美味-BIMI-

♪美味しいもの・旅・国際交流・家庭菜園が大好きなmyu-myuの毎日♪♪外国人専用GuestHouseも手伝っています♪

豪華ミュージカル映画<NINE(ナイン)>

2010年03月20日 | TV・映画・観劇・観戦<2006~2010年>

舞台はイタリア――。

天才映画監督のスランプ。

彼に夢中な女達。愛を選びきれない男。

彼が見つける9つめの愛とは?

世界は、男と女で出来ている。。。

 

見終わった後、踊りだしたくなる映画でした
 
歌もまた、耳に残ります!とくに「CINEMA ITARIANO」!
 
 
 
<映像の魔術師>と呼ばれた監督のイタリア&フランス合作映画
 
【8 1/2(はっか にぶんのいち・Otto e mezzo 1963年)】を原作とする
 
ブロードウェイ・ミュージカル【Nine(ナイン1982年初演)】を、
 
さらに「シカゴ」のロブ・マーシャル監督が、
 
ハリウッドで映像化した映画。
 
こ~やって書くと、ややこしいですね~~~^^;
 
 
 
1人の天才映画監督と、彼を取り巻く女性たちの関係を、
 
豪華キャストによる圧巻のパフォーマンスで魅せる本格的ミュージカル映画です。
 
ヨーロッパ映画が原作だからか、ミュージカルだからか、
 
普通のハリウッドとは一線を画した構成。。。
 
みゅうみゅうはヨーロッパ映画が好きで、ミュージカルが好きなので、
 
このノリは、かなり好きなのですが、
 
分かりづらいとも言えなくない展開です^^;。。。
 
(しおさんは、途中寝てました・・・。)
 
でも^^みゅうみゅうは、ミュージカルを観に行った時のような、
 
心地いい充足感を感じるコトが出来ました。
 
ゴージャスで、艶やか、苦悩と混乱、そして復活。
 
その中心軸にあるのは、女性に対する夢と幻想と現実。。。
 
男の哀しさと可愛らしさも感じました。
 
ダメダメ男でもあるんですけどね~~~^^;。

 

キャストも凄い

アカデミー賞受賞者勢揃いのキャストとスタッフですよ!

無駄に豪華!ってゆ~位。。。

こんなに豪華な出演者は見たコトありません!!!

【シカゴ(Chicago)】【SAYURI(Memoirs of a Geisha)】の

ロブ・マーシャル(Rob Marshall)が監督。

主演の映画監督には、【マイ・レフトフット(My Left Foot 1989年)】

【ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(There Will Be Blood 2007年】で

アカデミー賞主演男優賞に輝いたダニエル・デイ=ルイス(Daniel Day-Lewis)。

女性達もアカデミー賞を初め、各賞受賞者(受賞候補者)が勢ぞろい!^^!

それぞれのが女性が、踊り歌いまくります!!!圧巻!!!!!

 

<グイドを取り囲む女性達>

 ニコール・キッドマン(クラウディア)

   ・・・愛を求める女優。彼にとっての、心のよりどころの主演女優。

     彼の女神≪ミューズ≫。彼が作り上げた女神。。。

     【めぐりあう時間たち(2002年)】主演女優賞

 マリオン・コティヤール(ルイザ)

   ・・・真心を捧げる献身的な妻。いなくてはならない大事な人。

      【エディット・ピアフ~愛の讃歌~(2007年)】主演女優賞  

 ジュディ・デンチ(リリー)

   ・・・友情で支える。理解ある衣装デザイナー。

   【恋に落ちたシェイクスピア(1998年)】助演女優賞

 ペネロペ・クルス(カルラ)

   ・・・命がけで待つ愛人。無邪気で奔放でセクシー。

   妻がいる男を愛してしまった、夫のいる女性。

   エロチックなダンスは彼女が一番!^^!

   【それでも恋するバルセロナ(2008年)】助演女優賞

 ソフィア・ローレン(ママ)

   ・・・慈愛でつつむ優しい母。助言を惜しまない女性。

   男にとっての”ママ”は、いつまで経っても“理想の女”。なんと実年齢75歳!

   【ふたりの女(1961年)】主演女優賞

 ケイト・ハドソン(ステファニー)

   ・・・夜に誘うヴォーグのジャーナリスト。

   役柄はイマイチ見せ場がなかったけど、

   彼女の歌う歌「シネマ イタリアーノ」と踊りは最高^^v。

   【あの頃ペニー・レインと(2000年)】助演女優賞ノミネート   

 ステイシー・ファーガソン(ファーギー)(サラギーナ)

   ・・・9歳の監督の記憶に残る娼婦。男を目覚めさせる女性。

     ワイルドセクシー。

 

 

<NINE(ナイン)>

  オフィシャルサイト → http://nine-9.jp/

  YouTube → http://www.youtube.com/watch?v=YKAw27npkHA

          →  http://www.youtube.com/watch?v=VLPaYVlyuqk

 

 あらすじ。。。

1964年、イタリア。

世界的に有名な作品の監督であり、

行動がつねに世界の注目を集めている40歳の映画監督グイド・コンティーニ。

グイドは、新作映画の撮影に取りかかろうとしていた。 

しかし、撮影を10日後に控えているというのに、

スタッフはおろか、プロデューサーのリリアンすら、

タイトル以外は何も知らされていない状況。

そう彼は、クランクイン直前にもかかわらず、構想が全く浮かばないのだった。

そんな状況の中、

女性問題が災いして、

20年を共に過ごしてきた妻・ルイザにも別れを切り出されてしまう。

映画人生と私生活の重大な危機!

マスコミに追いかけられ、

プロデューサーからは、とにかくカメラを回せ!と指令が下り、

盟友の女優で、彼のミューズ・クラウディアにも迫られてしまうグイド。

プレッシャーを感じ、精神的に追い詰められたグイド。

やがて、現実と幻影の女性たちに囲まれ、追い詰められてしまう。

彼は幻想世界に逃げ出しながら、

人生や女性たちとの関係に思いをはせていく。

グイドをそれぞれに愛してやまない女たちの存在!

妻に母に愛人に親友に・・・。

立場も年齢もバラバラの魅惑的な美女たちが、グイドを悩ませ追い詰めていく。。。

 

イタリア男なら一瞬の隙に盗め・・・

          燃えるような熱いキスを・・・。 

あたしの小さな頭は、あなたでいっぱい・・・。 

あたしの癒しより効くセラピーがある? 

 

  

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栗風味のロールケーキ<見浪... | トップ | 台湾2009 vol.16 千と千尋... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラパありがとうございました。 (char_lotte_p)
2010-04-07 22:01:24
はじめまして。訪問&TBありがとうございました(^-^)
ゴージャスな映画でしたね♪
ペネロペがあまりにセクシーでしたが、ソフィア・ローレンの容貌にも驚きでした(*_*)
こちらかもTBさせてください。
ありがとうございます^^ (みゅうみゅう)
2010-04-08 12:40:16
char_lotte_pさん→コメントありがとうございます。
  遊びに来てくれて嬉しいです。
  ホント!^~^!
  ゴージャスな映画でした~~~。
  あの女優陣!歌!踊り!!!!!
  あれを見れただけでも、大満足です!^^!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

TV・映画・観劇・観戦<2006~2010年>」カテゴリの最新記事