑賞。贅沢な作品ですよね。これだけ凄いキャストを揃えた映画はなかなか観ることはないでしょうね。目移りするくらい素敵な女優陣に囲まれた監督グイド役にはあのダニエル・デイ=ルイス。そういえば、2007年の「ゼ...
「NINE」 (みんなシネマいいのに!)
 自分はダンスが好きなので、ちょっとでも踊りが入っていたら極力観にいくようにして
NINE (C'est joli~ここちいい毎日を~)
NINE’09:米 ◆原題:NINE◆監督: ロブ・マーシャル「SAYURI」「シカゴ」◆出演: ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、 ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ファーギー ◆STORY◆...
NINE ([ スピリチュアルファッションスタイリング]ATELIER CANON from Aoyama )
公開されました☆オフィシャルサイトは→コチラゴージャス!*まだなので、観てきたら
映画「NINE」 (Serendipity !)
 昨年12月にル・テアトル銀座で観た日本版ミュージカル「NINE the musical」に続き、映画化された「NINE~ナイン」(監督:ロブ・マーシャル)を観た。  主役のイタリア人映画監督グイドはダニエル・デイ=ルイスが演じ、彼を取り巻く女性たち、妻ルイザはマリオン・...
NINE (2009・アメリカ) (白ブタさん)
ミュージカル映画でこの豪華女優陣とあっては、見ないわけにはいきません☆
「NINE」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「NINE」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ファーギー、リッキー・トニャッツ...
NINE☆世界は、男と女と愛でできている。  (☆お気楽♪電影生活☆)
 舞台はイタリア      天才映画監督のスランプ    彼に夢中な女達     愛を選びきれない男  彼が見つける9つ目の愛とは
シネマ・イタリアーノ~『NINE』 (真紅のthinkingdays)
  NINE  1965年、ローマ。チネチッタ撮影所では、マエストロと呼ばれる映画監督グイ ド(ダニエル・デイ=ルイス)が、新作映画『ITARIA...
NINE (みやこのThinking World!)
前評判によると、どうもあんまり期待しないほうがいいらしい・・・(笑) 金曜日、ち
NINE (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ミュージカル映画] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年21本目です。 【あらすじ】 1964年、イタリア。 最新作「ITALIA」の脚本がなかなか書けず、苦悩する映画監督のグイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイ...
『NINE』 @TOHOシネマズ六本木ヒルズ (映画な日々。読書な日々。)
1964年のイタリア。スランプ中の映画監督、グイド・コンティーニにとって、妻のルイザだけが心のよりどころだった。ところが、妻以外にも愛人カルラや主演女優のクローディアなど美しい女たちに囲まれているグイドは、愛とプレッシャーとのはざまで幻想の世界へと陥ってい...
「NINE」(アメリカ 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
スランプに苦しむ映画監督と彼を取り巻く女性たち。
「NINE」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 1982年にトニー賞を受賞した大ヒットミュージカルを、「シカゴ」のロブ・マーシャル監督が映画化。 ちなみにそのミュージカル、1963年に制作されたフェデリコ・フェリーニ監督の自伝的映画「81/2」が元になっているそうな。マメ知識な。 主演のダニエル・デ....
「NINE」ワーナーマイカルシネマズ板橋にて鑑賞 (流れ流れて八丈島)
今日は仕事帰りに通勤経路上にある東武練馬で途中下車して、ワーナーマイカルシネマズ板橋で「NINE」を観てきました実はこのワーナーマイカルシネマズ板橋はファーストデイ(毎月1日)以外にも、25日がニコニコデイということで1000円均一になります今月からは...
NINE (映画通信みるみる)
この映画のパンフ、900円 (T^T) ナインだからか~。 グイド♪グイド♪グイド♪ グイド~~♪ 監督のイマジネーション劇場。 悩んでるのか...
「NINE」 (NAOのピアノレッスン日記)
~世界は、男と女と愛で出来ている~予告編からずっと気になっていました。豪華女優の競演は、やはり魅力です。2009年 アメリカ・イタリア合作  (角川映画・松竹配給) 10・3・19公開監督:ロブ・マーシャル原案:アーサー・コピット音楽:モーリー・イェストン...
NINE (ぷち てんてん)
わ~お、豪華だ~~♪というわけで、NINE見てきました☆NINE☆(2009)ロブ・マーシャル監督・・「シカゴ」ダニエル・デイ=ルイス・「ギャング・オブ・ニューヨーク」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」マリオン・コティヤールペネロペ・クルスジュディ・デンチケイト・ハド...
NINE (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>1964年のイタリア。スランプ中の映画監督、グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)にとって、妻のルイザ(マリオ...
『NINE』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「NINE」□監督 ロブ・マーシャル □脚本 アンソニー・ミンゲラ □キャスト ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ロー...
NINE (俺の明日はどっちだ)
・ 今は亡きイタリア映画界の巨匠フェデリコ・フェリーニが1963年に製作した彼の代表作のひとつである『 8 1/2 』. その作品が1982年にブロードウェイで『 NINE 』というタイトルでミュージカル化され、それをさらに『シカゴ』のロブ・マーシャル監督が錚々たる俳優陣を起...
映画『NINE』 | 豪華女優陣のセクシー振り付きカラオケ大会かと思いきや…男性必見 (23:30の雑記帳)
劇場予告編から察するに、 豪華女優陣の振り付きカラオケ大会だろうと 高をくくっていたが、 悪くない映画だった。 ミュージカル部分については ケイト・ハドソンを始め、 俳優陣の歌とダンスはかなりのもの。 彼らの頑張りにくらべ、振り付けや音楽に 新し...
【NINE】 (日々のつぶやき)
監督:ロブ・マーシャル 出演:ダニエル・デイ=ルイス、ペネロペ・クルス、マリオン・コティヤール、ニコール・キッドマン、ジュディ・デンチ  世界は、男と女と愛で できている。 「映画監督のグイドはスランプ中。脚本が全く書けず、主演女優しか決まっていな
NINE (キノ2)
 ファーギーの"Be Italian"とケイト・ハドソンの"Cinema Italiano"が観られた(聞けた)だけで、もう大満足というか、ほかは、ぶっちゃけ、どうでもええ(ごめん)っていうぐらい、この二曲が、歌といいダンスといい演出といい、すばらしかったです。今も頭の中で大...
映画「NINE」 (Roko's Favorite Things)
 この作品については出演者以外何の予備知識もないままに観たので、舞台がイタリアだ
NINE (りらの感想日記♪)
【NINE】 ★★★★ 試写会(4)ストーリー 待望の新作「ITALIA」が撮影開始目前の世界的な映画監督グイド(ダニエル・デイ=ルイス) 
映画「NINE」 (Andre's Review)
NINE アメリカ 2009 10年3月公開 劇場鑑賞 このミュージカルが2003年にリバイバル上演されてトニー賞などで話題になっていたときからちょっと気になっていたのですが、映画化されると聞いてとーっても楽しみにしていた作品です。監督ロブ・マーシャルだし。 ロブ・...
NINE (ケントのたそがれ劇場)
★★★  イタリアの天才映画監督を主人公にしたミュージカル風の映画。ミュージカル映画とはっきり書かないのは、今までのミュージカルとはちょっと違う風味だったからである。 と言うのも、歌や踊りのシーンは、主人公グイドのイマジネーションの世界だからである。た...
『NINE』 (2010) (よーじっくのここちいい空間)
フェリーニの『8 1/2』がモチーフになっていて、そのミュージカル・バリエーションということで、ナイン(9)なんだそうだけど・・・・。
タイトルデザイン_15・NINE/ナイン・Fugitive Studios (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。フェデリコ・フェリーニ監督による自伝的映画「8 1/2」の舞台ミュージカル「NINE/ナイン」をロブ・マーシャル監督がアカデミー賞を受賞した「シカゴ」に続いてミュージカル映画化
映画 ” NINE ”  (華やぐ時間)
 映画館で 予告編のダンス場面を見てから 惹きつけられて  ぜ~~~ったい観たい映画と 心待ちにしていた     出演する女優たちの豪華さ   彼女たちは 吹き替えなしで歌って踊るらしい  歌やダンスに縁のなさそうな女優もいるのに  どんなふうに踊るのだ...
NINE (2010 映画観てきましたっ!)
4/3 ユナイテッドで 観てきましたっ!
「NINE」 (古今東西座)
『NINE(ナイン)』の基になったフェデリコ・フェリーニ監督作品『8 1/2』を観たのは確か高校生だった頃。当時の自分としてはかなり背伸びをしてアート系の映画にチャレンジしたのだが、面白さを見つけられぬまま討ち死にした。“作品と出会うタイミング”ってあると思...
NINE (C note)
上半期ぜったいに見のがせない映画のうちの一本。 『シカゴ』のロブ・マーシャル監督
NINE [監督:ロブ・マーシャル] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
映画を舞台化してまた映画化。話は判りやすくなったけど・・・けど女たちのゴージャスなショウは目に楽しい。「8・1/2」に再挑戦する勇気をもらえる映画。
映画「NINE」 (After the Pleistocene)
 正直全然おもしろくなかった。作家なり、音楽家が全く作品を書き進めることができず、悶々と苦悩する話はよく知るところ。この映画の場合、映画監督(ダニエル・ディ=ルイス)がまだ全く脚本ができていないのに、製作発表はする、主演女優(ニコール・キッドマン)は決...
ロブ・マーシャル監督 「NINE」 (余談追記更新あり) (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
休みの度、映画に行きたいと思いつつ… 公休になると、いろいろ用があったり、お小遣いがなかったりで久しく映画に行けませんでした。 そんな事を繰り返してる内にDVDでレンタルで良いか?ってなっちゃうので 今日(4月5日)は意を決して映画鑑賞 今年劇場4作品...
「NINE」:月島四丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}このあたりも高層ビルが増えたわね。 {/kaeru_en4/}ビルの上から見る東京なんて、壮観だろうな。 {/hiyo_en2/}最近の映画で壮観といえば「NINE」に尽きるわね。 {/kaeru_en4/}そうか? {/hiyo_en2/}なんたって、女優陣がすごい。マリオン・コティヤール...
NINE (テレビと映画のツッコミ日記)
フェリーニの「8 1/2」をモチーフにしているそうです。 ちなみにピーター・グリーナウェイの「8 1/2の女たち」ともフランソワ・オゾンの「8人の女たち」とも関係ありません。 いろいろ混乱してました( ̄▽ ̄;) 監督は、ロブ・マーシャル。 キャストは、豪華、豪華...
NINE (晴れたらいいね~)
ミュージカル映画には、なんの苦手意識のない私。このゴージャスな出演陣をみて、観に行ってきました。オリジナルの「8 1/2」は、記憶がない。大昔のTV放映で観たような観てないような…。これを基とした舞台ミュージカルの映画化だそうで、映画ながら舞台っぽいと...
*NINE* (Cartouche)
    [[attached(0,style="MARGIN-LEFT: 1px" class=popup_img_500_333 width=500 height=333)]]   イタリアが世界に誇る映画監督、グイド・コンティー二。だが豊かなはずの想像力が突如として消え果てた彼は、9作目となる新作の脚...
NINE(ナイン) (映画!That' s Entertainment)
●「NINE(ナイン)」 2009 アメリカ The Weinstein Company,Relativity Media,118min. 監督:ロブ・マーシャル 脚本:アンソニー・ミンゲラ、マイケル・トルキン 出演:ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、    ジュディ・デン...
NINE (B-scale fan's log)
公開中 ロブ・マーシャル監督     出演 ダニエル・デイ=ルイス、     マリオン・コティヤール、     ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、     ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、     ソフィア・ローレン、ファーギー 他 新評価 2....
「NINE」 (prisoner's BLOG)
人物設定でいうと、オリジナルの「8 1/2」の重要なキャラクターである脚本家(男)が抜けている。主人公グイドが作ろうとしている映画に対するインテリ代表としての批判者といった立場なのだが、それが抜けたことでもっぱら女たちとの葛藤オンリーになって、女優陣の豪華...
NINE (★my sweet time★)
イタリアの有名な映画監督、グイド・コンティー二はスランプのど真ん中にいる。新作もタイトルと主演女優だけは決まっているが肝心の脚本が書けないでいる。撮影までの時間もなく現実逃避するために偽名でホテル生活を始める。私生活でも妻と愛人の間で揺れ、心身ともに
NINE (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞NINE/NINE 2009年/アメリカ/118分 監督: ロブ・マーシャル 出演: ダニエル・デイ=ルイス/マリ...
NINE (ここにあるもの)
映画監督はつらいよ。 シネマ・イタリアーノをつくりあげる女性の数々。各種取り揃えております。 ダニエル・デイ=ルイスの声が素敵過ぎてびっくり。 公開から1ヶ月も放ったらかしにしていたので、 「まだやってるよね…」と不安になっていた『NINE』を観てきた。 やっ...
■15. NINE (レザボアCATs)
'09年、アメリカ、イタリア原題:Nine監督:ロブ・マーシャル製作:マーク・プラット、ハーベイ・ワインスタイン、ジョン・デルーカ、ロブ・マーシャル製作総指揮:ライアン・カバノー、タッカー・トゥーリー、ボブ・ワインスタイン、ケリー・カーマイケル、マイケル・ド...
NINE (ダイターンクラッシュ!!)
2010年4月10日(日) 18:50~ チネ9 料金:1000円(ポイントカード提示で1000円の日) パンフレット:未確認 『NINE』公式サイト 突然唄いだすミュージカル映画は、嫌いでない。むしろ好きなジャンルと言っていい。 しかし、この作品、イタリアの映画監督が、女に...
NINE (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:NINE 制作:2009年・アメリカ 監督:ロブ・マーシャル 出演:ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ファーギーほか あらすじ...
NINE (小部屋日記)
NINE(2009/アメリカ・イタリア)【Blu-ray】 監督:ロブ・マーシャル 出演;ダニエル・デイ=ルイス/マリオン・コティヤール/ペネロペ・クルス/ジュディ・デンチ/ニコール・キッドマン/ケイト・ハドソン/ソフィア・ローレン/ステイシー・ファーガソン 世界は、...
「NINE」 (シネマ・ワンダーランド)
イタリアの巨匠、フェデリコ・フェリーニ(1920-1993年)監督作品「8 1/2」基にしたブロードウェイ・ミュージカルを豪華な役者陣を起用して映画化した「NINE」(原題=NINE、2009年、米、118分、アンソニー・ミンゲラ脚本)。この映画は世界的...
ナイン (EURISKO2005)
 新作に悩む売れっ子映画監督グイド。彼を支えたり悩ませたりたりする女性陣が素晴ら
birkenstock pas cher homme (birkenstock outletfe1490)
Aém do mais,relate article , vende ainda atigos de atesanato de designes oc <a href="http://birkenstockoutlet.webpaper.co" target="_blank">birkenstock outlet</a> ais e também csos de painé. Je diai <a href="http://birkenstockpascher.jardin-se...